『仕事辞めたい』絶対にしてはダメな危険すぎる行動【本当にNGです】

『毎日がつまらなさすぎる…。仕事を辞めたいな。でも失敗したくない。』

こんな悩みを抱えながら毎日を過ごしてませんか?

辞めたいけど、大丈夫なのか?失敗してしまうのでは?仕事見つかるかな?仕事辞める前にやっておくべきことはあるかな?

仕事を辞めたいと考えている人で、これらの悩みを持たない人はいません。

なのに・・・

『成功して満足な日々を取り戻す人』と『大失敗をして再転職をする人がいる』のはなぜでしょう?

面接対策で上手く話す方法?履歴書の書き方?それとも時期の問題?

これらも成功をさせるうえで重要でしょう。

ただし、もっと重要なことがあります。

それは、『どれだけリスクを減らしながら行動できるか』です。

この記事では『危険な行動』にフォーカスして『仕事を辞めたい』と感じている人が成功するために、絶対に避けるべき行動を紹介しています。

本記事で得られる知識
  • 仕事を辞めたいと感じた時に絶対にしてはいけない行動
  • 仕事を辞める前にしておく自分自身の心の整理
  • 仕事を辞めるまでの流れ
  • 転職を成功させるために知っておいて欲しい情報収集の方法

『仕事辞めて良かったな』と思える日々を取り戻すためのヒントを散りばめています。

仕事辞めたい時に絶対ダメな危険すぎる行動

仕事を辞めたい時に軽はずみに行動すると大失敗するパターンが存在します。

冷静な状態では絶対にしないような行動も『仕事を辞めたい』と感じている時は、気持ちが焦るあまり、なぜか通常ではしない行動でも、やってしまうのが人間です。

なぜなら、『仕事を辞めたい』と感じる状態は精神的に追い込まれている人が多いからです。

そこで、この章では『仕事を辞めたい時に絶対にダメな行動』を紹介していきます。

感情的になった場合、つい冷静さを欠く性格を自覚している人は絶対に知っていて損はしませんよ。

人生の3分の一は仕事です。可能な限り失敗を避け最高の仕事を手に入れて欲しいです。

仕事を辞めたい気持ちだけで即辞めは絶対に避けるべき

すぐにでも仕事を辞めたい。そう感じる人は少し冷静になりましょう。

気持ちだけが先行して辞める決断をするのは大変危険です。

何が危険なのかというと準備もなしに仕事を辞めた場合、待っているのは辛すぎる状況だけです。

  • 仕事が見つからなくて焦る
  • 生活資金がきつくなる
  • 焦った結果、適当に仕事を決めてしまう
  • 入社した企業がブラックで再度転職するパターンになる

