『仕事が合わない』を退職理由にするのはNG?全知識を紹介!

『仕事が合わない。辞めたい…』

本心では辞めたいと感じている。けど退職理由が『仕事が合わないと感じる』でいいのかな?

それらの不安を無くすために、この記事は存在します。

本記事で得られること
  • 『仕事が合わない』と感じ辞める流れまでを徹底解説
  • 仕事が合わないで辞めてもいいの?に対する回答
  • 退職の意向を伝えるタイミング
  • 面接時に必ず聞かれる『退職理由』の答え方【例文付き】
  • 辞めたいと本気で感じる人に向け転職の進め方

本記事では上記内容を全てお伝えします。

仕事が合わず辞めたいと感じるけど、『退職理由は何て言えばいいの?』と不安に感じている人には例文も含めながら紹介するので、ヒントがたくさん見つかるはずです。

『仕事が合わない』を退職理由にするのはOK!会社に伝えるまでを解説!

仕事が合わないで辞めた場合の退職理由についての解説をしていきます。

まず『仕事が合わない…』で退職理由にするのは全然OKです。

よく悩む人がいます。

『仕事が合わない』で退職するのは甘えなのかな?全然甘えなのではなく立派な退職理由であると僕は考えます。

少し、考えてみて欲しいのですが、仕事が合わないと感じる中にも色々な理由がありますよね?

下記のように、それぞれの退職理由があり辞めたいと感じる理由に退職してはダメという事は一つもないのです。

仕事合わない理由
  1. なかなかと仕事が覚えれない…
  2. 人間関係で気の合う人がいない…
  3. 会社の方向性(経営方針)などが好きではない
  4. 上司や経営陣が正当な評価ををしてくれない
  5. 会社の先行きに不安を感じてしまう
  6. 労働環境に対する不満が多くある

ただ、上記理由があると言って、全ての人が『すぐに会社を辞めてもいいの?』と聞かれた場合、OKとは言えません。

例えば、入社1か月で『仕事が覚えられない…』と感じて辞めてしまう。これは明らかに嘆くにはタイミングが早すぎますよね?

もし、『仕事合わない』が退職理由で辞めていい判断基準を知りたい人は下記記事が参考になると思いますよ。ぜひ読んでみて下さい。

退職理由は『仕事が合わない』と素直に伝えるだけで問題ない

トシオ
退職理由は『仕事が合わない』と素直に会社側に伝えるだけでいいですよ。無理に退職理由を考えるのは精神的に負担になるだけです。仕事が合わないと感じる人はストレートに『仕事が合わないので辞めたいです。』とだけ大丈夫です。

無理に理由を考えすぎてしまう人は、悩んで動けない状態になります。ズルズルと考えてしまい結局、時間だけが過ぎ、転職のタイミングを無くしてしまう人もいます。

無理に仕事を続けた結果、今の状態がよくなるなら頑張って続けることを選択するのもいいでしょう。ただ、ほとんどの場合、事態が好転するなんてのはありません。

好転しない場合、あなたに残るのは時間をムダに使ってしまった結果が残るだけでデメリットが多い事実を理解してください。

もし、それでも悩むなと感じる人は下記記事を読んでみて欲しいです。会社員として働く人が『仕事を変えたい』と感じるよくある理由をまとめた記事です。動き出せるきっかけになるかもです。

退職の意向を伝えるタイミングと知っておくべき大切なこと

トシオ
退職の意思を固めたら次は退職したい考えを会社側に伝えなければいけません。『いつ伝えればいいのだろう?』と悩む人もいるでしょう。そこで、退職理由を伝えるタイミングについてと、退職後に大切な知っておくべきことも紹介したいと思います。

『よし!退職理由の悩みもなくなった!』退職しようと心に決めたものの『いつ言えばいいんだ?』と考えてしまう人もいることでしょう。

まずは退職を伝えるタイミング。そこから紹介し、その後に、会社を辞めてから転職する人に大切な内容を2つ紹介します。

いつまでに退職理由を伝えればいいのだろう?

