営業辞めたい人に経験を活かせる職種、行動する時期と方法を紹介します

営業を辞めたい…。本気でそう感じながら本記事にたどり着いたのではないでしょうか?

僕も営業経験者です。営業の苦しみは痛いほど理解しています。だからこそ厳しい現実を一つだけ初めに伝えます。

行動をしなければ今の辛い状況からは抜け出せないことを理解して読んで下さい。そして、行動しないと今よりさらにキツイ現実も起こる可能性を頭に入れてください

この記事では20代の新人、30代の中堅、40代の人、すべての年代に対し『営業辞めたい』気持ちに対するヒントを記載しています。

こんな悩みありませんか?

・未経験の分野に転職は可能なのか?

・自分は年齢が高いけど営業以外の職種に転職することは可能なのか?

この記事で知れること。

20代~30代前半なら未来を見据えての職種の選び方。
30代後半~40代の人には営業職を活かせる職種の選び方。

読み進める前にハッキリと確認しておいて下さい。
あなたが選べる選択肢です。

あなたの選択肢

1.辛いまま営業を続ける

2.今の会社をすぐに辞め転職活動を始める

3.今の会社で働きながら転職活動を始めリスクを最小限に減らす

辞めたいと感じている人は基本的に2番か3番の選択肢になります。僕の意見としては、まず今の会社で働きながら転職サイト・転職エージェント登録し転職活動を始める。これが絶対的にオススメです。

営業辞めたいと感じる人が辞めても良い理由を説明します

営業辞めたいと感じる人に辞めても良い理由を説明します

営業を辞めたい。そう感じる人に、まずして欲しいことは辞めたいと感じている理由をしっかりと把握することです。営業はきついんです。本当にそれは事実としてあります。残業も多いしノルマもある。体力面というよりも精神的にダメージがくる職業です。

だから離職率も非常に高い職業でもあります。会社によっては、一か月に1人、2人ぐらいのペースで辞めては新しく入りを繰り返しているような企業もあります。嘘のようですが本当にあります。

ただ営業職って会社の顔となる職業です。非常に重要でやりがいのある職業でもあります。仮にですが、ITエンジニアなどで最近はフリーランスで生きていく時代など言われておりますが、こういった時にも営業は必要で仕事を取れないと生きていけないのです。

それくらい重要なポジションの職業で経験を積んでいるということは理解して下さい。そして、後悔しないために辞めたい理由をしっかりと理解する。違う職場でやってみると意外と続く何てこともあるものです。

ただ、僕の意見として営業職を1年以上経験している人は、どの企業で仕事(営業)をするにしてもやることと言えば、ある程度同じような流れになります。

だから思い切って職種を変えるのもありだとも感じます。今の時代、違う能力を複数掛け合わせる方が人間としての価値が大きくなり重宝される時代です。

例えば、営業xITエンジニアxWEBライターができる人と10年間営業しかしたことない人では絶対に前者の方が価値としては高いし生きていける可能性も高いのです。

少なくとも、これからはそういう時代になる流れになっています。だから副業が流行っているのです。

次の章では営業を辞めたいと感じる、よくある理由を説明していきます。みんなが同じように悩み感じ転職しているんだということを理解できる章になっています。

自分だけではないと感じると行動を起こす勇気がでます。そうなると人生はきっと良い方向に向かうのです。仮に営業を続けたいと感じたとしても、それはあなたにとって最高の選択なのです。

どちらにしても行動を起こさないと今の現状は変えれない。そのことだけは頭に入れておいて下さい。

もし理由は明確なので辞めることは間違いない!そういう強い気持ちの人は次の章を飛ばして転職サイトに登録するタイミングは今すぐがいい理由から読み進めて下さい。

それでは見ていきましょう。

営業辞めたいは甘えじゃない。みんなが辞めたいと感じる理由

営業辞めたいと感じるのは甘えじゃない

営業を辞めたい…。そのように感じる人の中には『辞めたいと感じるのは自分が甘えているから?』など自分が甘えているからと悩んでしまう人がいます。

結論を言うと全然そんなことはない営業はキツイのが事実です。

もし甘えと言う人は営業職の辛さを理解していない人でしょう。それとも、ただ『甘え』という言葉を並べてカッコよく言いたいだけです。このように断言できるくらい営業の仕事は辛い仕事なんです。そう感じますよね?

