仕事を辞めたい時の不安を徹底解説していく記事となります。

仕事辞めたい時の不安で動けないを消すパターン別解決法【限定公開】

『仕事を辞めたいけど不安で動けない・・・』

『自分の年齢30代手前だけど本当に転職先見つかるかな?』

『家庭持ちで子供もいる。転職して年収だけは下げたくない・・・』

『仕事を辞めて自分の希望する条件の求人がなければどうしよう・・・』

仕事辞めたい時の不安を
本気で解決するための記事です
トシオ
仕事を辞めたい時って、さまざまな『 不安 』が心の底から沸きあがり行動できなくなりますよね。

本記事では『 よくある辞めたい時の不安をパターン別に 徹底解説』していきます。

下記目次より、あなたの感じている悩みがあれば、その部分から読んでみて下さい。

仕事辞めたい時の不安を消すパターン別解決法

仕事を辞めたい時に感じる不安を消すためにパターン別の解決方法を紹介していきます。トシオ
本当に仕事を辞めたい。そう考える人は少なくありません。ただ、『仕事を辞める時に感じる不安』で動けない人がなかにはいます。その不安を解消するため、この章ではパターン別の不安解消法を徹底解説していきます。

仕事を辞めたい時に基本的にみんなが不安に感じます。

あなたも『仕事辞めたい。でも…』と不安に感じていますよね?

本当に仕事を辞めたいと感じるなら、まずはその不安を解消していくことが近道です。

この章では、辞めたい時に感じる不安で代表されるもの10個紹介します。

また、この章の最後には『仕事を辞めたい時に絶対にしてはいけない行動』についても解説します。

仕事辞めたいけど年齢的に転職できるか不安

仕事を辞めたい時に感じる『年齢』への不安について解説します。トシオ
仕事を辞めたいと感じる人のほとんどが抱える不安が『年齢』です。実は20代の人でも多くの方が『年齢に不安を感じる』とアンケート調査で回答しています。

年齢に対する不安の傾向は言うまでもないですが、『年齢が高くなるにつれて』多くなります。

特に35歳以上になると、急激に求人案件が減ります。

だからと言って40代・50代の方は仕事が見つからないのか?と言われるとそのようなことはありません。

解決方法

  1. 今以上に年齢をあげない
  2. 30代以降の人は在職中の転職活動

本当に仕事を辞めたいと考えている人は『年齢をこれ以上あげない』ことは意識して欲しいです。

不安で動けない気持ちは痛いほど理解できます。

だからこそ、もっと不安にならないために仕事を辞めたいなら早く行動しましょう。

当たり前ですが、29歳と30歳では面接官に与えるインパクトは全然違います。

【 30代以降の人の注意点 】

30代以降の人は可能な限り、仕事をしながらの転職活動が望ましいです。

仕事を見つけることは可能なのですが、『長期化する可能性』があるためです。

長期化すると経済的なダメージは非常に大きいです。

その点に関しては、しっかりと把握しておいてください。

年収が下がるのではないか?という不安

仕事を辞めたい時に発生する年収が下がるのではと感じてしまう不安について解説します。トシオ
年収の減少は転職する人にとって重大問題です。特に家庭持ちの人は『家族を食べさせるため』『子供の習い事の費用』など、さまざまな『下げれない理由』があります。

転職時の年収への不安は基本的に皆が感じます。

要因としては下記のようなもんがありますね。

  1. こどもの学費
  2. こどもの習い事
  3. 家のローン
  4. 車のローン
  5. 保険料
  6. 生活水準を下げたくない

このように、さまざまな理由があります。

特に家庭持ちの人には死活問題にもなりかねません。

不安になるのは当然ですね。

解決方法

年収を下げたくない人は基本的に在職中の転職活動がいいです。

理由は下記です。

  1. 余裕が持てる
  2. 年収交渉がしやすい
  3. 面接に落ちても焦らない

年収をあげるうえで大切なポイントは求人側と同等の位置で交渉する余裕があるかないかです。

非常に大切な部分ですので、年収をあげたいなら抑えておいて下さい。

仕事を辞めた場合、どうしても『雇って下さい』という状態になり、交渉に持ち込みにくいです。

なので、仕事をしながらの転職活動がオススメです。

年収をあげたいならリクルートエージェントを利用するのも非常に有効的です。

なぜリクルートエージェントがいいのかの証拠は下記です。

仕事を辞めたい時に感じる年収問題。リクルートエージェントを利用することで解消できる可能性があるデータを紹介します。

出典:リクルートエージェント

上記データはリクルートエージェントが正式に発表しているものです。

年収のアップ率が62.7%と驚異的な数値が見て理解できるのではないでしょうか?

