仕事を能力不足で辞めたいと考えている人が仕事を辞めた方がいい理由を説明していきます。

仕事を能力不足で辞めたい。すぐ辞めた方がいい理由と今後の動き方

『仕事についていけない…能力不足だよな』

能力不足を感じて仕事を辞めたいと考えていませんか?

本記事では、『能力不足を感じて仕事を辞めたい』と考えているあなたに役立つ情報を提供します。

  1. 能力不足を感じているなら辞めた方がいい理由
  2. 能力不足を理由に会社に辞める意向を示すときの対策方法
  3. 能力不足で辞めた場合に気になる面接時の退職理由
  4. 仕事を辞めたいなら今すぐ準備を始めた方がいい理由

上記の内容について徹底解説している記事です。

最後まで読んで頂くと『能力不足で仕事を辞めたいけど大丈夫かな?』という疑問が無くなるはずです。

仕事を能力不足で辞めたいと感じた時に辞めた方がいい理由

仕事を能力不足と感じて辞めたいなら今すぐに辞めた方が得をする理由を説明していきます。

仕事を自分なりには必死で頑張っているけど、能力不足な感じがし辞めたい…。

そのように感じながら努力を続ける人がいます。

努力するのは素晴らしいことです。ただ、その努力が無駄になってしまう…。

その可能性があるとしたらどうでしょうか?

この章では『仕事の能力不足で辞めたい』と感じるなら早く辞めた方がいい理由を説明していきます。

今の努力が本当にいいものなのか自分の心と向き合い考えてみて欲しいです。

能力不足と感じるなら仕事に合っていない可能性がある

そもそもの話ですが仕事の能力不足を感じてしまう場合、あなたに仕事が合っていない可能性があります。

なぜなら、仕事には必ず相性が存在します。

例えば、人付き合いを苦手と感じる人に営業の仕事を任せた場合、どうなるでしょうか?

ほとんどの人は耐えきれずにパンク、もしくは努力はしてみても全く成長しない。

このような現象が起きても不思議ではありませんよね?

今、あなたが仕事で能力不足と感じる場合、実は同じことが起きている可能性が高いのです。

でも能力不足という理由で辞めてもいいのかな?

今頑張っている努力が全て無駄になるのではないのかな?

そのように感じる人もいるかもしれませんね。

一つだけ断言できることは、能力不足だと感じながら一生懸命にもがき努力している人は次の仕事で必ずその努力は活きてきます。

ただ、理解していた方が良いのは、能力不足と感じずっと続けると無駄にしかならないという事実です。

能力不足と感じながら間違った努力をするのは危険です。

能力不足だと感じながら仕事をすると徐々にやる気が無くなり、やがて成長しなくなります。

その成長してない実感を感じながら無理に仕事を続けると『辛い』『覚えられない』『どうしよう』などの不安な気持ちばかりが先行します。

そうなると、気持ちは空回りし、やがて徐々にやる気が無くなり心がおれる。

このような流れになります。

ここで『今の仕事は自分あってない』と気づき辞める選択をする人はマシだと思います。

さらに最悪になるパターンが『能力不足なのは自分の努力が足りてない』と自分で自分を追い詰めてしまう時です。

一生懸命に努力をして頑張る。

その結果、やはり能力不足を実感して自分はできない人間だと決めつけ落ち込み心を壊す。

つまり『鬱状態』です。

こういう状態になると、『能力不足だから辞めたい』というレベルではなくなります。

転職活動すらデキない状態になりかねません…。

そうなると全てが悪い方向にいきますよね?

間違った努力は最悪な方向に自分を追い詰める。

しっかりと自分の限界を見つめるのも大切ではないでしょうか?

