仕事を辞めたい人が転職に役立つサイト第二位を紹介します。

リクルートエージェントが指示される5つの特徴を徹底解説!

『リクルートエージェントの特徴は何?』

名前はよく聞くけど、いまいち特徴が理解できない…。

そのように感じる人は多いことでしょう。

下記の数字を見て何か理解できますか?

450,000

この数字、実はリクルートエージェントが、これまで『転職を成功に導いた人の数』です。

驚異的な数字ですよね。

本記事では、この『転職支援実績450,000件』へと導いた理由が理解できるリクルートエージェントの特徴を徹底解説します。

リクルートエージェントが優れている5つの特徴

リクルートエージェントの特徴5つを徹底解説

今からリクルートエージェントが、みんなに選ばれる理由がわかる5つの特徴について説明します。

この特徴を知ることで『選ばれる理由』が完璧に理解できます。

『リクルートエージェントを使おうかな…』と感じる人には判断材料になることでしょう。

転職支援実績No.1

リクルートエージェントは450,000件以上(転職支援実績No.1)という圧倒的な支援実績を誇ります。

その安心感こそが『指示される理由』にもなっています。

やはり、支援実績が多いということは、それだけ『リクルートエージェントの力が強い』という証拠になります。

ここで言う『力』とは転職者を企業へ売り込む力です。

つまり、『サポートの質』や『担当アドバイザーの質』などが高いということです。

『転職支援実績No.1』の証明。

これこそがリクルートエージェントが選ばれる特徴の一つです。

年収アップ率が驚異の62.7%

あなたは年収についてどう考えていますか?

さまざまな思いがあることでしょう。

  • もう少し給料が高ければ…
  • 今の会社ではこれ以上給料はあがらないだろうな…
  • 現職場での給料は少なすぎる。なんとか年収アップできないかな…

これらの不安が吹き飛ぶ実績をリクルートエージェントは叩き出しています。

下記画像は実際にリクルートエージェントが転職支援をし転職した人たちの年収の増減実績です。

リクルートエージェントで転職したら年収アップする人が多いという特徴がある

出典:リクルートエージェント

60%以上の転職者の年収をアップさせるという、とんでもない数値でよね?

リクルートエージェントを利用することで、これらの恩恵を受けることが可能です。

しかも、しかも、完全無料です。

圧倒的な求人数!非公開求人数は150,000件以上

リクルートエージェントが最高過ぎる点は『圧倒的な求人数』にあります。

  • 公開求人:169,165件
  •  非公開求人:167,806件

※上記数字は2020年3月4日現在のリクルートエージェントのサイトよりの数値です。

注目して欲しいのは『非公開求人:167,806件』です。

これだけの非公開求人があるのは、間違いなくリクルートエージェントだけです。

転職は案件数が多いと有利に働くのは言うまでもないでしょう。

これもリクルートエージェントが選ばれる特徴の一つです。

転職者サポート体制(独自サービス)の充実

どんだけ求人数が多かろうとも『サポート体制』が最悪なら使わない方がいいです。

これだけは断言できます。

リクルートエージェントで下記のような独自サービスが受けれます。

  1. Personal Desktop
  2. レジュメNavi
  3. AGENT REPORT
  4. 面接力向上セミナー

下記にて補足説明をしておきます。

Personal Desktop

Personal Desktopは『リクルートエージェント登録者専用サイト』です。

Personal Desktopで、できること一覧

  1. 求人の確認
  2. 求人紹介
  3. 求人への応募
  4. 選考状況の確認
  5. 担当アドバイザーからのメール確認
  6. リクルートエージェントからのメール確認

あなただけの管理画面を作成し、これらを全て一つのサイトで利用できるサービスです。

また、スマホアプリも用意されているので外出先でも簡単に操作することが可能です。

リクルートエージェントを利用するなら、使って損はないサイトではないでしょうか。

レジュメNavi

レジュメNaviは『簡単に職務経歴書が作成できるサービス』です。

リクルートエージェントを利用するなら絶対に使うべきサービスです。

なぜ簡単に職務経歴書が作成できるのか?について少し説明しておきます。

  1. 職種毎にわけ、テンプレートが用意されている。
  2. あなたは自分が経験してきた職種を選択する。
  3. 選択したテンプレートで、その職種にあった職務経歴書が作成できる。

