新しい職場で人間関係を良好にしたいなら2つの特徴を知るだけ

新しい職場の人間関係が築けるかどうかで転職後の生活が決まる。そう言ってしまっても間違いないぐらい人間関係は重要な部分です。

今、この記事を読んでくれている、あなたも新しい職場で上手く人間関係を築き上げることができるか不安…。そのように感じているのではないでしょうか?

たった2つの特徴を知るだけで新しい職場で人間関係を上手く築くことは可能です。

この記事で紹介する特徴を理解し実践することによる変化は少しではありません。劇的に変化するのです。

本記事での紹介内容

・第一章では『新しい職場で人間関係を上手く築ける人の特徴』

・第二章では『新しい職場の慣れない人間関係で嫌われる人がしてしまう特徴』

この2点に絞り本記事では『新しい職場で人間関係を上手く築く』ことについて説明をしていきます。

第一章では対人関係で誰でもデキることに重点を置いていますが、多少難しいことも出てきます。

第二章は知っておくと嫌われない行動が取れるので自分を変えるだけで大丈夫です。非常に簡単です。

ぜひ、どちらも読んで下さい。そして新しい職場での人間関係を築く努力をして下さい。きっと読み終えた時、少し今より勇気が持てるはずです。

新しい職場で人間関係を上手く築ける人の特徴

新しい職場での人間関係は運が非常に大きいです。これは紛れもない事実。はっきり言って、こればかりはどうしようもないことです。ですが、運だけが人間関係築くうえで大切なことなのか?と言われるとそれは違います。

新しい職場で人間関係を築くのが上手な人は、ほとんどが同じような特徴を持ち合わせています。その特徴を知っておくことで運要素だけでなく自分自身でも関係を構築できるようにしておくことで、新しい職場に対しての不安を軽減することができるでしょう。

実は新しい職場で人間関係を上手に築き上げる人はコミュニケーション能力がズバ抜けて上手いという訳ではないのです。誰でも意識さえすれば、できることを自然とこなしているだけなのです。

もう一度言っておきます『誰でも意識さえすればできること』それだけで新しい職場の慣れない人間関係でも上手く関係を築いていけるのです。

今から人間関係を上手く築ける人の特徴を10個、説明していきます。

明るく笑顔が多い

新しい職場で、すぐに人間関係に慣れる人は決まって笑顔。そして明るいです。逆の人で、すぐに打ち解けている人を見たことがありません。それくらい大事な部分です。

人によっては『自分は明るくない性格だから無理かも…』そのように感じている方も中にはいるかもしれませんね。そういう人は無理に明るく振舞い続ける必要はないですよ。

ただ少しだけ意識した方が良いのは、誰かに話しかけられた時と自分から話しかける時ぐらいは普段より少しだけ明るくすることは意識して下さい。

新しい職場では、あなただけが周囲に溶け込むだけではダメなのです。周囲もあなたに溶け込まないと人間関係を上手く築けていることにはなりません。

それと、もう一つ大事なことは笑顔ですね。これは常に意識して下さい。笑顔は誰にでも作ることが可能です。簡単だけど効果は絶大です。

例えば、あなたが新しい職場で誰かに話しかけたとします。もし相手がムスっとしてリアクションをあまりしない人の場合、どういう気持ちになりますか?たぶん次から話しかけるのをためらうのではないでしょうか?これと同じことなのです。

相手もあなたに慣れていないので話しかけにくいのです。そう考えると『明るく笑顔』が大事ということが理解できるはずです。

ぜひ意識してみて下さい。

元気にしっかりと挨拶をする

新しい職場で人間関係を上手く築ける人は必ずしっかりした挨拶をします。大きな声であいさつをしましょうと言っているわけでは無いです。

人並みに笑顔で明るく『おはようございます』これだけでも印象が全然違いますよね?

慣れ親しんだ職場でも元気に挨拶をした方が印象は良いですよね?新しい職場でなら尚更必要ではないでしょうか?

人間関係ができていない段階であなたを判断する要素と言えば、会話時の明るさか、あいさつぐらいです。それぐらいしか相手もあなたを判断しようがないのです。暗い感じの挨拶をする新人にあなたなら、どういった印象を持ちますか?

