仕事をストレスで辞めたい。辞めたいと感じる人に知るべき大切なことを説明していきます。

仕事のストレスで辞めたい人が知るべき大切なこと【怖い結果に…】

ストレスの限界
本当に仕事を辞めたい…

『本当に今の現状を変えたい…』

『ストレスがありすぎて仕事を今すぐにでも辞めたい気持ちでいる』

この記事は『ストレスで限界間近。本当に辞めたいと心から望む人にだけ読んで欲しい』記事です。

辞めたいと感じているが『不安で動けない』という人に向けて本当に大切なことについて話をしていきます。

  1. 辞めたいけど動けない人に動けるマインド作りの方法
  2. 辞めたいけど動かないときにあなたを襲うデメリット
  3. 仕事を辞める際の『不安』を消滅させる方法
  4. 辞めたい人が絶対にしてはダメな行動
  5. 辞める前の準備方法・タイミング

これらについて詳しく解説していきます。

仕事のストレスで辞めたい人が知るべき大切なこと

仕事のストレスで辞めたい人が知るべき大切なことを紹介していきます。トシオ
仕事のストレスを感じ辞めたいとは考えているが動けない人が多いです。人により、さまざまな動けない理由ことでしょう。ただ、不安材料ばかりに目を向けるのではなく『辞めないリスク』や『あなたの未来』についても考えるべきです。

この章では、仕事のストレスで辞めたいと感じる人は『知るべき大切なこと』をピックアップして紹介していきます。

仕事を辞めたくなるほどのストレスがあるなら、不安に感じることだけではなく『不安以外の大切なこと』も考えて行きましょう。

ストレスで辞めたいけど『いいのかな?』の答え

ストレスが原因で仕事を辞めたいけど『いいのかな?』について解説していきます。トシオ
ストレスが原因で『辞めていいのかな?』と悩む人がいます。その『辞めてもいいのかな?』に対する解説をしていきます。

ストレスで仕事を辞めたいと感じる…。けど、『ダメだよね?』と考え頑張り続ける人がいます。

あなたも『いいのかな?』と考え、辞めることに抵抗を感じていませんか?

『逃げてはダメだよね?』『甘えだよね?』と考えているのではないでしょうか?

一つ確認して下さい。

誰にどのように見られたいのでしょうか?

現職場の同僚?それとも上司?友達や家族でしょうか?

自分で『辞めない理由』を作っていませんか?

本当にストレスで仕事を辞めたいと考えているなら、他人の目を気にする必要は無いです。

注意するのは面接官の目だけです。

まずは、『逃げかな?』『甘えかな?』という重荷を下ろし『自分がどうしたいのか?』を真剣に考えて下さい。

その結果、『続けるなら続ける』『辞めたいなら辞める』と判断した方が後々の後悔は少ないはずですよ。

早期退職は職歴に傷が…と考えている人が知るべきこと

仕事のストレスで辞めたいけど、職歴に傷がつきそうな人について解説していきます。トシオ
『転職して2、3ヶ月で仕事を辞めたら職歴に傷がつく…』でも心の中では仕事のストレスに限界を感じ辞めたいと考えている人がいます。ここでは、どの程度頑張れば『職歴に傷』が付かずに仕事を辞めていいのか?ついて解説します。

まず、前提として『ストレスが辛すぎて本当に辞めたい』と考えている人に向けて解説してきます。

転職活動において『職歴は重要』です。

そこに関しては間違いありません。

職歴が気になり精神的に耐えれそうなら3年

私個人の意見としては『3年は働きなさい説』は気にしなくて良いと考えています。

ただ、気になる人もいるはずなので少し説明をします。

世間一般的に3年は働けと言われたりもしますので3年以内に辞めると『甘えと捉える面接官』もいるかもしれません。

なので、職歴を気にする人は『3年』を目途に頑張るのも一つです。

但し、精神的に気持ちがもつ人はです

精神的に無理な人は今すぐに辞めたほうがいい

精神的にストレスが辛くて仕事を辞めたい気持ちの人は『すぐに』辞めたほうがいいです。

今あなたが働きだして何カ月かはわかりませんが、仮に1ヶ月でも1年半働いていたとしても『あまり差はありません』。

すぐにでも辞めたほうがメリットはあります。

理由は3つです。

  1. ストレスのなか働いても成長はしない
  2. 頑張る時間が全て無駄になる
  3. 仮に一年頑張っても『甘えと捉える面接官』は必ずいる

やはり、短期で仕事を辞めた場合に怖いのは『仕事が見つからない』ことですよね?