ただ、『どうしても仕事を辞めたい…。』そう考える人もいることでしょう。

そのような人は最低でも転職の準備を整えてください。仕事を辞めて、すぐに転職活動を始めれるように準備だけは完璧にしておきましょう。

いくら本気で仕事を辞めたいと思っていても考えなしに行動するのだけはNGです。

失敗が可能な限り避けるためには、自分の制御も大切ですね。

感情的に辞める意向を伝えてしまう

『こんな仕事辞めてやる!』と感情的に怒り辞める人が少なからずいます。

絶対に避けた方がいい辞め方の一つです。

なぜなら、感情的な行動ほど、後々に自分を追い詰める結果になります。

上記で紹介した『仕事を辞めたい気持ちだけで行動する』のは避けましょうと説明した部分と似ている部分です。

準備ができていない段階で行動に移すのは武器や防具を持たずに戦場に行くのと変わりません。

特に嫌いな上司や先輩、経営者が会社にいると我慢の限界が来た時に感情的に『辞めます』と言ってしまうことがあるのです。

絶対に避けて欲しいです。感情的に辞めれるぐらいの覚悟があるなら、今から仕事を辞める時のために準備を着実に進めておくべきです。

『感情的に行動しない』徹底して下さい。

仕事を辞めたい時は自分が進むべき道を明確にしてから辞める

大前提として仕事を辞めたい時は『自分の進みたい道』を明確にしてから進めて下さい。

仕事を辞めたい時に考えなしに進めた場合、あなたに待っている未来は『こんなはずじゃなかった…』です。

このように再転職する人は非常に多いです。

やっと勇気を出して仕事を辞めたのにノープラン過ぎて会社を辞めた時以上に追い込まれるはめになる。

本当に辛いですよ?色々な人がこのような失敗をするのです。あなたが今するべきことは『失敗した人達の経験』から学ぶことです。

でも『仕事を辞めたい』とは感じるが自分のしたい仕事が何かなんてわからない。そう考える人もいると思います。

そのような人は下記のことを考え書き出してみてください。

  • 自分の楽しいと感じるもの
  • 得意な分野
  • 絶対にやりたくない仕事
  • 自分の嫌いなもの(例:パソコン、人付き合い、流れ作業など)
  • 許せる範囲の仕事内容

これらを一度、書き出してみると自分の気持ちの整理にもなり、『やりたいこと』と『やりたくないこと』が目で理解できるので進みたい方向を確認するときにはオススメです。

失敗しないように自分の進むべき道を明確にする作業を忘れないようにして下さいね。

我慢のしすぎはNG。体に限界のサインが出ている場合は即転職!

先程までは仕事を辞めたいと考えた場合、じっくり考えて行動するように話をしてきました。

ここでは少し逆のパターンになります。

『体に限界のサイン』が出てきている場合は必死に耐える必要がないので辞めるようにして下さい。

体を壊してしまうと『仕事を辞めたい』場合でも転職どころの話では無くなってしまうからです。

心が病んでしまうと全てに対して無気力になり、何も考えられなくなります。

正直なところ悲惨な状態になります。

例えば、このような症状が出ている場合は危険です。注意して下さい。

  • 仕事行く前に泣いてしまう
  • 毎朝、吐き気がとまらない
  • 眠れない日が続いている
  • 休みが終わる前日は辛すぎてリラックスできない
  • 全てに対してやる気がでない

これらが続いている人は本当に注意して下さいね。

もし、少し症状を感じるなという人は軽度な状態かもしれません。

そのような状態を放置すると悪化して大変なことになるかもしれません。

今、精神的に余裕があるときに転職の準備を済ませておく方がいいかもしれませんね。

もし、自分の辞め時がわからないと感じる人は下記の記事が参考になります。

『仕事辞めたい』辞めて後悔は辛い。自分の気持ちに問いかけて欲しいこと

『仕事辞めたい』と考えている人は、まず『本当は自分自身どうしたいのか?』と問いかけてみて欲しいです。

仕事を辞めたいと感じ勇気を出して転職した人の中に、なぜか辞めたことを後悔する人がいます。

それはなぜでしょう?

下記のようなことが原因で『後悔』が生まれると考えられますね。

  • 実は今の仕事を辞めたいと感じている明確な理由がなかった
  • 感情的になり、勢いで仕事を辞めてしまった
  • 仕事を辞めたいとは感じているけど、次のプランを全然考えてない
  • 転職の準備を適当にし、仕事が見つからずに焦り失敗する

『自分はそんなことない』しっかり考えて仕事を辞めたいと考えていると感じている人もいるかもしれません。

本当に明確で準備も完璧にできているなら、後は転職に向けて活動していくだけです。

少しでも不安がある人は、本当に『仕事を辞めたい』のか?と自分の気持ちに問いかけてみて欲しいです。

そこで、この章では仕事を辞める前に自分に問いかけて欲しいことを紹介していきます。

今の仕事を辞めたいと感じる理由は明確ですか?