『あの人やる気ないのかな?』『なんか暗いし話しかけにくそう』など感じてしまうのではないでしょうか?新しい職場の人達も同じ感じに捉えるはずです。

こういう誰でもできることを疎かにすると、もったいないのです。たったこれだけで人間関係が上手く築けないと悩んでしまうことも実際に起こってしまう可能性があるのです。

だから元気にしっかりと挨拶をすることを心がけて下さい。すぐに新しい職場に慣れる人は必ず元気に挨拶をします。

積極的に話しかける

新しい職場でも、すぐに人間関係を構築できる人は積極的に話しかける人が多いです。周囲との接点が多くなるので必然的に馴染む速度もあがるのです。

ここに関しては苦手な人もいていることでしょう。『何を話したら良いんだろう…。』『会話が思いつかない…。』このように感じ不安になっている人もいるのではないでしょうか?

安心してください。”会話が上手でない=人付き合いが上手くない”ということではないです。これよりも大事なことは良い印象を与えることです。なので会話が苦手だと感じる人は上記で説明した『明るく笑顔』と『元気な挨拶』だけは意識して下さい。

また、会話が下手ではなく積極的に話しかけることができる人は、『空気だけは意識して話しかける』ことだけは意識してください。喋るところではないのに、ベラベラと話し始めると逆に印象が悪くなります。

喋りすぎは注意が必要です。そこを意識しながら積極的に話しかけに行くことが新しい職場で早く馴染むためには有効です。

苦手な人は『明るく笑顔』と『元気な挨拶』はしっかりと意識して下さい。

また下記記事ではコミュニケーションが苦手な人でも活用できるテクニックを7つ紹介しています。コミュニケーションに不安を感じている人には役に立つ記事です。ぜひ読んでみて下さい。

>>参考記事:『コミュニケーション苦手。仕事で必要なのはたったこれだけ㊙テク7選』

不安や辛いという気持ちを全面に出さない

不安や辛いという気持ちを全面に出しながら新しい職場で人間関係を上手く築いている人を僕は見たことがありません。会社を辞めていく人は不安や辛いという雰囲気が出ていることがよくあります。

ハッキリと言いますが絶対に辞めた方が良いです。

新しい職場では不安や辛いという気持ちは人間関係を作ることが上手い人でもあるのです。そういう人は不安に感じていたとしても前に出さないように努力をしています。

雰囲気を出してしまうと逆効果になることを理解しているからです。周りの人間からすると助けてあげようという気持ちにはならず、『どうせすぐに辞めるよね』という反応になり打ち解けにくくなるのです。

あなたが本当に辞めようと思っているかは別問題なのです。

もし転職せずに人間関係を築きたいと考えるなら辛い気持ちを隠し明るく振る舞うことが大事です。

プライドを捨てられる

不必要なプライドを捨てる。これは非常に大切です。まずは新しい職場では自分が一番下っ端であることを理解して受け入れることが大事です。

特に年齢が高くなればなるほどプライドが邪魔をするものです。30代後半で転職した場合、24歳、25歳ぐらいの人が先輩としている。そういう状況は普通にあるものです。この時にプライドを捨てれず苦労する人がいます。

いきなりタメ口で話しかけるなどは絶対にやめるべきです。仕事がデキるようになれば自然と普通に話ができるようになります。まずは新しい職場では自分が下っ端です。

そこを忘れずに努力すると気持ちが楽になり余裕ができるはずです。

新しい職場での仕事のやり方に合わせる

新しい職場には新しい職場のやり方があるものです。今までのやり方を捨てる必要はないのですが、初めは転職先でのルールに従い仕事をしていくことが大切です。

誰でもそうですが、今までしてきた自分のやり方が一番やりやすいですし楽なのはわかります。ただ、職場により作業の進め方や社内連絡の取り方、全てが違ってくるのです。

これを無視すると周りは、あなたに対して『勝手なやつだ』という風に距離をおくようになります。今、この記事を読まれている人は何とか人間関係良くしたい。そのように感じている人のはずです。

だったら、あなたがやるべきことは独自のルールではなく、新しい職場のルールに従い仕事を進めることです。新しい職場で人間関係を上手く築くことがデキる人は必ず、こういうことは押さえているものです。

