仕事辞めたいけど甘えかな?と感じるときの判断基準を徹底解説します。

仕事辞めたいは甘え?判断基準とリスクを減らす行動について徹底解説!

『入社すぐだけと仕事を辞めたい…甘えなのかな?』

『人間関係が最悪で仕事を辞めたいと考えてるけど甘えなのかな?』

『本当はやりたい仕事があるけど、今辞めると甘えと言われないだろうか?』

『面接での退職理由は何て言えばいいんだろう?』

これらの悩みについて判断基準を示すために本記事があります。

  • 本記事で得られるものは甘えと思われる判断基準だけではなく、『おすすめの転職方法』や『面接時の退職理由対策』などについても詳しく解説しています。

大切なのは『面接時にどう思われるか』です。

結論から言うと退職理由が完璧なら、どんな理由で会社を辞めたいと感じる場合でも甘えと思われることはありません。

  • 最後の章では、ネガティブな理由で辞めた場合でも甘えと捉えられない退職理由を簡単に書ける型(フォーマット)などについても紹介していきます。

きっと『仕事を辞めたいけど甘えなのかな?』と悩んでいる気持ちが楽になるはずです。

仕事辞めたいけど甘えかな?判断基準を解説

仕事辞めたいけど甘えかな?の判断基準を解説しています。

仕事辞めたいけど甘えなのか?周りから見て甘えと思われるのではないか?

そう感じ仕事を辞めたいと思いながらも転職に踏み出せない人がいます。

この章では、『仕事を辞めたいと感じるのは甘えなのかな?』と不安に感じながら動き出せない人のために、『甘えに見られないパターン』と『甘えに見られるパターン』について徹底解説したいと思います。