辞めたいと感じて無理をすると家族にも影響する

能力不足を実感し辞めたいと感じながら無理を続けると家族にも影響します。

気持ちというのは簡単に抑えれるものではありません。

『仕事を辞めたい』と感じ気持ちの暗い日々が続くと少なからずプライベートでも漏れ出しているものです。

家族は必ず『暗い気持ち』を感じ取るものです。

あなたに何も言わなくても心配していたりもします。

やはり家族も辛いのです。

本当に能力不足に感じ『仕事を辞めたいな』と思う場合、ご家族に相談するのも良いかもしれませんよ。

あなたが結婚しているなら『嫁さん』や『旦那さん』に相談。

独り身の場合は『親』や『友人』に相談するのも有効な手です。

何も言わずに雰囲気だけを出してしまうと家族もどう声をかけてあげればいいか不安になると思いますよ。

もし相談してみたら『無理せずに辞めたら?』という話にもなるかもしれません。

本当に能力不足で仕事を辞めたいと思うなら、相談してみるのも選択肢の中に入れてみて欲しいです。

辞める時期が遅くなるとデメリットが非常に多い

辞め時を間違えるとデメリットになる部分が非常に多い

なぜデメリットになる可能性が高くなるのかは下記のような原因が考えられますね。

  • ズルズル仕事を続け年齢だけ高くなってしまう
  • 早く仕事を辞める方が新しいスタートをきれる
  • 能力不足=自分には合っていない仕事。その仕事を頑張るより辞めて次の仕事に努力を注ぎ込む方が絶対にメリットがある
  • 心が病む可能性がある

能力不足で辞めたいと感じながらダラダラと続けてしまう人がいますが、やはり努力の方向性を間違えるとデメリットが存在することは頭に入れておいた方がいいです。

最終的に辛いのは『もっと早くに辞めておけば…』と感じてしまうことです。

本当に『能力不足で辞めたい』と感じているなら、少し勇気を出して今の仕事に見切りをつけて動き出すのも大切です。

自分の後悔しない方向をしっかりと見極め行動に移す必要がありますね。

でも、、、辞め時がわからない。という人は下記記事を参考にしてみて下さい。

会社に『能力不足で辞めたい』と伝えていいのかな?対処方法を紹介

能力不足で辞めたい場合、会社になって説明すればいいのかを解説します。

この章では『能力不足で仕事を辞めたい』と感じているが、会社の上司になんて切り出せば良いんだろう…。

そのように感じる人に『辞めたい』と伝える方法を紹介していきます。

退職するときって、意外に勇気がいるものですよね?

例えば、こんな不安がありますよね?

  • どうしても伝えにく…。引き止められたらどうしよう
  • 『能力不足で仕事を辞めたい』なんて言っていいのかな?
  • 今まで育ててもらったのに罪悪感がある
  • 上司が怖くて言えない…

これら不安に対しての対処方法を今から紹介していきます。

能力不足で辞めたい場合、素直に伝えれば問題ない

『仕事を能力不足と感じるので辞めたい』こんな理由で辞めたい何て言ってもいいのだろうか…。

どう伝えたらいいのかわからない…。

結論は『素直にそのまま伝えればいい』です。

『能力不足』=『仕事が合わない』ですよね?

たぶん、今の仕事が合わないだけで違う仕事をすると『能力不足』って感じることって少ないはずなんです。

これまでアルバイトなども含めて仕事をしてきたましたよね?

その時に『能力不足だから辛い…』とは考えなかったはずです。

今、能力不足感じるのは、やはり仕事があっていない可能性が非常に高いのです。

しっかりと自己分析をした結果、能力不足と感じるなら辞めてもいいのです。

だから『能力不足』と伝えてもいい。

もし能力不足と言いにくいなら『仕事が合わない』と伝えたらいいのです。

能力不足と伝えた場合に引き止められたらどうすればいい?

仕事を辞めると伝えた時に『引き止めにあったらどうしよう…』そう感じる人も多いと思います。

その場合を想定するなら、辞めると固く決意し何を言われてもブレないと決め『辞めたい』と上司に伝えに行くべきです。

引き止められ辞めるのを断念すると本当に時間を無駄に使ってしまいます。

無理に続けると一時的には頑張れますが数ヶ月で『やっぱり…』という状態になります。

ほとんどの人は数ヶ月しか持たないと考えて下さい。

それくらい『能力不足で辞めたい』という気持ちって悩みが深いのです。

能力不足で辞めたいと感じ、上司に伝えに行く時は『ブレない覚悟を持って』伝えに行くことが大切です。

上司に『仕事を辞めたい』と伝えに行くタイミングはいつがいい?