みんなが営業を辞める理由を確認することで、自分だけでが営業を辞めたいと感じているのではないことを知って下さい。自分だけではないことを知ると『営業を辞めたいという気持ちは甘えではない』ということが理解でき行動を起こしやすくなります。

また理由を知ることにより、違う職場に移り営業をするという選択肢も出てくるかもしれません。実は営業が辛いと感じている人でも職場が変われば続けることができる人もいたりするのです。その時の職場の社風や販売している製品により力を発揮することもあります。

なので理由を再確認してみてから本当に営業職を辞め違う職種で生きる。もしくは職場を変え営業に再挑戦してみるかを決めれば良いのです。それからでも全然遅くないですよね?

それでは見て行きましょう。

営業辞めたい理由:終わらないノルマやプレッシャーに嫌気がさしている

終わりのないノルマに嫌気がさして営業を辞めたい。そのように感じる人が非常に多い。営業はノルマが基本的にあります。

だいたい月単位で売り上げ目標金額や販売台数などを設定され、その進捗状況を毎週の営業会議で詰められるのです。ひどい会社では毎日のように上司からの詰めがあります。

そんな状態で精神を正常に保つには『徹底的に流せる人』か『鉄のハートを持っている人』だけです。長く営業を続けれる人は大抵の場合、前者が多いです。上司からのノルマ攻めをスルーして流す。これがデキない真面目な人が体調不良に陥り退職する流れになるのです。

そしてノルマを達成できた月があったとしても次の月にはゼロからのスタートでまた新たなノルマに頭を悩まされる。心が落ち着く暇が無くなるのです。この終わりのこないノルマが強烈に辛いのです。

今、この記事を読まれている人なかで一般営業をしていてノルマが辛くて営業を辞めたいと考えている人もいるのではないでしょうか?中に営業はしたいけど、ノルマ嫌で辞めたい。

そう感じるのであれば”ルート営業”の道に進むのも一つの手かもしれません。一般営業とは違った楽しみがある職種です。

ルート営業について『ルート営業とは』から始まり仕事内容やきつい部分など網羅的に説明した記事を書いてます。興味がある人は読んでみてください。何かのきっかけになるかもしれませんよ。

[https://toshio-tensyoku.com/routeigyoutoha]

営業辞めたい理由:営業成績があがらなくて辛い

いくら必死に努力をしても営業成績があがらない…。そういう時期が営業をしていれば訪れることです。本当に辛いですよね?

なぜなら、この問題はノルマの悩みととペアセットみたいなものだからです。

『成績があがらない → ノルマで追い込まれる → 追い込まれてさらに成績があがらない』このようなどんどん追い込まれ皆等しく辞めたくなるのです。

商品にもよりますが、2、3カ月に一つほどしか販売できない商品もあったりします。そういう時は自分が悪いことをしているみたいな錯覚に陥ってしまうこともあります。

そこまで追い込まれると心が壊れるのも時間の問題です。転職を考える方が得策です。世の中には色々な職場があり、あなたの知らない商品もいっぱいあるのです。

一つの会社にとらわれるのではなく、違う会社の営業を見るのも良いかもしれませんよ?また、あなたが20代、もしくは30代前半であれば将来性を考えて違う職種を経験することも良いかもしれません。

できればフリーランスで働ける職業などに転職すると将来的には今の営業の経験も活かすことができるし新しい能力も手に入れることができます。

先を考えて行動するなら違う職種で転職するのも一つの方法です。

営業辞めたい理由:結果が全ての世界が辛い

営業の世界は結果が全てで考えられることが多いです。中にはそうじゃない企業も存在しますが、ほとんどの企業が結果主義です。過程は意味がないのです。売れない営業マンは荷物的な存在になります。

理由は売ることが仕事だからです。

特に新規営業をしている人の場合は結果が全てになることが多いでしょう。売れないと会社にとって利益が生まれず雇っているだけで赤字になるからです。

だから努力の過程はいらない。結果を示せというスタイルになるのです。新規営業の場合はここが気持ちの面で辛い部分だと思います。

ただ、ルート営業の場合は露骨に結果が全てという感じにはならない企業も存在します。なので条件によれば営業を続けてもいいかなという人はルート営業を探してみるのも良いかもです。

もしルート営業のキツイことやノルマ事情について知りたい人は下記記事を読んで見てください。[https://toshio-tensyoku.com/rout-kitui-nolma]

営業辞めたい理由:販売している商品に興味をもてない

販売している商品に興味を持てないという理由で営業を辞めたいと感じる人もいます。ここに関しては営業を辞めたいというよりも、その会社を辞めたいという理由に近いかもしれません。

ノルマに関して乗り越えれるのであれば、基本的に営業はやっていけます。販売している商品に興味をもてない人は職場を変えることで道が開けるかもしれません。

転職を考えてみては如何でしょうか?