職務経歴書って作成するのが本当に大変なんですよね。

でもレジュメNaviを利用すれば簡単に作れます。

リクルートエージェントを利用するなら使って損はしないサービスですね。

AGENT REPORT

AGENT REPORTはリクルートエージェントが独自に情報収集した内容をまとめたレポートになります。

  1. 業界情報
  2. 先行のポイント
  3. 社風
  4. 活躍する人物像

これらの情報を入手ことができれば、転職の判断材料になることは間違いないでしょう。

 

やはり求人要項などを確認して見ても『本当の情報』って全然見えないのですよね。

転職者側からすると、そこが一番怖さを感じる部分です。

その怖さを解消できる可能性のあるものがAGENT REPORTです。

面接力向上セミナー

面接力向上セミナーはリクルートエージェントを利用する人が参加できるセミナーになります。

これから転職をする人には非常にためになる対策セミナーです。

まず、セミナーの流れとしては下記となります。

リクルートエージェント独自サービスの面接対策セミナーの特徴を説明

面接セミナー参加するべきポイントは下記です。

POINT
  1. 受講者の面接通過率、約17%アップ
  2. 受講満足度97%

※上記数字はリクルートエージェントのサイトよりの数値です。

注目したいのは『面接の通過率のアップ率』です。

17%アップとは、凄すぎる…。

内定を勝ち取るために、ぜひ受講したいセミナーですね。

この面接セミナーを受けるためだけにリクルートエージェントに登録しても恩恵はありそうです。

さらに深掘りする6つの専門サイトがある

リクルートエージェントの中には『専門サイト』が存在します。

下記に当てはまる人は、その専門サイトで求人を確認することで集中して職探しができますよ。

6つの専門サイト
  • エンジニア・IT転職
  • MRの転職
  • 第二新卒の転職
  • 管理職・ハイクラスの転職
  • Uターン、Iターンの転職
  • 外資系・グローバルの転職

上記の内容のそれぞれの分野で専門サイトが設けられていますので自身にあう専門サイトがあれば、そちらで探すのもいいでしょう。

まずは上記で説明したリクルートエージェントの特徴をしっかりと理解し『転職支援サービス』を活用するかを判断しましょう。転職エージェントは『今すぐ転職がしたい』と感じる人にはメリットが多くありますね。

リクルートエージェントを使うメリット・デメリット

トシオ
リクルートエージェントの特徴をしっかりと理解できたら次はメリット・デメリットをしっかりと理解しましょう。

デメリット

マイペースで転職ができないことも

転職サイトは自分でサイト内から気に入った求人に対して応募をします。

リクルートエージェントでは、転職サイトように気楽に自分のタイミングで進めるというわけにはいかなくなります。

なぜなら、担当アドバイザーと面談をして進めるため、自分のペースでの活動ができにくくなります。

サポート期間が短い

リクルートエージェントの最大のデメリットは『サポート期間の短さ』です。

3か月間しかサポートを受けられないというルールがあるので、今はまだ、じっくり考えて転職するかを決めたいな。という人には向きません。

そのような人は『リクナビNEXT』のような転職サイトを利用する方が絶対にいいです。

ただ、『今すぐにでも転職をしたい』という人ならリクルートエージェントは『完璧なサービス』です。

メリット

求人数が多いので安心

リクルートエージェントを使うメリットは他社を圧倒する求人数を誇ることです。

第一章の特徴でも説明しましたが、常時150,000件ほどの非公開求人を抱えています。

転職希望者にとって『求人数が多い』=『チャンスが訪れやすい』と同じなので非常にメリットが大きい部分です。

経験豊富なキャリアアドバイザーが多い

転職エージェント利用する場合、担当者の力量は非常に重要な部分です。

その点、リクルートエージェントは担当アドバイザーのハズレが少ないと評判の転職エージェントです。

ここは非常に重要な部分なので、これから転職エージェントを利用するかどうか迷われている人は、最重要項目として考えておいた方がいい部分です。

ただ、担当アドバイザーとは相性の部分もあるので、どうしても合わない人がいます。

その場合は、素直に担当者交代の意思を示した方がいいです。

年収交渉をしてくれる

リクルートエージェントでは内定後に企業側と年収交渉を行ってくれます。

はっきり言って年収交渉を自分でする必要がある場合めっちゃ勇気がいります。

転職サイトからの応募の場合は自分でしなければなりません。

これだけを理由にリクルートエージェントを利用する人がいる程です。

誰でも理解できる最高のサービスですね。

給料は生活するうえで非常に重要な部分ですので、妥協せずに担当アドバイザーをフル活用して交渉しましょう。

正直メリットよりもデメリットをしっかりと理解したうえで転職エージェントを利用するかを判断しましょう。

リクルートエージェント転職実績情報

トシオ
ここではリクルートエージェントの実際の転職実績データをもとに『業界』『職種』『年齢』『求人データ』を紹介していきます。リクルートエージェントで紹介されている求人比率や転職に成功されている年齢層が一目でわかります。

