毎日の同じ仕事に飽きた。続けると危険な理由と原因などを紹介していきます。

仕事に飽きたあなた!続ける選択は危険かも。理由知ってますか?

仕事が飽きた…。
続ける危険性を理解してますか?

この記事を読むべき人を紹介します。

  • 20代と30代で『仕事に飽きた辞めたい』と本気で感じている人
  • けど、『どうしたらいいの?』と悩んでいる人

ちょっと飽きたな…ぐらいの人には、知っておいて損はないですが、あまり意味がないと思います。

本記事で紹介する内容は下記です。

  1. 『仕事に飽きた』ときに続ける危険性
  2. 『仕事に飽きた』と感じてしまう原因
  3. 『仕事に飽きた』ときの対処するポイント
  4. 『仕事に飽きた』ときの行動の仕方

まず第一章で『仕事に飽きた辞めたいな…』と感じる状態で続ける危険性を暴露します。

第二章は『仕事に飽きた』と感じてしまうよくある原因ですが、第一章を読んで危険性を理解した人は読まなくても問題なしです。

重要なことは第一章で紹介する『危険すぎる理由5つ』を理解できるかどうかです。

ここが理解できないと、あなたがこれから働く30年~40年ほどの時間が本当に辛いことになるかもです…。

一生を理解できたらなら、自然と第3章、4章に移っていけるはずです。

仕事が飽きた状態で続けると危険すぎる理由5つ

仕事に飽きたと感じながら続ける危険な理由を5つ紹介していきます。

『仕事が飽きた…。』

『続けるのは簡単だけど何かが違うような…。』

あなた自身も本当は気づいているのではないでしょうか?

今の仕事を続けても成長しないよなっと・・・

少し質問です。

  • 『今あなたは仕事に飽きたと感じてから、どれだけ期間が経ちましたか?』

2カ月の人もいれば、1年、それとも3年以上経っている人もいるかもしれませんね。

期間が短い人はラッキーです。

なぜなら、時間を無駄にしている期間が少ないから。

まずは仕事を飽きたと感じる状態で続ける危険性をあなた自身の心で再確認して、これからどうしたいのかを決めるべきです。

時間は待ってくれない。これだけは忘れずに…。

飽きたと感じる状態では成果ゼロ。その結果…

飽きたと感じて続けても成果はゼロです。

今している仕事は『成果』ではなく、『毎日の業務』。

つまり、『決まり切った手順で繰り返し行う日常的な作業』です。

続けるのは簡単ですよね?

あなた自身も気づいていているはずです。

成果ゼロだと何がダメかというと、『武器を持たないまま年齢だけが高くなるから』です。

しっかりと、この危険性を考えてみて下さい。

終身雇用の崩壊が意味すること

2019年5月にトヨタ社長が口にした『終身雇用を守るのは難しい』発言が記憶に新しいところではあるはずです。

さまざまな意味があると思いますが、『能力のない社員は生きて行けないよ』っと言っているのではないでしょうか?

これから、人口も間違いなく減っていく日本で雇用を生み出し続ける難しさは誰もが理解しているはずです。

その中で雇われ続けることが可能な人材とは『能力のある人』です。

今、あなたの年齢は何歳でしょうか?

20代の人もいれば、30代の人もいるはずです。

65歳を定年とした場合、30年~40年はまだ仕事をしなければいけません。

仕事が飽きたと感じながらダラダラと成長しないまま続ける危険性を感じるのではないでしょうか?

そこに気づき行動できる人だけが生き残っていける社会であると本当はあなた自身も気づいていませんか?

取るべき行動をしっかりと考えてみることが大切ですね。

成長のないまま年だけ取る【かなり危険】

成長のないまま年齢が高くなると、危険がいっぱいです。

  1. 無能な30代は必要とされない
  2. 転職できたとしても転職先の職場で仕事についていけない
  3. 役に立たない30代はバカにされる
  4. 今の仕事で働いても給料がアップしていかない
  5. 給料上げたいと思って転職の道を選んでも雇われない

仕事に飽きたと感じる状態でダラダラと続ける意味を自分に問いかけてみる時期ではないでしょうか?

その結果、『辞める・辞めない』を判断すべきです。

仕事に飽きたなという状態は成長を阻害し年だけ取る危険性は頭に入れておいて損はしないはずです。

仕事に飽きた・・・【本当は気づいてませんか?】

人間は『楽』を選びたがる生き物です。

本当は気づいていますよね?