詳しくは後で説明しますが、『仕事をしながら転職先を見つければ』この不安は無くせます。

なので、ストレスで仕事を本当に辞めたい人はすぐに辞めたほうがいいです。

仕事のストレスで辞めたいけど『辞めないリスク』

仕事のストレスで辞めたいと感じているが『辞めない』ときにあなたを襲うリスクを説明します。トシオ
ストレスで仕事を辞めたいと感じているが『辞めれない人』が知っておいた方がいいリスクを説明していきます。

これから説明していくことは『本気で仕事を辞めたい人』に対する内容です。

『 ストレスに対する対処方法を知りたい人は想定していません。 』

まず、ストレスで辞めたいけど辞めれない人のリスクを考えましょう。

  1. 辞めない限り状況が良くなることはない
  2. ストレスが精神を追い詰める
  3. 一生懸命に我慢しても誰にも評価されない
  4. 時間だけは過ぎて行く
  5. 心の病にかかる可能性が高い
  6. 心が壊れると何もできなくなる

仕事を辞めたいほどストレスを感じている場合、我慢して続けると、これらのリスクがあることを覚えておいて欲しい。

特に心が壊れた場合、今の職場の人は誰も助けてくれません。

さらに言うと『心配すらしてくれない…』のです。

冷静になって考えてみると『甘えだよね?』『辞めたら迷惑かけるよね』と悩んで頑張って、心が壊れたら誰も助けてくれない…。

そんな寂しい話がありますか?

仕事のストレスで本当に辞めたいと願っているなら、これらのリスクにも目を向けて下さい。

心が壊れた場合、転職活動すらできなくなることを理解しておいた方がいいです。

仕事のストレスは勝手には消えてくれない

仕事のストレスで辞めたい人が辞めない場合にストレスが無くならないことを説明します。トシオ
仕事のストレスは自然に消えてくれることはありません。あなたが何かしらのアクションをする必要があります。

ストレスから解放されるために、あなたができる行動は2つです。

  1. なんとか職場でのモチベーションを変える
  2. 素直に辞めて新しい環境でチャレンジする

ストレスから解放される方法は本当にこの2つしかない。

まず、『他人』や『会社』が変わることはない。ということだけは考えておいて下さい。

あなたの周囲が急に変化してくれることはないのです。

なので、今の仕事でのストレスからの解放を望むなら、『あなたが変わる』か『仕事を辞めて次にいく』しかないのです。

ストレスのない人生を取り戻したいなら『行動』しかない

仕事のストレスで辞めたい場合、行動しないと何も変えることができないことを説明します。トシオ
ストレスで仕事を辞めたいと強く感じるなら『行動』するしかない。これだけは事実です。あなたも本当は『行動するしか解放される道はない』と理解していますよね?

ここでは、少しづつでも『行動できるマインドに変化する方法』を紹介します。

  1. 自分のやりたいことの洗い出し
  2. 自分の苦手、嫌いなことのピックアップ
  3. 求人情報の確認
  4. 自分の方向性を決める
  5. 自分の理想とする環境を想像

この中で重視して欲しいのは『⑤自分の理想とする環境を想像』です。

行動するマインドに変化させるのに一番効果のあるものは、やはり⑤の自分の理想を考えることです。

人間は考えを集中させる方向に行動をしてしまうものです。

あなたが、『仕事を辞めたいけど辞めれない』『不安』『辞めていいのかな?』『仕事がストレス。でも…』。と考えれば考えるほど、辞める方向とは真逆に行動してしまうのです。

