仕事辞めたい。半年だけど大丈夫かな?の疑問を全て解決する記事です。

仕事辞めたい…半年のデメリットを吹き飛ばす【転職の秘訣あり】

『半年で仕事を辞めたい…』

辞めた人の末路をご存知でしょうか?

  1. 仕事が見つからない
  2. 生活資金が苦しくなる
  3. その結果焦ることに
  4. 転職失敗
  5. 再度転職活動を始める
これらは無知な行動の結果です
本記事では『 失敗しない秘訣 』を全て公開します
半年で仕事を辞めたい人に転職を成功させる秘訣を紹介していきます。トシオ
この記事を読むことで得られる知識です。
  1. 半年で仕事を辞めた場合でも『転職を成功させる秘訣』知ることができます。
  2. リスクを最大限無くしながら転職活動をする方法を知れます。
  3. 面接時の退職理由の考えかポイントを理解できます。
  4. 面接時の振る舞い方の重要ポイントを理解できます。
  5. 仕事をしながらでの転職活動を楽にする方法を理解できます。

これら全てを公開します。

『半年で仕事を辞めたい』と感じている人でも最大限リスクを減らしながら転職活動ができます。

また、『仕事見つかるかな?』という不安を完全消滅させる唯一の方法を紹介します。

仕事を半年で辞めたい場合に転職を成功させる秘訣を紹介

半年で仕事を辞めたい人に秘訣を6つ紹介します。トシオ
半年で仕事を辞めた場合、転職のことだけを考えたとき、あなたが得られるメリットは基本的にありません。それだけ『半年で仕事を辞めたい』と考えることは覚悟がいることです。但し、しっかりと対策を取ることにより転職を成功させることは可能です。その秘訣を、この章では紹介します。

半年で仕事を辞めて、転職を考えたとき、みんな不安に感じることがあります。

それは、『次の職場が見つかるかな…』です。

ほぼ全ての人が『転職先みつかるかな?』と不安に感じるのです。

あなたも『半年で仕事を辞めたいけど、転職できるかな?』と不安になっていませんか?

今から半年で仕事を辞めても『不安を感じず、しかも絶対に転職先が見つかる秘訣』を紹介していきます。

【 この章で得られる知識 】

  1. 仕事を辞めてからの後悔を無くす方法
  2. 自分に合う職種の見つけ方
  3. 仕事が見つからない不安を無くす唯一の方法
  4. 半年で辞めたときの悪い印象を減少させる方法
  5. 『半年で辞めた場合』の印象を変える面接時の振る舞い方
  6. 仕事を辞めたいときに絶対にしてはダメな行動の仕方

これらを意識するだけで、成功の可能性を飛躍させれます。

半年で仕事を辞めたい理由の明確化

半年で仕事を辞めたい場合、辞める理由は明確にしましょう。トシオ
半年で仕事を辞めたいと感じている理由を明確にしましょう。この理由が曖昧だと退職理由を考えるときにも苦労します。

実は転職した人の中に少なからず『仕事を辞めなければ良かった』と後悔する人がいます。

また、悩みを明確にする作業は後悔しないためだけでなく、面接時の退職理由を回答するときにも役に立ちます。

あなたにも『半年で仕事を辞めたい』と感じる理由があるはずです。

自分の辞めたいと感じる理由で仕事を辞めていいのかな?と不安に感じる人がいれば下記記事を参考にしてみると良いですよ。

厚生労働省が発表した『仕事を辞めた者の退職理由』で男女ともに10%を超える理由だけをピックアップしランキング形式にし解説した記事です。

転職したい職種の明確化

半年で仕事を辞めたい場合、次にやりたい職種を明確にする必要性を説明します。トシオ
転職したい職種や業種を明確にしておかないと、いざ転職活動を開始したときに『どんな仕事をしよう…』と迷います。そのように適当に決めると大抵の場合は失敗します。なので、やりたい職種の明確化は必須です。