『年収を下げたくない』と強く願うなら『利用しない選択』はないですよね?

もっと詳しくリクルートエージェントについて知りたい人は下記記事で徹底解説しています。

自分の希望する求人があるのかな?

トシオ
自分の希望する求人が見つかるのか不安に感じて動けない人がいます。これに関しては進みたい職種や条件にもより対策が違います。

例えば、

  • 営業職
  • IT系(エンジニア)

上記のような職種は求人募集が、かなりの数存在します。

つまり、見つけやすい職種です。

特にこだわりのある条件(日曜日が休み。残業が少なめ。)などがなければ正直、仕事を辞めてからでも大丈夫でしょう。

ただ、こだわりの条件がある場合は注意が必要です。

簡単に仕事を辞めて求人を探すと見つからないなんて事態にもなりかねません。

解決方法

自分の行きたい業種や条件が明確な人は『在職中の転職活動』一択だと思います。

理由としては下記があげられます。

  1. 条件にあう企業に出会うの可能性が低い
  2. 転職活動が長期戦になる可能性が高い
  3. 長期戦の場合に経済的に苦しくなる
  4. 仕事を辞めてしまうと余裕がなくなる
  5. 辞めた場合、焦りから転職失敗の可能性があがる

仕事を辞めたい時には、あなたが思う希望条件を整理し、どのように行動するかを判断しましょう。

適当に行動すると『失敗』しか待っていません。

面接でアピールポイントがなくて不安

仕事辞めたい時に抱える不安で『アピールポイント』がなさすぎる悩みがあります。そこを詳しく解説していきます。トシオ
面接のアピールポイントがない。実績がない。仕事を辞めたい時に感じる不安に多い理由の一つです。

特に20代の人に多い悩みです。

社会人になって働きだした経験のなさから控え目に考えてしまう人が多いです。

考え方としては間違いです。

企業が見るポイントは『あなたを雇うメリット』です。

これを提示できるかどうかです。

解決方法

アピールポイントの見つけ方を考えましょう。

企業が知りたいのは『あなたを雇うメリット』です。

まずは、あなた自身の整理をしましょう。

  1. できること(得意)
  2. できないこと(苦手)
  3. 実績のある・なし
  4. 失敗談

ここだけは絞り出して必死で考えて下さい。

絶対に『一つもないことはない』はずです。

一番簡単なのは失敗したことですね。

失敗したことから、『チャレンジした』『改善方法を考えて実施』『対策を考えるまでの流れ』これら全てアピールポイントにできます。

もっと詳しくアピールのヒントを知りたい方は下記記事を読んでみて下さい。

新しい職場の人間関係に馴染めるのか不安

仕事を辞めたい時に感じる不安で『新しい職場に馴染めるのか?』について解説していきます。トシオ
新しい職場に馴染めるかで転職後の人生が大きく左右される部分です。

不安でたまらない部分ですよね?

あなたも悩まれている部分ではないでしょうか?

この部分に関しては『運的な要素』もあります。

でも、全てではない。

あなたの対応次第で新しい職場での人間関係を良好にすることは可能です。

解決方法

ポイントは『あなたの態度』です。

人間関係を良好にするには『あなたの態度』が非常に重要です。

新しい職場での人間関係に対して不安を感じるなら、あなたの態度は気にしておいて下さい。

はじめの印象が最悪になってしまったらズルズルと最悪な印象を引きずってしまいます。

当たり前のことしか無いですが、最低限下記のことは意識しましょう。

  • 元気に挨拶
  • 笑顔
  • 受け答えはハキハキする
  • はじめから言い訳ばかりしない
  • プライドは捨てる(年下にタメ口など)
  • 教えて貰ったら(ありがとう)そして素直に実行

職場に馴染めるのか不安に感じるなら、このような誰でもできることは必ずしましょう。

人間関係を良好にできれば、仕事を覚えるなどは時間が解決してくれます。

それでも、どうしても不安に感じる人は下記記事を読んで下さい。

人間関係を良好にするヒントを記載しています。

家庭持ちで経済的な金銭面での不安

トシオ
仕事を辞めたい時に不安に感じる要因の一つでもあるのが『経済的な金銭面』での不安です。年収の話ではなく、辞めた時の生活資金の話です。

転職先を見つけずに仕事を辞めた場合のデメリットは下記です。

  1. 生活資金が途絶える
  2. 転職活動の長期化もあり得る
  3. 焦りが生まれる

実家暮らしで親に頼れる人以外は別として生活資金は重要です。

特に家庭持ちの人にとっては本当に不安になる要素でしょう。

解決方法

金銭面に不安があるけど、本当に仕事を辞めたいと感じる人は『在職中の転職活動』が絶対に良いです。

資金が苦しくなることが明白であれば尚更です。

生活資金が苦しくなれば焦ります。焦りが出だすと転職活動は、高確率で失敗します。

焦ると『なんでもいいから働きたい』に心が切り替わります。

そうなると失敗は確実です。

生活資金に不安を感じる人はどんな手を使っても『仕事をしながらの転職活動』がいいです。

転職活動に必要な期間はどれくらい?