職種比率

ここでは転職決定者の職種比率を紹介しています。

リクルートエージェントでよく転職している職種がすぐに理解できます。

営業はダントツで転職比率が高い。需要がある反面、離職率が尋常じゃないほど高いということが理解できますね。

リクルートエージェントの職種比率の特徴

出典:リクルートエージェント

業界比率

続いては業界比率です。

ここではIT・通信がダントツです。

IT業界は人で不足がこれからも続くと予想されるので比率はさらに増えていく可能性がありますね。

リクルートエージェントの業界比率の特徴

出典:リクルートエージェント

年齢

続いて年齢データです。

転職者のほとんどが26歳~35歳が占めています。

やはり転職は若い方が有利ということが伺えます。

今、転職をしようか迷われている方は急いだほうがいいかもですね。

リクルートエージェントを活用する転職者の年齢層の特徴

出典:リクルートエージェント

求人データ

やはりリクルートエージェントは求人数が圧倒的に多いので大手企業の求人も21%を占めています。

リクルートエージェントを利用することで、今、中小企業で働かれている人でも大企業を狙えるチャンスがあるかもしれませんね。

リクルートエージェントの転職データの特徴

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントを利用する流れ

トシオ
ここではリクルートエージェントを利用する流れを紹介していきます。

1.転職支援サービスへ登録する

まずは『リクルートエージェント』で転職支援サービスへの登録をします。

2.リクルートエージェントからの連絡がくる

登録完了後、数日(7日以内)にリクルートエージェントより連絡が来ます。

その連絡の際に、サービスについての話や担当アドバイザーとの面談日程などを調整していく流れとなります。

3.キャリアアドバイザーとの面談

日程が決まったら面談という流れになります。

ここで担当アドバイザーが、あなたの要望や職務経歴などについてヒアリングをしていきます。

通常は一時間ほどの面談となります。

ただ、一時間は思っている以上に短いので、しっかりと要望など担当アドバイザーに伝えたい内容をまとめておくことをオススメします。

4.求人紹介、書類の添削

面談が終了すると担当アドバイザーより、あなたの希望にあった案件を紹介してもらえる流れとなります。

少し注意点ですが、たまに強引な担当者がいます。

あなたの要望とまったく違う求人などを紹介してきて早急に転職させようとする人もいます。

もし、この担当者は合わないなと感じた場合は素直に担当交代の依頼をしましょう。

5.応募、書類選考、面接対策

応募先が決まったら担当アドバイザーが企業に対し『推薦状』を出します。

このサービスがあるので転職エージェントを利用すると書類選考に通りやすいのです。

もし、あなたが希望するなら『面接対策』を受けることができます。

この面接対策は可能な限り受けるようにした方がいいです。

受講して特はあっても、損することは絶対にありません。

6.内定・年収交渉・退職交渉

無事、内定を勝ち取ることができたら、『年収交渉』『入社日の調整』などを採用企業と交渉してくれます。

また、在職中の方は円満退社に向けてのアドバイスなどを受けることが可能ですので心配が激減します。

リクルートエージェントの特徴|まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

どうでしたか?

リクルートエージェントの特徴やメリット・デメリットについて、かなり理解が深まったのではないでしょうか?

これから転職する人や今まさに転職活動中。または悩んでいる段階の人も中にはいることでしょう。

どの人でも転職をするときは必ず、どこかの転職サイトを利用することになります。

大切なことは、利用する転職サイトの特徴を理解し、メリットとデメリットをしっかりと理解したうえでサービスを利用しましょう。そうすることで転職成功の可能性を格段にアップさせることができるはずです。

仕事を辞めたい人が転職に役立つサイト第二位を紹介します。
最新情報をチェックしよう!