注意点は興味のあるジャンルでの求人を探す期間が必要になる点ですね。すぐにでも見つけられるのであればいいのですが、自分が行きたい業界で求人がなかなか出そうにない場合は長期戦になる可能性があります。

行きたい業界が決まっている場合は今の会社を続けながら転職活動をするべきです。退職してしまってから転職活動をすると生活費が底をつくと焦ることになり絶対に転職活動は失敗します。

しっかりと在職中に活動準備をするようにしましょう。

営業辞めたい理由:営業会議で上司からの追い込みが苦痛すぎる

営業している人なら理解できるでしょうが営業会議は苦痛なんですよね。特に成績が上手く上がっていない月の会議は最悪です。

営業を辞めたいと感じる理由の多くは、やはりノルマに関わってくる部分が非常に多いと思います。それくらい精神的に消耗する部分なのでしょう。

『今月目標達成できてないよ?どうすんの?』『今週の見込み案件はどうなってる?』『目標達成するために、どうやって動いていくの?』上司から詰められる内容をあげると、かなりでてくるものです。

今、このような状況で『営業辞めたい…』けど甘えなのかな?辞めていいのかな?と不安に感じながらでも、こらえて頑張っている人は相当な努力家だと思います。

でも、こういう状態だと、あなたの精神はいつか限界に達するものです。その強い気持ちを転職活動に向ける方が絶対に良いです。

そして早く転職に向けて動かないデメリットは何と言っても年齢です。みんな等しく年齢が経過していきます。年齢が高くなると本当は行きたいと感じるところへも応募すらできないなんてこともあるのです。

営業辞めたい理由:拘束時間が非常に長いのが辛い

拘束時間が長いのが辛いと感じる人もいます。職場環境にもより一概にすべての会社が拘束時間が長いのか?と言われると、そのようなことは無いと思います。ただ基本的には長い会社が多いです。

理由は営業活動が終了し夕方に帰社後の雑務などがあったりします。その他、会社にもよりますが20時頃までテレアポをさせられる何てことも普通にあります。売り上げがたっていない時は特にひどい。

会社によっては残業ありきで朝から仕事がスタートする何て会社もあるくらいです。さらにひどいのは完全週休二日制と募集要項にはあるが、それは営業以外の話で営業は週一回した休みがない会社もあるくらいです。休日手当などはもちろん付きません。

でも知って欲しいのは完全週休二日制で定時まで仕事をして帰っている営業職の人間も普通にいるのです。

職種を変えることもいいですが、もし年齢が40歳を超えてしまっている人や少し高めの人は未経験分野へ進むのは難しかもしれません(不可能ではないです)。なので営業職で安定的に生活をできるような会社に転職することもいいかもしれません。

営業辞めたい理由:先輩や上司から具体的なアドバイスをくれない

入社間もない新人さんに多い悩みかもしれません。営業で商品を売れるような人間になりたいけど、どうすればいいの?このような悩みは誰もが通る道です。

営業は感覚で仕事をするようなこともあったりもするので、先輩や上司からも具体的なアドバイスをもらえなかったりもします。これが辛いと感じる人がいるのです。

恥ずかしいことではないです。僕自身も経験したことのある悩みです。ただ、今ここで悩んでいる人は営業職を辞めるのはもったいないです。

理由が自分自身の問題だからです。

厳しようですが何とか努力して自分なりのやり方を探すべきです。必死で自分なりのやり方を探しダメだった場合に次に進みましょう。

営業辞めたいなら転職サイトに登録するタイミングは今です

営業辞めたいと感じるなら転職サイトに登録するなら今すぐにしよう

ここからは具体的に転職を進めるための順序をはなして行きたいと思います。後ほど退職時期について説明はしますが、いきなり会社を退職する何て無謀な行動は起こすのは避けましょう。せめて準備をしっかりと整えてからです。

準備ができていない段階で戦場にでるのは自殺行為ですよね?

転職でも同じです。準備が本当に大事になり命なのです。なので退職する前に最低でもしっかりと準備を整えてから転職活動に挑むことが大切となります。

営業辞めたい人はどうやって転職準備をすればいい?順序はあるの?

準備が大切だと言うけど具体的にどういった行動をしていけばいいの?

