営業を辞めたい新卒が軽い気持ちで転職した結果…!?

新卒で入社すぐ軽い気持ちで仕事を辞めると悲惨な目になる可能性があります。マジです・・・。

不安に感じますよね?

転職って怖いんです。『新卒ですぐに辞めても大丈夫なのか?』『次の職場では上手くやれるかな?』『こんな理由で営業を辞めていいのかな?』『不安だらけで動き出せない…』このような気持ちになり動き出せなく辛いですよね?

まずは一歩動き出せる気持ちに切り替える必要があります。

この記事で紹介すること

1.営業を辞めたいと感じる新卒の悩み

2.営業を辞めたいと感じながら動かない時にあなたを襲うリスク

3.新卒でも営業を辞めたいと感じるなら辞めても良い理由

4.失敗しないための転職活動の順序を理解できます

これらを理解し行動を起こすマインドになって下さい。

そして最後まで読んで頂けると安易に行動する人は地獄を見るはめになる現実を理解できます。

ここで言う地獄とは再就職できないという意味ではありません。『完璧な準備不足による自分が理想とする職業に転職できない』や『真っ黒な企業に入社してしまい再就職という結果になる』可能性があるという意味です。

はっきり言いますが、新卒で仕事が見つかるかな?と不安を感じているなら心配するだけムダです。相当ズレた人物でない限り絶対に仕事は見つかります。

営業を辞めたい…。新卒で入社後すぐに辞めると転職できるのかな?このような悩みを抱えながら不安に感じ動かない時間を過ごす方がリスクがあることに気づくべきです。その辺りは後ほど詳しく説明します。

後ほど説明する『リスクの部分』は絶対に読んで欲しいです。転職に向けて動かないとヤバイなと通常の人なら気づき即行動するはずです。

営業を辞めたい新卒によく見られる悩み

営業を辞めたい新卒によく見られる悩みを紹介します

営業を辞めたい。でも・・・。

こんな風に考えてませんか?

・新卒だけど逃げ出していいものなのか…?

・今辞めたら世間からはどのように見られるだろう…?

・自分だけが新卒で辞めたいと甘えているのではないか?

今、このような悩みを抱えながら仕事をしていませんか?

結論として、このような考え方は捨てた方がいいですよ。逃げ出してもいいし、甘えでもない。それ程、営業職は辛い仕事です。また、新卒で仕事を辞めるのは甘えなの?と感じる人は下記データを見て下さい。

厚生労働省が発表している学歴別の3年以内の離職率データです。

1年以内の離職率が平均で20%ほど、2年以内で30%ほどが辞めていることが理解できます。

営業を辞めたい新卒の割合を説明1

営業を辞めたい新卒の割合を説明2

出典:【厚生労働省】新規学卒者の離職状況

どうでしょう?自分だけではないと理解できるのではないでしょうか?

2年目以降の離職する確率は3人に1人が辞めている計算になります。あなたが決して甘えているというわけではないことが理解できるのではないでしょうか?

また、これは全ての職業の平均なので営業の離職率を仮に調査した場合は、もっとパーセントとしては高くなると私は考えます。

この章で理解して欲しいのは、自分だけが新卒で『営業を辞めたい』と感じているわけではない。という部分です。理解すると少し心が楽になり動き出せるマインドになります。

今から新卒で営業を辞めたいと感じるよくある理由を紹介していきます。

新卒でよくある悩み①:先輩や上司との関係性

新卒で入社した時の運命の分かれ道は『先輩や上司に気に入られるかどうか』です。

やはり人間関係が悪い職場では精神的に辛くなります。特に先輩や上司との関係性は『営業を辞めたい』と感じる所として非常に大きなウエイトを占める部分ではないでしょうか?

この関係を上手く構築できずに転職の道を選ぶ人が非常に多いです。人間関係は営業職以外でもサラリーマンとして生きていくためにキーとなる部分です。

新しい職場での人間関係を上手く構築したい人は下記の記事が参考になります。転職後の生活を良好にし働きやすい環境を自ら作るためのヒントを手にする事ができます。(今の職場で頑張ろうと考えている人にも役に立つ記事ですよ。)

>>参考記事:『新しい職場で人間関係を良好にしたいなら2つの特徴を知るだけ』

新卒でよくある悩み:同僚とのライバル関係

営業を始める前には気づかないことがあります。それは同僚との関係です。

入社して初めて働くまでは同僚と言えば助け合い励まし合うものであると感じていませんでしたか?営業職のような結果が全てと言われるような職種ではそうもいかないことがありますよね?

