営業が辛い!よくある理由と対策。本気しんどいなら辞めていい理由

今、営業が本気で辛いと感じていますよね?

営業をしたことがある人にしかわからない辛さがあるんですよね。

毎月のノルマ、毎週の営業会議、非常に苦しいと感じていますよね?
月末には上司から売上に関して詰められる。

売上をあげようと必死でやっているが売上があがらない。
本当に心が病んでしまいそうになることがありますよね?

この記事では営業が辛いと感じる理由と苦しいなら辞めるべき理由をあげていきます。

読み終えるころには、会社を辞めたい、どうしたらいいんだろう…と悩んでいる心が軽くなることでしょう。

そして次の一歩を踏み出しやすくなります。

それでは読み進めてください!

営業が辛い!よくある理由と対策。本気しんどいなら辞めていい理由

営業が辛い…。
これは非常に多くの営業マンが感じるところであると思います。

僕の考えとしては喋りが上手だから営業に向いていると感じる人は間違いです。
なぜなら営業は喋り上手だけでは生きていけない世界だからです。

これに関しては、この記事を読まれている人なら理解してくれるのではないでしょうか?

僕は喋りが上手でもさまざまな理由で営業職から去って行った人を知っています。
そのよくある理由を今から説明していきます。

では今から見ていきましょう!

営業が辛い1:終わりのないノルマがとにかく辛い

終わりのないノルマ。
営業を経験している人なら理解していますよね?

どんだけ一カ月の売り上げをあげようと次の月が始まるとゼロからのスタートになります。
そして、今月の売上目標という名のノルマを掲げられる。

これが耐えがたく辛いんですよね?
僕自身も、このノルマが非常に嫌いな一人です。

対策方法

対策としては、あまり気にしないことです。

それができたら苦労はしないという声が聞こえてきそうです。

営業職に入社すると先輩に『とりあえず雰囲気になれろ』と言われたりするものです。

でも実際に何年も営業を経験していると理解するのです。
本当に慣れるしかない。

『ノルマ達成できなければ仕方ないよね』ぐらいの軽い気持ちで考えられる精神力になりましょう。

もし、これが『絶対に無理だ』とご自身で感じるなら、僕は転職をオススメします。

まずは仕事を辞める前にどんな仕事があるかな?ぐらいでもいいので転職サイトに登録し求人案件を確認するようにしましょう。

心が本気で疲れてしまうと転職活動もできなくなります。

本格的に転職活動を始めるまでにしっかりと転職サイトと転職エージェントなどに登録し準備して行きましょう。

行動すれば少しは何かが変わると思いますよ!
実際にノルマがない、ノルマがきつすぎないという企業があったりします。

準備をしていないとチャンスはすぐに去ってしまいます。

下記にてオススメの転職サイト・転職エージェントの記事を用意しています。
ぜひそちらより確認してみて下さい。

転職サイト・転職エージェント紹介記事へ移動

営業が辛い2:プレッシャーが半端ない

売上をあげなければ存在意義がない…。
月末になってくると上司や社長の方からは売上の話が多くなります。

それでも売上が上がらない場合、営業会議という名の説教会が開催されます。
こういうことがプレッシャーに感じていく要因になり月末にはどうしよう…となります。

全てではないですが、本当にこういう企業が存在するのも事実です。

あなたの会社はどうですか?

こういう感じで毎月、毎月、プレッシャーで心が折れる営業マンは非常に多いでしょう。
営業はこのストレスをどれだけ受け流すことができるのかに掛かっていると思います。

初めに説明した『喋りが上手』だけでは生き残れない職種なんですよね!