そう感じる人もなかにはいることでしょう。転職をこれまでしたことがない人には未知の領域だからです。また転職を経験したことがある人でも再確認の意味で確認することをオススメします。

転職の順序を間違えると『円満退社ができなかった…。』『情報不足でブラック企業に入社した…。』そんな事態に陥ってしまうこともあります。

しっかりとここで順序を確認してください。

転職準備をする順序

1.転職サイト・転職エージェントに登録する

2.履歴書・職務経歴書を作れるところまで作っておく

3.気になる企業がないか常にチェックなど(情報収集を徹底する)

4.見つかったらエージェントに相談もしくは直接応募

5.面接の準備をして面接を受ける

6.合格後に退職を伝え引継ぎ期間と転職先への入社時期を決定する

ざっくりと説明すると上記のような流れになります。この中で転職する人が非常に気になる部分は『1番と3番の情報収集の部分』と『6番の退職に向けての引継ぎ期間と転職先への入社時期』についてではないでしょうか?なので、1番、3番と6番ここについて少し詳しく触れておきます。

営業辞めたい人が転職を成功させるには情報収集が大切です。今すぐ登録を!

営業を辞めたい…。そう感じ始めてから、かなり時間が経過してしまっている辞めたいと感じてはいるが不安で動き出せていない。もしかすると、今この記事を読んでくれている人の中にもいるのではないでしょうか?

残念ながら大丈夫です。とは言えない状況です…。

なぜならチャンスはすぐに消え去ります。良い企業に行きたいのは皆同じであなただけではないことを理解して下さい。だからこそ今すぐにでも転職サイトに登録し準備しておく方がチャンスを逃さない可能性が高くなるのです。

また転職サイトに今すぐ登録するメリットはブラック企業を見極めるためにも役に立ちます。

どうやって見極めるのかというと『ずっと掲載している企業』や『消えてもすぐに求人が復活するような企業』または『常に採用人数が多い企業』などを観察することでブラック企業の見極めが可能になります。

これらの確認方法に関しては、ずっと転職サイトを眺めていることでしか判断できないのです。

どうでしょうか?転職サイトを今すぐ登録するメリットが見えたのではないでしょうか?油断をしていてはチャンス逃します。必ず今から登録するように動いて下さい。

このように言っても中には登録をしない人もいるのです。不安や怖さがある。またはめんどくさいと感じるからです。

少し厳しい言い方になりますが、不安や恐怖はめんどくさいという気持ちああるでしょうが動かないことには何も変わらない。動かないともっと辛い未来が待つだけです。

だから今不安に感じながらでも登録する人にはチャンスが訪れる可能性が高くなるのです。

厳しい言い方をしましたが、一生懸命に悩んで、この記事を読んでいるはずです。だから少しでも成功の可能性をつかみに行って下さい。

今からオススメを紹介しておきます。

転職サイトは数が非常に多い。だから厳選しましょう!

今から転職サイトに登録する流れになるのですが、転職サイトって何があるの?という人のために取り敢えず大手のみ紹介していきます。

なぜ大手のみにするのかというと数が多すぎるからです…。
めちゃくちゃ多くの転職サイトと転職エージェントがあることに驚くはずです。

しかも下記で紹介するのは一部です…。ただ、ここで紹介するサイトは大手ばかりなので一度は聞いたことがあるはずです。

大手転職エージェント一覧
  • マイナビエージェント
  • JAC Recruitment
  • リクルートエージェント
  • エン エージェント
  • doda
  • ビズリーチ
  • typeの人材紹介
  • パソナキャリア
大手転職サイト一覧
  • エン・ジャパン
  • ジョブセンスリンク
  • @type
  • マイナビ転職
  • リクナビNEXT
  • 日経キャリアNET
  • doda
  • はたらいく

これら転職サイトに全て登録した方がいい。と言われたら嫌気がさすことでしょう。僕は昔やったことがありますが疲れるだけですのでオススメしません。

厳選して使う方が効率が良いです。

そこで全ての人が登録して絶対に間違いないサイトを紹介しておきます。
これだけは登録しておくべきです。

まずは、この3つの転職サイトに登録してから読み進めて下さい。

迷ったら絶対に登録すべき転職サイト3選

リクナビNEXT
転職サイトの業界最大手で案件が圧倒的に多い

営業辞めたいと感じるリクナビNEXTに登録は必須です

【おすすめの理由】
  • 圧倒的な求人件数
    求人件数が他の転職サイトに比べ圧倒的に多い。常時8000件以上の求人情報が掲載されている。また圧倒的な求人件数を保有するので新着案件も毎日入ってくる。
  • 完全無料で4つの限定機能が使い放題
    完全無料で利用でき会員登録者のみが受けれる限定機能がある