半年で仕事を辞めたい場合、次は、何としてでも失敗はしたくないはず。

転職して意外によくあるのが、『想定していた仕事内容との違い』で辞めるパターンです。

せっかく内定を勝ち取ることができたのに『イメージと違った…』というのは悲しいですよ。

このようになる原因は2つあります。

  1. 希望職種の明確化ができてない
  2. 情報不足

希望職種が明確でなく、適当に入ってしまうと『仕事が合っていない…』『また半年で仕事を辞めたい…』という状態になります。

なので、自分自身にしっかりと質問して下さい。

  • 転職したい希望職種は何?
  • あなたの好きなことは?
  • あなたの嫌いなことは?
  • 将来のために学びたいことは何?
  • 給料はどれくらい欲しい?
  • 休みは何日欲しい?
  • 残業は?

ここに関してはじっくりと考えて、頭だけでなく紙やスマホのメモなどに書き出し見える化して下さい。

頭で考えると忘れるので、イメージがぼやけます。

希望職種が決まったら、徹底的に情報収集です。

  • その職種の大変な部分
  • ノルマはあるの?(営業、販売業、購買などにある)
  • 残業は多い業種か?
  • 休みはとれる?
  • 将来性はあるのかな?
  • 総合的にみて自分にできそうか?

今はネットを活用すればどんな職種についても、メリットやデメリットは出てきます。

しっかりとあなたが行きたい職種について徹底して下さい。

在職中の転職活動はデメリットを消滅させる

半年で仕事を辞めたい場合のデメリットを消滅させる方法を紹介します。トシオ
親元で生活している人以外は基本的に『仕事をしながらの転職活動がいい』です。半年で仕事を辞めたいと感じる場合、一番の不安は『仕事が見つかるかな…』です。

正直なところ、半年で仕事を辞めるというのはインパクトがデカいです。

あなたも『仕事見つかるかな?』と不安に感じていますよね?

その不安を完璧に無くす方法は『仕事をしながら転職活動をする』です。

但し、仕事をしながらの転職活動にはメリットばかりではなく、やはりデメリットも存在します。

その点についても確認しておく方がいいです。

【 仕事をしながら転職活動するメリット・デメリット 】

メリットデメリット
仕事が見つからない不安がなくなる自由な時間が制限される
生活資金が確保される(精神面で非常に大きい)面接の際は有給や早退をする必要がある
職歴のブランクがない(面接時に有利)面接の日程調整が大変
自分の方向性を確認しながら活動できる応募先企業とのやり取りが大変
納得するまで仕事を探せる(非常にメリットあり)企業側が今すぐ人材が欲しい場合は対応できない

これらの条件を見極めて『仕事をしながらの転職』『仕事を辞めてからの転職』どちらにするか判断した方がいいです。

ただ、デメリットの『応募先企業とのやり取り』『面接の日程調整』は転職エージェントを利用すれば解決します。

この点に関しては次章の『仕事を辞めずに転職活動をする秘訣』で詳しく解説していきます。

半年で辞めた場合に悪い印象を減少させる退職理由

半年で仕事を辞めたい場合に最悪な印象を減少させる退職理由を紹介します。トシオ
半年で仕事を辞めたい場合には『面接時の印象はマイナスからのスタート』という気持ちで考えた方がいいです。半年で辞めたいと感じた理由が『ダメと捉えらるか・ダメと捉えられないか』は退職理由と面接官次第です。

ここでは面接時の最重要項目『退職理由』について徹底解説します。

面接時に絶対にしてはいけないこと

まずは『絶対にしてはいけないこと』を説明します。

  1. 会社に対しての不平不満
  2. あなたの愚痴
  3. 人間関係での文句
  4. 言い訳

当たり前ですが、全てNGです。

上記であげた『絶対にしてはいけないこと』をした場合に好印象を持たれる可能性は0%です。

半年で辞めたい場合の退職理由のポイント

半年で仕事を辞めたい場合に面接官があなたに持つ印象は『マイナスイメージ』です。

そこからスタートすることを理解しましょう。

このイメージを覆すことができれば必ず就職先は見つかります!