今の仕事を辞めたいと感じている理由を明確にしましょう。

この自分の芯がブレブレだと仕事を辞めた後に迷走します。

その結果、目指すべき着地点が見つからず最悪の職場へ転職してしまうなんて悲惨な結果になる人がいます。

例えば、何に対して不満を持ち仕事を辞めたいと感じているのかをしっかりと確認してみるといいですよ。

そうすることで辞めたい理由も明確になります。しかも、対策も打てるようになりますよ。

下記のような感じで書き出してみて下さい。

  • 人間関係が嫌だな…。 → 人と関わらない仕事がしたい。もしくは人間関係を良好にする方法を学んでから転職しよう。
  • 今の仕事内容に不満があり辞めたい。 → 次は〇〇のような仕事をしよう。
  • 次の仕事ではやりたいことがあるので辞めたいのか? → 絶対に転職したい職業があるので在職中に転職活動をしよう。
  • 営業職が嫌だから辞めたい。 → エンジニア系の仕事が向いてるかも。

このように書き出しみると、視覚化して問題を把握できるので対策方法も浮かびやすくなります。

仕事を辞めたいなと感じたら、まずは『辞めたい理由の明確化』をしっかりして下さい。

仕事を辞めたい人が感じる理由はどんな理由があるの?自分の理由で辞めていいのかな?と感じる人は下記記事を読んでみて下さい。

みんなが感じる『仕事を辞めたい』と感じる理由をランキング形式でまとめた記事になります。

仕事を辞めたいと感情的に行動をしようとしていませんか?

『仕事を辞めたい』という気持ちが強くなると『辞めたい』しか頭のなかに入ってこなくなることがあります。

ここでいう、感情的とは上記で少し触れた『怒って辞める』とは違います。

『仕事を辞めたい』という言葉に囚われず考えて下さいね。という意味です。

感情的に『もう嫌だ、仕事を辞めたい』と考えると他の会社が非常に魅力的に見えてしまうのです。

これが大失敗の原因です。

『隣の芝生は青い』という言葉があるよう『自分以外のものはよく見える』と一度、自分に言い聞かせ、じっくり考えることをオススメします。

  • 今の自分が置かれている状況は本当に悪い環境なのか?
  • こんな経営者は最悪だと口にしているが本当にそうか?
  • 上司や先輩と合わないと感じているが、実はどこにでもいるレベルの人間ではないか?

冷静になり考えることで、よく考えてみたら転職しない方がいいかもと思うかもしれません。

感情的に『仕事辞めたい』と口にしていないか考えてみて下さいね。

仕事辞めたいだけではなく次のプランは計画できていますか?

仕事を辞めた後のプランをしっかりと決めておきましょう。

このプラン計画は『仕事を辞めたい』と考えだすタイミングで自分の方向性を見極めるうえでも必要になります。

また、しっかりとプランを計画しておくことで面接時にも非常に役立ちます。

なぜ面接時に役に立つのか?というと面接では必ず『退職したのはなぜ?』と退職理由を聞かれます。

もし理由を聞かれて、ネガティブな理由で仕事を辞めたいと感じました…。なんて答えてしまうと悪い印象しか与えないのは簡単に想像ができますよね?

でも、プラン(自分の方向性)を決めておくと『私は〇〇の分野で△△したいという思いがあり…』とネガティブではなくポジティブな理由をぶつけられるようになります。

しかも、自分の方向性をしっかりと計画しておくと転職活動を始めてから進むべき方向を見失うことが無くなります。

なので、『仕事を辞めたい』と考えだしたらプラン計画を入念にする方がいいです。

転職の準備は完璧ですか?仕事辞める前に準備は必須ですよ。

仕事を辞めたい人は今からでも転職の準備を完璧にするぐらいの準備をして下さい。

転職失敗のリスクを可能な限り減らしたいなら『準備は完璧にする』忘れないで欲しいです。

なぜなら、転職活動って予想しているよりも遥かに大変です。さらに時間かかる…。

仕事を辞めたいと思っている人は自分の理想があるはずですよね?

例えば、現職では営業をしており『ノルマが苦痛』で辞めたい場合、その人が求める環境は『ノルマがない』もしくは『少ない』環境のはずです。

そのように理想の環境を求める場合は時間が掛かります。

時間が掛かると『生活資金』が苦しくなります。その結果、焦る。そうなると、どうなるとでしょうか?

『どこでもいいので働きたい』

危険な決断をしてしまう人も少なからずいるのです。

結果、また仕事を辞めたい…。となり転職活動を始めるのですが次は短期離職になるので、かなりの苦労が伴うのです

仕事を本当に辞めたい場合、理想は在職中に転職先を見つけてしまうです。

但し、人により環境に違いがありますよね?