今の仕事には飽きたけど、毎日の同じことの繰り返しは本当に『楽』。

なので、抜け出せないことに・・・。

『楽』と『楽しい』は同じ感じなのに全然意味が違います。

同じ仕事をするにしても『楽』と『楽しい』では成長の度合いが比べようのないほど格段に違います。

仮に今の職種を変えなくても職場を変えるだけで、『楽』から『楽しい』に変化させられる可能性もありますよ。

同じ職種でも『職場によって仕事のやり方は違う』これだけでも『楽』から脱却し『楽しい』へと変えることができますよね?

後は『自分がどうしたいか』です。

この記事を読んでいる人は『仕事に飽きた』と悩んで、成長したいと感じているはずです。

最後は自分の気持ちだけです。

仕事を飽きたまま続ける人の末路

仕事を飽きたまま続ける人の末路は悲惨な可能性が高い理由は上記で説明してきました。

やはり、日本のトップ企業である『トヨタ』その社長が発信した『終身雇用を守るのは難しい』発言。

とても衝撃的で焦った人も多いはずです。

それだけ、無能な人は世界が求めなくなっている。

昔のような『猫の手も借りたい』という状態が終わりつつあるのです。

今、本当に『仕事に飽きた』と感じ辞めた方がいいのかな?と感じているならラッキーですよ。

動き出せと『あなたの内に秘めている心』現代の危険性を感じて連呼しているのかもしれませんね。

でも、どうしたらいい?という人は小さな一歩をまずは動き出すことです。

転職活動では準備を始めてみることが小さな一歩ではないでしょうか?

これまで、『仕事を飽きた』と感じる状態で続ける危険性を説明してきました。

後は『あなた次第』です。

仕事に飽きたと感じる大きな7つの原因

仕事に飽きたと感じる原因を説明

入社当時はやる気に満ち溢れているのに何で『仕事に飽きた』と感じるのでしょうか?
そうだね。原因はいろいろ考えられるが、ここでは『仕事に飽きた』と感じてしまう大きな6つ原因をあげてみようかな。

まずここでは、『仕事が飽きた』と感じてしまう大きな原因6つを解説していきます。

どういった悩みが多いのかを理解することで、『仕事に飽きたという理由で辞めていいのかな?』や『仕事に飽きたと感じるのはダメなのかな?』など不安を取り除きましょう。

そうすれば『仕事に飽きた』と感じている心のハードルを下げ、次の行動を起こせる気持ちに変えれます。

仕事に飽きた原因①:毎日が決まった作業で成長を感じない

仕事に飽きたと感じる理由で多いのが『毎日、同じような作業の繰り返し』があります。

これは仕事に飽きたと感じる人の多くが感じてしまう悩みの一つです。

この理由で『仕事に飽きた』と感じてしまう人は向上心がある人に多いと感じます。

解決策
  • その会社で成長を感じれそうな自身がやりたいと思える部署に移動を申し出る
  • やりたいと思える職場への転職をする

まずは仕事に飽きたと感じる時は部署移動を伝えてみることです。

転職にはかなりの体力が必要になります。

なので、部署移動を考えて見ることで飽きた現実を抜け出せるなら、それが一番良いですよね。

それが難しい場合や嫌な場合には転職を考えましょう。

転職の道を選ぶ場合は即行動した方が良いです。

なぜなら、時間は待ってくれません。

年齢が高くなると、転職は難易度があがります。

つまり転職しにくくなるので早く動く方がメリットがある。と言うシンプルな理由です。

転職は緊急性が少ないので、中々動けない人が多いです。

職場の人間関係で追い込まれ今すぐ転職したいと感じる程に痛みがある場合は転職に踏み切るのですが、『仕事に飽きた』と感じる程度では動かない人がほとんどです。

仕事に飽きた状態でダラダラと続けると、『動こう』と決意した時には40代目前なんて事態にもなるのです。

仕事に飽きた原因②:成長したいと感じる

成長したいと感じ『仕事に飽きた』と感じる人は多いです。

そもそも成長意欲が強くなければ仕事に飽きたと感じることもないはず。

成長したいと本気で感じている人は迷う必要がないです。

悩んでいる時間がもったいない…

年齢が高くなり転職のハードルが高くなるだけです。

『仕事に飽きた。違う仕事で成長したい!』と感じるなら動かないとデメリットしかない。

これだけは頭に入れておいた方がいいです。

解決策
  • 今の職業で成長できる要素はないかもう一度確認してみる
  • 成長要素が無いと感じれば即キャリアアップのために転職活動をする!