つまりライバル視してくる同僚が現れるのです。

特に成績が僅差の場合、どうしても相手のことが気になってしまうのです。ここに気付いた時、どっと疲れが押し寄せてきますよね…?

例えば、『仕事の奪い合い』や『けなし合い(運がいいだけ、何であいつが…)』など、変なしがらみも出てきます。

営業は個人商店みたいな物なので、ある程度は仕方がないですが耐えられない人も多いのです。ここで自分には合わないと感じ『営業を辞めたい』と感じる新卒の人もいます。

このような状態になると仕事への喪失感が生まれ、やる気がなくなり辞めたいと感じる。その結果、仕事に集中できなくてダラダラしてしまう…。こういう感じなら手遅れになる前に読んで欲しい記事があります。

>>苦しい人は読んで下さい:『仕事やる気が出ない辞めたいと感じる人が転職しないと後悔する理由』

新卒でよくある悩み②:ノルマへのモチベーションの保ち方

ノルマ…。営業職をするうえで切っても切り離せない難点ですよね?

モチベーションが続かずに辛い思いをしている新卒入社の人は多いと思いまいます。この記事を読んでくれている、あなたもノルマの部分で辞めたいと感じているのではありませんか?

下記のような愚痴もいっぱいあるのではないでしょうか?

『ほっといてくれたら頑張るよ!』

『売上、売上と言われてノルマをクリアできたら文句ねーよ!』

『ノルマをクリアできる具体的なやり方を教えてくれ』

『お前(上司や先輩)がやってみろよ…!』

はっきり言います。ノルマに対するモチベーションの作り方を上手くならないと営業職は厳しいです。基本としては、絶対にあるものだと理解して下さい。

ただ、営業職はしたい!営業で学びたいことはいっぱいある。ノルマが辛いだけなんだ俺は(私は)という人はルート営業で転職を考えてみたらいいかもです。

新規営業とはアプローチが全然違いますので、楽しい面もあれば、難しい面もありますが、ノルマは少ないと感じます。(※ないわけではない)

興味がある方は下記記事が参考になります。ルート営業とは何?から始まり網羅的に説明している記事です。少し長いですが迷っている人は読んでみてください。

>>参考記事:『ルート営業とは?今からルート営業をしたい人は絶対知るべき全知識』

新卒でよくある悩み③:営業会議で心が追い詰められる

新卒の人は営業会議に対する免疫力がないから気持ち的にボコボコにされる人がいます。これ決して自分だけではないので安心して下さい。

2年、3年と頑張って続けている人でも実は心の奥では『辛い』と感じている人も多くいます。3年目でリタイアするような人が多いのは、この為ですね。

具体的な対策方法が無いというのが現実です。少しアドバイスができるとしたら『追い詰められる雰囲気に慣れろ』ということです。

アドバイスになっていなくて申し訳ないです…。でも本当に『慣れるしかない』というのも事実としてあります。ここがクリアできない場合、営業を辞める選択になります。

もし『営業を辞めて何をしたらいいんだよ…。』という人は営業経験を活かせる職種を紹介している記事があります。営業を辞めたいと感じている人は何かのヒントが得られるかもです。

>>参考記事:『営業辞めたい人に経験を活かせる職種、行動する時期と方法を紹介します』

新卒でよくある悩み④:教え方が抽象的すぎて覚えられない

新卒の人が営業に限らず仕事をするうえで悩むところがあります。

『教え方が抽象的すぎてわからない』です。

営業職は顧客と話をしたり感覚的に仕事をすることが多いので教え方のマニュアルみたいな物が少ないのがあります。

ただ、『教え方が抽象的すぎる ⇒ 仕事が覚えられない ⇒ 営業を辞めたい』といった流れになると最悪です。次の職場でも必ず同じような悩みになり辞める結果になりますので避けた方がいいです。

それよりも今は調べればいくらでも情報が出てくる時代です。まずは自分で調べて一生懸命もがくことが大切です。一生懸命に努力をすれば営業としての結果は出なくても得られるものは必ずあります。