    1.条件登録で新着求人がメールで届くサービスがある
    2.気になるリストに登録することで『気になる企業』を一括管理できる
    3.職務経歴などの基本情報はデータ管理するので書き直す手間がない
    4.グッドポイント診断という本格診断サービスで自分の強みを知ることができる
  • リクナビNEXTだけの限定求人がある
    リクナビNEXTに掲載されている求人情報の80%以上はリクナビNEXTの限定求人
  • スカウト機能でエージェントや企業側からメールが届く
    スカウトサービスを利用することで転職エージェントや求人をかけている企業側から直接メールが送られてくるサービスが利用可能。在職中でも無理なく転職活動ができるので重宝できます。

登録はたったの5分程度です。これらの限定機能とサービスを無料で使える。これに登録をしない選択肢はないでしょう。圧倒的な求人数があるということは、あなたがそれだけチャンスをつかみやすくなると言うことです。絶対に登録して損することはないでしょう。

リクルートエージェント
転職支援実績No.1の業界最大手の転職エージェント

営業辞めたいと感じるならリクルートエージェントへの登録も絶対に必要です。

【おすすめの理由】
  • 全国に活動拠点が存在:拠点一覧
    東京本社、北海道、東北、札幌、宇都宮、さいたま、千葉、西東京、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡
  • 転職エージェントの中で圧倒的な案件数を保有
    求人数が圧倒的に多い転職エージェントです。その数なんと20万件以上。やはりチャンスをつかむには案件数が多いことが条件になります。その点リクルートエージェントは間違いないですね。
  • 転職支援実績No.1の安心感
    口コミなどで悪いことも書かれたりすることもあるでしょうが、その裏には、それだけの人をサポートし転職の成功実績が多いという事実があるのです。その証拠として転職支援実績No.1にもなっています。間違いなく安心感のある転職エージェントでしょう。
  • 転職サポートが充実。さらに質も高い
    1.転職に必要になる履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
    2.大手なのでノウハウが豊富で面接対策の質が非常にいい
    3.企業への交渉力が高いので内定率がアップすることがある
  • 年収の交渉などもエージェントがしてくれる
    年収の交渉は口に出したいが、やはり自分ですることは気が引けてできない。そういう人もいるのではないでしょうか?僕は非常に言いにくかったです。それを転職エージェントではしてくれる。これだけでも使うメリットは大きいはずです。

転職エージェントを上手く活用する方法は、転職サイトとの併用です。転職サイトで気になる企業を探し見つかった段階でリクルートエージェントに相談。エージェントから応募することで書類選考の通過率も上がる可能性があります。ぜひリクナビNEXTと一緒に使用することをオススメします。

doda
転職者満足度No.1!常時10万件以上の求人を掲載!

営業辞めたいと感じる人はdodaをに登録することをオススメします

【おすすめの理由】
  • 業界トップクラスの求人数
    リクルートエージェントに続く10万件の案件数を掲載している。リクルートエージェントと併用すること案件の取りこぼしを可能な限り減らすことができます。
  • dodaのみが取り扱う求人がある
    10万件の案件の中には、dodaのみが取り扱う非公開求人が多数あります。
  • スカウトメール機能
    dodaでは多数の企業から来るスカウトメールが、とにかく多い
  • エージェントによるサポートが手厚い
    1.履歴書・職務経歴書の添削サポートが手厚い
    2.応募書類の提出や日程などの調整
    3.入社の日程を決めてくれる
    4.年収などのやりにくい交渉を代わりに企業側にしてくれる

dodaはリクルートエージェントと併用でしようすることにより、最大限に力を発揮することができます。案件数も業界第二位の数があるので、登録しておくとチャンスが舞い込む可能性が高くなります。転職活動を始めるなら必ず登録しておいた方がいいです。得はあっても損することは絶対にないです。

営業辞めたいと感じているが退職時期はいつがいいの?