仕事の面であなたがまず確認すべきは『新しい職場で仕事のルールがあるか』を確認することです。もし自由に仕事をしても良いよということであれば、どんどん仕事をすればいいのです。まずは確認しルールに従うことです。

どうしても自分のやり方がしたい場合は新しい職場に慣れてから自分色を出して行けば良いのです。

アドバイスを素直に受け入れる

新しい職場で人間関係を上手く築ける人は必ず相手のアドバイスを尊重し聞き入れます。教える側も貴重な時間を割いて新人にアドバイスをするわけです。

そのアドバイスに対して、こうした方が良いですよと自分の経験を見せびらかすと相手は教える気が無くなるものです。人によっては勝手にすればと見放すような人もいることでしょう。

アドバイスを受ける側としては知識をアピールしたいのでしょうが、それは新人の時にすることではありません。もっと仕事ができるようになり人間関係もできあがってからです。

新しい職場で人間関係を上手くいかしたいと思うなら、余程ズレたことを言っていない限りは、先輩の顔をたてアドバイスは聞き入れる方が良いですよね?

こういう小さな気遣いが人に好かれるコツにもなります。まずは自分のカッコつけたい気持ちは抑え先輩のアドバイスはしっかりと聞く。ここに関しては新人だけでなく全ての人に当てはまる気遣いだと思いますが、新人のころは特に意識してみて下さい。

仕事の覚えが早い

仕事覚えが早いと人に好かれます。そのため自然と新しい職場でも人間関係が良くなるのです。ですが、覚えるスピードは人により様々です。人によりすぐに覚えれる人もいれば、なかなかと覚えられない人もいるでしょう。

ただ、覚えられない人は好かれないのか?と言われるとそうでもないです。先輩や上司が気になる所としては覚える気があるかどうかです。

自分で率先して仕事をしに行く。受け身の姿勢ではおらず積極性のある人です。したことがないから、やらないではダメなのです。

どんどん仕事を積極的にすることでミスも多くなりますが、その分仕事の覚える速度は格段にアップします。そうすることで得られる信頼関係があるのです。

新しい職場で人間関係を上手く築きたければ、仕事を早く覚えることを意識してチャレンジしていくようにしましょう。

仕事の覚えを早くするには段取りを上達させる必要があります。下記記事は段取りをよくする秘密記載した記事となります。合わせて読んでみて下さい。

>>参考記事:『仕事の段取りが劇的に上達する本当は秘密にしたいすごい仕組み!』

質問をしっかりする勝手に行動しない

わからないことを何十分も考えこみ行動しないことは自ら考えて行動するということでは意味とは少し違います。確かに何でもかんでも先輩や上司に聞くことは間違いです。自分で考えて行動する事も大切でしょう。

ただ、何十分も考えて答えが見つからないのであれば、すぐに聞くべきです。その考えている時間が全てムダな時間となってしまいます。

特に年齢が高くなるにつれて聞くことに対して『すぐに聞くことは恥ずかしい』『自分で調べて答えを出さなければいけない』など考えてしまうのもですが、適当にしてミスをする方が信頼をなくします。それよりも入社したてのころは素直に質問をする方がいいのです。

報連相がしっかりできる

新しい職場で働き始めるときに人間関係を上手く作れる人は必ず報連相をしっかりとしています。

報連相は仕事の基本です。

特に新しい職場で人間関係ができていない内は先輩や上司もあなたの行動が不安で仕方ないのです。常に『あいつは何をしてるんだろう?』そのように基本は考えていると思った方がいいでしょう。

だからこそ信頼関係ができていない内は報連相を意識して仕事をすることで先輩や上司は、あなたのしている仕事をしっかりと把握することができます。そうした小さな積み重ねをすることで周囲の人はあなたに安心感を覚え溶け込みやすくなります。このことを人間関係を上手く築ける人は理解しているのです。

新しい職場で人間関係を上手く築きたいのであれば積極的に報連相をすることを意識してください。

新しい職場の慣れない人間関係で嫌われる人がしてしまう特徴

上記では新しい職場で人間関係を上手く築くことがデキる人の特徴を見てきました。ここからは逆に嫌われる人がしてしまうことを紹介していきます。

好かれること以上に嫌われないことは大事ですよね。好かれなくても嫌われなければ職場の人間関係をストレスなく過ごすことが可能になります。

また嫌われないようにすることは好かれるよりも簡単です。なぜなら自分から嫌われない行動を取らなければいいだけなのです。

好かれるためには、あなたが何かしらのアクションを相手に向けて取る。それが相手にとって不快でない必要がありますよね?

