仕事ができない、辛い…本気で変わりたいですか?変われる秘密を記載してます

この記事では『仕事ができない、辛い』と感じている人に気持ちの持ち方やデキる人になる為のコツを紹介していきます。

こういう気持ちお持ちではありませんか?

・仕事ができないと周りから思われているのではないか?

・自分は本当に何もできない…大丈夫なのか?

・辛い…どうしたら良いんだろう?

安心して下さい!
この記事では、こういう気持ちを取り払うことができます!

また努力はしているが上手くいかない…と感じている人もいると思いますので、その人達に向けては転職活動についての考え方も紹介しています。

この記事から学べること

・デキる人になれるモチベーションを得ることが可能です

・デキない人を抜け出せるコツを知ることができます

・前向きに努力できるように気持ちを切り替えすることができるようになります

・転職しなくても仕事に役立つ転職サイトを上手く活用できる方法を知ることが可能です

きっとこの記事を読み終える頃には今の仕事に対する気持ちや向き合い方が良い方向に変わっています。

それでは読み進めてください!

仕事ができない、辛い…と本気で感じるのは良いことです!

このパートでは悩みについての考え方を説明します。
ノウハウ的なものは説明しません。

さっさとノウハウを知りたいと感じる人は次のパートを読んでください。

まず大前提として『仕事ができない・辛い』と感じることに悪いことは一つもないです。
この記事を読まれている人は悩まれて、この記事にたどり着いたのだと思います。

悩んでいる理由が自分でわかれば改善にむけて、やることが見えてきます。
これが『道筋』です。

この道筋を見ることができているだけで一歩進めています。

ただ仕事ができないと感じる以外にも実は色々と悩みや不安を感じているのが社会人です。
あなたも仕事ができない以外に悩みを抱えていませんか?

もし感じている場合は下記のような記事も書いています。
一緒に読むことでグッと悩みの解決が早くなると思いますよ!
良かったら読んで見てください。
[https://toshio-tensyoku.com/shigoto-honki-nigedashitai]

考えて見てください!
仕事ができないのに悩んでいない人が日本に何人いると思いますか?
絶対に相当な数の人がいますよ!

だからそこに気付いているあなたはすごいと感じてください!

道筋が見えたら後は、どれくらいのスピードで進んで行くかです。

悩まれる人の多くは人と比べてできないと感じます。
あなたも人と比べて覚えが悪いと感じていませんか?

これはすぐにやめることをオススメします。
人と何かを比べる必要はないし本気で意味がないです。

比べている相手が猛ダッシュで駆け抜けるから、あなたも駆け抜けますか?
試合をしてるなら、そうするでしょうが仕事は違いますよね?

あなたはあなたのペースで少しづつ成長すれば良いのです。
猛ダッシュしたところで転ぶのが落ちですし、すぐに体力の限界がきます。

確実に一歩一歩進む地味ですが確実な方法です。

デキる人がやっていること

ここではデキる人がしている行動についての解説をしていきます。

デキる人になりたいなら、デキる人のマネをするのが一番簡単ですし早い方法になります。
これは仕事以外にも言えることですよね?

もし『マネなんて嫌…』と頭によぎった人は危険ですよ!
即刻そんなプライドは捨てましょうね!

なので、あなたがまずしていくことはデキる人の特徴をマネをしていくことです。

今から伝えていくことを全て一気にする必要はないです。
あなたが、これならデキるなと感じたものからで良いので実践してください。

それでは読み進めて下さい。

ネガティブワードは口にしない

ネガティブワードこれは使わないを徹底してください。
言葉には魂が宿ります。

自分が口に出した言葉は不思議と近寄ってくるんです。

会社内で『あの人が嫌い。苦手だな~』と考えていたら、その人が近くに来たり話しかけてきたりするんですよね。
本当に不思議だと感じるときがあります。

なのでデキる人はネガティブワードを口にはしません
はじめは難しいかもですが実践すると慣れてきます。

ゆっくりで良いのでやってみることが大事です。

仕事に前向きになりたい人に書いた記事があります。
こちらを読んでみると、きっと前向きに頑張ってみようと思えるはずです!
[https://toshio-tensyoku.com/shigoto-maemuki-koudou]

