営業辞めたいは甘え?危険かも…。本気で辞めたい人だけ読んで

営業ってマジで辛いですよね?

営業を経験し、悩んだことのない人間には理解できない『営業疲れ』ってありますよね?

  • 毎日ノルマにピリピリしながら仕事をする
  • アポイントと欲しさにゴリ押しで予約を取る
  • 上司からのプレッシャー
  • 飛び込み営業の怖さや辛さ…
  • 苦痛でしかたない営業会議

営業を辞めたいと感じながら甘えてはダメだと自分に言い聞かせ努力しようとする人がいます。

本当に立派ですごいと思います。

なぜなら、営業職は【どんな仕事よりも精神的にダメージが来る職業】です。

はっきり言います!

今、『営業を辞めたいと感じるのは甘えだ!』と考え努力ができている時点でどんな職業に、これから転職しようとしても成功できます。

それだけの精神力は身についているはずです。

ただ、残念なことに現時点で努力する向け先が間違っているだけです。

甘えだと考えて、今続けている努力を継続したとしても良い方向に進むことはありません。

良くなる確率は0%です・・・。

営業を辞めたいと考えながら現職場で努力することは『デメリットしかない』ということを理解する必要があります。

なぜ努力してるのにデメリットがあるの?という疑問の答えを全て記載しています。

最後まで読むことにより、『営業を辞めたいは甘え』という考えから『今すぐ行動しないとヤバい』ということにマインドが変わることでしょう。

本気で営業を辞めたいと悩んでいる人だけ読んで欲しい。

なぜなら、私も営業疲れで転職をした経験がある一人だからです。

営業を辞めたいは甘えじゃない!甘えと感じる理由を考えてみよう

営業を辞めたい…。

そう感じながらでも『甘えだよね』と考え動けない人がいるのはなぜなのでしょうか?

それは小さい頃から『逃げたらダメだ』『すぐに諦めるのはダメ』と教えられ育ったのが原因であるようにも感じます。

結論を伝えると『営業を辞めたいは甘えではない』です。

はっきり言って営業って本当にしんどい仕事ですよね?

体力面でしんどいなら人間はある程度耐えれることでしょう。

ただ営業を辞めたいと感じている人の多くは精神的に疲れている人が多いのではないでしょうか?

あなたも営業がしんどい辛い辞めたい…。

でも甘えているみたいで嫌だ。と感じていますよね?

では、なぜ営業を辞めたいと感じているのに甘えだから辞められないと感じる人がいるのでしょうか?

甘えと考えてしまう理由を知れば、甘えと考えるのは間違っていると理解できると思います。

まずは、しっかりと『甘えと感じてしまう理由』について考えてみましょう。

甘えと感じる理由①:日本人特有の美意識があるから

辞めたいのに甘えと感じるのは日本人特有の美意識があるからです。

『石の上にも三年』辛いな…、辞めたいな…と感じ誰かに相談した時などに言われたことないですか?

このような言葉の影響が非常にあると思います。

ただ一つ言いたいことは『石の上にも三年』という言葉は『辛いことを頑張って耐えましょうという意味ではない』です。

あの言葉は『辛くても我慢し頑張り続ければいつか報われ成功する』という例え話です。

このような美意識は間違いです。

『辞めたいと感じるのは甘え』と考えてしまう心を捨てて下さい。

辛いことを無理に耐え続ける必要はない。

営業を辞めたいのは甘えではないですよ。

甘えと感じる理由②:すぐに逃げると思われる

すぐに逃げるのはダメという考えから甘えに繋がっていることもあります。

このように考える必要はないです。

『営業を辞めたいのは甘え』と感じている人の中で『すぐに逃げると思われるのが嫌』と感じている人もいることでしょう。

今まで誰かに相談すると逃げたらダメだ!と言われたことがあるのではないでしょうか?

『逃げたらダメ』と口にする人は本当にたくさんいます。

だた言っている本人たちも逃げた経験はあるはず。

人間は人のことになると否定したがるのです。

だから全然逃げてもいいし営業を辞めたいと感じているのも甘えではない。

甘えと感じる理由③:メンタルが弱いと思っている

辞めたいと感じた時にメンタルが弱いから辞めたいのか?と考えてしまい、これは甘えだと感じてしまう人がいます。結論は甘えではないですよ。

営業の苦しみを理解しているなら分かることですが、めちゃくちゃメンタル的にきつい職業ですよね?それを今必死に耐えているだけで本当にすごいことですよ。

即辞めている人も世の中にはいます。だから自分は甘えているなどと考えないで下さい。

ただ注意点は頑張って耐えることにメリットはないということは知っておいて損をすることはないですよ。

その点に関しては後ほど詳しく説明します。

今は営業を辞めたいと感じるのは甘えではない。ということを理解して頂ければと思います。

甘えと感じる理由④:諦めるず頑張らないとダメだと思っている

営業を辞めたい気持ちに対して甘えと感じるのは頑張らないとダメだと思ってしまっているのも一つの原因になると考えられます。

諦めずに頑張ることは良いことです。

それに関しては間違いないことです。

ただ、諦めずに頑張るのは自分のやりがいを感じる仕事ですればいいのではないでしょうか?