  1. 仕事辞めたい場合甘えと見られるパターン
  2. 仕事辞めたい場合に甘えと見られないパターン
  3. 甘えではない即仕事を辞めた方がいいパターン

上記の内容について解説していきます。

仕事辞めたい場合『甘えと見られる』パターン

トシオ
まずは『仕事辞めたい場合に甘え』と見られてしまうパターンについて説明します。

正直、『それは甘えだ!』というような判断基準は存在しません。

人それぞれの判断基準で『あいつは甘えている』『すぐ逃げる奴だ』などは決められていることは理解しておいて下さい。

つまり、Aさんにとっては『甘え』でも、Bさんにとっては『甘えではない』と判断される可能性はあるということです。

仕事を辞めた場合、起業しない限りは必ず再就職をしますよね?つまり面接があります。

なので、『周りの目』よりも『面接官の目』を気にして判断するようにしましょう。

このように話すと『自分の理由では…』と考えた人もいるかもですね。

そこは安心して下さい。ネガティブな退職理由でも再就職は全然大丈夫です。僕は2回、短期離職を経験済みです。

『甘えてる奴だ』と思われる理由の場合は退職理由をポジティブに変換しながら回答することで面接に合格することもできます。

その部分については、第三章で説明します。

それでは、今から甘えと捉えられてしまう可能性のある理由を紹介していきます。

新卒入社で数ヶ月で仕事辞めたいと感じる場合

新卒で入社してすぐに仕事を辞めた場合は甘えと捉えられる可能性があります。

少し面接官側からの話をさせて頂きます。

仕事を辞めたいと感じる理由は、さまざまなものがあると思います。

例えば、

  • 人間関係
  • 仕事が楽しくない
  • 社風が苦手
  • 労働条件が最悪

上記の内容意外にも本当に多くあるでしょう。

これらの理由が悪い訳ではないのですが、『新卒で入社間もない』のが甘えと捉えられてしまうのです。

なぜなら、面接官側からすると『右も左もわからない状態の人間に仕事の苦しみや楽しみの』何がわかるの?です。

どうしても印象は悪くなるのです。

ただ、勘違いをしてはいけないのは、転職ができないという意味ではないです。

甘えと捉えられて転職のハードルは上がりますよ。ということです。

新卒入社の年齢だと『第二新卒』扱いになるので、面接では非常に有利になります。

例え、早期離職になった場合でも転職先は必ず見つけることは可能です。

その点は焦らずにじっくり取り組めばいいです。

ただ、『やりたい仕事』が明確にある場合は『在職中の転職活動がオススメ』です。

理由は、転職活動が長引く可能性があるためです。

特に『やりたい仕事がない』場合は仕事を辞めてもいいでしょうが、転職の準備だけは完璧にしておいた方がいいです。

この在職中の転職活動については第二章で説明します。

ただ、新卒で辞めたい場合には『するべき大切なポイント』が多くあります。

それらをしっかりと抑えとかないと再転職なんて最悪な結果にもなりかねません。

それらのポイントを詳しく説明しているのが、下記記事になりますので新卒で仕事を辞めたいと考えている人は読んで損はないですよ。

理由がないケース『ただ仕事を辞めたい』などは甘えに見られる

理由がなく、ただ仕事を辞めたいと考える場合は甘えと捉えられることが多いです。

理由がない状態で仕事を辞めた場合、『仕事から逃げた』と周囲の人間は通常であれば考えるはずです。

例えば、このように考えられることが多いでしょう。

  • 仕事から逃げた
  • すぐに挫折する
  • 精神的に弱い
  • また次の仕事でも辞める
  • 甘えている奴だ

通常であれば、このように捉えられるはずです。

でも、『仕事を辞めたい』と感じてしまう気持ちって一度溢れ出ると押さえられないですよね?

本当に毎日が苦痛。

『辞めたい、辞めたい、辞めたい…』感情を上手くコントロールできない状態になってしまいます。

でも、この『仕事を辞めたい』という感情を無理に抑えるとパンクするのでNGです。

じゃあ、どうすれば『甘え』と捉えられずに仕事を辞めることが可能なのでしょうか?

甘えと捉えられられない対策方法

対策方法は甘えと捉えられないように理由を作るです。

『ただ仕事を辞めたい』というだけでも、私としては立派な退職理由です。

でも、世間一般では甘えと捉えられ転職活動のときに悪影響となります。

なので、仕事を辞めたいと考えるなら自己分析をして辞めたい理由を確認する。

その後に退職理由を考えるという流れです。

まずは、下記記事を参考に自分が辞めたい理由を考えてみてください退職理由についても解説しています。

努力もせず逃げ出す場合は甘えと見られる

極端な例ですが、入社して一週間で自分には仕事が合わないと言った場合には甘えと言われます。

少しの努力もせずに『合わないから辞めたい』では誰が見ても『甘え』と捉えられてしまうことでしょう。

周囲の反応を言葉にすると『何しに入社したの?もう少し頑張ってみろよ…』と必ずなるはずです。

入社間もない時期に感じる不安は下記のようなものがあります。

  1. 仕事が覚えられない
  2. 周りのスピードについていけない
  3. 失敗ばかりしてしまう
  4. 人間関係になじめない
  5. 仕事に対する不安やプレッシャーがある

これらの不安があることで、『自分には仕事が合わないな…』と感じてしまいます。

上記理由で辞めたいと感じることがダメと言っているのではありません。

入社すぐということが甘えと感じられるのです。

やはり1年程、せめて半年ぐらいは努力してみるべきです。

例外の人

ただ、例外の人がいます。

  1. 精神的にパンク寸前(自分で限界を感じる人)
  2. 甘えと言われても辞めたいという強い気持ちがある人

上記に当てはまる人は入社すぐでも例外です。

①の人は当然辞めるべきです。(体を壊してまで働く必要なし)

②の人は覚悟を持って辞めるべきです。

もっとも最低なパターンは『こんな苦労するとは思わなかった』と考えることです。

入社すぐに辞める場合でも再就職できないことはない。

努力さえすれば就職先は必ず見つかります。

ただ、苦労は必ずします。

周囲(次の転職先)に甘えと感じられる覚悟を持って辞めるようにしましょう。

覚悟を持って辞める決意を固めた人は下記記事も一緒に読んで損なしですよ。

仕事辞めたい場合に『甘えと見られない』パターン

トシオ
ここからは仕事を辞めたいときに『甘えと見られない』パターンの説明をしていきます。

今から紹介する甘えと見られないパターン一覧です。

  1. 仕事の人間関係が限界で辞めたい
  2. やりたい仕事があるので辞めたい
  3. 事業または会社の将来が不安で仕事を辞めたい
  4. 違う仕事をやってみたくて仕事を辞めたい

上記の4つをこれから説明していきます。

仕事の人間関係が限界で辞めたい場合は甘えではない

仕事の人間関係に限界を感じており仕事を辞めたいと考えている。

このような理由の場合は『甘えではない』です。

特に体に何かしらの症状が出てしまっている場合は注意した方がいい。

  • 毎日なぜか涙が出てしまう
  • 朝起きたら吐き気がする
  • 休みの日にリラックスできない
  • 嫌いな人が頭から離れない
  • 毎日眠れない…
  • 何も楽しいと感じなくなっている
  • ずっと憂鬱な気分が続いている