半年で仕事を辞めたい場合は退職理由のポイントを理解して考える必要があります。トシオ
退職理由を伝えるときにはポイントを押さえましょう。
  1. あなたにも悪い点があることを伝える
  2. 辛かったことに対する、あなたなりの努力した点
  3. これから何をしたいのか(チャレンジしたいこと)
  4. あなたを雇うメリット
  5. あなたのこれまでの実績(あればでOK)

大切なことは『下手な言い訳をしない』です。

あなたが面接で会社の悪い部分や人間関係の愚痴を言った場合、面接官が思うことは『言い訳ばかりだな…』です。

良いイメージを与えることはないです。

まずは、あなたの非を認めて、努力した点を説明。その後に我慢できずに挫折したこと、これからチャレンジしたいことを伝える流れです。ただ、忘れてはいけないのが『あなたを雇うメリット』です。これを提示できないと面接官はあなたに興味を持ちません。

上記であげた退職理由を伝えるポイントについては意識しておきましょう。

退職理由を考えるときの参考として下記記事も用意してますので読んでみてください。

例文なども使い退職理由について説明しています。

面接での振舞い方で印象は決まる

半年で仕事を辞めたいでも好印象を与える面接での振る舞いを紹介します。トシオ
面接時の振舞い方は本当に大切です。『メラビアンの法則』というものはご存知でしょうか?アメリカの心理学者:アルバート・メラビアンにより発表された法則です。この法則によると人は第一印象を3~5秒で決めていると言われています。

メラビアンの法則について詳しい説明は省きますが、面接時の第一印象は非常に重要と理解して下さい。

メラビアンの法則によると、第一印象は『言語情報』『聴覚情報』『視覚情報』から決定されていると言われています。

その割合が下記です。

  • 言語情報(話の内容):7%
  • 聴覚情報(話し方、トーン):38%
  • 視覚情報(見た目、表情、しぐさ):55%

これらの法則が絶対というわけではないでしょう。

ただ、話の内容(退職理由など)だけを重点的に考えるのではなく、見た目、表情やしぐさ、話し方もしっかりと対策をとる必要があるということです。

仕事を半年で辞めたいと感じるなら『本気の対策』をあなたなりに取る必要があります。

それを繰り返し改善していけば半年で辞めたとしても必ず内定を勝ち取れます。

本気で仕事を辞めたいなら危険な行動を紹介

半年で仕事を辞めたい場合に絶対にしてはいけない危険な行動を紹介します。トシオ
本当に仕事を辞めたいと考えているなら『絶対にしてはいけな行動』というものがあります。その危険な行動について説明します。

半年で仕事を辞めたい場合、絶対にしてはいけない行動があります。

結論として、下記に危険な行動についての全てをまとめます。

  1. 辞めたい気持ちだけで即辞めはするな
  2. 感情的に辞めるとメリットなし
  3. 進むべき道を決めずに動くな
  4. 我慢のしすぎはヤバイ

これらについてはしっかりと理解した方が絶対に良いです。

その他、重要事項としては『自分の気持ちの整理』『退職までの流れ』『情報の集め方』を理解する必要があります。

但し、ここで全てを説明すると、かなり長くなります。

下記の別記事で徹底解説していますので、失敗したくない人は読んでみてください。

【半年で仕事辞めたい】仕事を辞めずに転職活動をする秘訣

半年で仕事を辞めたい人は仕事を辞めずに転職活動をする方がいいことを説明していきます。トシオ
半年で仕事を辞めたい場合に『仕事が見つかるのか不安』を無くす方法は仕事をしながらの転職活動です。でも、『仕事をしながら転職活動ができるの?』と考えてしまいますよね。可能にする秘訣を紹介します。