対策方法

対策方法は極論でいうと下記3つになると思います。

対策方法

1.売り上げを上げる努力をする

2.こういう物であると上司からの攻撃をスルーできる心を鍛える

3.職種を変える

対策方法としては非常にシンプルです。
売り上げをあげると月末のプレッシャーは軽減します。

プレッシャーを忘れるぐらい売り上げをあげる努力をしてみる。
営業はその会社や職種によってもスタイルが全然違うと思うので、これが正解という物がないです。

ただ全ての業種で有効なのは細分化をすることです。
自分がやらなければならないノルマを細分化し、まずは一週間単位に区切りましょう。

そうすることでノルマまでの道のりが明確になります。

例えば、アポイントを取れたうちの5%ぐらいが購入してくる…ノルマは月に2個の販売とする。
この場合、50件のアポでだいたいの目標はクリアできると理解できる。

一カ月の労働日数が20日の場合、2~3件ほどのアポイントを取るとノルマ達成の道筋が見えると思う。
こういう風に細分化してノルマまでの道のりを描いてみるのも一つの手です。

後は上司からの攻撃はスルーできる心を持つように努力しましょう
このスルーできる心を持つと営業としてやっていくことが可能になります。

アドバイスは真面目になりすぎないことです。

真面目すぎると心が折れてしまう人が非常に多いです。
全て受け止めてしまうからですね。

重要なのは『仕方ないよね』と開き直れる潔さがあるかどうかです。

どうしても無理と感じる場合は職種を変えてみることが良いです。
苦手だと思う職業をやり続けるより、自分にあう職業を探し成長していく方が将来性があり良いです。

下記にてオススメの転職サイト・転職エージェントの記事を用意しています。
是非その記事より確認してみて下さい。

転職サイト・転職エージェント紹介記事へ移動

営業が辛い3:アポイントが取れない…

成績をあげたい!
営業をしていれば皆が思うところです。

契約にたどり着くまでにはアポイントを取る必要があります。
このアポイントの壁で辛いと感じる人は非常に多いです。

はっきり言ってアポ取りはしんどいです。
BtoBビジネス向けのテレアポでは事務員さんに『結構です!』と即切りされることも多くあります。
というかほとんどですよね…?

これが辛いんです…。
自分が間違っていることをしているような錯覚に陥ってしまうこともあります。

対策方法

テレアポに必要な対策は大量行動です。

テレアポは基本として断られることを前提に取り組むことが大事です。

まずアポイントの数を増やしたいなら回転数を上げることです。
ひたすら電話をかけ続けるです。

でも注意点としては一方通行で話はしないことです。
アポイントを取りたいことに必死で喋り続ける人がいます。

逆効果間違いなしなので絶対にやめましょう。

アポイント取りが目的ではなく契約が目的です。
見込み客をしっかりと選定しアポイントを取る努力が必要です。

またテレアポは運が大きく関わってきます。
運を呼び寄せるには大量行動が必要なんです。

泥臭い作業が続くのがテレアポという仕事ですね。
辛いでしょうが、今の仕事を続けるなら、やり続けるしかありません。

もし辞めたいと感じている方は早く転職活動を始める方が選べる選択肢は増えます。
本当に悩まれているなら行動しましょう。

下記にてオススメの転職サイト・転職エージェントの記事を用意しています。
是非その記事より確認してみて下さい。

転職サイト・転職エージェント紹介記事へ移動

営業が辛い4:成績があがってないと休めない…

求人要項で『土日祝休み』と記載があるが営業では休めないことがあります。

成績があがらない人間は無言プレッシャーをかけられ土曜日は取り敢えず出勤みたいな雰囲気になります。
これは本当に営業あるあるです。

プレッシャーを気にして出勤する人が必ずいるんです。
だから自分も休みにくい…

こういうこと本当にありますよね?

そういう時は本当に気持ちが乗らず辛いんですよね。

対策方法

今の職場で働き続けるなら休日出勤することもいいと思います。
但し、気持ちと体がついていくならです。

もし辞めようと考えるなら誰かが出勤しても休む姿勢を貫きましょう。
その休日出勤する時間を利用し転職活動する方が100倍あなたのためになります。

こういう休日出勤はゴリゴリの営業会社には多い傾向です。
転職前に企業の口コミをしっかり確認し対策を取ることが重要になります!

