仕事が合わない辛い辞めていい時の判断基準を徹底解説『後悔は辛い』

仕事が合わない辛い…。

今、そのような悩みを抱えながら、『仕事を辞めたらダメなのかな?』『これは甘えなのかな?』と考え、悶々としながら仕事を頑張っている毎日を送っていませんか?

答えが見えないなかで悩み続けるのは本当に辛いはずです。ましてや『仕事が合わない辛い』と感じながらだと本当に辛いことでしょう…。

そこで本記事では、その『辞めても良い』判断基準を徹底解説していきます。

本記事で得られる内容
  1. 仕事が合わない辛いと感じる時に辞めてもいいのかの判断基準
  2. 本気で辞めたいと感じながら動かない時のデメリット
  3. 良い仕事を見つけるための準備について
  4. 在職中に転職活動をするコツ

上記の内容の通り、仕事を辞めて良い判断基準から、動かない時のデメリット、そして最後には在職しながら転職活動をするコツについても触れています。

読んで頂くことで、きっと悩みは無くなり、尚且つ在職しながら転職活動にまで入って行ける流れになっています。

この記事は5分ほどで読み終えるぐらいになっております。きっと今より気持ちがスッキリし本格的に活動を始めていけるマインドになっているはずですよ。

それでは読み進めて下さい。

仕事が合わない辛い時に辞めてOKな場合の判断基準『徹底解説』

仕事合わない辛いと感じる人が仕事を辞めて良い判断基準を徹底解説します。

トシオ
仕事が合わないと感じる人で『自分のような理由で辞めていいのか?』と悩む人がいます。それは、そうですよね。誰も仕事を辞めていい場合の判断基準なんて教えてくれる人はいません。そこで本記事では仕事が合わないと感じた時に辞めてもいい判断基準を徹底解説したいと思います。

この章を読むことで、『仕事が合わない辛い』と感じている人が辞めていい時の判断基準を手に入れれます。

仕事が合わない辛いと感じて辞めてはダメなパターン

トシオ
仕事が合わないと感じる人で基本的に辞めてはダメというのはあまり無いと思います。だた、それだと、せっかく読んでくれている人に申し訳ないので少し話をさせて頂きますね。

『仕事が合わない辛い』と口にするのは1年ぐらいは頑張ってからです。

例えば、

仕事合わない理由
  1. 仕事を覚えられない
  2. 人間関係が良くない
  3. 社風や経営方針に疑問がある
  4. 正当な評価をしてくれない
  5. 自分の今後の人生に不安を感じてしまう
  6. 労働環境に対する不満がある

これらの理由がある場合、基本的には辞めて良いと思っています。

ただ、1年も経っていない段階で『仕事が合わない』と決めつけるのは決断が速すぎると思います。

特に②に以外は全てです。

なぜなら1年目なんて言うのは正直、右も左も分からない状態のはずですよね?なのに『仕事が合わない辛い』と感じるのは本当に早すぎます。

入社前の企業リサーチが雑すぎると言わざる負えません。もし、そのような人が仕事を辞めて再就職する場合、同じ運命を辿る可能性は高いでしょう。

なので、まだ入社して間もない(一年も経っていない)人は一度じっくり考えて見るべきです。

②については、悪質なケースもあり悩む人もいるでしょう。そのような場合は精神的に壊れてしまう可能性があるので入社すぐでも辞めていいと僕は感じています。

もし人間関係が気になる方は下記記事から危険レベルをチェックしてみてください。人間関係が辛い時の判断基準を解説している記事になります。

仕事が合わない辛いと感じて辞めて大丈夫なパターン

トシオ
今度は逆に『仕事が合わない辛い』と感じる時に辞めていいパターンですね。結論から言うと上記と逆ということなんですけど…。それだけだと寂しい思うので詳しく解説します。

結論:1年以上頑張ってみて『仕事が合わないな…』と感じてしまう場合は辞めても大丈夫です

1年以上頑張ってみて、それでも合わないと感じる場合は本当に仕事が合っていないケースが多い為です。

辞めたいと感じる場合は辞めて後悔しないために、しっかりと自分の気持ちと向き合って欲しいです。

  1. 本当に仕事が合わないと感じますか?
  2. 辞めて後悔はしない?(本来自分がしたいと感じて飛び込んだ業界ではないか?)
  3. 感情的になって辞めたいと言ってないか?
  4. 自分が原因の場合はないか?(仕事のやり方が悪い。人間関係が悪くなる行動を取っている。など)

基本として、辞めてもいいとは言いましたが、自分が原因の場合は改善する方がいいですよ。

全てを環境などのせいにしてしまう人は、次の仕事へ移ったとしても同じような感じで辞めていく人が多くいます。

もし、辞める前に『人間関係』と『仕事の効率化』の改善を試みてみようかなと感じる人は下記の記事を参考にしてみて下さい。

本気で仕事が合わない辛いと感じる=次に進む方がメリット大

仕事合わない辛いと感じる人は次に進む方がメリットが大きいですよ

トシオ
本気で『仕事が合わない辛い』と感じる人は辞めて次に進む方がメリットは非常に大きいですよ。

ここで言う本気に該当する人は『1年ぐらいは必死で努力した結果』仕事が合わないと感じている人です。ここに関しては前章で解説している通りです。

なぜかと言うと、1年ほど一生懸命にもがいてみて改善がデキない仕事を長く続けたところで、急激に良くなることなんて奇跡みたいな事象はそうそう起きません。

それならば、区切りをつけて次の仕事を探す方が絶対にメリットは大きいですよね?

