入社すぐに『仕事を辞めたい』と思った時に必ず知っておくべき全知識

この記事では、『入社後すぐに仕事を辞めたくなった時』
どのように考え行動すれば最大限リスクを抑えることができるのか。
考え方』『行動の仕方』を詳しく紹介していきます。

 

入社後すぐに仕事を辞めたくなるって不安ですよね。
すごくその気持ちがわかります。
なぜなら私自身、数多くの転職を経験している人物だからです。

 

その中で3カ月以内での転職は2回もしています。
はっきり言って自慢できることではありませんが。。。
こんな不安を抱えていませんか?

こんな不安ありませんか?

・今辞めたら職歴に傷が付くどうしたら良いんだろ?
・次の就職先は本当に見つかるのか?
・やはり今の職場で仕事を続けるべきなのか?
・世間からは逃げたと思われる。

それらの不安や悩みを解決するため、
どのように考え行動すれば良いのかを徹底的にお伝えしていきます。

 

この記事を読むことできっと今感じている先の見えない不安と悩みが解決できるようになります。
それでは読み進めてみてください。

 

辞める・辞めないは未来を想像し決断しよう

まずは、いまの自分の現状についてしっかり考えることが大事。

 

会社を続けていくことで自分に何が得られるのか?

そして辞めることによって失うもの、または得るものについて考えることでリスクを最大減に減らすことができます。

それではじっくりと考えていきましょう

 

今の会社を続ける場合に考えること

1.得られる知識や経験は何か?を考えてみる

今の会社にいることで、あなたにとってどのようなメリット(知識・経験)が身に着くのかをしっかり考えてみる。

ここは非常に重要で自分が体験してみたいことを明確にしておかないと不安になってしまうからですね。
仮にずっと今の会社を続けた場合、どのように成長できるのかをしっかりと自分自身の心に聞いてみましょう。

どうしても得たい知識や経験がある場合は今すぐ辞めるのではなく自分が考えている今の不安に対しての解決をじっくり考えて行きましょう。

そうすると今の会社にいる理由が明確になる為、気持ちをしっかりと保つ手助けになるはずです。
その悩みや不安などを一度、次の項目にてチェックしていきましょう。

 

2.現在の悩みで一番辛いことは何か?
辞めたいと思っている原因をしっかり把握してみましょう。

なぜこんなことをする必要があるのか?それには3つの理由があります。

3つの理由

①感情的になると判断が鈍る
②不安や悩みがどこにあるかを整理する
③絶対に後悔しない為に考えるです

悩んでいる人みんな、ただ辞めたいだけではないんはずなんですよね。
きっとあなたもそうではないでしょうか?

だから思考をしっかりと整理するんです。
意外と多いのが辞める判断を誤ったという後悔なんです。

 

では後悔しないように書き出してみましょう。

POINT

・やりたい仕事ではない
・上司や周りの人間関係が合わない
・ノルマがきつすぎる
・社風が合わない
などなど

一度書き出してみると頭が整理させて自分の悩みが明確にできますよ。

 

3.自分の精神状態は本当に持つのかをしっかり考える
ご自身のの精神状態は自分にしか分かりません。
なので一度冷静にゆっくり心を落ち着かせ考えてみることです。

心の病になってしまうと、これからの人生にデメリットが非常に多くなってしまうからです。

もし落ち着かせた結果、転職を考えてみようと思えたら、それはあなたにとって最善の道なのでしょう。
気持ちに従い行動してみることをオススメします。

無理に努力をして、うつ病になってしまった人などがおられる為です。

会社を辞めた場合どうなるのか?を考える

上記でしっかりと自分の心と向き合ったと思います。
まだの場合は後々でも良いですが、しっかりと向き合ってみましょう。

ここからは今辞めた場合の社会の反応などについて確認して行きます。
一番この記事を読まれている方が不安に感じているところではないでしょうか?

安心してくださいね大丈夫です。
あらかじめ理解していることで対策をしっかりと考えることができるからです。

対策を考えれるとメリットしかないんですよね。
逆もしかりで何も考えず行動するとそれはデメリットしかなく無謀というものです。

1.マイナスのイメージを持たれやすい
この部分に関してはよく言われるように、入社後すぐに退職となると印象が悪くなる可能性が高くなります。

採用する企業側からすると、同じように辞めてしまうのではないか?という不安に感じてしまいます。
ここのイメージ覆すには努力が必要になってきます。

ではどのように対策を打つべきなのか?
それは『素直に退職理由』を述べることです。
下手にウソをついて理由付けをしたところで相手はすぐにウソだと見抜きます。

企業側は何回も面接をしているプロであると理解することも大切です。

仮に人間関係が合わず辞めた場合『人間関係が上手くいかず退職致しました』と素直に伝える
自分がどのように対処し結果的に退職という道を選んだのかを説明できるようにしましょう。

2.したい仕事に転職できない可能性がある
厳しいように感じるかもしれませんが、早期退職をしてしまった場合、上記でも伝えたように、どうしても企業側はあなたに対してマイナスのイメージを持ってしまいます。

 

あなたがやりたい仕事がある場合は、その仕事に就けない可能性があるということだけは心にとどめておきましょう。

後でかなりショックを受けない為に心構えはしっかりと持つようにしましょう。

ただし、これは絶対にできないってことではないので、諦める必要はありません。
可能であれば会社を辞める前に就職活動を始めることが非常に良い対策となります。

 

3.転職先で同じ状況になる可能性がある
転職先でも同じような状況となることも考えられます。

その為、今の会社での反省点などをしっかり理解し次に同じような状況となった場合はこうしようなど、想定できるシュミレーションをしておくと気持ちも楽になりますし前向きに行動していけるようになります。

 

転職の準備をする

転職サイトに登録し準備することは非常にメリットが大きいです。

POINT

・今のトレンド(忙しい業界)を知ることが可能

・今のトレンド(忙しい業界)を知ることが可能

・今のトレンド(忙しい業界)を知ることが可能

・今のトレンド(忙しい業界)を知ることが可能

メリットしかない!今すぐに転職の準備をしよう!

