仕事でイライラして辞めたいときの解消方法を紹介して行きます。

仕事のイライラで辞めたい3大要因を徹底解説【辞めたい人限定記事】

『仕事でイライラすることが多い・・・』

『毎日泣いてしまうほどにイライラする』

『本当は辞めたいぐらい悔しいけど、【 不安 】で動けない・・・』

もし、あなたの悩みが下記のどれかなら本記事で解消方法が見つかるかもしれません。

  1. 人間関係でイライラする
  2. 職場環境にイライラする
  3. 仕事量が多すぎてイライラする

あなたに質問です。

『 どんな毎日を取り戻したいですか? 』

そのヒントが本記事には書かれています。

仕事のイライラで辞めたい第一要因:人間関係を解説

仕事でイライラしてしまう原因で一番多い理由である『人間関係』について説明していきます。トシオ
仕事でイライラしてしまう最も多い原因は『 人間関係 』です。毎日イライラが続くと『辞めたい』と感じるのは当然ですね。

第一章では、よくある人間関係のイライラ原因と対処方法を紹介していきます。

理不尽な上司や先輩にイライラして辞めたい

理不尽な上司や先輩が会社にいると本当に腹が立ちイライラしますよね。

【 よくある事例 】

  1. 自分はしないのに人にばかり仕事をさせようとする
  2. 怒るポイントが不明。取り敢えず気分屋すぎる
  3. プライベートにまで口をだして指示をしてくる
  4. 質問するたびに余裕がなくてイライラした態度をだす
  5. 注意するとしつこすぎる

理不尽を感じる上司や先輩には共通してこのような事例があります。

毎日続くとイライラが溜まり爆発寸前の状態。もしくは爆発してしまい『もっと気まずい状態』になることもありますよね?

あなたも『怒ってしまった…』なんて経験ありませんか?

解消方法

  1. 『怒ると負け』と言い聞かせ冷静に落ち着く
  2. 理不尽な人間と同じレベルで考えない
  3. 人形と話しているかのごとく取り敢えず受け流す
  4. どうしてもイライラが収まらないなら辞める

まず『常に冷静』でいるは鉄則です。

あなたが、理不尽な人間と同じフィールドで戦う必要がない。

同じレベルに立つと『損するだけ』です。

これだけは冷静さを失っても絶対に忘れないで下さい。

コツとしては『心で何も考えない真っ白な状態』で理不尽な人間とは関わることです。

これが理不尽な人間に対する仕事でイライラしない唯一の方法です。

それでもイライラを抑えることができない人は『辞めたい気持ちを抑えずに辞める』のが絶対にいいです。

上司や先輩が『変わることはない』です。

理由は簡単で『あなたをイジメて気分がいいから』です。

なので、イライラが抑えられずに仕事を辞めたいと感じるなら辞めるのも大切です。

転職してから今の職場と同じように人間関係で悩みたくない人は下記記事が参考になります。

次の職場での人間関係を上手く築くヒントをなどを記載しています。

上司に対するイライラが収まらない人は、この記事もどうぞ。

クソ生意気な後輩にイライラ

『やっと後輩ができた!』と喜んでいたけどクソがつくほどに生意気な後輩にイライラする。

あなたも『仕事の後輩にイライラ』して辞めたいと考えていませんか?

【 よくある事例 】

  1. タメ口で話をしてくる
  2. 上司への『先輩以上にできるアピール』をする
  3. 先輩をいじりだす
  4. 指示をしても聞かない(独自のやり方を貫く)
  5. 『ありがとうございます』などのお礼を全然言わないくせに上司にはゴマすり

クソがつくほどに生意気な後輩はやんちゃ坊主的な性格の人間が多いです。

合わない人には本当に合わないので仕事を辞めたいと感じてしまうほどにイライラします。

あなたも嫌いな後輩にイライラした毎日を送っていませんか?