まずは転職をあまり視野にいれていない人であれば、仕事に飽きたと感じる中でも成長できる要素がないか考えて下さい。

転職しようかな…。と感じている人は、今の職場で飽きたと感じるながら働き続けるメリット・デメリットをしっかり考える。

もしメリットがないと感じれば即転職活動に入りましょう!

一つ注意することがあります。

今の『仕事に飽きた』と感じる現状が嫌で考えなしに転職すると必ず失敗します。

転職を成功させるには事前準備が命です。

勘違いをする人は活動を始めてから準備をしていく人です。

事前準備をしないと上手くいきません。

仕事に飽きた。成長したい…。と感じたら、まずは転職の準備を始めましょう。

いきなり辞めるのではなく、そこからです。

仕事に飽きた原因③:単純作業で仕事がつまらない

単純作業って飽きますよね…

仕事に飽きたと感じる人に多い理由が『毎日の単純作業に飽きた』です。

実際に単純作業で仕事に飽きたと感じた人の実体験の話を少し話します。

トシオ
ある人が換気扇のフィルタを流す工場で働いていたときの話です。毎日、単純作業の繰り返し。仕事時間が長く感じつらいと感じる日々。その人は我慢を続け『飽きたぐらいで逃げたらダメ』と仕事を続けたのですが、結局、飽きたと感じた時からやる気が戻ることがなく転職をしたのです。最終結論までに1年間悩んだそうです。

この話を整理すると、

  1. 毎日の単純作業で仕事に飽きたと感じる
  2. 『飽きた』と感じ辞めるのは甘えと考え続ける
  3. やる気が戻ることがなく転職を決意
  4. 結局辞めるが1年間も働いた

上記の例で問題なのは、最終的に辞めたことです。

仕事に飽きたと考える大部分の人は『最終的に辞める』人が多い。

これまで、数多くの相談を受けてきた中での事実です。

ダラダラと続けた一年を新しい職場で頑張れば、一人で仕事ができるレベルにはなっているはずですよね?

解決策
  • どんな職場で働きたいかをまずは考える
  • 仕事をしながら自分にあった仕事がないかを徐々に探してみる

今の職場にいると、現状の打破は難しいと思います。

現時点で『仕事に飽きた』と感じ、やる気がでないようであれば転職の準備をしていくことをオススメします。

動くぞという気持ちがあるうちに次のステップを模索するのが一番良いです。

上記で例をあげた人の場合、機会を逃しズルズル流れ作業を続ける日々を送ってしまいました。

後で転職した時に気付いたことは、どうせ動くなら早く動くべきだったということです。

だから今はその気が無くても一度どんな転職先があるのかな?ぐらいの気持ちで転職サイトで確認してみるのが良いのです。

仕事に飽きた原因④:そもそもやりたいことがある

そもそもやりたいことがある…

仕事に飽きた以前の問題なので即動いた方がいい。

早く動かないと本当に後悔します。

やってみたいことがあると感じるなら、すぐにでも転職活動を始めるべきです。

解決策
  • 仕事に飽きたと感じる以前の問題です。やりたいことがあるならチャレンジして下さい。

やりたいことがある場合、作業を細分化するとゴールまでの道筋が見えやすいです。

例えば、

  • 『転職したい職種がある』場合には、その職種に転職するのに必要な経験や資格はあるのか?どんな条件であれば叶うのかをじっくり書き出してみると整理がしやすいです。

まず、一度書き出してみると見えてくるものがありますよ。

仕事に飽きた原因⑤:今の会社で覚えることがない

職場での作業を一人でできるようなるとモチベーションが下がって『仕事に飽きた』と感じてしまうことがあります。

これ以上成長ができないように感じる。

その結果、やる気が起こらずに『仕事に飽きた』と感じるのです。

まずは本当に覚えることがないか?を考えてみて下さい。

仕事以外でも上司や先輩などから学べるものはないか?などについても考えてみるのも効果的です。

解決策
  • 本当に覚えることがないをしっかり考えてみる
  • 上司や先輩から学ぶものはないか?
  • 本当に何もなければ転職を考え成長できる環境をしっかり探すのが大事