上記の症状を少しでも感じ始めているなら迷わずに辞めた方がいいです。

あなたのことを理解していない人間は『甘えてはダメ』と言う人もいるかもですが気にしなくていいです。

もし、あなたが本当に病んでしまい何もできない状態になっても『甘え』と言っている人に限って助けてくれません。

これらを含め、人間関係で辞めたいと感じるときの特徴や対策方法、転職先で悩まない方法をなどを詳しく解説した記事を用意してます。

人間関係が原因で辞めたいと感じる人は参考にして下さい。

やりたい仕事があるので辞めたい場合は甘えではない

やりたいことがある場合は甘えではない。

素直に辞めたらいいです。

やりたい仕事がある場合、迷う必要がないです。

よくある悩みの例をあげておきます。

  • 現在進めているプロジェクトがある(長期)
  • 現職場でリーダー的な立ち位置で後輩や部下に気をつかってしまう

これらの理由で悩み『途中で抜け出すのは甘えかな?』と考える人がいます。

周りの人達に気を使い思いやりのある良い人なのですが、自分のことにも目を向けるべきです。

しっかりと現実と照らし合わせ、自分にとってのメリット・デメリットを考えて辞める決断をして欲しいです。

時間は有限で待ってはくれません。

年齢が重なると『やりたいこともデキなくなる可能性がある』ことだけは忘れないようにしましょう。

自ら転職のチャンスを無くしてしまう、、、そんなのもったいないですよ。

事業または会社の将来が不安で仕事を辞めたい場合

事業または会社の将来が不安で辞めたい場合は甘えている?

結論から言うと甘えではないです。

将来性などを考えて不安になるのは真剣に自分の未来を考えている証拠です。

今の仕事の、どの部分に対して不安を頂き辞めたいと考えているのかを明確に答えれるなら問題なしです。

やはり辞めたいと感じたときに気にすべきは面接です。

面接時に『どのように不安を感じ辞めたい』と感じたのかを完璧に答えれるなら、面接官も甘えとは捉えません。

中途半端な理由で辞める決断をしたときに『甘え』と思われるのです。

しっかりと自分の意見をまとめ、『会社の不安に感じた部分』を伝えれるようにしておきましょう。

違う仕事をやってみたいと感じ仕事を辞めたい場合

同じ仕事を続けていると『違う仕事をしたい』と感じるときがあります。

ポジティブな理由なので基本的には甘えと捉えられることは無いでしょう。

但し、気にすべきは面接です。

なぜ『違う仕事をしたい』と思ったのかに対する理由付けを本気で考えて下さい。

どんな理由で辞めた場合でも、この理由付けを完璧にできれば甘えと捉えられることはありません。

逆にポジティブで素晴らしい理由で辞めた場合でも、理由付けが最悪だと面接官としては甘えと捉えます。

違う仕事をやってみたいと考えた理由を明確に答える。

そうすれば甘えという印象を与えることはありません。

辞めたい理由を『甘え』と判断するかは面接官です

最終的に、あなたの仕事を辞めたい理由を『甘え』と結論付けるのは面接官です。

これまで『甘えと捉えられるパターン』、『甘えと捉えられないパターン』を紹介してきました。

但し、極論を言うと面接官が甘えと判断しなければ、どんな時期や理由で辞めたとしても甘えにはなりません。

心配すべきは『再就職できるのか?』の一点です。

面接官に甘えと捉えさせなければ甘えにはならないのです。

その理由付けを真剣に考えるのが『仕事を辞めたい』と考えている人がするべきことです。

後は絶対にダメな行動だけを避けて行動する。

これだけで転職に失敗する可能性を格段に下げることが可能です。

その全てを下記記事にまとめましたので時間が許す人は参考にしてみて下さい。

甘えと言われても仕事を辞めたい人は在職中に転職活動がおすすめ!