まずは『冷静』が大事ですよ。

解消方法

  1. まずは冷静に対応する
  2. 敬語を使わない相手にムキになるのは✕
  3. 先輩いじりをするような後輩の場合『反応しない』
  4. 指示をしても聞かない人間には証拠だけは残しておこう
  5. イライラの限界で心が折れそうなら素直に退職する

ふざけた後輩にあなたの時間を使うメリットがありません。

『敬語を使わない』や『先輩いじり』は、あなたがムキになっていることを察してバカにしている可能性もあります。

最強の対処方法は『無視』ではなく『無関心』です。

後輩のことに関して『何一つ反応しない』のがいいです。

それくらい徹底すると相手もあなたが嫌っていることを察します。

また、指示を出したのに指示通り動かないときは証拠を残すことが大切です。

会社にもよるでしょうが、後輩の責任を『あなたに押し付けてくる』ようなこともあるはずです。

何か問題になったときように証拠を残すのも自分を守るうえで大事です。

最終的に対策を頑張ってみてもイライラが抑えられずに『仕事を辞めたい』と感じるなら素直に行動しましょう。

陰口ばかりの同僚にイライラ

陰口って聞いていて気分のいいものではないですよね。

サラリーマンとして働いていると誰かの悪口を耳にすることは多くあります。

【 よくある事例 】

  1. 会社への不平・不満
  2. 同僚の陰口
  3. 上司や経営者への愚痴

この陰口ばかり言う同僚が傍にいると『仕事のイライラ』だけではない災難があなたを襲います。

『あなたも同じように見られる可能性がある』ことです。

損しかしないことは確実ですね。

解消方法

  1. 愚痴を言いだすと離れるようにする
  2. 徹底的に忙しいフリをして話に混ざらない
  3. 無視して気にしない

いつも陰口ばかり言っている人が急に言わなくなることは、まずありません。

あなたが選べる選択肢は3つだけです。

  1. 無視する
  2. 陰口を聞かないように離れる
  3. 職場を辞める

あなたは何も悪くないので辞める選択肢は精神的に限界でなければ避けた方がいいです。

辞めないのであれば、イライラしても時間の無駄になります。

無視するか、その場を離れるのが一番いいです。

あなたがイライラしても損しかないので注意して下さい。

人間関係のイライラで辞めたいときの対処方法

ここでは仕事の人間関係にイライラしたときの対処方法を紹介していきます。

ストレスを溜めすぎると悪い方向にしか進みません。

最悪の場合、転職をしたくてもできないような精神状態になることも考えておいた方がいいです。

無謀な我慢は自分の人生を台無しにしかねません。

効果的な方法は本人との会話

やはり人間関係を修復するしたい場合の前提として『 他人は変わらない 』ことは理解しておいて下さい。

ただ、最終手段として有効な方法があります。

実際に効果はあるのですが、勇気がいる方法です。

それは、『直接二人っきりで本人と話をしてみる』です。

上司、先輩、同僚、誰に対しても有効です。

意外とあなたのイライラの原因を本人たちは知らないのです。

そのため、しっかりと話をしてみるとお互いのモヤモヤがなくなり、仲良くなるようなこともあります。

【 注意点 】

逆に何の効果も起きないときはショックが大きいので『辞める準備を済ませてから』行動に移すのがいいです。

これでダメなら辞めるくらいの気持ちで挑むと腹も据わり思いをぶつけることができます。

そうすれば、相手もあなたの気持ちに気づく可能性が高くなります。

本当に辞めたいと感じているが、可能であれば人間関係を良好にして頑張りたいと考えている人にオススメの方法です。

しっかりと『転職の準備を整えてからトライ』して下さい。

他人は変わらないので辞めたいなら辞めるべき

基本的に他人を変えることは出来ません。

そう考えると人間関係にイライラして辞めたいと感じているときに、あなたができることは2つです。

  1. あなたが変わる(我慢する)
  2. 素直に辞めてストレスを解放する

最終極論はこの2パターンしかないのです。

ほとんどの人はずっと我慢をして頑張り続けることはできません。

なぜなら、毎日の仕事でイライラすると精神的に追い込まれてしまうからです。

そう考える場合、素直に辞めて1日でも早く違う職場で今の頑張りをする方が絶対にメリットが大きいはずです。

あなたが、これからどうしたいのか一度見つめ直してみてください。

最終的な『辞めたい』を実現できるのは、あなたの行動だけです。

仕事のイライラで辞めたい第二要因:職場環境を解説

仕事で辞めたいと感じるほどイライラする原因となる職場環境について説明していきます。トシオ
職場環境でも仕事のイライラが重なり辞めたい原因になります。

第二章では『職場環境』が原因で辞めたいと感じるイライラについて解説していきます。

責任の押し付け合いが激しい職場環境にイライラ

仕事を辞めたいと感じる職場環境の特徴で『責任の押し付け合い』があります。

何かにつけて『君が判断したら…』と全て人任せにする職場環境です。

【 よくある事例 】

  1. 責任の擦り付け合い
  2. 常に『〇〇さんの指示で…』というように責任逃れ
  3. 部署単位でも擦り付け合いがある
  4. 上司が部下に責任のある判断をさせるケースもある

この手の会社で働くと疲れます。

あなたの会社でも、責任の押し付け合いが普通になっていませんか?