例えば、こんなメリットが考えられますよね。

  1. さっさと次の仕事を覚えられる
  2. ムダな時間を過ごさなくていい
  3. ストレスから解放される
  4. 嫌な人間関係をリセットできる

上記がざっくりと出してみたメリットです。

ただ、メリットばかりでデメリットはないのか?と感じる人もいますよね?

考えられるデメリットは下記です。

  1. 新しい職場で人間関係を初めから作る必要がある
  2. ブラック企業に入社してしまう可能性がある
  3. 新しい仕事の環境になれるまで辛い
  4. 覚えることがメッチャ増える

やはり、デメリットをあげた中でもっとも気になる部分は『人間関係』ではないでしょうか?

転職する人にとっては最大の課題になるはずです。そこで新し職場で人間関係を上手く構築する為に下記のような記事を書いています。参考にしてみて下さい。

その他、ブラック企業も可能であれば入社したくないですよね?下記記事では人間関係が悪い職場の見分け方のポイントについて解説した記事です。就職活動時の役に立つはず。読んでみて下さい。

辞めない為の理由付けはしない方がいい

トシオ
『仕事合わないな、、、辛い』辞めたいと本当に感じる。『でも、、、』と続けて辞めない理由を自分で作ってはいませんか?これだと自分の本当の気持ちに答えることが永遠にできませんよね?

あなたが本当に心から望んていることは『仕事を続ける』ではなく、『仕事を辞める』ですよね?ならば、『辞める為の理由付けをする』のではなく、辞めるために必要な準備をしていくべきではないでしょうか?

なぜなら、『仕事が合わない辛い』と感じているのに『辞めない為の理由付けをする』という行為は逆の選択をしているのと変わりないですよね?

辞めるのが不安でしかたない気持ちは苦しいほど理解できます。

ただそれだと、いつまで経っても前に進めず『仕事が合わない辛い、、、』と心の中で叫び続ける毎日を過ごすだけです。

でも、そんなこと言ったって人それぞれ事情があるはずです。今すぐ辞めるのは『家庭がある』『お金が無くなるのも不安だし』などのような不安があり、簡単には動き出せないですよね?だったら、まずは在職中に転職活動をするのがオススメです。

そうする事で最大限のリスク回避ができ、小さな一歩を踏み出すことができますよ。結果、『仕事が合わない辛い』気持ちからの解放という道になるかもしれません。

まずは自分自身で『辞めない為の理由付け』を無くす心掛けはして見て欲しいです。

といっても本当に自分の辞め時って意外と理解できないものですよね。そういう人は下記の記事が参考になります。ぜひ読んでみてください。

心の中では辞めると決めて動けない人の特徴と動かない時のデメリット

仕事合わない辛いと感じる人が転職に踏み切らない時のデメリットを説明しています。

トシオ
『絶対に会社を辞めてやる…』いつも口に出しているが結局動かず、何か月も経過している、なんて人がいます。本当の気持ちは辞めたい、でも動かない(動けない)人はデメリットを知っておくべきです。

心の中で辞めると決めてから仮に半年、1年以上動いていない人は高確率で転職活動に踏み切る人は少ないです。

転職活動に踏み切らないパターンは2つあります。

  1. 転職するのに不安や恐怖を感じている
  2. そもそも動く気がない。面倒くさいと感じている

②は別としても、①で悩んでいる人は真剣に『仕事が合わない辛い』と感じ、辞めたいと思っている人のはずです。

でも、それぞれの置かれている環境などにより動け出せないと悩んでいる…。あなたも、このような抜け出せない状態で苦しんでいるのではないでしょうか?

辞めたいのに辞めれない事情がある…。本当に苦しいでしょう。だからこそ『動かない時のデメリット』を理解して欲しいです。

なぜなら、このデメリットを理解せずに放置していると転職活動にとって取り返しのつかない事態になる可能性があるからです。

その例として、転職活動に踏み切らないで放置していた場合のデメリット一覧を記載しておきます。

  1. 合わない仕事を続けても成長しない
  2. ずっと『嫌いな人』や『合わない社風』、『合わない作業』を続ける必要がある
  3. 2の結果ストレスばかりが溜まる
  4. プライベートまで楽しくなくなる
  5. 年齢が高くなる→その結果、転職しにくくなる可能性も高い
  6. 現在、『仕事が合わない辛い』と感じている悩み全てが永遠に解決されることがない…

転職に対する怖さや不安があることでしょう。動けない事情も人それぞれで違うはずです。

動かない決断をするのも、あなたの自由です。ただ、その結果、『後々に苦労している人達がいる』という事実にも目を向け、これからの行動を決めて下さい。

それでも転職に不安や恐怖がある人もいるでしょう。特に不安を感じるのは『転職先の人間関係』です。もし、その部分に不安を感じているなら下記記事を読んでみてください。役に立つはずですよ。