現時点で精神的に辛いと感じているけど、努力して諦めずに頑張れば今の気持ちを吹き飛ばせると感じている場合、努力すればいいと思います。

一つ言えるのは、ほとんどの人は精神的ダメージが回復することはなく転職する道を選びます。

営業はそれくらい、キツイ仕事です。

辞めたいと感じるのは甘えでは全然ないのです。

だから辞める判断は早い方が絶対にメリットしかないのです。

そこに気づいて欲しい。

甘えと感じる理由⑤:人の目を気にしすぎる

営業を辞めるのは甘えに関して上記で4つ説明をしてきました。

どうでしたか?辞めたいと感じる気持ちは甘えではないと少しは感じれたのではないでしょうか?

甘えと感じる理由として、全てに共通するものは『人の目を気にする』です。

やはり、これは甘えかな?辞めたいけどいいのかな?世間からはダメだと思われるのじゃないか?全部他人の意見なんです。

今、営業を辞めたいと思っているのはあなたですよね?

他人ではないはずです。

仮にあなたが後1、2年、営業を続けて、もし心が壊れたとしても身内以外は誰も助けてくれません。

彼氏、彼女と別れるはめに…。

せっかく頑張った結末がこのようになる。

最悪ではないでしょうか?しかも家族にまで迷惑をかけてしまう…。

悔しいですね。

だから、『営業を辞めたいは甘えかな?』と感じている気持ちを捨てて転職に移る方が絶対にいいと思います。

辞めていいんです。

まずは小さな一歩を踏み出す。

そうすると次の一歩がまたでます。

転職活動では、まず転職サイトに登録することが小さな一歩です。

もし転職サイトが分からないという方は『転職サイトのおすすめは?迷う人は紹介する有名どころ5つで十分!』を参考に登録して下さい。

これだけでも一歩を踏み出せていない人にとっては大きな一歩となり何かが掛かります。

完全無料ですし、リスクはゼロです。

転職サイトに登録するのは営業を辞めたい人にはメリットしかないですよね?

営業辞めたいは甘えと考え頑張ってもデメリットのみな理由

ここまで読まれてどうでしたか?

『営業を辞めたいのは甘え?』という考えを克服することはできましたか?

もう大丈夫という人もいれば、まだ動くのが怖いと感じる人もいることでしょう。

ここからは、まだ動くのが不安に感じるという方に、営業を辞めたい人が無理をして頑張っても得られる結果はデメリットしかないよ。という話をしていきます。

デメリットをしっかり理解して動く動かないを判断しないと後悔することになります。

これだけは断言できます。

不安をあおるわけではないですが、事実をしっかりと理解するのが大切です。

理由①:甘えと考え耐えても結果は辞めることが多い

営業が辛い…。

けど甘えてはダメだと考えて耐え続ける。

本当にすごい努力で素晴らしい。

ただ、こう考える人のほとんどが頑張れても1年もしくは2年ほどです。

その後どうするのかご存知ですか?

ほとんどの人が結局、転職の道を選ぶのです。

初めは甘えと考え努力して営業を続けるのですが、途中で耐えきれなく辞めるのです。

それぐらい営業にかかる精神的な負担は大きいのです。

こちらの『営業が辛い!よくある理由と対策。本気しんどいなら辞めていい理由』でも紹介していますが、本当にさまざまな理由で辞めたいと感じるのが営業という仕事です。

辞めたいと感じる理由が甘えじゃないから少し頑張って耐えても辞めるという結果になるのです。

甘えているだけなら頑張ったら耐えれます。

根本的に辞めたい理由が気持ちの問題だけではないから耐えたとしても最終的に辞める結果になる。

根性論ではどうしようもないのです。

だから今耐えている努力を次の職場で活かす方がご自身のためになるのではないでしょうか?動き出すなら今です。

頑張って一歩踏み出して下さい。

理由②:辞めたいと感じる営業を続けるメリットが一つもない

今、営業を辞めたいと感じているのに頑張って営業を続けるメリットが一つもないです。

なぜなら辞めたいと感じる仕事を続けても成長しないからです。

実際に本気で目標があり努力をしている人と辞めたいと感じる人が同じ仕事で競い合った場合はどちらの人が成長するのでしょう?

言うまでもないですが、確実に目標があり努力している人ですよね?

何が言いたいのか結論を言うと『次の仕事を探しやる気が出る職業へ転職する方が良いですよ』ということです。

本気で時間をムダに使ってしまうだけです。

辞めたいのは甘えと考え努力を続けるより、次の職場で、その耐え続ける時間を有効活用した方が良いのです。

今から動かず頑張って営業を続けた場合、運がいい人で数カ月、運が悪い人は何年と耐えることになるでしょう。

その時間は戻らないと理解して続けた方が良いです。

絶対に早くに動いておけば良かったと後悔することになります。

理由③:年齢が高くなるとすぐに辞めるよりも不利になる

今辞めたら転職に不利になる。

やっぱり世間一般に言われる3年説を守らないと…。と考えている人に言いたいことは3年間努力しても結局不利にはなりますよ。という事実です。

このようなパターンで悩む人は入社して1年も経っていない人でしょう。

下手すると数カ月の人もいるかもですね。

仮に今、あなたの年齢が27歳で入社3カ月だとしましょう。

営業辞めようかなと考えたけど、入社すぐに転職すると不利になると考えたとします。

この場合、3年続けたら30歳をこえてしまいます。

どちらが不利になりそうでしょうか?