もし、責任の押し付け合いをする企業で働いている場合、絶対にこのイライラから逃れられるすべはありません。

なぜなら社風だからです。

解消方法

  1. 証拠(エビデンス)をしっかりと残す
  2. 判断できない件については中途半端に回答しない
  3. どうしても社風が合わない場合は退職する

社風が『責任の押し付け合い』をする企業になっている場合、証拠だけは残すクセをつけましょう。

口頭で会話すると全てあなたの責任にさせイライラします。

また、いくら判断を迫られても決断できない案件に関しては中途半端に回答はしないようにすることが大事です。

適当に回答すると問題が起きた場合、あなたの責任にされます。

結果は言うまでもなくイライラが増し仕事を辞めたい状態になります。

自分の身は自分で守ることを徹底すると少しはイライラする事態に巻き込まれずに過ごせます。

ゴマすりだけが出世する環境にイライラ

ゴマすりばかりが出世して真面目に頑張っている人間はしない…。

そのような状況を見ているとイライラして仕事を辞めたいと感じるようになりますよね?

でも、サラリーマン社会はこのゴマすりで成り立っていると言っても過言ではありません。

どれだけ仕事ができない人間でも『上司や経営者に好かれているだけで』出世してしまう人間がいます。

【 よくある事例 】

  1. 全然仕事ができないけど、なぜか肩書きだけはある
  2. 出世する人間は上司に気に入られている人間だけ
  3. 上司としての人格ではない人間ばかり上にいる…

正当な評価とは程遠い企業は存在します。

というか日本企業のほとんどはゴマすりが出世します。

これだけは理解しておいた方がいいです。

では、どうすればいいのか…?

解消方法

  1. 人の評価を気にしない
  2. ゴマすりが出世する会社だと割り切る
  3. あなたもゴマすりをする(みんなにバレないように)

この3つが対処方法です。

まずは、人の評価を気にしないようにすることは大切です。

考えてしまうからイライラして仕事を辞めたいぐらいに精神的に辛くなります。

ゴマすりが出世する会社だから仕方ないよな…。ぐらいに割り切るのも必要です。

もしくは、『あなたもゴマすりをする』のが効果的でもありますね。

でも、『みんなにゴマすり野郎と見られたくない…』と感じる人もいることでしょう。

その場合は、『上司だけにゴマすりをしない』ことを意識するだけで解決します。

つまり、上司・先輩・後輩・同僚、全てに対してヨイショしていくのです。

その割合を【 上司5、先輩3、後輩1、同僚1 】ぐらいの割り振りヨイショすれば『みんなからゴマすり』とは感じられませんよね?

上司だけにすると、『あいつはゴマすりだ…』なんて悪口を言われます。

でも、みんなに均等にすれば好かれます。

イライラもせず、出世の可能性も見えて、みんなから好かれる。

これが一番理想ですよね?

サラリーマンとして生きるなら、どの企業でも最低限する必要があるので身につけておくと便利な技ですよ。

家族経営の理不尽具合にイライラ

家族経営をされている会社で働くならば理不尽はつきものです。

日本の90%以上が中小零細企業です。

中小企業はファミリー経営をされている企業が非常に多いです。

特に、大手から中小企業へ転職された人たちはビックリすること間違いなしです。

【 よくある事例 】

  1. 社長の奥さんが偉そうすぎてイライラする
  2. 2代目の息子様がワガママすぎる
  3. 家族だけは休みや出勤時間が自由

ファミリー企業で働く場合は本当によくある事例です。

あなたの会社もこのような状態になっていませんか?