『学ぶものがない』と感じる場合、本当に学ぶものがないのか自分の心に問いかけてみましょう。

冷静に考えてみると、学べるものが多いことに気づくと思います。

もしそれでも何もないと飽きた感じるのであれば、そこで初めて転職を考えるのが良いです。

感情的に転職活動をしてしまうと失敗の原因になります。

仕事に飽きた原因⑥:他の人と比較したときに今の仕事に魅力を感じなくなった

友達と食事に行くと、給料の話や職場でのエピソードで盛り上がったりしますね。

そういう時に友達の仕事内容を聞くと魅力的に感じます。

『自分の仕事はつまらない…』とモチベーションが下がり、仕事に飽きたと感じる人もいたりします。

『隣の芝生は青く見える』という、ことわざがあるように他人のものというのは非常に良く見えてしまいます。

特にいい話などを聞かされると、すごく魅力的に感じてしまうのです。

解決策
  • 得るものが少ないので他人と自分を比べないようにしよう
  • 今の職場が飽きたと感じるなら冷静に考えて転職するかを考えよう

他人の仕事は良く見えてしまうもです。

まずは冷静になり考えましょう。

このパターンは失敗する可能性が高いです。

まずは冷静に。

仕事に飽きた原因⑦:仕事が合ってない

『仕事に飽きた』原因は、そもそも仕事に合ってないことが原因の可能性もあります。

例えば、このようなときに『飽きた。つまらんなー』と感じることはないですか?

  1. 仕事が覚えられない
  2. 人間関係で嫌になったとき
  3. 社風や社長の経営方針が理解できない
  4. 正当に評価してくれない
  5. 将来に不安を感じる

これらの感情が大きくなったときも『仕事に飽きた』と感じてしまいます。

自分に合っていない仕事をしていると覚えられないんです。

いくら努力しても覚えられない仕事って、楽しくない。

その結果、『飽きた』と感じるのです。

上記であげた①~⑤全て『仕事がつまらない』に繋がります。

『つまらない』から『仕事に飽きた』というようなサイクルにもなりますよね?

ただ、仕事に合ってないで辞めて良いの?と感じてしまいますよね?

下記の記事で全解決します。

『仕事に飽きた』辞めたい…。後悔する危険な行動

仕事に飽きた辞めたいと感じる人がしてはいけない危険な行動について説明します。

『仕事に飽きた』この理由事態は何一つ悪いことはありません。

その後に取る行動の仕方に問題があると『後悔しかない』危険な状態になるのです。

この章は『仕事に飽きた』と感じ、辞めたいと本気で思った人に読んで欲しい章です。

危険な行動①:仕事に飽きても即辞めはNG

まずは冷静にが基本です。

『仕事に飽きた』悩んでいるということは、即辞めする人は少ないと思いますが、危険なので紹介します。

なぜなら、下記のようなことが発生するからです。

  1. 仕事が見つからず焦る
  2. 生活資金がなくなる
  3. 焦った結果、適当に転職先を決める
  4. 再転職になる

このようになるのが基本だからです。

転職に失敗しない唯一の方法は『しっかりと計画された事前準備』です。

危険な行動②:辞めるときは進む道を明確にする

『仕事に飽きた』と感じる人で『やりたいことが明確でない人』は注意して下さい。

よく転職をしてから『こんなはずじゃ…』と後悔する人が多くいます。

その結果として再転職する。

失敗してしまう典型的なパターンです。

解決方法は下記内容を書き出してみることです。

  1. 自分の楽しいもの
  2. 得意分野
  3. やりたくない仕事
  4. 自分の嫌い(苦手)なこと
  5. やってもいい仕事

漠然と『仕事に飽きた』だけで辞めるのではなく、自分の道を明確にする。

その一歩として、上記のように自分の好き・嫌いを書き出す作業は有効です。

やりたいことが明確でない人は、やってみて下さい。

危険な行動③:仕事を辞める流れを考えずに動くな

『仕事に飽きた』と考え辞めたいと感じているなら、辞めるまでの流れは理解しておきましょう。

仕事を辞めるにしてもタイミング(流れ)は重要です。

何も考えずに動くことはギャンブルと同じでリスクが非常に高い。

転職には人生がかかっていることを理解しましょう。

仕事に飽きたと感じて『本気で辞めたい』と考えたとき、『絶対にしてはダメな行動』だけは理解しておいて下さい。

可能な限り失敗を避ける。

『仕事に飽きた』辞めたいと感じるなら危険な行動だけは絶対に避けるべきです。

大切なところなので、下記記事にて本気解説してます。

『仕事に飽きた』という理由で転職していいの?