段取りを大事にする

優先順位を決めれない人は仕事をめちゃくちゃな順番で進めて行きます。
これが仕事が進まない人の特徴です。

僕が見てきた中で仕事のスピードが圧倒的に早い人は段取力が高いです。

自分の今、最優先でしなければならないことを把握し、すぐに終わらせる。
なので周り人から褒められ感謝されます。

上司からすると『仕事が早い人』は傍に置いておきたいと感じます。

じゃあどうするんだ?と思いますよね?
大丈夫です任せてください!

下記の記事で段取りについて詳しく書いてます
きっと優先順位をしっかり決めることができて作業効率があがり、仕事がデキるようになりますよ!
ぜひ読んでみて下さい!
[https://toshio-tensyoku.com/himitu-shigoto-dandori]

必要のないプライドは捨てる

あなたはプライドを捨てることができていますか?

プライドを捨てるというのは、あなたの全てを捨てなさいということでは無いです。
間違えないで下さいね。

必要のないプライドだけです。

・仕事がデキないのにデキる風にみせる

・なんでも知ったような口調で話をする

・言われたことを素直に実行しない

・何もデキない時からいきなりオリジナルを出そうとする

などなど

出そうと思えば、もっと例を出せますが、このあたりで辞めておきます。

あまりないと思いますが、心当たりを感じる人がいれば今すぐにやめましょう!
誰も教えてくれなくなるので、もったいないです。

報・連・相を大事にする

会社員として働くうえで非常に重要です。
特に今この記事を読まれている方は、少なくとも『仕事がデキない』と感じている人だと思います。

仕事がデキない人に非常に有効になるのが社内でのコミュニケーションをしっかりと取ることです。

報連相をしっかりしているだけでも上司から信頼を獲得できます。

もしコミュニケーションを取ることが苦手な人には少し難しい部分だと思います。

そういう方に向けて苦手意識を少しでも解消するために書いた記事が下記となります。
一度読んでみてください。
[https://toshio-tensyoku.com/communication-heta-kotu]

はじめから完璧は目指さない

完璧主義は良いように見えますがデキない人がやることではありません。

基本的にサラリーマン社会では、上司の決裁がないと話を進めることができません。

仮に、『△△日までに〇〇の資料データをまとめ』と言われたとしましょう。
ここで大事なのは早急に資料の第一弾目を仕上げてしまうことです。

ある程度の完成度で上司にチェックをしてもらいます。
そうすると『急いでやっている』というアピールにもなります。

そこで上司の気持ちが反映されたチェックが入るので後は答えを見ながら資料を修正すれば良いだけです。

ここが重要なんです。
『上司の気持ちが反映されたチェック』です。

いくらあなたが完璧と思った資料を作ったとしても、それはあなたにとっての完璧でしかないんです。

完璧に仕上ようと頑張ったあげくに期日ギリギリに提出。
上司にチェックされ修正する時間がないために期日に間に合わせることができない…

この場合の上司の評価としては『仕事は遅い、資料はろくなものを作らない』です。
こんな残念なことはない…。

絶対に第一弾目を早くする方が効率的ですし良いですよね?

もし、こういう場面になった場合は完璧主義にならないように心がけてみてください!

不明点は自分で調べる

仕事でわからないと感じることは非常に良くあることです。
わからないことが悪いことではないんです。

悪いのは調べないことです!

その会社の固有の情報(例えばノウハウなど)の場合は調べても出てきません。
ネット上では絶対に出てきませんよね?
こういう場合は社内の資料に記載されています。

この場合の選択は2つです。

2つの選択肢

・先輩や上司に聞く

・資料の場所を聞いて自分で調べる

時と場合があり、先輩や上司にすぐに答えを聞くこともありですが、基本は自分で調べにいくことが大事です。

自分で調べると記憶の定着がしやすいように感じます。
これは僕の経験上の話ですが。

今の世の中ネットで調べれば基本的には、ほとんどの情報が出てきます。
調べれば理解できることは絶対に自分で調べるクセを付けてください。

これだけでも仕事がデキる人に近づくことができます。

ポジティブに考える

常にポジティブに考える努力をしましょう!