仕事を辞めたい時に感じる不安に転職活動期間があります。そのことについて説明します。トシオ
仕事を辞めたい時『転職活動期間』はどれくらい見とけばいいんだろう?と不安になりますよね。

転職活動期間の平均は2~3カ月ぐらいと言われています。

ただ、平均値というだけで、実際はもっとかかる人もいます。

特に自分の希望条件を妥協したくない人は転職先を見つけるまでに1年ほど掛かる人もいます。

また年齢が高くなるにつれて仕事が見つかるまで時間が掛かる人もいます。

転職活動は長引くと不安要素が多くなるため、不利になります。

そのリスクを避けるために、可能であれば在職中の転職活動がいいかもしれませんね。

特に30代以降の人は、どのような形で転職活動をしていくのか慎重に判断するべきです。

これまでの経験やスキルが通用するのか不安

仕事を辞めたい時に感じる不安に、これまでの『経験やスキル』が通用するのかと不安に感じてしまうことがあります。この不安について説明していきます。トシオ
『今までの経験やスキルが通用するのだろうか・・・』職場が変わるとガラリと環境が変わるので不安になりますよね?

あなたが今まで頑張ってきた『経験』や『スキル』が無駄になることは絶対にありません。

ここではの活かし方と注意点の話をします。

仕事を辞めたい時は働く環境が変わるので『経験』や『スキル』が活かせないのでは?と不安でどうしようもないという人が多いです。

なぜ、このような不安が出てくるのでしょうか?

それは、

できないことに目を向けすぎるから。

人間不思議なことに『環境が変わる』となると、なぜか急に自分のできないことに目を向け始めます。

その結果、自分の経験やスキルは『通用しないのでは…』という状態になります。

解決方法

転職後の『経験』や『スキル』を気にするあまり失敗する人が多いので注意点を説明します。

30代以降になると『即戦力』を求められます。

このプレッシャーから良からぬ方向に進んでしまう人がいます。

その注意点はこれです。

先輩や上司の助言を聞かずに進んでしまう

最悪なのでこれだけはしない。

新しい会社には新しい会社のルールや仕事の進め方があります。

これさえ理解すれば、『経験』や『スキル』が通じるのか?と心配する必要性がありません。

仕事のやり方(新しい会社のルール)を先輩や上司が勝手に教えてくれるからです。

あなたが初めにやるべき仕事は、

  1. 『ありがとうございます』をしっかり伝える
  2. 返事を明るくする
  3. 2度同じことを言わせないようにメモ
  4. 笑顔
  5. 『うん、うん』と聞いてるよと相づちをする
  6. 報・連・相

新人は特別なことをする必要はなく『素直に話を聞く』これだけです。

職場環境に慣れてきてから、これまでの『経験』や『スキル』を活かせばいい。

これらをしないと『職場で孤立』『人間関係の悪化』などになるのです。

上司が怖くて仕事を辞めたいと言えない不安

トシオ
『上司が怖くてたまらない。』仕事を辞めたい時に感じる不安の一つに『上司に言えない』というものがあります。

怒るとき本気で怖い上司っていますよね?

あなたの上司は『めちゃくちゃ怖い…』と感じてしまう上司ではありませんか?

