ルート営業はきつい?ノルマは?経験者しか知らない秘密の話を教えます

ルート営業はきつい?ノルマは?経験者しか知らない秘密の話を教えます

この記事では『ルート営業』についてルート営業って何?これからルート営業の職種で転職をしたい!どういう仕事?ノルマや辛いことなどについて紹介します。

こんな不安や疑問ありますよね?

・ルート営業っていったい何?

・営業職はノルマがきついって聞くけど大丈夫?

・ノルマとどう付き合えばいいの?

・新規営業と何が違うの?

これらの不安や疑問をルート営業経験者からの視点で解説していきます。

この記事を読むことでルート営業とは、どういった職種なのかノルマのことなどの理解が深まり不安やこれからの転職活動に役立つ知識を得ることができます

ぜひ最後まで読んで頂き転職活動にお役立て下さい。
それでは読み進めて頂ければと思います。

ルート営業とは何か理解しよう

ルート営業とは何?という人の為に、ここでは詳しく説明をしていきたいと思います。
もし理解しているよ!っていう方は飛ばして頂いて問題ございません。

それでは行きましょう!

ルート営業とはなんぞや?

ルート営業は『既存のお客さんに対して商品を販売する形態の営業スタイル』のことです。
ただ僕の考えとしてルート営業は信頼関係を構築する営業であると考えてます。

その理由とルート営業はどういったことするのかを今から説明します。

新規営業との違いはお客さんとの付き合いを重視した営業スタイルである点です
営業未経験者でも商品が決まっており、会社のカタログ上の商品を販売したりすることが多いので営業経験のない人にはハードルが低いとも言われています。

新規営業を専門としている人はたまに『ルート営業』は営業じゃない!とか言う人もいたりしますが、僕は全然そんなことはないと感じています。

むしろ信頼を構築するという面ではルート営業は非常に重要な位置で会社の顔になる部分です。
僕は新規営業でテレアポや飛び込みも経験していますがルート営業がすごく好きです。

フォローするタイミングなどを意識し相手のことをしっかりと理解する。
問題が発生した場合のクレーム対応なども窓口の営業担当が請け負うことが多いです。
(この部分は入社する企業により違いはあると思います。)

すごく良いところは人付き合いという面で非常に勉強になるという点です!

最終的には『〇〇さんは信頼できるから△△の案件をお願いしたい。』みたいに言われたりすると非常にやりがいを感じたりもしますしね!

一番大切でやりがいが出る点は信頼関係を構築する点です。

ではこれから新規営業との違いについて、もう少し詳しく説明をしていきます。

ルート営業と新規営業の違いは何?

ルート営業は新規営業にはない楽しみがあります。
それは何かというと人脈が増やせる可能性があるということです。

どういう事かというと自分が営業担当先を持ち、その企業の購買部や調達部など、または店舗販売の会社が相手の場合は販売担当者などに営業をかけます。
1年、2年と同じ会社の担当をしていくと余程ズレた営業をしていない限りは担当者と仲良くなってくるんです。

そうなると会社外での付き合いが発生したりすることもあります。

相手が雇われの会社員ではなく社長であることもあるので人脈を広げていけるのも魅力になります!
実際にすごく仲良くなる社長もいたりしますよ!

これはどういう規模の会社に営業をかけるかにもよるので、転職を考えられているのであれば、そういうところも意識し転職先を探すと違った視点ができ良いかもです。

ルート営業はきついのか?

ここに関しては正直に申しますと会社によります。

また個人の感覚にもより違ってくるので一概に『きつい』ということはできませんが、やはり楽ではないことは確かです。

営業で一番きついと感じる面は『ノルマ』この一点だと思います。
これがあることで無駄なサービス残業をしている企業が多いですし離職率も高いところですね。

このあたりがきついと感じる部分ですね!
ただし営業に入ると決めるのであれば、このあたりに関しては絶対に乗り越えなければならないことと考えて転職するようにしましょう。

これを考えず転職するとパンクすることにもなります。

ただ新規営業よりかはノルマや離職率に関してもマシだと断言はできます。
新規営業では売上を上げない社員は、ただ給料を取って行くだけの人間になってしまいますからね。
だからおのずと新規営業はノルマがきつくなるんですね!

ルート営業はきつい?ノルマは実際どうなの?

営業のノルマは基本的には切っても切り離せないものであると理解し転職した方が良いです。

一番つらいのは何も考えず入社して『予想よりはるかにきつい』と思ってしまうことです。
あらかじめノルマは基本的にあるものだと考えながら転職先を探しましょう!

ただルート営業の場合はノルマがない会社も実際には存在しますので、どうしてもノルマが嫌な場合は口コミサイトなどでしっかりと情報収集をしてから転職することをオススメします。

下記に企業口コミサイト『転職会議』のリンクを貼っておきます。
ぜひ登録し活用してみて下さい。

『転職会議』
公式サイト:https://jobtalk.jp/

ルート営業のノルマとの上手な付き合い方

頭の中が『ノルマ・ノルマ・ノルマ』にならない為にはしっかりとノルマについて理解し営業に向き合うことが大事です!