結果として営業を辞めたいと感じ辞めた場合でも次の職種で必ず、その経験を活かすことができます。まずは自分で一生懸命調べて営業を上達する努力をしましょう。新卒の人は分からないことだらけで辛いでしょうが頑張って欲しいところです。

>>参考記事:『仕事を効率化するための仕事術を紹介!デキる人は効率化が上手い』

営業を辞めたい新卒が動かないことで抱えるリスク

営業を辞めたい新卒が動かないことで抱えるリスクを紹介します

営業を辞めたい。辛すぎる…。でも新卒で入社して働いている年数も少ないけど辞めたいと感じるのは甘えているからではないのかな。

そのように感じている人は多くいることでしょう。

結論から伝えると、現時点で営業を辞めたいと感じる人は、いずれ辞めることになります。私の経験上100%とは言えませんが、ほとんどの人は営業を辞めます。営業を辞めないまでも職場は変える決断をします。

つまり今の職場で辞めたいと感じながら仕事をした所で時間のムダになります。せっかく1年、2年、3年と耐え続け努力をしても転職すればゼロからのスタートです。

3年あれば次の職場でかなり仕事を覚えれます。一人でバリバリ仕事をできるようにもなっています。今の職場で我慢することは最高に良いことですが、その裏にあるリスクも理解し転職するのか、しないかを判断するべきです。

この章では、それらのリスクを紹介していきます。

新卒が抱えるリスク①:一番大切な時期に成長出来ない

新卒で入社したての頃というのは何でも吸収し非常に伸びしろがある時期です。その大切な時期に辞めたいと感じながら仕事をするのは本当にもったいない…。

はっきり言って気持ちが入らない仕事をすると成長がない。

どうでしょう?今、記事を読んでくれているあなたも『営業を辞めたい』と感じているはずです。

やる気が全然出ずにダラダラと日々を送っていませんか?辛いと感じるなら素直に転職活動を始める方が良いと実はご自身でも感じているのではないでしょうか?

本当に営業を辞めたいと感じるなら成長すると心に決めて今から動いて下さい。年齢的にも何とでもなる時期です。頑張って欲しい。

それでも辞めていいのかな?と感じる人は下記の記事を読んで下さい。辞め時を間違えた時の危険性を説明しております。心を動かすきっかけになればと思います。

>>参考記事:『仕事で辞め時のサインを見逃さないで辞め時を間違えると…危険です。』

新卒が抱えるリスク②:若い時しかできないことがある

年齢が高くなるにつれて、やりたいと感じる仕事に就職できない可能性があります。

職種によれば30歳を超えると未経験者での採用が一気になくなる職業もあることを理解しておいた方がいいです。

例えば、プログラマーなども年齢がよく言われる分野ではないでしょうか?新卒なら今から勉強していけば十分に間に合わせることが可能です。但し、26歳、27歳ぐらいになると、だんだんと門が狭くなってきます。

こういう風に考えると、営業を辞めたいと感じるなら年齢が一年でも早い方が動きやすいと理解できるのではないでしょうか?

リスクを理解したら即行動を!

ここまで読んで動かない。動けない人はほとんどいないと思います。失敗するよと分かっている道を進む人はバカだけです。

今、この記事を読んでくれている人は、今まで本気で勉強してきて、自分なりにも一生懸命に努力して、挫折を味わい、それでも耐え、でも、分からずにどうしたらいいんだろう…。と考えこの記事にたどり着きましたよね?

自分自身の中でも答えは出たはずです!動くのは今です!

後は少しの勇気をだし、小さな一歩を踏み出すだけです。転職活動の小さな一歩は転職サイトと転職エージェントに登録することです。まずは、その小さな一歩から初めて下さい。

下記記事では絶対に登録した方がいい転職サイトと転職エージェントについて説明しています。活用方法についても触れていますので絶対に転職活動の役に立てることができます。読んてみて行動して下さい。

>>参考記事:『転職サイトのおすすめは?迷う人は紹介する有名どころ5つで十分!』

営業を辞めたいと新卒で感じた場合に辞めてもいい理由

新卒でも営業を辞めたいと感じるなら辞めても良い理由を説明します

ここまで読んでくれた人は、『よし!動こう!』と感じている人がほとんどだと思います。

ただ、その中でも『新卒で営業を辞めたい』と感じてもいいのかな?本当に辞めて大丈夫なのか?と感じている人も少なからずいるはずです。

なので今からは新卒でも営業を辞めても良い理由を説明します。

新卒で辞めてもいい理由①:合わないことを続ける必要はない

営業にしても、何にしてもそうですが、合わないと感じる仕事を続ける必要性はないと感じます。ここの意見としては賛否両論があるとは感じます。

ただ、営業を辞めたいなと感じるということは少なからず自分には合ってないのかも…。と感じていますよね?