つまり、『ストレスのない人生を取り戻せない』行動を自然としてしまっていることになります。

まずは『動けるマインドを自分で作る』。

これが大切です。

ストレスの限界が来たら終わり…【転職すらできない理由】

仕事のストレスで辞めたい場合、ストレスの限界が来たら転職活動どころではない理由を解説していきます。トシオ
ここまで色々と説明してきましたが、どうでしょう?動こうと考えている人もいるのではないでしょうか?その反面、『まだ動けない』という人もいるはずです。そこで、『今、勇気を出して動かないと怖いことになる可能性がある話』をしようと思います。

ここまで『ストレスで仕事を辞めたい』と感じている人に知っておいて欲しい大切なことを解説してきました。

でも『やっぱり動くのが怖い…』と考えている人もいますよね?

あなたはどうでしょう?

もし、あなたの体にストレスの症状が出始めている場合は危険信号です。

例えば、

  • 眠れない。寝てもすぐに目覚める。
  • 吐き気が止まらない
  • 胃が痛い
  • 毎日が憂鬱でやる気がでない
  • 泣いてしまう
  • 仕事が頭から離れず辛い
  • プライベートも楽しくない

これらの危険信号が出ている場合は辞めたほうがいいです。

今、この記事を読めている時点ではマシです。

悪化してくると『何もできない』状態になり、転職活動すらできません。

こんな恐ろしい事態が『本当にある』のです。

せめて転職サイトなどの準備は少しでも余裕がある今しておくべきです。

あなたもそう感じませんか?

もし、そのことに気づけたなら後の『行動する・しない』の判断はあなた次第です。

その手助けとして面倒くさい転職サイト選びを省くため『本当に厳選した』転職サイトをランキング形式にまとめた記事を用意しました。

準備しようと心に決めた人だけ見て欲しいです。

ストレスで辞めたいけど『動けない』を消滅させる

仕事のストレスで辞めたいけど『動けない』という理由を消滅させる方法を紹介します。トシオ
ストレスで仕事を辞めたいけど『動けない人』がいます。理由はさまざまですが、ここでは動けない原因になる2つ『仕事が見つかるかな?』と『転職先の人間関係』について解説します。

ストレスで辞めたいと感じているけど動けない人は『不安』を解消できないことが原因です。

その不安を減らすことで行動できるマインドを作れます。

この章では、仕事を辞めたいと感じたときに、みんなが感じる不安を解説します。

内容は以下です。

  1. 仕事が見つかるかの不安
  2. 転職先の人間関係の不安

これらについて詳しく説明していきます。

仕事が見つからないリスクを『0』にする方法

仕事の見つからないリスクを無くす方法は『在職中の転職活動』です。

仕事をしながら転職活動ができれば『見つからない不安』を無くすことが可能です。

理由は簡単で仕事が見つかるまで今の会社で働けるからですね。

働きながら転職活動をするメリットは下記です。

  1. 生活資金が無くならない
  2. 確実に仕事を見つけてから辞めれる
  3. 見つからない焦りがない
  4. じっくり転職先を選べる
  5. あなたが気持ち的に優位に立てる(仕事があるので焦らないため)

これらの仕事をしながらの転職活動はメリットが多いですね。

『仕事が見つかるのかな?』と不安に感じている人は非常に有効な手段です。

但し、『働きながらの活動はできない』という人もいるでしょう。

そのような人は、初めから無理と決めつけるのではなく、一度試してから諦めた方がいいです。

もし上手くいけばリスクも無くせて儲けものです。

仕事をしながら転職活動する方法

まず確認するべきは仕事をしながら転職活動をする場合のデメリットです。

  1. 面接時に休む必要がある
  2. 活動に集中できる時間が少ない
  3. 応募先企業との連絡(電話)のやり取りが大変
  4. 面接のスケジュール調整が大変
  5. 退職のタイミングなどが不安

働きながらの転職活動となれば、どうしても上記のデメリットが出てきます。

但し、②~⑤は転職エージェントを利用すればクリアできます。

下記は転職エージェントで受けれるサービスです。

  1. あなたに合う求人情報を紹介してくれる
  2. 応募した企業と面接などのスケジュール調整をしてくれる
  3. 転職のプロに退職のタイミングなどを相談できる

どうでしょうか?