まず初めに退職理由を伝えるタイミングは非常に大切ですね。

そのタイミングはどういう基準なのか?という疑問については『就業規則』を見れば解決します。

例えば、あなたの会社の就業規則に『退職の申し出は一か月前』という記載がある場合には、一か月以上前に直属の上司に退職の意向を伝えるようにしましょう。

これさえ守れば、何も心配する必要はありません。

後は、上司や会社側と引継ぎ期間などを相談しながら退職日を相談し決めていくという流れが通常です。

なので、『就業規則』を事前に確認し、退職理由を伝えるタイミングは頭に入れておいて下さい。

転職先が決まっていない場合は失業保険の申請をしましょう

在職中に転職先が決まっていない場合、退職後すぐにした方がいいのが失業保険の申請です。

失業保険の申請は転職先が決まっていない人にとっては非常に大切な内容になります。

失業保険には受給条件があり『自己都合』と『会社都合』で分けられます。

『仕事が合わない』という退職理由の場合は『自己都合』になるので、こちらの受給条件の説明だけをしておきます。

自己都合の場合の条件も2つのパターンが存在します。

  1. 『正当な理由がない場合』(転職や起業などで退職する場合)
  2. 『正当な理由がある場合』(ケガや病気により辞めざるおえない場合の退職の場合)

違いは何なのか?というと大きな部分でいうと支給開始日の違いになります。全て説明するとかなり長くなるので割愛させて頂きます。

要するに『正当な理由がない場合』は3カ月後、『正当な理由がある場合』は7日後から失業保険の支給が開始されますよ。という違いです。
【※かなり割愛していますので、詳しくは地元のハローワークに確認するようにして下さい。】

申請手続きはハローワークでする流れになるので、事前に地元ハローワークに問い合わせをして確認しておくとスムーズに進めることができます。

仕事を辞めてから転職活動をするなら健康保険の手続きは大切

仕事を辞めると、勤務先で加入していた健康保険が適用されなくなります。つまり無保険状態で保険が受けれない状態になるという事です。

かなり怖い状態ですので注意が必要です。

万が一、保険がない状態で通院や入院が必要になった場合、全額をあなたが負担する必要があり、かなりの高額な医療費を自己負担する必要が出てきます。

なので、退職してから活動を始める場合は下記のいずれかで保険に対する対処をしましょう。

保険の手続き
  1. 国民健康保険への加入する方法
  2. 家族の扶養に入る方法
  3. 任意継続被保険者制度を利用する方法

この中のいずれかの手続きは必ずして下さい。万が一事故などがあった場合、ものすごい治療費がかかってしまいます。

自分以外に家族も大変な目になりますので本当に注意が必要です。

可能であれば在職中に転職活動をする方がオススメです

トシオ
可能であるなら転職活動は在職中(退職する前)にするのが絶対にオススメです。

上記でも説明したように、『失業保険』や『健康保険』の手続きも仕事を辞めてからだと、やらなければいけません。

要するに退職してから転職活動をする場合は余計な作業が圧倒的に増えてしまいます。

そして退職後の転職でもっとも大きなリスクとなるのが、『仕事が見つかるのか?』という不安や恐怖にあります。

なぜ不安や恐怖がダメなのかというと、冷静さを失ってしまう為です。

例えば、在職中に転職活動をする場合、気持ちに余裕が生まれますよね?

仮に面接に落ちた場合でも現在の仕事があるので、お金の心配がありません。これが非常に重要で生活環境に余裕が生まれると冷静な判断ができるのです。

仕事を退職していた場合、この余裕が全部なくなります。あなたに残るのは『仕事が見つからなかったら…』という不安と恐怖だけです。

でも、仕事を続けながら、色々な理由があり転職活動が難しい人もいることでしょう。

そのような人は在職中に転職活動に必要な準備だけでも完璧に整えてから退職する。可能な限り、リスクを減らすように準備するのは大切ですよね?