  • 在職中に仕事を決める時間的な余裕はない…
  • 仕事が大変すぎて面接なんて無理だ…
  • 会社にバレるのが心配だ…

このような人もいるはずです。

仕事を決めてしまうのが無理な人は、仕事を辞める前に必ず、準備だけでも整える。

【準備必須のもの】

  1. 転職サイトへの登録
  2. 履歴書や職務経歴書を作成できる部分は全て作成する
  3. 面接対策を考えておく(特に退職理由など考えられるものは全て)

しっかりと準備をすれば、リスクは限りなく少なくできます。

仕事を辞めたいと強く感じるなら、今の職場での仕事量などを考えながら、どのように動けば一番良いかを判断して下さい。

少しでも準備していこうかなと感じる人は下記の記事を参考に進めてみてください。

準備不足で損をしても、準備が早くて損することは絶対にないですからね。

仕事を辞めたいなら辞めるまでの流れを理解しておく方がいい。

辞めるまでの流れが理解できていないと、いざ、仕事を辞めたいと考えて動き出すときに『どうしよう…』と悩むはめになります。

悩むと行動がストップし時間が無駄になります。

良い求人情報はみんなが殺到するので、すぐになくなるのです。

ストップしていては、あなたがチャンスをつかむ可能性を自ら減らしているのと変わりません。

仕事を辞めたいと本気で思うなら、転職の準備をしつつ退職までの流れをイメージしておいて下さい。

その流れを今から説明していきますね。

①転職の準備『転職サイトへの登録』をする(退職日の数ヶ月前がベスト)

『仕事を辞めたい』と考えた時点で何よりも先にした方がいいのが『転職の準備』です。

つまり、転職サイトへの登録です。

なぜ、転職サイトへの登録を優先させる必要があるのか?理由は2つです。

  • ブラック企業の見極め
  • 自分の理想とする転職先を見逃さない

上記の通りです。

『理想の転職先を見逃さない』については、そのままです。転職サイトに登録していなければ、理想の求人が出た場合に応募すらできません。

チャンスは準備をしている人にだけ訪れることを忘れないで下さい。

ブラック企業の見極め方法は、『ずっと募集をかけている企業』『大量に求人をかけている』『募集要項が抽象的すぎる』などがあります。

これらの情報は自分の目で確かめるしかありません。

本格的に転職活動を始める数ヶ月前から観察すると『あれ?この企業…』と感じることがあるのです。

仕事を辞めたいと感じた時点で先を見据え、転職サイトに登録するのはリスクを極力なくすうえで非常に大事かもしれませんね。

②在職中に転職活動

転職サイトに登録し『よし!仕事を辞める!』そう感じ、ほとんどの人がやる気に満ち溢れ今から動こうと感じるはずです。

なかには会社側へ『仕事をやめたい』と、いつ伝えようかなと考える人もいるかもしれません。

でも、まず考えるべきは『いつ退職を伝えるか』ではなく、『仕事をしながら転職が可能かどうか』ではないでしょうか?

リスクを最大限減らす方法は間違いなく仕事をしながらの転職活動をすることです。

転職をする時に感じる不安で多い理由は『仕事が見つかるのかな?』です。

でも、なぜか仕事を辞めてから転職活動をする人が多いような気がします。

本当に『仕事が見つかるかな?』と不安に感じるなら、在職中に転職活動をすることで解消されます。

いくら面接に落ちたとしても今現在働いているなら不安はゼロですよね?