甘えと言われても仕事を辞めたいと感じる人にオススメの転職サイトを紹介します。

トシオ
仕事を辞めたい本気でそう思う人は在職中に転職活動をするのがオススメです。

特に年齢が高い人ほど、在職中に転職活動をするのは効果的です。

この章では『なぜ在職中の転職がいいのか』について説明したいと思います。

いきなり仕事を辞めるのはNG

『仕事を辞めたい』と考えて即退職の意向を伝えてしまう人がいます。

間違ってはいないのですが、考えなしに行動するのはダメです。

順序を考えて行動しないと失敗の可能性をあげてしまうだけです。

まずはデメリットを考えて行動することが大切です。

例えば、このようなデメリットがあります。

  1. 仕事が見つからない
  2. 生活資金が苦しくなる
  3. 家族に迷惑をかけてしまう
  4. 余裕がなくなり判断が鈍る
  5. 最悪の場合は転職に失敗する

仕事を辞めた場合は、これらの不安要素が必ず付きまといます。

親のもとで生活している場合は、生活資金的には問題がないかもしれませんが、一人暮らしの人はそうはいきません。

転職活動を始めてから内定をもらうまでの平均期間は2~3カ月ほどです。

余裕を持つなら6カ月分ぐらいの生活資金は必要になります。

余裕を持てることが転職活動では非常に重要で、余裕がなくなると、内定さえもらえればいい。

どこでもいいから就職したいという状態になります。

その結果は言うまでもなく『再転職』です。

なので、在職中に転職先を決めてしまうのがベスト。

特に年齢が高い人はです。

仕事を辞めたいと感じても即辞めるのだけは注意して下さい。

甘えと判断される理由では転職難易度が上がるかも

甘えと判断される可能性の高い退職理由では転職のハードルが高くなる可能性があります。

なので、仕事を辞めたいと感じる理由については真剣に考えて下さい。

特に短期間で離職する場合は注意が必要です。

面接官は必ずマイナスイメージからあなたを判断しに行きます。

採用側が気にするのは『また同じ理由で辞めないか?』です。

そのイメージを覆すだけの理由をぶつけ、あなたを雇うメリットを全力でプレゼンすることが大切です。

甘えと判断される可能性があるなら在職中に仕事を決めるが鉄則

基本としてはリスクを無くすために在職中に転職活動をする方がいいです。

但し、どうしても在職中に転職ができない人はせめて完璧に準備を整えてから辞めるようにしましょう。

転職の準備には下記のようなものがあります。

  1. 転職サイトに登録
  2. 転職エージェントに登録
  3. 履歴書や職務経歴書の準備
  4. 行きたい業種や職種を決める
  5. 甘えと思われない退職理由を考える
  6. 情報収集する

在職中に転職活動ができない場合、これくらいは完璧に終わらせてから退職するようにしましょう。

退職を伝える直前に数社応募できるくらいの準備を整えてから辞めるのがベストですね。

また、退職を伝えてから1か月ぐらいは引継ぎ期間などもあることでしょう。

その間に転職先を決めてしまうぐらいの勢いで全力を注いでください。

可能であれば在職中に転職先を見つける。

年齢が30代後半になる人は本当に慎重に進めて行きましょう。

その第一歩は、転職サイトの登録からです。

どこに登録すればいい?と迷う方も多いところなので、下記記事を用意しました。

独自の視点から超厳選した転職サイトをランキング形式で1位~3位まで紹介していますので参考にして下さい。

仕事辞めたい理由が甘えと判断されない退職理由!

