営業辞めたい30代が大失敗するパターンを解説!転職希望者は必見!

30代の営業はプレッシャーが増えてくる時期です。

『営業疲れで辞めたいと感じていませんか?』

30代で営業を辞めたいと感じる人へ。はっきり言います!今からする質問に『NO』が一つでもあれば転職に失敗します。諦めた方がいいです…。逆に全て『YES』ならチャンスをつかむ可能性はあります!

まずは、このサイトを読んで頂くための注意点を2つ紹介しておきます。

『注意点1』

本気で『営業を辞めたい!』と覚悟がある人だけ質問に回答して下さい。覚悟のない人は今すぐ、このサイトを閉じて違うサイトで情報収集することをオススメ致します。

 

『注意点2』

また『NO』が出てしまった人はこの先に進んでも得られるものはありません。時間をムダにしますので読むのを辞めて下さい。

30代で営業を辞めたい人がクリアすべき5つの質問

営業を辞めたい30代がクリアすべき5つの質問はこれです

それでは早速、30代で営業を辞めたい人が転職を成功させるために必要な質問を5つさせて頂きます。

この5つの質問をクリアできた人は先に進み次の行動をする事をオススメします。

なぜなら、30代で仕事を辞め、転職を成功させるには『覚悟』と『行動』が必要になります。この5つの質問が『Yes』なら、転職のチャンスをつかむ準備ができることでしょう。

転職を成功させる戦略を取るのはその後です。

では早速質問に回答して下さい。

クリアすべき5つの質問

【質問1】:営業を本気で辞めたいと思っていますか?

【質問2】:絶対に転職を成功させたい失敗したくないという気持ちがありますか?

【質問3】:30代での転職に不安はあるけど何とかしたいという気持ちはありますか?

【質問4】:30代での転職は簡単でないと感じていますか?

【質問5】:転職に失敗したくない気持ちがあり事前準備を今からする覚悟はありますか?

まずは全て『Yes』の人はおめでとうございます。

これから人生を変えるための心構えが完璧にできています。ただ、残念なことに私達の人生は行動しないと何一つ今の現状を変えることができません…。これは絶対的な原理原則です。

行動しないと待っているのは年齢が重なり、もう今の職場から逃げられなくなるという現実が待っているだけです。

だから覚悟がありますか?と上記で5つの質問をさせて頂いたのです。

30代で転職という人生の岐路に立っている。覚悟を決めて行動する人だけがチャンスをつかみます!まずは転職サイトと転職エージェントに登録しましょう!

失敗しないためにはどうしたらいいのかな?などと考えるのは、その後のことです。

全て『Yes』の人だけ読んで下さい!

>>全て『Yes』の人だけ読んで下さい!『【2020年最新版】超厳選!人気の高い転職サイトランキング

営業辞めたい30代が転職に失敗する原因

営業を辞めたい30代が転職に失敗する原因を説明します

それでは準備が完璧に整った人はこれより30代で営業を辞めたいと感じ、転職に踏み切る人が失敗してしまう原因を見ていきましょう。

転職に失敗する原因を理解することで、転職に失敗し後悔する可能性を減らすことが可能となります。

30代の失敗原因①:転職理由・目的があいまい

転職理由や目的が曖昧なまま転職活動をしても絶対にうまくいきません。やはり30代での転職になってくると20代とは異なり企業側としても、ある程度の判断基準をしっかりと設けてきます。

『30代で営業を辞めたい』と感じている人はネガティブな理由が多いことでしょう。転職理由にネガティブな考えで行動することは決して悪いことではありません。

例えば、30代で営業を辞めたい場合、下記のような理由が考えられますね。

・ノルマがきつすぎるので辞めたい

・上司からの営業ノルマに対する追い込みが辛くて辞めたい

・営業会議が辛くて辞めたい

・営業雑務による残業が多くて辞めたい

・営業を頑張ってきたけど向いてないと感じ辞めたい

・成績があがらない人は休めない時があり辞めたい

30代で営業を辞めたいと感じる人は、これらの悩みを抱えていることが多いと思います。でもこれらをストレートに伝えると内定は勝ち取れないでしょう。

じゃあ、どうするのか?