営業を辞めたい。強く心に決めているなら次は行動をするだけです。但し、行動するにしても順番というものがあります。ここをすっ飛ばして、いきなり仕事を辞めます的な行動を取ると大抵の人は失敗することになり、再転職の道を歩みます。

短期間で繰り返し転職活動をする場合、無理では決してないのですが印象が悪くなり、どうしても行きたいと感じる職場へ行きにくい状況となります。

なので最適なタイミングで退職はするようにしましょう。理想としては転職先が決まってからが一番いいです。なぜなら退職をした時点から生活費がどんどん減り始め焦ることになるからです。

まだ実家で親に頼れる人なら良いですが一人暮らしや家庭持ちの人はできる限り転職先が決まってから退職することが理想です。

営業辞めたいけど営業経験を活かしたい人のための職業3選

営業辞めたいと感じる人で営業経験を活かせる仕事したい人におすすの職業3選

営業を辞めたい。そう感じていても実は不安で動けない人がいます。多い理由としては次の職場が見つかるのかが不安という理由が多いようです。

下記はエン・ジャパンによるアンケート調査の結果となります。理由を確認してみてください。

退職理由を伝える上で、不安な点・気になる点

営業を辞めたい。退職理由を伝える時の不安や気になる点出典:8,600名に聞いた「退職のきっかけ」調査

『次の職場が見つかるかどうか』この理由が圧倒的に多いことが理解できると思います。

特に本記事を読んでくれている人は”営業を辞めたい”と感じている人だと思います。職種を変えるとなるとさらに不安になることでしょう。

そこで職種を変えるけど、営業経験を活かせる職種を紹介したいと思います。もし営業を辞めたいけど何をしていいのかわからない。そう感じる人には参考になると思います。

営業経験が役立つ職業1:購買&調達職

購買&調達職は特にルート営業をされる人には馴染みがある職種でしょう。主な仕事として必要な部材などを発注する業務となります。

ルート営業は基本的に購買部の発注担当者にアプローチをして価格や保証範囲などの内容について打ち合わせや交渉をする仕事です。

これの購入する側の仕事が主に購買&調達職です。仕事の流れも理解しやすいでしょうし面接時のアピールもしやすいです。

主な仕事内容

・仕入先の開拓

・見積価格に対する価格交渉

・注文書の作成など発注業務

・請求書の管理業務

・納期や発注数量などの管理

・他部署との連携

どうでしょう?内容を確認すれば本当に営業の真逆に位置するような職業ですよね。営業経験を活かしながら違う職種をするうえで本当に進みやすい道でしょう。

ぜひ検討されてみては如何でしょうか?

営業経験が役立つ職業2:マーケティング

マーケティングの仕事は営業と非常に近い存在の職業になります。マーケティングの延長線上に営業があるような立ち位置で考えて見るのがいいかもしれません。

営業は商品を購入してもらうために色々な戦略を考え顧客のニーズを聞き出しアプローチをする仕事ですよね?マーケティングは顧客となる人達のニーズを把握し商品開発をしたり、認知してもらうために広告戦略を考えたり、お客さんに商品を届けるための仕組み作りをする仕事です。

経営に一番近い存在の職業であると言えます。

主な仕事内容

・市場調査、市場分析

・広告戦略、広告デザインを考える

・市場調査に基づく商品企画

・営業戦略や販売戦略、キャンペーン施策を考える

どうでしょうか?やりがいを感じる仕事ではないでしょうか?ただ、仕事内容を確認してもらっても理解できるように非常に難しい職業ではありますので覚悟して挑む必要がある職業でしょう。

ぜひ検討されてみては如何でしょうか?

営業経験が役立つ職業3:販売職

販売の職業はコミュニケーション能力を必要とするため営業経験フルに活かせる仕事であると言えます。よく営業からの職業替えで紹介されている職業ですね。

デパートに入っているテナントの店員さんなどを想像してもらえるわかりやすいと思います。ただ、ここに関しては本当に人と接することが好きでないと難しい職業かもしれません。

勤め先としては、家電量販店、家具屋、ホームセンター、アパレル関係などがあります。

主な仕事内容

・お客様の接客業務

・店舗の在庫補充、在庫管理

・クレーム対応

もし接客が嫌いでなく、動き回る仕事が辛いと感じないあら販売員の仕事も良いかもですね。

ぜひ検討されてみては如何でしょうか?

営業辞めたい20代、30代前半にオススメの職種3選

営業辞めたいと感じる20代、30代の人へおすすめの職業3選

ここでは営業経験と掛けわせることで数年後に力を発揮できる職種を紹介します。これからは個人で稼ぐ時代だとも言われたりしている世の中です。

もし今あなたが20代~30代ならばフリーランスで最終的に働けるような職業を目指してみることもありかもしれません。

特にITを使って商売ができる職業だと場所を選ばずに働ける何てこともあります。今まで辛いと感じ仕事をしてきた人には本当かよ!そのように感じる人もいることでしょう。ただ、IT系の仕事では実現可能です。