面接時に必ず聞かれるのが退職理由!『仕事が合わない』で辞めた時の対策

仕事が合わないで辞めた場合の面接時に聞かれる退職理由を徹底解説します。

トシオ
『退職理由は何ですか?』『なぜ退職しようと考えたのか理由をお願いします』これらは面接で必ずと言ってもいいほど聞かれる質問です。この質問が一番緊張するし、答えにくい質問になります。これから退職し面接を受けた時に必ず聞かれるのが退職理由ですので、対策はしっかりと取るべきです。

この章では面接時の退職理由を聞かれた際の対策について解説していきます。

まず退職理由対策を実施する理由は不安の解消のためです。

『退職理由は何ですか?』の質問に対して対策をしていると面接が怖くなくなります。

『退職理由』は面接の中で一番本音が出やすい部分でドキドキします。適当に答えてしまうと『こいつはすぐ辞めそうだな…』とネガティブに捉えられてしまいかねません。

まずは『仕事が合わない』と感じて辞めた場合の退職理由をしっかりと対策しましょう。

仕事が合わないで辞めた時の退職理由を例文で紹介!

トシオ
『仕事が合わない』と感じて辞めた場合の退職理由を例文と共に紹介したいと思います。基本的にネガティブな退職理由はそのまま伝えると企業側からすると『この人間を雇っても』大丈夫なのか?と感じるのがほとんどです。なので、ネガティブをポジティブに変換することが大切です。

仕事が合わないと感じて退職するのは問題ないですが、その退職理由をストレートに面接時などに伝えるとマイナスのイメージを持たれやすくなります。

転職活動でマイナスイメージを与えてしまうと、何一つ良いことがないのは言うまでもありませんね。

今からは『仕事が合わない』と感じる理由の中で、『人間関係』『労働環境』『正当な評価』の3つのパターンで、どのように退職理由を説明するべきなのかを紹介していきたいと思います。

人間関係が原因で『仕事が合わない』と感じ辞めた場合の退職理由

人間関係が最悪で辞めたい…。実は退職理由で非常に多い理由が『人間関係』です。

ただ、人間関係が嫌で仕事を辞めましたと伝えると企業側からすると、どのようにあなたを捉えるでしょうか?多分ですが、好印象を持たれることはないですよね?

そうならないために退職理由はしっかりと考えておくことが大切です。

<退職理由をプラスに変えるポイント>

  • 個人プレーのような仕事ではなく、チームとして成果を挙げたい。
  • 仲間と意見の交換をしながら仕事に取り組みたい
  • 転職先では前職でできなかったことを実現したいとアピールする

以上の点を踏まえて『人間関係』が原因の退職理由を紹介します。

退職理由:例文

『前職では年功序列の体制が取られており、若手社員がアイデアを出せる場が、ほとんどない状態でした。年齢や社歴だけで自由に意見が言えない環境で働くのではなく、自由に意見が言え、周囲とのコミュニケーションを取りながら成果をあげたい気持ちが強くあり、チームで成果をあげるために頑張れる会社で働きたいと考えています。そのため、向上心を持って新しい仕事にチャレンジできる環境で仕事がしたいと考え退職を決断しました。』

労働環境が原因で『仕事が合わない』と感じ辞めた場合の退職理由

労働環境に不満があるのも退職理由に多くあげられる一つですね。

残業はさせられるが残業代がでない…。など労働環境への不満は色々なものが考えられますね。

但し、残業がない会社というのは、ほぼ無いと考えていた方が良いです。

多い、少ないはあるにしても必ずあるものですので、あまり残業が嫌でと全面的に出すと『雇ってもすぐに辞めるのでは…』と印象を持たれかねません。

そこで、残業したくない。早く帰りたいという気持ちをプラスに変える言い回しを考えましょう。

<退職理由をプラスに変えるポイント>

  • メリハリをつけて効率化を図りたい
  • オンとオフをしっかりと分けて仕事の効率を最大化したいと考えている

以上の点を踏まえて『労働環境』が原因の退職理由を紹介します。

退職理由:例文

『現在の勤務先は、上司が残業するなら部下も残業するという社風で、上司や先輩より先に退社できない雰囲気があります。チームとしても、個人としても成果を出すためには『やる時はやる』つまりメリハリをつけることは高い成果をあげるためには必ず必要であると考えています。そのため、もっと効率的に仕事ができる環境で働きたいという理由で退職を決断しました。』