少し両立するのは大変ですが、リスクを考えると乗り越えられないことはないはずです。

土日しか動けなくても、ダメもとで『土曜日に面接してもらえないか?』など交渉してみるのもありです。

ダメなら、夕方遅めか、朝一に面接のスケジュールを調整してもらって半休を取って対応するなどもいいかもしれません。

但し、働きながらの転職活動は無理…。という人もいるでしょう。

そのような人は、せめて仕事を辞める前には準備だけは完璧にしておき、一気に動けるようにしておきましょう。

③退職理由と面接対策を考える

転職の準備が整ってきた段階で仕事を辞めたい時に感じていた悩みを深掘りし面接時の対策を考えていきましょう。

『仕事を辞めたい』と感じるには、必ず理由があります。

ポジティブ理由で辞めたい人は素直にそのまま伝えて問題ないと思います。

向上心があり、やる気に満ち溢れ人材は企業としては絶対に欲しいはずです。後はどのように自分を雇うことで得られるメリットを伝えれるかです。

ポジティブな転職理由の人は『自分を雇うメリット』に焦点をあて、面接対策を考えればOKです。

問題はネガティブな理由の場合ですね。

例えば、

  • 仕事についていけない
  • 人間関係が不満だった…
  • 経営方針が合わない
  • 頑張っても正当な評価されない
  • 会社の将来が不安
  • 職場への不満

上記は『仕事を辞めたい』と感じる理由で非常に多い理由です。

ですが、面接ではネガティブに捉えられます。

このような理由の場合、そのまま面接で伝えると印象を悪くしてしまう可能性が高いです。

なので、退職理由についての対策が必要になります。

この退職理由って考えるのが本当に難しいんですよね…。

もし『退職理由どうしよう…』って感じる人は下記記事で詳しく解説しています。例文など記載しているので参考になるはずです。

④上司と会社側へ転職の意向を伝える

理想は転職先が見つかった段階で伝えるのがベストです。

今の職場が仕事が見つかるまで働かせてくれる優しい職場なら決まる前に伝えるべきです。職場が理解してくれている場合、非常に動きやすくなります。

一つ注意点は事前に『就業規則』だけは確認しておきましょう。その中に退職についての内容が必ず記載しています。

『退職の何か月前には伝えること』のような内容です。

退職理由について

退職の意思を伝える場合に『なんて言えばいいんだろう』と考える人がいます。

僕の意見は『素直に伝えればいい』です。但し、個人の文句を言ったり、会社への不満をぶつけるようなことはしない方が絶対にいいです。

可能な限り、円満退職を目指すべきです。

あまり嘘はよくないですが、どうしても言いにくい場合はタテマエの理由を作ってしまいましょう。

例えば、

  • やりたい職業がある
  • 知り合いの会社を手伝う
  • 結婚や家庭の事情など

タテマエの理由を言う場合は自分の伝えやすい内容を考えて伝えるが一番いいです。

ホンネを言うにしても、タテマエの理由にするにしても、可能であれば転職先が決まってからがベストです。

⑤入社日と退職日を調整する

退職の意向を伝えたら、次にするべきは退職日の調整です。

ここに関しては基本的に『就業規則』に書かれている内容に準じながら話を進めていく形になります。

その話し合いの中で引継ぎ期間も含めて退職日を決める流れになります。

僕の経験上は1ヶ月~3ヶ月ぐらいの間で退職日が落ち着きます。

決定後、転職先が決まっている場合は、転職先と入社日の相談という流れになります。

まだ仕事を決めていない場合は、本気で転職活動を継続する。この一点です。

仕事辞めたい時の不安をなくす方法は情報収集を徹底する

仕事を辞めたい時に感じる不安を少しでも無くすには情報を可能な限り集めることです。

不安になる原因は『情報不足』です。

下記は仕事を辞める時に感じる不安の一例です。

  • 面接時に何を聞かれるのかな
  • 応募したい企業はどんな会社なのかな
  • 履歴書や職務経歴書をどうやって書くべきだろう

どうでしょう?今、上記のような不安は感じていませんか?

ここでは、『応募先の内情』と『リアルな面接の情報』を可能な限り入手できる方法を紹介します。

応募する企業の内情を可能な限り集める

興味のある企業が見つかったら、まず初めにすることは『情報集め』です。

可能な限り必死で情報を集めましょう。

『仕事を辞めたい』と感じ行動に移した時点で終わりではない。むしろ辞めてからが本番です。

みんな絶対にブラック企業への入社は避けたいはずですよね?