絶対に退職前に転職の準備をし辞めるようにしましょう。
感情のまま辞めるなんてことをすると地獄をみることになります。

その為にまずは転職サイトと転職エージェントに登録し準備をしましょう。

下記にてオススメの転職サイト・転職エージェントの記事を用意しています。
そこで企業の口コミサイトも紹介しています。
是非その記事より確認してみて下さい。

転職サイト・転職エージェント紹介記事へ移動

営業が辛い5:ムダな残業が非常に多い

ムダな残業が多い。
営業をやっていると感じることがあります。

これは経営者や上司に対してのパフォーマンスでの残業が多いことがあります。
社内全てがそんな雰囲気になっているんですね。

これに関しては、その会社で働くなら必要な残業だと割り切ることも必要です。
やはり、経営者や上司に目を付けられるのはサラリーマンである以上避けるべきです。

対策方法

その会社で働き続けるなら周りに合わせる事も必要になります。
できるだけ上司や経営者に目をつけられないにしたいはずです。

ただ働き続ける限り永遠にこのムダな残業は続くと考えましょう。

今、ここが辛いと感じるのであれば辞める道を選ぶ方が絶対にいいです。

なぜかというと遅かれ早かれ辞めるからです。
人間、無理だと感じることはずっと続けられません。

その会社の社風がそうであるならムダな残業は無くならない。
ここの意識は忘れないようにしましょう!

また辞める前には必ず準備が必要です。
事前準備を怠ると転職失敗という結果になり今よりも状態を悪化させてしまう可能性がります。

絶対に嫌ですよね?

なので事前準備をしっかりとしましょう。
まずは基本となる転職サイトと転職エージェントに登録する方が良いでしょう。

下記にてオススメの転職サイト・転職エージェントの記事を用意しています。
是非その記事より確認してみて下さい。

転職サイト・転職エージェント紹介記事へ移動

営業が辛い6:クレーム対応がストレス

クレーム対応の窓口をしなければならない。
営業の宿命だけど辛いですよね。

ボコボコに文句を浴びせてくる人もいるし大変な時はあります。
ただ、ここに関しては永遠に続くものではないので何とか頑張りましょう!

クレームを鎮火してしまえばストレスは無くなります。

対策方法

ここは自分のためにも乗り越えましょう!
クレーム対応ができることはご自身の成長のためになります。

ずっと続くことではないのでストレスはあるけど乗り越えることは可能なはずです。
コミュニケーション能力を鍛えるぞと考え取り組んでみては如何でしょうか?

営業が辛い7:営業会議で詰められるのが辛い

営業会議と聞くと頭痛が起こることがあるんですよね。
営業をやっている人ならわかるはずです。

特に営業成績が下がっている時は最悪ですよね?
会議が始まる前から詰められることがわかってしまうからです。

対策方法

売上を上げる努力をすることが対策になります。

それができれば苦労しない…
そういう思いますよね。

もちろんそうだと思います。
でも営業会議をやり過ごすにはそれが一番効果的なんです。

営業職で上司が部下を詰めるのは売上をどうするかがほとんどです。

では売り上げがない時はどうすればいいのか?
売り上げが上がっていない時は先回りの答えを準備しましょう!

先回り回答例

・なぜ売上があがっていないのかについての自分なりの分析

・見込み客をピックアップしておく

・次の行動を明確に答えれるようにする

売上をあげるための行動を網羅的に説明するように解決策を用意しておきましょう。
そうすることで風当たりは多少はマシにできる可能性があります。

営業が辛い8:ノルマをクリアできないとボーナスがない

これは会社にもよりますがノルマをクリアしないとボーナスがでない。
ノルマ連動型のようなボーナス支給システムを採用している会社があります。

しかも、基本的にノルマクリアができないような基準を設定されているケースがあります。

そのためボーナスを貰えないケースがほとんどです。

ニンジンを目の前にぶら下げられた馬状態ですね!(笑)

この手の会社はボーナスだけでなく、昇給もほぼないと考えていいと思います。
もし転職活動をするなら、しっかりと内情を確認するようにした方が良いです。

将来的に働くことができない会社に入社しても、また転職するはめになりますので。

対策方法

対策としては転職することが有効です。
これ一択になると思います。

はっきり言ってブラック企業に近いので辞めることをオススメします。

ボーナスは無い、昇給も期待できない。
永遠に新卒と同じくらいの年収となります。

そんなの絶対に辛いですよね?