仕事に飽きた。飽きたと感じ転職していい理由を説明

これまで『仕事が飽きた』感じる大きな原因6つを紹介してきました。

次は『飽きたという理由で転職をしていいの?』と感じる人が比較的多いので、『転職していいのか』について解説していきます。

まず結論を伝えると『仕事に飽きたで転職は全然問題ない』です。

なぜなら『仕事が飽きた』という感情は成長の証です。

今、あなたも『もっと成長したいと』と思っていますよね?

極論、この気持ちがあれば転職はOKです。

はっきり言うと、何も考えずに会社に居続ける人より100倍!いや1000倍ぐらい全然いいですよ!

仕事に飽きたで転職していいのかな?と悩んでいる人には自信を持ってと言いたい。

後は飽きたと感じる転職理由をしっかりと対策すれば問題ないです

この章では、仕事に飽きたという理由で転職いいのかな?と不安に感じている人が行動に移せるヒントを提供します。

仕事に飽きたら転職を考えてみるのもあり!

仕事に飽きたら転職を考えるのはありです。

今までの時代は『転職回数が多い人は続かない奴だからダメだ!』というようにダメな奴あつかいをされることが多かったと思います。

でも今は全然そんなことはないです。

逆にフリーランスなど個々でお金を稼げる時代にもなっていますよね?

これは色々な能力(つまり経験)があるから副業として稼げるのです。

だから、仕事に飽きたで転職を考えるのは本当に問題なしです。

今の時代、個人で稼げるからこそ転職することにはメリットも多くあります。

ただ、転職後に辛いと感じ失敗する人もいることも事実です。

なので、転職後に辛いと感じる理由を知り対策を取るのが得策です。

今の仕事を続けてあなたにメリットがあるのか考えよう!

今この記事を読まれている方に質問です。

『今の会社で飽きたと感じ働き続けてメリットあるの?』って聞かれたら即答で『ある』といえますか?

即答できる人はいないのではないでしょうか?

今の会社で働き続ける意味がないと感じているのであれば、迷うことなく転職するのがいいかもですよ。

ズルズルと続けるとデメリットしかないです。

デメリット
  • 無駄に時間が過ぎていく
  • 年齢が重なっていく
    20代:まだ余裕があるが時期に中堅層になりプレッシャーが増える!
    30代:迷ってる暇はもうない!キャリアアップなら今すぐに!
    40代:最後のチャンスを自らのがしますか?
  • 今の不安よりもっと不安になる可能性が高くなる
  • 今の能力を維持したまま年齢だけが増える(スキルは増えない)

『仕事に飽きた辞めたい』と感じ動かないことで自分を追い込んでいることに気づいて下さい。

年齢を重ねると、どんな分野でも不利になります。

だから今の不安よりもっと不安が待っているよという意味でデメリットを並べました。

会社を辞めるのが不安な人は、まずは転職サイトと転職エージェントに登録し準備をしてみることです。

下記記事では、それぞれの転職サイトを深堀しつつ徹底解説している記事です。

参考にしてみて下さい。

仕事に飽きた:まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

どうでしたか?少しでも行動に移せたでしょうか?

もし行動にできたなら非常に嬉しいです。

もし、まだ行動に移せていないという人はしっかりと『仕事に飽きた』と感じながら今の仕事を続けるメリットとデメリットを考えてみて下さい。

仕事に飽きた:まとめ
  • 仕事が飽きたと感じる原因をまずは把握する
  • 飽きたという理由で転職は問題ない
  • 飽きたと感じながら仕事を続けるメリットはあるのか?と自分に問いかけてみる
  • 転職する不安と今の会社を続ける不安をしっかりと考えてみる
    (通常は非常にデメリットが大きい)

行動した人はきっと『仕事に飽きた』と感じる現実から少しは変化させることができるはずです。

毎日の同じ仕事に飽きた。続けると危険な理由と原因などを紹介していきます。
最新情報をチェックしよう!