【準備1】

①転職サイト、転職エージェントに登録する
まずは基本となる転職サイトと転職エージェントに登録しましょう。

 【準備2】
応募する為の準備をしていく。

①自己分析をしっかりし強みや弱みを書き出してみる。
これは書き出してみることをオススメします。
頭で考えるより視覚的にまとめれるため整理をしやすくなります。

②狙う業界情報を集め分析をする
ここはかなり重要ですね。

やはりどういう業界なのか、応募するのはどういった企業なのかをしっかりと確認することが必要です。
今の時代は情報を手に入れることは非常に簡単になっている為しっかりと情報収集をしましょう。

適当にしてしまうと結果としてブラック企業に入社してしまったなど最悪のシナリオになりかねません。

企業サイトはもちろん、その企業のブログやSNSがあれば必ずチェックする。
企業の評判などを掲載しているサイトなどに登録し分析することも重要です。

会社選びで注意すべきこと5選

①ずっと求人を出し続けている会社には注意

常に求人情報が掲載されている企業には本当に注意が必要です。
ずっと掲載し続ける会社で考えられるこは、どういう会社でしょうか?
以下の3つがあげられますね。

1.急成長している会社
『急成長会社』はめったにないですが、自分の行きたい分野や興味がある内容であれば募集してもいいと思います。
上手く入社できると自身の成長にかなり有利に働いて行く可能性がありますね。

2.特殊な専門知識を有する人材が必要
ここに関しては専門の資格や知識を有している人材を求めている為、 募集しても人がこないので掲載期間が長いことがあります。
こういう企業に関しては掲載期間が長くても問題はないですね。

3.離職率がものすごく高い会社
注意すべきはここですね。
人の出入りが非常に激しいので、ずっと掲載をしている企業があります。
こういう会社は絶対に何かあると考えた方が良いでしょう。

ノルマが非常にきつすぎるや残業が異常に多いなどの問題を抱えている。
いわゆるブラック企業が多いです。

ここを回避するには日ごろから求人サイトを見ておくことが最大の対処法になります。

実は私もこの手の会社に飛びついてしまい失敗した人間なのです。

だからこそ伝えたいのは、私の失敗を生かし、この手のブラック企業には入社しない確率を下げる努力をして下さい。

その最適な方法が『常に求人サイトをチェックしておく』です。

この求人サイトを常にみることには転職することを目指す人にとってはメリットしかないんです。

ここまで読んで頂いた人は本気の本気で転職したいとお考えですよね?

だから絶対に成功させましょう!

②大量の採用を予定している求人

いろいろな求人サイトに掲載し大量募集をかけている企業があります。

なぜ?と考えてみると答えがすぐにでますね。
そうです! 大量に辞めていくからですね。

この記事を読んで頂いている方は入社後わりと早く会社を辞めたい方が多いと思います。

やはり転職成功するまでに長期戦になる可能性もありますが、絶対にしてはいけないことは安易に『採用されやすそう』だからとかで飛びついてはいけません。

この行為をすると同じ運命をたどることになるので絶対にやめましょう

大量の採用をしている企業を見分けるには、幅広く求人サイトに登録しておくことをオススメします。
常にチェックすることで簡単に確認することができます。

③採用条件の基準が低すぎる募集は要注意

『未経験者OK』『学歴不問』『やる気があれば良い』こういうフレーズを記載している企業の求人には注意が必要です。

誰でもOKということは、それだけ経験者が寄り付かない企業であるとも考えられます。

このような企業は業界での評判が悪く、経験者に避けられがちであると考えることができます。
ただし、チャンスとも考えることができます。

やりたいことが明確であり、入りたい企業は経験者を募集することが多い業界の場合には経験をつむという目的で選択するということも可能です。

例えば、1年だけ頑張り再度転職すると次は経験者となるので、行きたい企業に応募する資格を獲得することができます。

なので考え方によれば良いこともありますが、やはりハードルが低いということは必ず何かしらの原因はあるはずなので注意が必要です。

④『若手が活躍』の記載がある

『若手が活躍』ひびきとしては良く聞こえるのですが、裏を返せば管理職クラスが育ちにくいという可能性があるとも考えられます。

これは、年配者が非常に少ない可能性があります。
年配者が少ない企業というのは、それだけ体力まかせの労働環境、『残業が多い』、『休みが少ない』もしくは昇給していかないなど、 長期的に働いていくことができにくい環境であるとも考えられます。

ただし、絶対にブラック企業であるとも断言できないので企業情報などをリサーチしていくことは重要となります。

⑤ハローワークに記載の求人

ハローワークの求人に関しては、よくブラック企業の求人が多いとも言われます。
その理由は『無料で求人を出せ審査もない為』です。

例えば、使い捨てのように従業員を扱う企業にとっては最高の求人媒体になってしまうのです。

これも見分けていくポイントとしては常に求人情報をチェックするという方法が効果的です。

いざ転職すると決めてから動いてしまうと、情報量が少なすぎて最低限見分けることが可能なブラック企業にもだまされてしまう可能性があります。
なので辞める数カ月前からしっかりと求人サイトに登録し常にチェックすることをオススメしているのですね。

ブラック企業に引っかからない為にも準備は怠らないようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!