真にまじめな人はここで心が病むこともあります。
僕の見てきて感じた経験上です。

企業側はたいていギリギリもしくは、ほぼ無理なノルマを課すことが多いです。
なぜなら低い目標設定では売り上げが立たないからです。
だから厳しく設定されています。

ここで真面目すぎる人は自分を追い込んでしまい心が折れます。
なので無理なときは無理と開き直るぐらい気楽にいくことが大切です。

本当に適当に取り組むのは僕は違うと思いますが、ノルマに関してはそれぐらいの気持ちでとらえることが心が折れないので良いと思います。

全然、会社に貢献していない人でも開き直って割り切ってる人もいます。
そういう人は精神的は非常に強いですよ!
僕は仕事に関しては、こういう人を見習わないようにしてますが心の在り方は見習いたいと思うこともあります

ルート営業でも企業により新規営業をすることもある

営業をしたいのであれば、この点に関しては新規営業をできるのはラッキーと思った方が良いと僕は思います。

むしろ積極的にやっていくべきです!
得る物が多いと断言します!

ルート営業がメインの会社なので新規営業に関するノルマは少ないとも考えられます。
(一概に断言はできませんが)

でもプラスにしかならないので営業をするなら積極的に取り組んでみましょう!

ルート営業と新規営業を両方経験できる会社は、今後のあなたのキャリアに非常に大きく影響します。

僕がルート営業をしていた以前の会社では新規営業がなかったので、上司に相談し個人で見つけて新規営業をかけていました。

ダメだという上司や社長は基本としていないと思います。
会社にしてみたらやる気のある良い社員ですからね!
しかも、こういうパターンは新規営業に関してノルマがないので非常に気楽に勉強していけますので僕にはあっていました。

注意が必要なのは、ある程度、転職先の仕事に慣れてから上司に提案して新規営業もしていくことです。
何もわからない状態で提案しても先に覚えろと言われて終わりですからね!

ルート営業に求められる能力は何?

ここではルート営業に必要な能力について解説します。

お客さんのと信頼関係を構築するうえで営業以外の職種にも必要な能力になると僕は考えますので誰でも鍛えていくべき能力です。

またこういう能力に終わりがないので僕も常に勉強をしている部分です。
僕が感じる本当に必要だと思う能力をあげさせて頂きます。

それでは見てみましょう!

ルート営業に必要な力1:相手の話を聞く力

ルート営業では顧客との打ち合わせが非常に多くなります。
その中で相手の要望を把握し対応するスキルが求められます。

つまりヒアリング力(聞く力)です。

新規営業の場合は主に新しいお客様とのコミュニケーションが必要でヒアリング力はもちろん必要ですが、どちらかと言えばプレゼン力が求められます。

それに比べてルート営業の場合にはプレゼンをすることは少なくなります。
なので相手の話を聞く力をつける努力が必要になります。

ルート営業に必要な力2:気配り力と提案力

ビジネスにおいて気配り力と提案力は必須です。
ルート営業でもこの気配り力と提案力がある人とない人では営業成績は全然違ってくると思います。

やはりお客様も発注業務以外に仕事を多く抱えています。
どうしても他の仕事が忙しすぎて、つい発注忘れや納期間違え、いろいろなミスが起きたりもします。

その時にあなたがお客様が対応できない部分を補えるほどの提案力を身につければどうでしょうか?

何も提案してくれない営業マンAがいたとします。

そこであなたが『〇〇の商品の在庫は如何ですか?前回の発注から数週間立ちますよ』や業種によっては納期が必要なものもあると思います。
そういう商品の場合に『△△の商品は納期が2カ月掛かりますので注意してくださいね』というような感じで提案できる人であれば次から営業マンAより、あなたを頼ろうと思いますよね?

自分以上に自分のことを理解してくれ営業マンであれば、お客さんはすごく楽なんです。
ここを理解している営業マンは気配りを非常に大事にしています。

売れる営業マンは皆、気配り力と提案力の両方を持っています。

ここを意識するとワンランク上の営業マンを目指せますので意識してみましょう!

ルート営業に必要な力3:仲良くなる力(雑談力)

仲良くなる力は非常に大事です。

お客さんと仲良くなるためには、毎度仕事の話ばかりするのはナンセンスです。
意外にこれをわからず自分のノルマの辛さに必死で売り込みしかしない人がいます。

これは非常にもったいない。
仲良くもなれないし、売り込もうとすればするほど価格を下げろと言われ『あなただから買う』ではなく『価格が安いから買う』ただの便利屋営業マンになってしまいます。

便利屋になるとあなたの良さは何もない状態になるので注意しましょう!

だから雑談力は非常に重要であると僕は考えています。
ルート営業は仲良くなるとメリットが大きいです。

非常に信頼感も生まれ『あなただから買う』こういう風になると人脈にもなりますね!

ルート営業を理解したら転職活動の準備をしよう!

ここまでルート営業について説明してきました。

どうでしょうか?
ルート営業なら自分にもできるな!と感じてくれる人も多いのではないでしょうか?
そう思って頂けると非常に嬉しいです。

営業ってノルマなど、しんどいことも多いですが勉強になることが多いです。
経営者に一番近い職種が営業であるとも考えることが可能ですよね?

仕事がないと、どんな企業も生きていけないんですよ!
そこの部分に関われる職種が営業職です。

今から営業をしたい!
今まで新規営業ばかりしていたがルート営業も面白そうだ!と感じてきたなら次にすることは転職活動です。

下記の記事は20代、30代なら絶対に登録すべきオススメの転職サイトと転職エージェントをまとめた記事です。
ぜひ読んでみて下さい。
[https://toshio-tensyoku.com/nijyudai-tensyoku-saito]

最新情報をチェックしよう!