では必死で情報集めを頑張って下さい。

やり方は2つです。

  • 企業口コミサイトを使う方法
  • 転職エージェントを使う方法

上記の2つがあります。

企業口コミサイトを使う方法

仕事を辞めたいと思い転職活動をするなら絶対に登録しておいた方が良いのは転職サイトです。

このサイトの特徴は『元従業員が企業の口コミ情報を書いている点』です。

何が優れているのかというと、企業の内情(年収、有給消化率、残業、職務内容、ノルマ)などの情報を入手できる可能性があるです。

全てが正しいというわけではないですが、元従業員による口コミというだけあって信憑性は高いと言えるでしょう。

やはり、会社を辞めるということは何かしらの不満があったからですよね?

その不満に感じた点を記載されているのは企業の内情を知るうえで非常に役に立つのは言うまでもないはずです。

転職エージェントを使う方法

主張:
次は転職エージェントを使用する方法です。
転職エージェントはこれから転職をする人は基本的に使用した方が良いと僕としては感じています。

その理由は下記に記載するメリット・デメリットを確認し判断してみて下さい。

メリット
  • 完全無料
  • 書類選考に通りやすくなる
  • 面倒なスケジュール調整を転職エージェントがしてくれる
  • 転職成功の可能性があがる
  • 面接、入社時期などのスケジュールを代わりに打ち合わせしてくれる
  • 企業の内部事情を入手できることもある(ブラック企業対策ができる)
  • 転職のことを何でも聞ける
  • 履歴書や職務経歴書の書類添削をしアドバイスをくれる
デメリット
  • マイペースで転職活動しにくくなることもある
  • 自分の判断で求人情報に応募できない
  • 転職サイトのように気になったら即応募ができない
  • エージェントの質にもよりサービスの満足度が変わる

これらのメリット・デメリットを考えて使うかを判断してみて下さい。

これだけのメリットがあり、完全無料でサービスを受けれる。

はっきり言って『使わな損』っていう奴です。

仕事を辞めたい人のほとんどの方が利用するサービスですね。

下記に有名どころ3社の転職エージェントについて解説した記事をを紹介しておきます。

転職を成功させるために上手く活用して下さいね。

面接に不安があるなら実践してみたら勉強になる。

転職で一番ドキドキするのが面接ですね。

『何を聞かれるのだろう…』と考えて不安になる一方です。

でも、面接も実はなれで何回か面接に落とされてくると感覚的に聞かれる内容で多いものが理解できてきたりします。

なので、面接に不安があるなら、転職エージェントに聞くのもありですが、僕としては実践してみることをオススメします。

やり方としては、まず行きたい業種の求人をピックアップします。その中で条件が非常に悪い求人企業を集め片っ端から応募するです。

書類を提出し、書類選考に受かったら面接を受ける。

そうすると、面接の感覚をつかんでいくことが可能ですよね?

ただ、適当に面接を受けると意味がないので自分なりに面接を振り返り勉強を重ねます。

例えば、

  • トークの組み立て方
  • 質問内容で相手の反応が悪いものと良いものを分ける
  • 残業や休日の質問をした時の相手の反応

などです。

これを数回繰り返すと面接なれしてくるので、『大丈夫そうだな』と自分で少し自信が持てたら、本番の求人情報にどんどん応募するやり方をすれば、面接対策を自分で磨いていくこともできます。

面接に不安を感じる人は、ぜひ試してみて欲しいです。

『仕事辞めたい』絶対にダメな危険な行動:まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

仕事を辞めたい時に感じる不安は軽減されたでしょうか?

転職を成功させるためには『失敗の可能性』をどれだけ減らせるかがポイントです。

『仕事を辞めたい』という気持ちは、追い込まれれば追い込まれるほどに強くなります。

そして、仕事を辞めたいと考えている人の行動を『危険な方向へ導く』作用を働かせます。

その結果、待ち受けるのが『転職失敗』です。

失敗を回避するには、危険な行動をさけ、リスクを最大限無くす行動をすることです。

本書では、それらのヒントを全て記しました。

迷った時は再度読み返して『転職成功』をつかみ取って欲しいです。

最後に転職サイトどこがいいの?と感じる人は下記を参考にして下さい。

独自視点から絶対に使うべき転職サイトをランキング形式でまとめた記事になります。

最新情報をチェックしよう!