『辞めたい人だけ見る章です』良い仕事を見つけるには早めの準備が大切

仕事合わない辛いと感じる人は早めの準備が大切

トシオ
良い仕事を見つける為には、本格的に転職活動を始めるより前に準備しておく必要がありますよ。いざ動こうと考えた時に登録していては正直遅すぎると思っておいた方がいい。

仕事合わないな…。辞めたいと感じているなら、今すぐ転職しなくても準備だけは早めに済ませておいた方がいいですよ。

その理由は、

  1. ホワイト企業はみんな狙っているのでチャンスがすぐに消えさるため
  2. ブラック企業の判断も早めの準備で見分けられる可能性があるため
  3. いざ転職をしようと考えた時に、かなり焦るはめになる
  4. 今の職場でストレスの限界がきたら、転職準備どころではなくなり終わってしまう。

上記であげた理由は一部です。大切だと感じる部分だけをピックアップしました。

大切なのは、リスクを減らしながらチャンスを掴む可能性をあげることです。その為には事前準備が命になるのです。

誰もがそうなのですが、『仕事が合わない辛い』と感じている現実を繰り返したくはないのです。でも現実的に同じ事を繰り返し再転職の道を歩む人がいるのです。

その差は上記の4つを意識しなかった結果かもしれません。事前準備は本当に大切です。

転職に不安がある人は仕事をしながら転職活動をするのがオススメ

トシオ
転職に対する不安は人それぞれあるでしょう。特に『仕事が見つかるのかな…』や『人間関係が不安』などを考える人が多いです。そこで有効なのは仕事をしながら転職活動をする方法です。年齢が高くなるにつれて転職するまでに時間はかかる可能性が高くなります。可能であれば、在職中に転職活動をする方がリスクを少なくできます。

結論として、在職中の転職活動が絶対的にオススメです。

仕事を転職活動をする時に一番不安に感じるのは『転職先が見つかるのかな?』という不安です。

仕事を辞めてから活動をすると不安になるのです。その結果、焦る。焦るとマズいのが『どこでもいいので転職しようとする』です。

これが地獄の始まりになる。

なかなかと仕事が見つからないと絶対に焦るのです。そうなると内定が決まると『ぜひ働かせて下さい』という状態になり、こちら側(転職者側)は選ぶ自由が無くなります。厳密に言うと余裕がなくなるのです。

そして入社した会社はブラック企業だった…。という事態になり、また転職という流れになります。

なので、可能な限り在職中に転職活動をするようにしてください。

在職中に転職活動をするコツ

トシオ
ここでは在職中の転職活動をするためのコツを紹介していきます。

ズバリ言うと、在職中に転職を成功させるには『時間を最大限有効に使う』です。

なぜなら、在職中は今の仕事をしながらの活動になり、時間が非常に限られてくるのです。

そこで絶対に活用するべきなのが『転職エージェント』です。これだけは登録必須のサービスと考えて下さい。

下記に転職エージェントを使うメリットとデメリットを記載しておきますね。

転職エージェントを使うメリット
  1. 完全無料
  2. 応募企業との面倒な日程調整を転職エージェントがしてくれる
  3. 給料や入社時期などについても調整し交渉してくれる
  4. 応募企業などの裏情報(社内事情)などの情報もゲットできる可能性がある
  5. 履歴書や職務経歴書などの提出書類を転職のプロが添削してくれる
  6. 面接対策などを相談できる
  7. 書類選考に通りやすくなる
転職エージェントを使うデメリット
  1. 転職サイトのようにすぐに応募の流れにはならない
  2. エージェントとの相性が悪い場合もある
  3. 自分が求めている条件と違う求人を紹介されることもある
  4. 転職サイトのように求人をみて自分で応募することはできない
  5. 自分のペースで転職活動がしにくいこともある

もし上記の内容を見比べてみて、デメリットに勝るメリットを感じれるなら使ってみるのも良いかもですね。

転職者のほとんどの人が利用する転職エージェント3社を本気解説した記事がありますので興味があれば参考程度に読んでみて下さい。

仕事が合わない辛い辞めていい時の判断基準|まとめ

仕事が合わない辛いと感じている理由には本当にさまざまな理由があります。

『仕事が覚えられず合わない』『人間関係が辛い』『ただただ仕事が合わない辛いと感じる』色々とありますね。

ただ、本記事で紹介した判断基準を活かし、本当に『仕事が合わない辛い』と感じているなら少しの勇気をだし、小さな一歩を踏み出して下さい。

また、記事内で紹介した在職中に転職活動の始めるためのコツを活用し、頑張って動き出して欲しいです。

これから、本当に動くのかを決めるのはあなた自身です。

今のまま動かないのもありですが、年齢だけは絶対に重ねていくという事実だけは忘れないようにして下さい。

もし動こうと決心ができた人はこちらで紹介している転職サイトランキングが参考になるはずです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!