甘えと捉えられないための仕事を辞めたい理由の作り方を説明します。

あなたの仕事を辞めたい理由に対し『甘え』と判断されないために退職理由を考える必要があります。

この章では面接時に必要な退職理由について解説していきます。

面接時に『甘え』と判断されない退職理由

面接次第で必ず聞かれる『退職理由』を上手くアピールできれば『甘え』と判断されません。

逆に言えば、どんな正当な理由で仕事を辞めたいと考えた場合でもアピールが悪すぎると甘えと判断されてしまうということです。

今から、退職理由を聞かれたときに『甘え』と捉えられないように大切なポイント3つを紹介します。

①理由は素直に伝える。但し、ポジティブ変換は大事

『退職理由は何て言えばいいの?』

ネガティブな理由で辞めた場合、どうしても面接で言いにくいと考えてしまうものです。

例えば、このような理由は面接で伝えにくいものです。

  1. 仕事が自分に合ってないと感じた
  2. 人間関係の悩み
  3. 入社すぐに退職

まず面接官がネガティブな理由で見極めたい部分は『また同じ結果にならないか?』です。

上記の①、②に関しては、理由を素直に伝えながら『自分がこれまで悩みに対してどう対処し、これからはどうしたいのか』をアピールしましょう。

何の経緯もなしにネガティブな理由を伝えるだけで終わると甘えと捉えられ終わりです。

③に関しては、素直に理由を伝え、『なぜ入社すぐに辞めたいと考えたのか』を説明します。

あまり言い訳っぽくなるとマイナスに見られてしまうのでシンプルに要点を絞り伝える方がいいです。

あなたが面接官ならと考えて下さい。

言い訳をダラダラと伝えられると全てが嘘っぽく見えてしまい、また辞めそうだなと考えてしまうはずです。

その後で、『これからどうしたいのか』『あなたを雇うメリット』をアピールしましょう。

入社すぐに退職した場合の面接での注意点をまとめておきます。

  • シンプルに素直に伝える
  • ダラダラ言い訳をしない
  • 転職先で『何をしたいのか』
  • あなたを雇うメリット(実績ではない)

上記内容はしっかりと抑えて面接に挑むことは大切です。

②志望動機への導線を引く

上記で辞めたいと考えた理由を伝えたときに志望動機へと繋がる流れでアピールすると話の流れを作るうえで楽になります。

『仕事が合っていない』で辞めたいときの例をあげてみます。

  • 仕事が合っていないと感じながら努力をして(どんな努力をしたのかを具体的に)きましたが、限界を感じ、部署移動を会社に希望したが受け入れられませんでした。そのため、転職することを決意致しました。求人要項を確認した際に希望条件にあったのが御社で応募を決意…(自分を雇うメリットに繋げていく)

まずは型にはめて文章を構成すると繋げやすいです。

下記の①~⑥の順番で退職理由を考えみると楽に考えていけるはずです。

  1. 辞めたい理由
  2. 悩みに対して努力したこと(なければ最悪作る)
  3. 改善できなかったので転職
  4. 希望条件に合った企業が応募する企業
  5. あなたを雇うメリット(実績ではない)
  6. 実績があれば一緒にアピール

悩みに対して努力したことは、ポジティブに捉えて貰う為には必須です。

入社すぐの場合などは無いことが多いので、最悪は作ってしまう。

キレイごとだけでは転職を成功させるのは難しいので内定を勝ち取るために戦略は必要です。

③あなたを雇うメリットの提示

面接でアピールする必要があるのはメリットです。

募集をかけている企業は、なぜ面接するのかを理解してください。

答えは『あなたを雇うことで会社にメリットがあるのか』を判断するためですね。

一点だけ注意点があります。

  • メリットは実績ではなく『あなたを雇うことで得られる恩恵』です。

よく勘違いされる人がいますので注意が必要です。

実績をアピールするのは良いことですが、真にアピールするのはメリットです。

これだけは覚えておいて下さい。

実績はあくまでも、あなたが前職場でやってきたことです。

アピールして損することはないので、話せる実績があれば、ぜひ面接でアピールした方がいいです。

ただ、企業が知りたいのは、あなたを雇うメリットということを理解しておいて下さいね。

退職理由は油断禁物!

仕事を辞めたいと感じるなら後々の面接に備えて油断せずに退職理由は考えておいて下さい。

退職理由のでき次第で『甘え』と捉えられこともあれば、『甘え』と捉えられないこともあります。

それくらい、面接時にはインパクトのある部分です。

なぜ面接するのか、企業側の意図を理解しましょう。

『すぐに辞めないか?雇うメリットはあるか?』を見極めるためです。

これに気づけたら全力で退職理由を考えて下さいね。

ここまで退職理由について話をしてきました。

それでは少し不安を感じる人もいることでしょう。

そのような人は下記記事を参考にしてみて下さい。

仕事が合わないという理由で辞めることを想定して書いてますが、退職理由について例文付きで解説しています。

退職理由について、不安がある人は参考になるはずです。

仕事辞めたいは甘え?|まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

どうでしょうか?

読み始める前と比べて『仕事を辞めたいけど甘えかな?』という不安はマシになったのではないでしょうか?

最終的に転職するときに甘えと捉えられなければ、どんな理由で辞めたとしてもOKです。

あなたが仕事を辞めたいと感じることに間違いというものは存在しません。

ただ、面接では判定する人物がいますので、本書で紹介した退職理由について対策などをじっくりと考え挑んで欲しいです。

最後に転職するときに役に立つおすすめの転職サイトを紹介しておきますので参考にしてみて下さい。

仕事辞めたいけど甘えかな?と感じるときの判断基準を徹底解説します。
最新情報をチェックしよう!