ポジティブに考えると自然と前向きになります。
ネガティブに考えると自然と後ろ向きになります。

どっちがいい?と聞かれたら、もちろんポジティブに考えるですよね?

この部分は上記の『ネガティブワードは口にしない』で紹介している記事に詳しく記載しています。
まだ読まれていない方は一度目を通してみてください!

きっと仕事に前向きなれると思いますよ!

職場での人間関係を大事にする

職場で仕事がデキると言われている人に好かれていない人はいないです。

この部分を自然と理解しているのがデキる人です。
だから人間関係を大事にしコミュニケーションをとります。

この辺りは、すぐにできるようになる部分ではありません。
ただ、それを理由にずっとやらないということは違います。

少しでも良いので人間関係を大事にする努力を始めてください。

コミュニケーションの説明は『報・連・相を大事にする』のパートで紹介している記事を読んでみてください。

まだ読まれていない方にはきっと役に立つはずです。

すぐに行動する

仕事がデキない人の特徴の一つとして期日のギリギリまで動かないということがあります。

ギリギリ行動をして良い方向に動くことは、ほとんどありません。

デキない人を見ていると本当に行動することが遅く結局ギリギリで仕事を終わらせる。
最悪の場合は周りを巻き込み一緒に作業をさせる人もいます。

こういうことを繰り返すと周りの人間はあなたを信頼しなくなります
こうなると非常に辛いですよね?

なので、すぐ行動に移す人間に生まれ変わりましょう!
きっといい方向に行きますよ!

仕事ができない辛いときには転職がいい時もある

努力しても何も変わらない…
そういう人もなかにはいると思います。

この場合は本気で辛いと感じるところでしょう。
でも、その努力は絶対に無駄にはなりませんので前向きに考えることが大事になります。

ここでは努力はしたが仕事がデキるようにならない人に転職を考えても良いよという話をします。

仕事がデキないのは合っていないだけかも

努力はしたけど、やっぱりデキないと感じる人は実はあっていないだけという事があります。

やはり仕事にも合う、合わないということは絶対にあります。
そういう場合は一日でも早く転職をすることをオススメします。

続けて努力をする意味が何もないです。
メリットがゼロの状態です。
すなわちデメリットしかないのです。

どういう場合がそうなの?と思いますよね。

例えばですが、コミュニケーションが苦手な人で営業の仕事をやっている場合はどう思いますか?
答えは『辞めましょう』です。

実は外側から見るとわかるのですが、こういうミスマッチは普通にあります。

でも自分のことになると人間気づかないのです。

ここで試してみて欲しいことがあります

試してみて欲しいこと

・相談できる人がいれば仕事が合ってるか相談する

なぜ他人に相談するのか?というと客観的に見ることができるからです。
これで自分では見えていない部分が見えたりします。

相談する場合に大切なことは反発しないことです。
特に自身があった場合、否定されると反発したくなるのです。
上記でも説明しているように必要のない小さなプライドは捨てましょうね!

まずは転職サイト・転職エージェントに登録することも良い

これは実はオススメの方法です。
僕が良く利用していた手です。

なぜかというと転職サイトに登録すると本当に色々な職業があることに気付くからです。

ここがPOINT

・職業を眺めることで、自分のやってみたいや、これならデキるという職業が見つかったりします。

なので転職も視野に入れている人は即登録してください。
はっきり言いますメリットしかないです。
迷う理由が僕には理解ができません。

僕の場合、今のトレンドや情報収集のためだけに転職サイトに登録したりしています!(笑)

情報収集というと難しく聞こえますが、今の求人が多い職種などを眺めていたりするだけです。
これだけでもざっくりとですが時代の流れが見えたりするんです。
すごく便利でオモシロいでしょ?

後はブラック企業を見極める手助けにもなります。

ぜひ登録してみてください。

最新情報をチェックしよう!