このような『めちゃくちゃ怖い上司』だと素直に辞めたいと言えないですよね。

その解決方法を紹介します。

解決方法

まず仕事を辞めたいと伝えるのには3パターンが存在します。

  1. 何も言わずに辞める(逃げ出す)
  2. 上司や経営者に自分で伝えに行く
  3. あなたの代わりに会社に退職の意向を伝えてもらう

この3パターンです。

【 ①のパターン解説 】

①はあなたの職歴に傷が付くので『絶対にしない方がいい』です。いくらパワハラ上司だったとしてもです。

【 ②のパターン解説 】

②の方法が一番理想的な方法です。ただ、ここに関しては『あなたの勇気次第』です。『怖い』という感情を押し殺して伝えに行けるかどうかによります。

【 ③のパターン解説 】

③は『怒鳴られる』『暴力』『暴言』のパワハラ上司の場合に有効。どうしても逃げてしまいたいぐらいに怖すぎる場合に利用することをオススメします。

①は論外で絶対に辞めましょう。

②は『あなたの勇気次第』本気で辞めたいなら行動しかない。

最後の③は『暴力的な上司』つまりパワハラ上司の場合、あなたの勇気なんてものを通用しません。

怖すぎて何もできない状態になるのが落ちですね。

そのような場合に有効的なのが、【 退職代行サービス 】です。

退職代行サービス特徴
EXIT即日対応可能で会社への連絡も不要。これまで退職できなかった人は0人です。
弁護士法人みやびの退職代行サービス弁護士事務所による退職代行サービスなので超安心です。有休消化・残業代などの未払い賃金・退職金 回収も代行してくれます。
退職代行Jobs顧問弁護士指導のもとで適正業務をされており、365日、24時間対応。会社連絡は不要で退職できない場合は『全額返金保証つき』

本当に追い込まれて、追い込まれて、上司が怖すぎて言い出せない…。

退職代行サービスは最近では非常り利用する人が増えているサービスです。

それだけ、あなたのように『上司が怖すぎて言い出せない…』という人が多いのです。

暴言や暴力を振るわれて怖すぎるという人は退職代行サービスも検討してみては如何でしょうか?

代行サービスは嫌だ自分の力で何とか解決方法を探りたい。という人は下記記事を参考にしてみて下さい。

面接で上手く話せるのか不安。

面接の不安。仕事を辞めたい時に想像するだけで不安でしかたないのが『面接』です。そこについて詳しく説明します。トシオ
仕事を辞めたい時に面接の不安はどうしても感じてしまいますよね。

ほとんどの人にとって面接は一生に数回しか経験しないイベントです。

あなたも学生時代に面接の練習をしたぐらいではないでしょうか?

『やり方を忘れた…』

『ぼんやり覚えているけど間違ってないかな?』

これらを解消する方法を紹介します。

解決方法

まず、面接対策は転職エージェントを利用すれば不安は解消できます。

なぜなら、転職エージェントでは、転職のプロが面接対策のアドバイスをしてくれます。

また、セミナーなどのサービスも充実しているので安心です。

それでも不安の人は、本番環境で練習するのが一番効果的です。

つまり、どういうことかと言うと『 進みたい業界の面接を受けてしまう 』ということです。

ただ、受かっても行かない会社だけに絞って下さいね。

これに関しては、練習したいという人だけが実施すればいいと思います。

ほとんどの人は『転職エージェント』を利用すれば面接対策や相談に乗ってくれるので不安を和らげることができるはずです。

ただ、面接の不安は絶対にゼロにはできないので、そこに関しては『良いプレッシャー』と感じて前向きにトライしましょう。

『退職理由が不安だ・・・』という人は下記記事で例文などをつけて解説してますので良かったらどうぞ。

仕事を辞めたい時に絶対にダメな行動ってあるの?

仕事を辞めたい時に絶対にしてはダメな行動を紹介します。これをすると不安しか訪れません。トシオ
仕事を辞めたい時に絶対にするな!という行動があります。これを間違えてしまうと『不安』しか残らない結果になります。

まずは、絶対にダメな行動を並べます。

  1. 何も考えずに辞めるな
  2. 感情的に退職するようなことはするな
  3. 自分の進むべき道が不明な状態では辞めるな
  4. 精神的に限界を超えているのに我慢して働くな

これらの行動をしてしまうと『 転職失敗 』の原因になってしまいます。

また、考えておいた方がいいこともあります。

  1. 仕事を辞める理由は?
  2. 感情的に行動しようとしていない?
  3. プラン計画はできてますか?
  4. 転職の準備は『 完璧 』ですか?
  5. 仕事を辞める流れを理解できてますか?
  6. 情報収集は徹底していますか?

仕事を辞めたい時には、しっかりと考えておいて欲しいことです。

みんな『転職に失敗したくない』と考えるのですが、肝心なことが抜ける傾向があります。

あなたは考えれていますか?

もし、『あんまり考えていないかも・・・』と言う人は考えておいて下さい。

上記であげた全てのことを下記記事で徹底解説しています。

不安がある人は目を通してみて損はないですよ。

転職の準備は早い方が失敗しにくい理由

トシオ
仕事を辞めたいと本気で考えているなら最優先すべきは『転職の準備』です。

なぜ転職の準備を早くにするべきなのでしょう?