二つのパターンが対策方法があると思います。

①ネガティブな理由をポジティブ変換して伝える

②これからのなりたい人物像を想像して、それを退職理由にする

①の場合、ネガティブな営業を辞めたい理由ををポジティブに変えて伝える。この方法は結構難しいです。思いつかない人は、ずっと理由を思いつかないです。だから、あまりオススメはしません。

②であれば、これから『どんな仕事がしたくて』『どんな未来のために辞めました』という転職理由をいくらでもつくれますよね?

あらかじめ、転職理由をしっかりと考えることで面接時に焦らなくてよくなります。また成功の可能性も引き上げてくれます。

30代の失敗原因②:即戦力になるアピールポイントを持たない

もし今、『企業が30代の転職者に求めるものは何ですか?』と聞かれたら答えることができますか?

失敗する人の多くは企業が何を求めているのかを理解していません。

『あなたが営業であげた実績?』『あなたが営業職でしてきたこと?』これらを面接でアピールする人がいます。決してこれらが悪いわけではないですが、これだけでは少し足りない。

必要なアピールはあなたを雇うことで発生するメリットです。これらを『あなたの実績』や『やってきたこと』と合わせてアピールするポイントを用意しておくのです。

失敗する人は、これらのアピールポイント(雇うメリット)を用意せず面接に挑むので失敗するのです。

30代の失敗原因③:退職後に転職活動をする

30代で営業を辞めたいと感じる人が失敗する原因は行動が軽はずみ過ぎることにあると感じます。

まず辞めたいと感じても30代の人は最低でも準備を整えてからです。

決して気持ちのまま『営業を辞めたい』と感じた会社をすぐには辞めないようにしなければいけません。

会社を辞めて運が良ければ、すぐに仕事が見つかるでしょう。

ただ、それは稀です。基本的には4~5件、多い人では10回ほど面接にチャレンジするものです。年齢が40代に近づけば近づくほど、さらに面接回数をこなさないと仕事が見つからない可能性もあります。

会社を辞めてしまった場合、最大のリスクは資金ショートによる生活ができなくなる状態ですよね?実家に住んでいる人は大丈夫かもしれませんが、家族持ちの人などの場合、資金ショートは悲惨な事態です。

絶対に避けましょう。そのためには在職中からの転職サイトと転職エージェントに登録し全て準備を整えることが重要です。

30代の失敗原因④:現職に対する不満だけで行動する人

30代の人で現職に対する不満だけで転職を始めてしまう人の末路は『失敗』の二文字です。

どこに行っても会社への不満というものは出てきます。これだけはどの会社に行っても出てくるものです。なので、不満だけで行動するのではなく辞めたいと感じる理由を明確にしてください。

辞めたい理由しっかりと考えてみて、今の現職場の良いところも考えて見る。その結果で『営業を辞めたい』という答えがでれば転職に踏み切る方がいいです。

30代になると、短い期間での再転職になるとデメリットが非常に多くなります。

しっかりと自分の行く道を考えるようにしましょう。

30代の失敗原因⑤:情報収集不足(準備不足)

はっきり言って情報不足や準備不足の人は論外です。きつい言い方になりますが、30代での転職をなめているとしか言いようがないです。

20代と違い30代での転職は企業が求めている人物像を明確にしアピールする必要があります。例えば、経理部に入社したい場合、どういう自分が即戦力になるのだろう?などをしっかりと考え情報収集をするのです。

その他、企業の裏事情などについても情報収集していくことが大切です。

30代になると年収のアップ率などは非常に重要になる部分です。その他には『家族持ちの人なら休みがしっかりと取れるのか?』『有給休暇は取れる職場か?』『残業はどれくらいあるのか?』なども重要になる部分でしょう。

それらについて可能な限り情報収集する非常に大切な部分です。

30代で営業を辞めたいと感じ転職をするなら、それなりの覚悟を持って行動することは忘れないようにしてください。油断をすると、あなたを待ち受けるのは失敗だけです。

30代の失敗原因⑥:未経験分野に転職するのに年収ダウンを想定していない

30代で営業を頑張ってきたから未経験分野に転職しても最悪は今と変わらないくらいの年収ではいけるだろう…。もしこのような感覚でいると現実とのギャップで絶望します。

未経験分野と営業は畑違いのため基本的には年収は下がると考えておく方がいいです。

理由は簡単です。もし未経験の人間で高い年収を企業側が払わなければならない場合、あなたを雇うメリットが一つもないからです。

あなたが経営者としての立場なら同じ未経験者で20代前半の人間と30代ならどちらを雇いますか?答えは明白です。未経験分野に30代で飛び込むなら年収のダウンは想定しておいた方がいいです。