ただ、フリーランスになると仕事を取るのは自分を売り込む営業力が必須になってくるのです。でもそれは営業経験者なら自然と身についてしまっていますよね?後は技術を身につければ自由になる道も開ける可能性もあるのです。

では今からフリーランスになれる可能性のある職業をお伝えしていきます。

ITエンジニア系

フリーランスと聞くと一番初めに思い浮かべるのはプログラマーではないでしょうか?今では非常にメジャーになっている分野ですね。

圧倒的に人手不足の分野で、しかも今からまだまだ伸びていく市場だからです。圧倒的に需要と供給のバランスが崩れている職業ですね。なのでフリーランスで働く場合の単価も非常に高いというのが特徴であったりします。

よくプログラマーは35歳定年説なんて言われていますが絶対にそんなことはないです。あれはウソです。

確かに未経験の人で就職するという面を考えれば30歳を超えてくるとしんどいこともあります。ですが不可能ではない。ということだけは頭に入れておいて損はないとおもいますよ。

僕の知り合いで34歳ですが、未経験でプログラマーの世界に就職できた人間がいるから断言できるのです。要するに目指すなら覚悟を決めて、諦めないことです。

これから伸びていく職業が気になる人は【2019年末】これから伸びる職業をまとめて!職替え希望者必見!でも詳しく説明しています。もしよかったら読んでみて下さい。

Webデザイナー系

営業を辞めたい。そう感じる人の中にはデザインするのが好きだと感じる人もいると思います。

そういう方にオススメなのがWebデザイナーの仕事です。将来的にフリーランスになることも可能ですし、お客さんとの打ち合わせも、よくある職業なので営業経験は絶対に役立てることができます。

Webデザイナーは主に企業などのWebサイトのデザインをする仕事です。クライアントが考えているWebサイトのボヤっとしたイメージを聞き出しニーズを把握する。それを目に見えるデザインにするのです。

このWebデザイナーの仕事もIT業界が拡大を続けているため、需要が増えている職業であると言えます。特別な資格が必要な職業ではないので未経験からでもデザインをするのが好きな人は仕事に就くこともできます。

但し、このWebデザイナーについても勉強が必要な職業になります。未経験から何の知識もなしに即入社できますよという企業はないと思ってください。

『HTML』『CSS』の知識は最低でも必要になってきます。その他『Illustrator』『Photoshop』についても知識が必要になります。後、企業にもよりますがJavaScriptなどの言語を使うこともあるでしょう。なので、ある程度プログラミングの知識がある方がアピールできる強みになることは間違いありません。

また、Webサイトを製作する職業になりますので、フリーランスを目指すのであればSEOの知識を持ち合わせていることで重宝される可能性があります。

Webライター系

Webライターはその名の通りネット上のさまざまな文章を書く仕事です。これまでは一般的に企業に勤め仕事をするイメージもありましたが、今はフリーランスとして働く人も多くおられます。

そしてWebライターは文章が書けたら誰でもなれるということです。資格もいらないので上手な文章を書ける人であれば今日からでもWebライターと名乗り働くことも可能です。

ただ、いきなりフリーランスとして働けるような人は飛びぬけた才能がある人だけで、ほとんどの人は難しいはずです。今すぐ独立は勇気と覚悟もいりますしね。

だから一般的には企業に就職し実績をつけながら、休日などに自分で仕事を探し請け負っていく。実績ができ慣れてから独立というパターンが気持ち的にも負担が少ないのではないでしょうか?

またWebライターも場所を気にせずに仕事ができる面も非常にいいところですね。

合わせて知識があると良いのはHTML、CSS、WordPressです。あとSEO対策をしながら文章を書ける技術があると仕事を取りやすくなるはずです。

ぜひ検討されてみては如何でしょうか?

転職に失敗する人の特徴を知ろう

営業辞めたいと感じる人で転職に失敗したくなければ失敗する人の特徴を知ろう

転職に失敗する人の特徴を知ることで、失敗しない方法がわかります。しっかりと自分の進む方向性が決まったら会社を辞める前に失敗するパターンを知り対策を取りましょう

転職を成功させるには本当に準備が大切です。それでは見ていきましょう。

明らかな準備不足と情報不足

転職に失敗する人の中には明らかな準備不足の人がいます。人間関係など多少の運が左右するものもありますが、企業の内情など完璧ではないにしろ、ある程度は把握することができる時代です。