若いうちは色々な仕事にチャレンジすることが可能です。その大切な時期に自分に合わないと感じる仕事を頑張ったところで得る物が非常に少ないですよ。新卒だったとしても『営業を辞めたい』と本気で思うなら転職しても全然大丈夫です。ただ転職に向けての準備だけは怠らないようにした方がいいです。

転職の準備だけは本気でしないと後で本当に後悔することになります。しっかりするようにしましょう。

新卒で辞めてもいい理由②:仕事を見つけれないことがない!絶対に見つかる!

新卒の人は転職しても大丈夫かな?仕事は本当に見つかるのかな?と考える人がいます。

結論は絶対に見つかるし心配する必要はないです。

新卒の人が営業を辞めたいと感じ注意すべき点は安易に会社を辞めて転職に踏み切らないことです。

理由としては、仕事を辞めてから本格的に動くと仕事が見つからない時に焦ることになり失敗することになる可能性が高くなるからです。(※ここで言う仕事が見つからないは自分が満足できる職業のことです。)

こだわりがない場合は絶対に見つけることが可能です。

ただ、どちらにしても事前準備は在職中に済ませ完璧にすることが大切です。準備が整ってから転職活動を本格的にするようにしましょう。

新卒で辞めてもいい理由③:年齢的に有利

新卒が営業を辞めたいと感じるなら転職してもいい理由は圧倒的に年齢が有利だからです。

また、未経験の分野にでも飛び込みやすい年齢ですので本当に営業を辞めたいと感じるなら動くべきです。1年間は続けた方が良いかな…。と感じたりするような人がいます。

正直にお伝えすると半年で退職しようが、1年で退職しようが世間の評価としては、あまり変わりません。なら早く転職に向けて動き出し、次の職場で絶対に良いポジションを取れるように努力しよう。などと心に強く誓い動く方が自分自身のためになりますよね?

だから本当に営業を辞めたいと感じるなら新卒でも気にせず動くべきです。但し、事前準備はしっかりとする。これだけは忘れないようにしてください。

新卒で辞めてもいい理由④:いくらでも仕事を選択できる

新卒の人が仕事を辞めるうえで最大のメリットは自分のやりたいと感じる仕事をいくらでも選択できることです。

年齢が若いというのは本当にメリットがあります。30代になると未経験分野に飛び込むことは一筋縄ではいかないのです。不可能ではないですが難しくなります。

そう考えると自分で仕事を選択しやすいというのは最大のメリットではないでしょうか?

自分の年齢について客観的に見ることが少ないので感じない部分かもしれませんが、転職活動をするうえで年齢は非常に重要な部分です。

これは逆に言うと年齢が上がると、それだけデメリットが増えると考えて下さい。

今、営業を辞めたいと感じるなら『新卒だからチャンスが多い!早く動こう!』と感じれる人が得をする可能性があがってくるのです。

営業を辞めたい新卒が軽い気持ちで転職した結果:まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

どうでしょう?『新卒で営業を辞めたい』と感じるけど大丈夫なのかな…?と感じていた不安は少しは無くなったのではないでしょうか?

もし営業を辞めていいのかな…。と不安に感じることが出てきたら、この記事で紹介した辞めたいと感じながら営業を続けるデメリットをしっかりと考え後悔のないように決断することをオススメします。

辞める辞めないにしても最終的に決断するのは、あなたです。どちらを選択するにしても後悔のないように自分の道をしっかりと見つめて下さい。

最後に20代と30代におすすめの転職サイトと転職エージェントについて詳しく説明している記事を紹介しておきます。活用方法など詳しく記載してますので、転職しようと決断した人にはきっと役に立ちます。

>>参考記事:『【超厳選】20代、30代なら絶対に登録すべき転職サイト・転職エージェント』

最新情報をチェックしよう!