考えれば考えるだけ、イライラして仕事を辞めたいと感じてしまいますよね。

解消方法

  1. 我慢する
  2. さっさと見切りをつけて転職する

家族経営での理不尽にイライラする場合の選択肢は2つです。

不満を抱かずに頑張り続ける。

もしくは、素直に辞める選択をして次に進むかです。

とんでもない家族経営の企業に入社するとストレスしかなく、辞めたい日々が続きます。

簡単に辞めれたら苦労はないのですが、みんなそれぞれに辞めれない理由があり動けない人もいるでしょう。

でも、ストレスで辞めたいと感じる人が辞めない場合に知っておくべき大切なことがあることも理解しておいた方がいいです。

その知らないと怖い結果になる可能性がある大切なことを下記記事では解説しています。

仕事のイライラで辞めたい第三要因:仕事量を解説

仕事量が多すぎるとイライラして仕事を辞めたくなります。そのことについて説明していきます。トシオ
仕事のイライラが溜まる原因に『過剰な仕事量』があります。仕事に追われる日々が続くと体の疲れ、精神的な疲れ、どちらも襲ってきて限界に到達します。

第三章では『仕事量』が原因で辞めたいと感じるイライラについて解説していきます。

仕事が減らない毎日の残業にイライラ

毎日、毎日、努力して一生懸命頑張っているのに終わらない仕事…。

その結果、終電ギリギリまで残業して帰宅。

このような日々が続くとイライラが溜まり仕事を辞めたいと感じるのは当然です。

あなたも毎日、仕事量が多すぎてイライラしていませんか?

【 よくある事例 】

  1. 明らかな人手不足で仕事量が異常
  2. 上司がクズで全部部下に仕事を丸投げ

仕事量が多すぎる原因で、よくあるのが『人手不足』です。

人手不足の会社で働くと、こなしても、こなしても減らない仕事にイライラするばかりです。

しかも、上司が最悪な場合、さらに仕事を押し付けられる状態にも…。

そのくせ頑張っても評価されず給料もあがらないし、残業代もでない始末…。

そのような毎日を繰り返してイライラが限界を来ないわけがありませんよね?

あなたはどうでしょうか?

毎日、仕事が多すぎて苦痛に顔を歪めてませんか?

解消方法

  1. 本当に辛くて『仕事を辞めたい』と感じるなら転職した方がいいです。

対処方法としては、一つだけです。

異常な会社が急に良くなるなんてありません。

一時的に仕事量が増えているなら落ち着くこともあるでしょうが、年中なら終わってます。

経営者や上司も残業の多さは築いているはずですが、『対策を打たない』のです。

そのような会社で働いた末路はイライラが募り精神的に崩壊し、本当に仕事を辞めたいと決断したときには手遅れになります。

手遅れとは、うつ病や、その一歩手前状態になり『転職したくてもできない状態』です。

あなたも本当は辞めたほうがいいと気づいていませんか?

気づいているなら小さな一歩を踏み出せば何かが動き出します。

まずは、小さな一歩である準備を始めてみてください。

仕事が忙しいのに誰も手伝ってくれなくてイライラ

仕事が異常に忙しいのに誰も手伝ってくれなくてイライラする。

自分だけは毎日、残業して追い込まれているのに誰も助けてくれない…。

このような状態が続くとイライラが重なり、仕事を辞めたいと考えてしまう原因になります。

【 よくある事例 】

  1. 自分だけに仕事が集中している
  2. 基本的に誰も手伝ってくれない

不平不満がでる典型的なパターンではないでしょうか?

このような状態だと、会社の人間関係にも不信感がでてきて気持ち的に疲れます。

その結果、『仕事を辞めたい』気持ちになって行きます。

あなたも仕事量で悩んでいませんか?

解消方法

  1. 経営者や上司に相談する
  2. 同僚に助けを求めてみる
  3. どちらも無理なら気にせず辞める

これらが対処方法になります。

まずは、経営者や上司に相談してみるのが一番いいです。

その後、対処してくれない場合は同僚に相談です。

どちらも無理な場合は正直なところ、今の職場では改善が見込めません。

イライラの限界がきており、仕事を本当に辞めたいと感じる人は素直に辞める選択をした方がいいです。

あなたの身を守れるのは『あなただけ』です。

本当に『 イライラして仕事を辞めたい人 』が知っておくべき注意点

仕事でイライラして辞めたい人が知っておくべき注意点を紹介していきます。トシオ
仕事を辞めたい人が成功させる可能性をあげるには『失敗の原因を可能な限り抑えること』です。