それには理由があります。

  1. ブラック企業の見極めが可能
  2. 希望求人が出た場合に見逃さない
  3. 精神的な負担が軽くなる

ここでは上記3つを解説します。

ブラック企業の見極めが可能

トシオ
誰もがブラック企業には入りたくない…。と感じます。でも、なぜか準備だけは怠る。自ら失敗の原因を作っているようなものです。ここではブラック企業の見極め方法について説明します。

ブラック企業の見極めができるの?と感じる人もいるでしょう。

100%ではないです。

ただ、ブラック企業の特徴を知っていれば危険エリアの選別はできます。

例えば、

  1. 掲載期間が異常に長い
  2. 大量求人をかけている企業
  3. 求人要項が抽象的すぎる内容
  4. 給料額の幅が300万~700万など差がある

これらが見られる求人には注意が必要です。

①、②に関しては、予想できるように『離職率の高さ』が原因で常に掲載や大量求人に繋がります。

③は『アットホーム』や『やる気重視』、『成果主義』などは基本的に『ゴリゴリの厳しい仕事』の可能性が高いです。

➃は700万円の人は、その会社にほぼいません。

下手したらいない会社も存在するでしょう。

要するに『年収をあげれますよ』という餌をまいて釣りあげようとしているだけの企業が多いので注意しましょう。

ただ②~➃に関しては事前準備がなくてもブラック企業の判別は可能です。

ですが①に関しては一番ブラック臭を嗅ぎ分けやすいにも関わらず『ずっと転職サイトを見ないとわかない』ということがあります。

なので、早めの準備をすると『ブラック企業』の見極めにつながるのです。

希望求人が出た場合に見逃さない

仕事を辞めたい時にチャンスを逃すと不安と損しかないことを説明します。トシオ
行きたい業界がある人は事前準備は必須です。

チャンスというものは『一瞬で去る』これだけは覚えておいて損はないです。

あなたも『いい企業に入社したい』と思いますよね?

みんなも同じようにチャンスを伺い続けているのです。

そのような激戦の中『まだいいかな…』などと余裕な態度をとっている人がいれば間違いなく失敗します。

転職で失敗すると、『短期離職』『再度就活』という結果になり、今抱えている『不安』よりも遥かに怖い思いをします。

そうならないためにも事前準備をしっかりとしてチャンスに備えましょう。

余裕を持つのは、転職に成功した後です。

精神的な負担が軽くなる

事前準備は仕事を辞めたい時の精神的な負担を激減させることを説明していきます。トシオ
事前準備をすると、本格的に仕事を辞めたい気持ちになったとき精神的な負担が激減します。

いざ本格的に動くとなると精神的な負担は多くあります。

  1. 会社の上司に退職理由をどう伝えよう
  2. 面接対策はどうしよう
  3. 自分の希望条件にあう職場を見つけたい
  4. 履歴書は?
  5. 職務経歴書?

上記のような負担が全てが押し寄せてきます。

かなり大変です。

特に仕事をしながらの活動となると尚更です。

それを分散させる意味合いでも早めに準備だけは終わらせておく方がいいです。

あなた自身で精神的な負担をコントロールするような動きをすることが大切ですね。

絶対に必要な転職サイトを紹介

仕事を本気で辞めたいと感じる。最後の決断は自分次第ということを紹介していきます。トシオ
最後は準備の段階です。後は『あなた次第』です。

最後に転職活動を始めるための行動をするのは『あなた次第』です。

ここまで、さまざまな仕事を辞めたい時に感じる不安への対処方法を説明してきました。

後の『行動する・しない』は、あなたの気持ち次第です。

小さな勇気だして一歩を踏み出せば、今、あなたが本気で考えている『仕事を辞めたい』という現実を少しは変えることができます。

何もしなければ、現状は一つも変わりません。

今のままではダメとあなたが感じるなら、下記記事から転職サイトを選んでみて下さい。

超厳選した1~3位を全て理由付きで解説しています。

仕事辞めたい時の不安|まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

仕事を辞めたい時に感じる不安と少しは向き合えたでしょうか?

最後に伝えたいことは、

どんなに一生懸命に悩んだとしても『行動』しないと一歩も前には進まないことです。

今、あなたは『仕事を辞めたいけど不安で動けない』と心の中で悩み続けているはずです。

その苦しみから抜け出すには本当に行動しかないと理解してください。

後は本当にあなた次第です。

勇気を出して一歩進んでみて下さい。

仕事を辞めたい時の不安を徹底解説していく記事となります。
最新情報をチェックしよう!