特に家族を持っている人は慎重に検討するべきです。

年収が下がったとしても『営業を辞めたい』と決意しているなら、せめて営業職の経験を活かせる職業を検討してみるのも一つの手です。年収ダウンが少なくて済むかもしれません。下記記事では営業を活かせる仕事を紹介しています。何かのヒントにはなるはずです。ぜひ読んで見て下さい。

>>参考記事:『営業辞めたい人に経験を活かせる職種、行動する時期と方法を紹介します』

30代で営業を辞めたい理由が新規営業やノルマなら考えてみて

営業を辞めたい30代。辞めたい理由が新規営業やノルマが辛いならこれを考えてみて

新規営業やノルマを必死になって追いかけ続ける毎日…。テレアポを繰り返し、飛び込み営業をし、毎月決められたノルマに追われる毎日を過ごす。

何年も、これを繰り返していると精神的に疲れることがあるのです。ふとした時に『新規営業に疲れた』『毎月のノルマに疲れた…』となる人がいます。いわゆる『営業疲れ』というやつです。

いくら達成しても終わることのないノルマ…。営業を続けるうえでは避けて通れないと分かっていても辛いのです。営業は精神的に本当に辛い職業だと思います。

では、ノルマのない営業はないのか?と言われるとそうではない。

世の中にはノルマが本当にないや少ない企業はいっぱいあります。そのノルマが少ない営業について少し今から伝えたいと思います。

今までの営業経験を活かしルート営業という道もある!

30代で営業を辞めたいと感じる人の中には、新規営業やノルマが辛くて辞めたいと感じている人も多くいます。

30代になると人それぞれ事情はありますが、結婚しており子供もいる人もいると思います。守るべき家族がいると下手に転職することができません。

特に営業を辞めたいと考えている人の中には未経験の分野に飛び込むことになる人もいます。そうなると待っているのは年収ダウンです。

30代の未経験となると、ほぼ年収はダウンします。

そうなると生活が苦しくなり大変な思いをする人もいることでしょう。だからオススメは新規営業やノルマが少ないルート営業の道に進むのも一つの手だと思います。

もし一つの道だと考えれるなら、無理に今まで経験してきた道から外れる必要はないと感じるので最後にアドバイスをさせて頂きました。

少しルート営業について調べてみようかな。と感じる人がいれば下記記事を読んでみて下さい。『ルート営業とは』から始まり大変なところなどを網羅的に説明している記事となります。

>>参考記事:『ルート営業とは?今からルート営業をしたい人は絶対知るべき全知識』

営業辞めたい30代が大失敗するパターン|まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

『営業を辞めたい』という気持ちを実現するため冒頭で紹介しましたオススメの転職サイトと転職エージェントは登録できましたか?

もし、まだ登録できていない人は迷いが消えていないのでしょう。

そのような人は今の職場で本当にいいのかな?と自分の気持ちにもう一度向き合ってみて欲しいです。

今、30代です。これから何年も我慢すると本当に次は転職が難しくなる時期に入ります。つまり40代です。一番辛い未来は転職したいけど、もう年齢が高くなりすぎてデキない状態になることです。

もう転職できないかも…。と感じた時、本当に心が折れそうになります。一度想像してみて下さい。もし、自分の将来を想像して動かないとヤバいと感じたなら勇気をだして一歩動いて欲しいです。

自分の未来を変えることができるのは自分だけと理解してください。

ぜひ頑張って欲しいです。

最後に20代と30代にオススメの転職サイトと転職エージェントを記載している記事を紹介しておきます。本気で何かを変えたいなら、まずは小さな一歩を踏み出して下さい。

>>参考記事:『【超厳選】20代、30代なら絶対に登録すべき転職サイト・転職エージェント』

最新情報をチェックしよう!