この章では、転職したい人がリスクを軽減するために知っておいて損はしない注意点について説明します。

仕事を辞めたいなら進むべき方向性を明確にしよう

仕事を辞めたいなら、あなたの進むべき方向性をしっかりと決めてから退職しましょう。

方向性も定まっていない状態の人が、何も考えずに辞めると迷走します。

その結果として考えていない人がたどり着く答えは適当なものばかりです。

  • 『給料さえ良ければ…』
  • 『とりあえず休みがあって残業がない企業』

このようにざっくりとした答えしか持たずに活動を始めると確実に失敗します。

おそらく余程でない限り、転職することは可能でしょう。

但し、長続きはしません。

後々に出てくる転職理由は下記のようなものです。

  1. やりがいを感じない
  2. 将来性に疑問
  3. 仕事に飽きた
  4. 毎日がつまらない
  5. 自分のしたいことではない

このような理由に繋がっていくのです。

その結果、また『仕事を辞めたい』という状態になります。

あなたの進むべき方向性は真剣に考えるように注意して下さい。

それだけで失敗のリスクを確実に減らせます。

仕事を辞めたいけど『不安で動けない人』はリスクが大きい!?

仕事を辞めたいと感じたとき必ず不安に感じてしまします。

あなたも仕事を辞めたいけど不安に感じて動けないなんて状況になっていませんか?

でも不安で動かないときのリスクについても考えておく必要があります。

例えば、このようなリスクが出てきます。

  1. 年齢が高くなる
  2. いつまでもイライラから解放されない
  3. 1年経つごとに転職難易度があがる
  4. 今、頑張っている努力が無駄になる

上記の理由からもわかるように転職には『年齢』が最大のリスクになります。

いくら能力があったとしても年齢だけで断られることもあるのです。

本当に仕事を辞めたいと感じているなら不安もあるでしょうが『続けるリスク』にも目を向けることは大切です。

まずは『不安』に感じていることに向き合い『行動できるマインド』にあなた自身を変化させる努力をしましょう。

仕事を辞めたい人が絶対にしてはいけない行動

仕事を辞めたいときに絶対にしない方がいい行動というものが存在します。

何も考えずに行動すると下記のような結果になることも…。

  1. 生活資金が苦しくなる
  2. 焦りがでることにより判断が鈍る
  3. ブラック企業に入社
  4. 再度転職活動

適当に行動したときの失敗パターンです。

失敗したくなければ『危険な行動』は避けて行動するのが鉄則です。

その全てを解説している記事が下記です。

リスクを可能な限り無くしたい人は読んでみて下さい。

イライラで仕事を辞めたいときの退職理由はどうすればいい?

イライラが溜り仕事を辞めたいと考える人の中には『退職理由』はどうすればいいの?と考える人もいます。その退職理由を説明するときのヒントを紹介していきます。トシオ
仕事のイライラが原因で辞めたいと感じてはいるけども『 退職理由 』はどうすればいいの?と考えてしまいますよね。

ここでは面接時に聞かれる可能性が高い質問『 退職理由 』についてのヒントを紹介します。

退職理由はどうすればいいの?そのままだと低評価になる気がする…

当たり前ですが、『仕事でイライラすることがあり辞めたいと考えました』と伝えると一発アウトです。

それは、みんなが理解している部分でしょう。

では、『 どうすれば 』悪い評価を受けずに伝えることが可能なのでしょう?

そのポイントを紹介します。

  1. 前向きな内容にする
  2. ホンネの部分はさっと流す
  3. 志望動機につなげていく

ポイントは『ポジティブ』な内容に退職理由を変換して説明しましょう。

ただ、『辛かった…』などの伝えにくいワードを言わないとダメな部分も出てくるはずです。

その場合は『さっと流す』ぐらいで伝えて『志望動機』に繋げるのがベストです。

でもポイントを伝えられただけだと退職理由って難しいですよね。

そこで例文も踏まえて下記の記事では退職理由を説明しています。

気になる人は読んでみて下さい。

仕事のイライラで辞めたい3大要因を徹底解説|まとめ

人生の三分の一が仕事に費やす時間です。

その仕事でイライラが続くと辞めたいと感じてしまうのは当然です。

だからこそ、ストレスのない日々を取り戻すために本記事で紹介した解消方法を試して欲しいです。

但し、もう限界と感じるような人は、すぐにでも転職の道を歩む方がいいです。

記事の中でも紹介しましたが、『辞めないリスク』にもしっかりと目を向けて下さい。

あとの行動はあなた次第です。

少し勇気をだして『楽しい毎日』を取り戻して欲しいです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

仕事でイライラして辞めたいときの解消方法を紹介して行きます。
最新情報をチェックしよう!