嫌われないことに関してはあなたが嫌われない行動を取らないだけでいいのです。相手がその行動を判断するわけではない。あなたが嫌われる行動をしなければ相手は気付かずに普通にあなたに接してくれるようになるのです。

知っていて絶対に損はないですよね?

その方法を今からは紹介していきます。

前職での実績を自慢する

新しい職場の慣れない人間関係の時に、あまり前職の実績を自慢することは辞めた方がいいです。自分の実績を話すことでデキる人間であると示したいのでしょうが全然意味のないことです。

こういう時は自分が聞かされる立場で考えて見てください。たぶん『へーすごいですね…。』このように回答することでしょう。ただ本当の気持ちではないはずです。

相手が『前職はどんな感じだったの?』など質問をしてきた時は話は別です。普通にあなたのしてきたことの話をすればいいと思います。

ただ相手が聞いてもいないのに自分はすごいことをしてきたとベラベラと実績を話したところで心にも響かないし、逆に『ウザい』と思われて終了です。

人の自慢話なんて誰も興味なんてないことを知っておいて下さい。自慢話をベラベラとするぐらいなら黙ってニコニコしている方が新しい職場で慣れないうちは、うまく人間関係を築くことは可能です。

ぜひ意識してみて下さい。

下手なゴマすりはしない

あからさまな上司や経営者へのゴマすりは周囲からすると『でたよ』という反応になります。これを毎度のようにするとウザいという反応に変わります。特に新しい職場の慣れない人間関係のうちはやめる方が絶対にいいです。

経営者や上司に好かれたい気持ちはわかりますが、あなたは新人です。まず、やるべきことがあるのです。周囲からすると仕事を覚えろという気持ちになることは明らかでしょう。下手するとゴマをすりたいはずの上司や経営者にも嫌われる可能性すらあります。

まずは仕事を覚える。仕事ができるようになり周囲とも人間関係ができるようになってからでも遅くはないです。むしろ仕事を覚えてからの方が効果的です。

僕は何も社内営業がダメと言っているわけではないです。日本の会社は基本的に上の人間に好かれることで出世すことは明らかです。時期を考えましょうということです。

あと仕事がデキるようになってからでもゴマすりは周りからすると印象がよくないものです。なので少しテクニックを紹介します。

それは周りも全て均等に褒めるような人間になることです。そうすることで周りの人からは好かれ人望も厚くなります。これがゴマすりをするうえで効率がいい方法です。ゴマすりをしながら周りの人気も取れる。これが最高ではないでしょうか?

ぜひ頑張ってみてください。

前職のやり方にこだわりすぎる

前職のやり方を変えない。社会経験が長いと今までのやり方を変えれない人がいます。先輩や上司が作業指示をしても、前の職場ではこうしていた。そのような人は間違いなく嫌われます。

前の職場と転職先とでは、社風も違えば、会社として歩んできた道、働いている人、全てが違うのです。オリジナルを出していくのは仕事がデキるようになってからでも遅くありません。

新しい職場で慣れないうちから、このような言動が多いと孤立することは明らかなのでやめましょう。

少なくとも、この記事を読まれている人は嫌われたら嫌だ。新しい職場で人間関係を良くしストレスのない生活をしたい。そのように考えている人がほとんどのはずです。

前職のやり方にこだわらない。転職先のやり方に合わせる。オリジナルを出すのは仕事がデキるようになってから。この三つは頭に入れておいて行動しましょう。

言い訳が多すぎる

新しい職場で新人の時に言い訳が多いと、先輩や上司から間違いなく嫌われます。人間関係に慣れないうちは言い訳をせずに話を聞く方が大事です。

先輩や上司は作業の仕方が間違っていると感じるから、あなたに対して何かを指摘するのです。人間ですので、みんなの前で指摘されて恥ずかしいやプライドがあるのは理解できます。

ただ新しい職場では新人という立場を理解し行動することが大事です。

あなたが逆の立場になることを想像して下さい。新人の仕事のやり方が間違っていると思い指摘したとして言い訳ばかりをされると『こいつ話を全然聞かない奴だな』と心の中では思うのではないでしょうか?