面接の日に休まないといけない以外はクリアできますよね?

仕事をしながら転職活動をする場合は絶対に転職エージェントの利用は必須です。

ただ、転職エージェントにも、さまざまな企業が存在します。

企業により特色が違います。

適当に選んでしまうと失敗の原因にもなるので注意が必要です。

まずは、代表的2つは抑えましょう。

もし、あなたが20代~30代前半なら3つは抑えておいて損はしません。

その3つを個別に徹底解説している記事を紹介しておきますので時間がある人は参考にして下さいね。

転職先の人間関係が不安で動けない人は読んで

もう一つの動けない特徴は『転職先の人間関係』です。

ここだけは乗り越えるべき壁です。

運の要素が多い部分です。

正直なところ、いくら情報収集をしてもここだけは調べようがない。

ただ、コミュニケーションを上手にすることで人間関係を良好することは可能です。

もし、人付き合いが苦手で打ち解けにくタイプと感じる人は下記記事を参考にするとヒントを得れるはずです。

読んでみて下さい。

仕事のストレスで辞めたいなら準備は早い方が絶対に得!

仕事のストレスで辞めたいなら、転職の準備は早急にする方が得をする話を紹介していきます。トシオ
『ストレスで仕事を辞めたい』本気で辞めたいと感じているなら準備は早くて損することはありません。

転職の準備は本格的に動き出す1か月~2カ月ほど前からする方がいいです。

理由は下記です。

  1. 優良企業の求人案件が出ても見逃さす応募可能
  2. ブラック企業の見極めができる可能性がある
  3. 書類関係(履歴書・職務経歴書)を先に作っておける
  4. 本当に限界を感じ出しても、すぐに動ける
  5. 後々に焦らない

気持ちに余裕があるうちに準備をすることが本当に大切です。

気持ちに余裕があると書類関係も丁寧に作成していくことが可能です。

転職を勝ち取るには『事前準備』は非常に大切です。

仕事を辞めたいけど動かないときのデメリット

ストレスで仕事を辞めたいと感じる人が『辞めないときに損すること』を紹介します。

  1. 年齢だけは高くなる
  2. 今のストレスがマシになることはない
  3. ストレス満タン状態で仕事をしても成長しない
  4. 努力しても最後に辞めるなら意味がない
  5. 今必死に耐え続けている努力を次の職場でする方が1000倍メリットがある

本当にストレスが限界で辞めたいと心から思っているなら辞める方がいいです。

今の職場で頑張る意味がない。

まずは冷静に自分がどう動くのが損をしないのか?と自分自身に問いかけて見て欲しいです。

仕事を辞めたいなら無鉄砲な行動はするな

仕事を辞めて転職を成功させたいと願うなら危険な行動だけはしてはいけません。

例えば、

  • 感情任せに仕事を辞めるな
  • 自分の行きたい道が決まっていない状態では辞めるのは危険
  • 転職の準備もせずに仕事を辞めるな

この3つは確実に頭に入れて行動した方がいいです。

ただ、この3つだけでOKというわけではなく、仕事を辞めたいと感じるときに絶対にしてはダメな行動というものがあります。

本当に失敗の原因になる行動です。

それらをまとめて解説している記事が下記です。

仕事を辞めて失敗したくないと感じるなら、何かのヒントを得られるはずです。

仕事のストレスで辞めたい人が知るべき大切なこと|まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

『ストレスで仕事を辞めたい』

本当に辞めたいと感じる人は、まず冷静にどのように行動すべきなのかを考えて下さい。

そうすれば、自然とあなたがやるべき行動が見えてくるはずです。

仕事をストレスで辞めたい。辞めたいと感じる人に知るべき大切なことを説明していきます。
最新情報をチェックしよう!