きっと年齢の方が不利に働くはずです。

さらに年齢が高くなると、もっとデメリットの方が大きくなります。

それほど年齢は転職活動に大きくなるのです。

ただ、年齢が高くなれば全てが不利かというと、そうではないです。

スキルをしっかりと身につけて転職する場合は年齢だけが全てではないです。

ここで言いたいことはダラダラと辞めたいと感じながら3年間頑張っても何も身につかず年齢だけ高くなり不利になるよということです。

なので今、営業を辞めたいと考えながら甘えだよね。

なんて考えているくらいなら即転職活動に入る方が絶対にいいのです。

理由④:今より精神的に良くなることはない

一度、営業を辞めたいと感じると、いくら甘えてはダメだと努力したところで精神的にいい方向に行くことは稀です。

絶対に良くならないとは言わないまでも良くなる可能性は非常に低いと思います。

営業が辛いと感じて精神面で回復する場合は基本的に3つしかないと考えています。

1.職場を変えず部署移動をする

2.職場を変えて営業の仕事をする

3.職場を変えて違う職種で働く

本当に現時点で営業を辞めたいと感じている場合には上記であげた内容でないと、今の職場で働く限り精神面が回復することは、ほとんど無いでしょう。

少なくとも私自身は回復した人を見たことがない…。

営業を辞めたいと口にした人は遅かれ早かれ転職の道を選んでいます。

ただ、どのような道を選ぶのかは自身でしっかりと判断することです。

そのヒントにこの記事がなれば非常に嬉しいです。

『営業を辞めたいは甘えでない』と理解できたらするべきこと

ここまで読んでくれた人は少なくとも『営業を辞めたいと感じることは甘えではない』ということは理解できたのではないでしょうか?

後は実際に行動に移していくことが本当に大切です。というか行動しかすることがないです。

行動しなければ何一つ今の現実を変えることはできません。

これは原理原則です。

もう一度言いますが、絶対に行動しないと何も変えることができない。

これだけは理解してください。

今からやるべきことは2つです。

1.自分の方向性をきめる

2.転職活動の準備をしていく

営業を辞めたい人は自分の方向性を決める

まずは自分がこれから進む方向性をしっかりと決めていくことが大切になります。

簡単に説明すると『職場だけを変えて営業職をする』もしくは『営業職を辞めて違う職種を探す』どちらかになります。

この方向性をしっかりと決めることが重要です。

転職活動を始めてから決めると迷うので良い方向に行きません。

人間不安になると良からぬ方向に舵を取ってしまうことがあります。

もしやりたいことが明確なら問題なしです。

即転職活動を始めて下さい。

まだの人は一度しっかりと考えてみるのがいいです。

ここは時間を取って考えて下さいね。

ただ、営業以外したことないし…。という方もいると思います。

そのような人は『営業辞めたい人に経験を活かせる職種、行動する時期と方法を紹介します』の記事が参考になります。

辞めたいのが甘えではないことを理解したら転職活動の準備をしていく

上記と同時並行で初めて欲しいのが転職活動の準備を進めていくことです。

なぜ同時並行が大切かというと転職活動という行動をしなければ、いくら方向性を必死に考えたところで現実は何も変わりません。

転職サイトに登録し準備を進めていくことで小さな一歩は踏み出せます。

この小さな一歩を踏み出していると上記で自分の方向性が完璧に決まった時に一気にアクセルを全開にして走り出すことが可能となります。

なので、まずは転職サイトに登録することが大切です。

どの転職サイトに登録すればいいのか不明な人は下記記事を読んでくれたら全部解決できます。

どれを選べばいいの?と迷わせないために超厳選した最新の転職サイトランキング1位~3位を選んだ記事です。

営業辞めたいは甘え?:まとめ

どうでしょうか?

『営業を辞めたいけど甘えだよね…。』という気持ちは無くなったのではないでしょうか?

本当に甘えではないと私自身感じている部分なので『甘えではない理由』を色々と説明してきました。

やはり営業の仕事をしたことがある人には理解できますが、ノルマやプレッシャー、上司からの攻め、あげだすとキリがないくらい多くの辛い部分が営業にはあります。

本当にきつい仕事だなと、あらためて思いますね。

だから営業を辞めたいのは甘えではない。

これだけは心に留めておいて下さい。

そして、甘えではないことを理解できたら後は行動するだけです。

今の現実を変えるなら行動するしかないのです。

それができないと絶対に現実を変えることはできません。

なので、まずは小さな一歩を踏み出すために行動してくださいね。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!