最悪の場合は関係が壊れて仕事を教えてくれない。そのようなことにもなりかねません。新しい職場で人間関係がまだ慣れないうちは言い訳せずに意見を聞き入れる謙虚さも必要です。

始めのうちは何か言いたくなっても我慢する。仕事がデキるようになり人間関係ができてくると意見はいくらでも言えます。ずっとではない。仕事を覚え人間関係ができるまでの我慢です。

新人の時はあまり言い訳はしないことを意識してください。

必死で仕事をしようとしない

必死で仕事をしない人も嫌われる人の特徴でしょう。誰も同僚の2倍も3倍も働きなさいということでは無いです。あなたなりの一生懸命で努力すれば周りは見てくれるものです。

これを意識せずゆっくりする人がいます。ここで注意して欲しいのは『あなたはゆっくり丁寧にしているつもり』だけど、周りはそうは思わないということです。

もう少し詳しく言うと、あなたと周りとではギャップがあるのです。丁寧にしていると感じているのは自分だけであり、新しい職場の人間はあなたの性格などは何も知りませんよね?

周りからすると『ダラダラしやがって』という評価になってしまう可能性があるのです。

そんなのないでしょ?と感じますよね?でも実際にこういう風に解釈する人間もいるので怖いですよね。

だから一生懸命に努力する。できればテキパキ行動する。意識してみてください。

わからないことを聞かない

わからないことを聞かずに適当に進めてしまう人がいます。これは最悪なので絶対にしない方がいいです。
新人がすることで責任を取らされるのは先輩や上司です。

一番困ることは適当にされることなのです。自分で調べて行動することは大切ですが本当にわからないことは素直に聞くことが大切です。

新しい職場で人間関係を良くしたいと感じているなら、ここに関しては本当に意識して下さい。職場の人間関係で辞めたいと感じる理由に多いのは『先輩や上司との関係』です。ここが崩れると会社に行くのが辛くなり転職の道を歩むことになります。

わからないことは素直に聞くことを意識して下さい。

年下の先輩社員にすぐにタメ口で話しかける

新しい職場で慣れない人間関係のうちにやってしまうことがあります。年下先輩へのタメ口です。年下の先輩としても気分はよくないはずです。中には年下だし相手が年上なので、まあ良いかと思う人もいるでしょう。

但し、周りの人からすると『何でタメ口なの?』と感じる人も少なくないはずです。ここに関しても入社すぐにタメ口というのが良くないのです。

人間関係ができ仕事を覚えていけばタメ口で話しても問題ないのです。

必要のないプライドは捨て自分が下である認識をもち丁寧に話をする。そして仕事をしっかり覚える。タメ口で話をしようと考えるのは、その後です。タメ口で話す時期が悪いのです。

新しい職場で人間関係を上手く築きたいのであれば、初めからタメ口はやめましょう。

さいごに

新しい職場で人間関係を良くしたいと不安になる人はあなただけではありません。だから自信を持って下さい。これから転職活動を始める人もいれば、すでに入社して不安に感じている人もいるでしょう。

でも大丈夫です。この記事で学んだことを実践することにより人間関係を良好にすることは可能です。ただ知識は持っているだけでは何も変わらないことは理解して下さい。結局はあなたの行動が全てなのです。

一つでもいいので何かを実践してください。そうすることで何かが動き出すものです。

もしこれから転職活動を始めるという方は下記記事でオススメの転職サイトを紹介しています。活用方法も詳しく説明していますので絶対に役に立つはずです。転職を成功させたいという人は読んでみて下さい。

>>参考記事:『転職サイトのおすすめは?迷う人は紹介する有名どころ5つで十分!』

ここまで読んで頂きありがとうございました。

ぜひ新しい職場での人間関係を自分の力で作り上げて下さい。

最新情報をチェックしよう!