それにも関わらず何も調べずに入社をする。そういう人が少なからず存在しております。こういう人は自分で失敗の可能性をあげていると言えるでしょう。

普通は逆です。運の要素が少なからずあるにしても可能な限り失敗の可能性を下げる努力をするべきです。今は色々な情報に手が届くのです。

営業を辞めたい。そう感じるあまり、大切な転職を成功させるということが頭から離れてしまうと、このような事態になりかねません。辞めたいだけではなくしっかりと転職する企業のことにも目を向けましょう。

例えば、転職会議という企業の口コミが見れるサイトはご存じでしょうか?こういったサイトで応募しようとしている企業の内情を知ることが可能です。元従業員が口コミを投稿するので信憑性もそれなりに高いのです。

そういう準備もなしに転職活動をしてブラック企業に入社しました…。それは自分が悪いのです。絶対に嫌ですよね?じゃあ、しっかりと登録し準備をして下さい。

『転職会議』

公式サイト:https://jobtalk.jp/

転職会議は必ず登録し使うようにしましょう。無料ですしメリットしかないはずです。

面接時に自分を雇うメリットを伝えていない

自己PRをしっかりと伝えない人がいます。面接は相手に自分の存在をアピールする場です。その場を設けてもらいながら何も伝えない。伝えることを準備もしていない。間違いなく失敗する可能性が高くなります。

ところで面接で何を面接官に伝えるか理解していますでしょうか?

答えは『あなたを雇うメリット』です。

企業はあなたを雇うメリットを見るのです。特にこの記事を読んでくれている人は営業を辞めたいと感じる人が多いと思います。そうなる未経験の分野に飛び込む人が大半です。

そもそも企業側としては未経験の人間を雇うメリットがないのです。あなた以外の人で業界の経験者も同じように応募してくるからです。

その経験者に勝つための『あなたを雇うメリット』をぶつけるのです。

ここだけは忘れない方が良いです。営業でも同じです。相手が自分の扱う商品を購入するメリットを伝えないと絶対に購入してくれませんよね?今まで仕事で散々やってきたことです。それを面接時は自分に置き換えてアピールするのです。

簡単ではないですが、面接を勝ち抜くために本気で考え抜いて下さい。

良いイメージだけで転職してしまう

自分のイメージだけを膨らませて違う業界に飛び込んでしまう。そういう人が陥るのが理想と現実のギャップで苦しむことです。

どの業界でも簡単で楽にできるということはない。そう思い転職する方がいいです。自分が置かれている環境が辛すぎると他のことがすごくいい風に移ります。

そして『こんなはずじゃなかった…』と感じ悩むのです。

こうならないためにも情報収集をしっかりすることが大切です。企業のホームページはもちろん、SNS、口コミサイトなど全てを使い情報収集しましょう。

転職活動は長くあなたが働く環境を見つけるためものです。それくらいしても十分すぎるくらいです。

油断せず本気で情報収集をして下さい。

面接時にしっかりと聞きたいことを聞かない

面接時に聞いてはいけないのかな?そう感じ聞きたいことが聞けない…。そう感じる人が多いのではないでしょうか?確かに休みや有給休暇のこと、残業、ノルマについての考え方。少しネガティブに捉えられる可能性はあります。

今、あなたは営業が辞めたいと感じ辛い思いをしていますよね?しっかりと聞かないと同じ運命を歩む可能性がありますよ?

もし、このような有給休暇や残業、ノルマのことなどについて聞かれた場合に不採用にするような企業なら絶対に行かない方が良いです。

そういう質問でやる気がないなどを判断する場合、基本的にブラック企業の可能性が高いと僕は感じています。やましいことがなければ全て面接時に伝えても企業側としては問題ないはずだからです。

なので、しっかりと質問をすることで、あなたも企業を振るいにかける効果もあるのです。

ぜひ頭に入れておいて下さい。

さいごに営業を辞めたい人へ

営業を辞めたい。本当に辛いと今は感じているはずです。でも少し勇気を出し動き出すことができたなら、今の現状から何かがきっと変わっていくはずです。

どんなことをするにしても同じですが、初めの一歩が本当にパワーがいるのです。

やっぱり転職するのが不安で動けない。そう感じている人もいるはずです。ただ、立ち止まっている年齢も高くなってきて今よりもっと不安になります。だから少しの勇気を出して動いて下さい。

まだ、転職サイトに登録が出来てない人は今すぐにでも登録して下さい。

下記は20代、30代に向けてオススメの転職サイトを集めた記事です。活用方法なども説明していますので、ぜひ読んでみて下さい。

[https://toshio-tensyoku.com/nijyudai-tensyoku-saito]
最新情報をチェックしよう!