ムダに頑張って年を取ってから転職する。
時間のムダになるし、年齢が上がると転職は難しくなる傾向にあります。

今すぐにでも転職活動を始められては如何でしょうか?

もし動こうかなと感じた場合、上記でも散々お伝えしていますが、転職活動は事前準備が命です。
まずは転職サイトと転職エージェントに登録しましょう!

下記にてオススメの転職サイト・転職エージェントの記事を用意しています。
是非その記事より確認してみて下さい。

転職サイト・転職エージェント紹介記事へ移動

営業が辛いと感じるなら辞めたっていい理由

営業が本気で辛いと感じているなら辞めたっていいという話をします。

営業は本当にストレスを非常に感じる職業です。
中には全然ノルマのない気楽な会社もありますが基本は目標という名のノルマがあります。

営業の辛いの大半はノルマなんです。

今、この部分を真剣に読んでくれている方は限界だ辛すぎる…
実際にそのように感じているのではないでしょうか?

ある程度、我慢し続けてみることは自分の成長のためにもいいとは思います。

ただ、心が壊れてしまうほど頑張る必要はないです。
真面目な人は『逃げたらダメだ』『もっとやらないと』と感じ頑張りすぎます。

でも考えて見てください。
あなたが鬱になったとしても今の会社の人は助けてくれません。

そんな状態になると悲惨な状況だけがあなたに残ります。
この営業独特のストレスが無理だと感じるなら職を変えてしまうことが絶対に良いです。

今、あなたが20代~30代なら即動いても何とでもなります。
僕は40代でも大丈夫と思っています。

実際にあったエピソードを紹介します。

僕の知り合いの方で41歳まで営業で働いていた人がストレスに耐えられなくなり辞めることを決意。
その人は『絶対に営業だけはもう嫌だ!』と言ってAutoCADの勉強したんです。

普通なら諦めるところですが転職活動を頑張り、設計として再就職が決めることができたんです。
さすがに、すぐに転職できたかというと苦労はしたと話はしていました。

なんでもそうだと思いますが、諦めないことが非常に大事なんです。
あと未経験の転職をする場合には若ければ若いほどチャンスは多くなります。

だから本気で辛いと感じている場合はすぐに転職活動を始めてみることをオススメします。
行動すれば今より少しは変化します。

何かを変えたいと本気で感じる場合には行動するしかないんです。

全ての営業がノルマがすごいとは限らない!

上記では営業職を辞めたい人に向けて説明しました。
ここからは営業は続けたい、でもノルマが少ない企業に行きたいと感じる人に向けてお話をしていきます。

営業のノルマは基本的にはあると考えた方が良いです。
但し、非常にノルマが緩い会社も存在します。

それはルート営業です。

もし新規営業しかしたことがなく、ルート営業って実際どんな仕事なの?
ルート営業ってきついの?と感じる人は下記の記事がオススメです。

ぜひ読んで見てください。
[https://toshio-tensyoku.com/rout-kitui-nolma]

転職活動の第一歩!転職サイト・転職エージェントに登録しよう!

転職活動の第一歩は転職サイト・転職エージェントに登録することが始まりです。

本気で何かを変えたいと感じているな行動する事が大事です。
何もアクションを起こせない人は絶対に現状を変えることはできません。

未来は良くすることもできますし、悪くすることもできます。
または現状維持で今のままでいることも可能です。

全ては今の行動が引き起こす結果でしかないのです。

だから辞めたいと迷っているなら行動をしましょう!
少しでも自分の理想を追いかけるために!

まずこれから、あなたがするべきことは転職サイト・転職エージェントに登録することです。

そうなると出てくる疑問は『どの転職サイトがいいの?』ということです。

そういう人に向けて下記の記事を書きました。

下記の記事では20代、30代向けにオススメの転職サイトをまとめた記事になります。
どれを登録すれば良いんだ?という悩みがなくなりますので読んで見てください。
転職活動がスムーズに動いて行けるようになります!

ぜひ読んで見てください。
[https://toshio-tensyoku.com/nijyudai-tensyoku-saito]

最新情報をチェックしよう!