仕事を辞めると決意した人が『仕事を辞めたい』と伝えにいくタイミングを紹介します。

注意する箇所は『あなたが働いている会社の就業規則』です。

基本的に会社には就業規則があり、その中で退職の何か月前までに退職の意向を伝えるようになどを記載しているものです。

この内容に従いながら退職の意向を伝えるのがタイミングとなります。

就業規則の内容を守りつつ、会社側と引き続き期間などの相談をしながら退職の日程を決めて行きます。

中には転職先を決めてから退職を伝えに行く人もいるでしょう。

そのような人は、転職先(入社日)と現在の会社(退職日)、双方と相談しながらの進めていく必要があります。

転職先には現職の退職日を相談しながら、就業規則に記載されてる退職日の規定にプラスで1~2ヶ月後ぐらいに設定し相談しておくのが良いですね。

少し話をそれますが、転職先を決めてから辞めるのは、やり取りが複雑になるので少し大変ではあります。

ただ『転職先が見つからない』などの不安が無くなるのでメリットが大きいです。

転職を成功させるには、『失敗の可能性をどれだけ減らせるのか』に掛かっています。

『仕事を辞めたい』と感じる場合に絶対にしてはいけない行動があることは理解しておいた方がいいです

その全ての知識を徹底解説した記事が下記です。

能力不足を感じて仕事を本気で辞めたい…。けど、失敗したくない人は読んでおいて損はなしです。

能力不足で辞めた場合の面接で聞かれる退職理由対策

能力不足で辞めたいと感じた場合に面接で聞かれる退職理由についての対策を説明します。

面接で避けては通れないのが『退職理由は何ですか?』です。

必ず聞かれます。だからこそ対策は必須です。

この章では、能力不足で辞めた場合の面接で聞かれる退職理由についての対策を紹介していきます。

退職理由って聞かれるのが絶対にわかる。

だからこそ不安になりますよね?

正直、面接対策に正解というものは存在しません。

理由は簡単で面接官の感性しだいな部分が非常に大きいからです。

例えば、A社には通じた回答がB社では通じない(悪い印象を与える)なんてことは普通にあります。

そういうのも踏まえて面接対策は考えて下さい。

なので、この章で紹介する対策についても、一つの案として捉えて下さい。

ただ、多くの情報を取り入れるのは『仕事を辞めたい』と感じている人には本当に大切なことです。

能力不足で辞めた場合ストレートに退職理由を伝えるのはNGです

ネガティブな退職理由を面接官にそのまま伝えるのはNGです。

能力不足で仕事を辞めるのは問題ありませんが、そのまま伝えると悪い印象を持たれる可能性が高いです。

なぜなら、面接官はあなたのことを『何一つ知らない』からです。

少し考えて欲しいのは、あなたが面接官の場合、初対面の人間に『辞めた理由は能力不足です』と伝えられたら、どのように考えますか?

普通なら『仕事できないんじゃないだろうか…』と思いますよね。

だからネガティブに捉えられる『能力不足と感じ辞めた…』などはできるだけ避けるべきです。

能力不足で辞めた場合でも退職理由はポジティブに持って行くことが大切

能力不足と感じて仕事を辞めた場合でもポジティブな理由に変えて乗り切るようにしましょう。

退職理由は面接で採用の可否に非常に大きな部分を占めます。

企業が面接時に退職理由を確認するのは『採用した場合に同じような理由で辞める可能性はないか?』という一点です。

なので『辞めるきっかけの能力不足』ではなく『転職の目的』を伝えるように退職理由を組み立てるべきです。

例えば下記のような考え方で退職理由を考えて下さい。

  • 今の仕事を辞めたいと感じてしまっている理由が能力不足と感じると伝えた場合、相手は『努力ができない』『忍耐力がない』『仕事ができない人間』など、ネガティブな方向に考えてしまう可能性が高いです。能力不足 → 違う仕事の方があっている → 『こういうことをしたい』『自分の希望にあった職場を探していた』などのように、仕事に意欲があり退職の道を選んだと前向き変換をしアピールしましょう。

これは『能力不足』から違う仕事をしたい気持ちを『自分の希望する仕事を探していた』と変換しただけなので嘘をついている訳ではないですよね?