正当な評価をされない事が原因で『仕事が合わない』と感じ辞めた場合の退職理由

給料への不満も退職理由に多いので紹介したいと思います。

給料アップを求めることは悪いことではありません。キャリアアップという言葉があるように向上心を持って転職活動をしている証拠でしょう。

ただ、下手な伝え方をすると『お金のことばかりな人だな…』と面接官は捉えてしまう可能性もあります。

そこで大切になるのは、やはり如何にしてプラスの方向に言い換える事ができるのかという点です。

<退職理由をプラスに変えるポイント>

  • 努力を評価してくれる企業で働きたかった
  • 努力した成果を感じながら仕事に夢中になりたい
  • やりがいのある職場で実績を残していきたい

以上の点を踏まえて『正当な評価』が原因の退職理由を紹介します。

退職理由:例文

『現職は営業の仕事をしております。新規顧客の開拓や既存顧客フォローをメインに売上をあげるために努力している毎日です。その甲斐もあり営業成績もあがり会社に貢献してきたと思っております。仕事内容は大変満足しており、やりがいを感じる仕事だとも思っています。ただ、年功序列の企業のため頑張った努力が評価として反映されにくい状況となります。私が営業職で生きて行きたいと考えた理由が『努力が成果につながり、そして評価につながる』と考えた為です。年齢だけではなく、実績なども評価して頂ける環境で働きたいと考え退職を決断しました。』

どうでしょうか?退職理由の例文を交えながらポイントを紹介せさせて頂きました。

ここであげた内容はあくまでも一部です。当てはまらない人もいると思いますが参考として、あなたの条件にあう内容を考えて欲しいです。

ただ、どのような退職理由についてもネガティブな理由に関しては、ストレートに伝えると悪い印象を持たれる可能性が高いという点です。

そのため、しっかりとプラスになるような言い換えを考えて対策して欲しいです。

退職理由を伝える前に転職の準備は必須!理由を徹底解説します

仕事が合わないで辞めたいと感じる時の退職理由と転職の準備について解説します。

トシオ
退職理由を上司や社長に伝えに行く前に必ずしておくことがあります。それは転職の準備です。

『仕事が合わない』と感じ、上司や企業によっては社長に話をしに行く人もいるでしょう。その前に必ず転職の準備だけはしておいた方が良いですよ。

理由はシンプルで、転職は活動を本格的に始める数カ月前から始めるものだからです。

事前準備が大切な理由は下記となります。

  1. 良い求人は人気があるので応募者殺到。一瞬で求人が終わるのでチャンスを逃す
  2. 2~3カ月前から転職サイトを見ているとブラック企業を見極められる
  3. 退職の意向を伝えてから動くと作業の多さに焦る。結果全然良くない履歴書などの書類ができてしまう。

やはり、転職をすると心で決めているなら、伝えに行くよりもずっと前に準備だけは完璧にしておくべきです。

適当に成行きのまま進めてしまうと結果として焦り、とんでもないブラック企業へ入社してしまう何て事態にもなってしまいます。

そのような事態を回避するためにも自身で最良の選択をして欲しいです。

『仕事が合わない』を退職理由にするのはNG?:まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

如何でしたか?『仕事が合わない』という退職理由で現職場へ理由を伝えることは問題ないと理解できたのではないでしょうか?

その他にも『辞める意向を伝えるタイミング』や『必要な事前準備』または、『仕事を決めずに退職する場合に大切なこと』『面接時の退職理由への説明』などを紹介してきました。

きっと、本記事を読む前より退職理由についての理解も深まったと思います。

最後は、あなたがこれからどのように行動をして行きたいのかです。

少し勇気を出し退職に向けて動くと、今の現状よりも少しだけ何かが変わります。まずは小さな一歩を踏み出して下さい。

本文でも説明したように、今の働いている企業側への退職理由は『仕事が合わない』と素直に伝えたら大丈夫ですよ。頑張って下さいね。

最新情報をチェックしよう!