仕事が見つかるのかの不安を無くす唯一の方法は在職中に転職先を決めてしまう以外にありません。

但し、仕事をしながら転職先を決めてしまえば、不安をゼロにできます。

その方法を今から紹介していきます。

在職中の転職活動は転職エージェントの活用がいい

半年で仕事を辞めたい在職中に転職先を決める方がいい。その場合、転職エージェントを活用すると楽になることを説明します。トシオ
仕事をしながらの転職活動は『転職エージェント』を利用するのが絶対にいいです。今から在職中の転職活動をするうえで、転職エージェントを利用するメリットを3つ紹介します。

求人の紹介で時間をフル活用できる

転職エージェントを利用すると時間の節約ができます。

というのも転職エージェントは、担当アドバイザーがあなたの要望をヒアリングし条件にあう企業の求人案件を紹介してくれます。

なので、転職エージェントを利用することで、求人検索の時間を省けます。

その結果、仕事をしながらでも転職活動をスムーズ進めることが可能となります。

もちろん転職エージェントだけでは補えない部分もあります。

転職サイトとの違いやメリット・デメリットをしっかりと把握して利用するのが効果的です。

それらの違いやメリット・デメリットについては下記記事で解説しています。

面接の日程やスケジュール調整をしてくれる

仕事をしながら転職活動をすると日程調整が大変です。

  • 書類選考が通ると企業からの電話連絡
  • 採用の連絡や不合格の連絡
  • 入社日の連絡

これらを全て自分でする必要があります。

常に電話にでれない環境の人だと、非常に大変で電話がなると焦ります。

『電話に取らないと面接に受けられない…』

『なんて言えばいいの?』

転職エージェントを通せば、これらの面倒くさい作業をしなくて済みます。

仕事をしながら転職をしたい人にはメリットしかないサービスです。

転職エージェントを利用すれば、面接の日程調整、その他の日程調整を代行してくれます。

仕事をしながらの人には『本当に有難いサービス』です。

退職時のアドバイスを貰える

  • 『いざ転職先が決まったらどうしたらいいの?』
  • 『転職先が決まりました。で辞めたいと伝えていいのかな?』
  • 『本当に辞めれるのかな?』

仕事をしながら転職活動をしようとすると、ほとんどの人が感じる不安です。

あなたも感じているのではないでしょうか?

転職サイトのみを利用する場合、これらを自分一人で考えないといけません。

転職エージェントを利用すれば担当アドバイザーに相談しながら進められます。

担当アドバイザーは転職のプロです。

転職に関することは全て相談できるので安心できます。

時間がないから転職サイトは厳選して選ぶべき

在職中に転職先を探す場合、転職サイトはしっかりと選ぶべき理由を説明します。トシオ
仕事をしながら転職をしようとする人は適当に転職サイトを選ぶと損をする可能性が高いです。なぜなら、転職サイトには、それぞれの特徴があるからです。

本気で上手に転職サイトや転職エージェントを活用したいのであれば、それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで利用しましょう。

また、転職サイトは数多く存在します。

他のサイトでは、オススメと言いながら全ての転職サービスを並べているだけ…。なんていうサイトが数多く存在します。

そのようなサイトを見たことありませんか?

結局、あなたのように真剣に転職サイトを選びたい人は『どのサイトを選べばいいの?』と迷うはめになるのです。

そのような面倒な『悩み』を消し去るため下記記事では、超厳選した転職サイトをランキング形式にして紹介してます。

かなり詳しく解説しているので迷うことはありません。

半年で仕事を辞めたい|まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

半年で仕事を辞めたい場合には、デメリットが非常に多いです。

メリットはないと考えて行動して良いくらいです。

但し、本記事で紹介したことを踏まえながら転職活動をすれば確実にデメリットを少なくできます。

そうすれば、半年で仕事を辞めたとしても必ず内定を勝ち取れます。

要するに『面接官に好印象』を与えることができれば、一週間で仕事を辞めようとも転職先は見つかります。

逆に10年頑張っていようとも面接官が悪い印象を持てば内定は勝ち取れません。

この記事で紹介した内容を実践し内定を勝ち取って下さい。

仕事辞めたい。半年だけど大丈夫かな?の疑問を全て解決する記事です。
最新情報をチェックしよう!