なので、面接で仮に突っ込まれたとしても返答にも困りません。

淡々と『〇〇のような仕事をしたく探していました。そこで御社を見た時に即応募しようと決心しました』と伝えるだけでネガティブに捉えられることはありません。

もし、まだ転職理由について不安があるな、、、例文などをもう少し知りたいという人は下記の記事を読んでみて下さい。

『仕事が合わない時の退職理由』を紹介している記事です。

例文なども載せているので、きっと役に立つはずですよ。

やめたいと本気で思うなら転職の準備は今すぐ始めるべき理由

仕事を能力不足で辞めたいなら、今すぐ転職の準備を始めた方がいい理由を説明していきます。

トシオ
仕事を辞めたいと本気で感じているなら転職の準備は早い方がメリットはあります。間違っても仕事を辞めてから準備を始めるようなことだけダメです。転職にはそれなりの時間を要します。無知なまま突き進むと焦ることになり、結果として『転職失敗』になります。

ここからは、『転職の準備は早い方がいいよ』という話をしていきます。

転職が決まるまでにどれくらいの時間が必要か知ってますか?

これから仕事を辞めて転職をしようと考えるなら、転職先が決まるまでの期間は知っておいた方がいいです。

どれくらい期間が必要かご存知でしょうか?

平均的な活動期間は約3カ月ほどと言われています。

  • 注意が必要なのは平均値だということです。つまり、半年かかる人もいれば1年近くかかる人もいるということです。

長引くことを想定していないと、予想以上に転職活動が伸びたときは焦ります。

結果として、早く転職先を決めようとするので、何も考えずに内定をもらったところに入社して失敗するパターンが多いのです。

転職が長引くと焦る要因は下記のようなものがあります。

  1. 生活資金が苦しくなる
  2. 離職期間が長くなるとイメージ低下
  3. 仕事が決まるのか不安になる

これらの要因で焦ってきます。

なので、転職活動は可能な限り、仕事をしながら進めることオススメします。

ブラック企業を選別できることもある

転職サイトの活用方法は『転職先を見つけるだけ』ではありません。

本格的に転職活動を始める前から利用することで、もう一つ利点があるのです。

それは『ブラック企業の見極め』が可能になるということです。

転職サイトではブラック企業の特徴が現れてきます。

その特徴は下記のようなものです。

  1. 掲載期間が異常に長い
  2. 大量募集をかけている
  3. 募集要項が抽象的すぎる(やる気重視など)

特に①、②は注意して観察するべきです。

やはり、掲載期間の長さ、大量募集は『離職率高さ』が伺える企業に多いです。

かなり特殊な能力が必要で長期掲載している企業もありますが、基本的にはブラック臭が強いと判断した方がいいです。

また①に関しては長期間的に転職サイトを眺めていないと見分けがしにくい…。

あなたもブラック企業は可能な限り避けたいですよね?

だから前もって転職の準備は必要なんです。

チャンスを逃さない

あらかじめ転職の準備をしているとチャンスが訪れたときにも逃しません。

当たり前のことですが、転職サイトに登録もせずに待っているだけでは『優良企業』が募集を開始しても知ることさえできません。

人気の企業は一瞬で募集打ち切りになります。

理由は簡単で『みんなが行きたいから』です。

仕事を辞めたいと考える人の中には、なぜか、この事実を理解していない人がいます。

だからこそ、あなたは理解してチャンスをものにして下さい。

チャンスを逃さないために準備は今すぐにした方がいいです。

仕事を能力不足で辞めたい:まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

仕事を辞めたいと感じている人に最後に伝えたいことは『動かないと世界は変わらない』ということです。

仕事を能力不足で辞めたいと感じていて、『こんな理由で辞めたいと思っていいの?』と悩むこともあるでしょう。

でも『辞めていい・辞めてはダメ』という判断は誰にもできません。

もし、『それで辞めたらダメだよね』と判断していい人物がいるとすれば『応募先の面接官』のみです。

さらに言えば、この面接官だけに『仕事を辞めたい理由』を完璧に伝えることができれば、どんな理由で辞めてもOKなのです。

後は、あなたが『仕事を辞めたい』と本当に思っているのかどうかだけです。

動きたいと少しでも思えるなら、下記記事を参考に転職サイトの準備をしてみて下さい。

仕事を能力不足で辞めたいと考えている人が仕事を辞めた方がいい理由を説明していきます。
最新情報をチェックしよう!