上司が嫌いで仕事を辞めたい理由を紹介していきます。

上司が嫌いで仕事を辞めたい『どうしたらいい?』をマジ解説!

上司が嫌いすぎて仕事を辞めたい。
『どうしたらいいの?』を完全解説

こんな悩みありますよね?

  • 『上司が嫌いすぎて今すぐにでも仕事を辞めたい…』
  • 『自分勝手な上司が嫌い。辞めたい…』
  • 『怒鳴るタイプの上司が怖くて辞めたい…』
今から上司が嫌いで仕事を辞めたい理由と対処方法について解説していきます。トシオ
まずは『上司が嫌いで仕事を辞めたい』と感じる原因9つをピックアップして解説します。下記目次から自分の当てはまる項目を選んで読んで下さい。その他にも『退職までの流れ』『仕事を辞めるうえでの事前準備の仕方』などについても触れています。

上司が嫌いで仕事を辞めたい!よくある原因9選と対処法!

上司が嫌いで仕事を辞めたい理由9つと対処方法について詳しく解説しています。

上司が嫌いで仕事を辞めたいと感じるよくある理由は9つです。トシオ
この章では『上司が嫌いで仕事を辞めたい』と感じるよくある原因9選と対処法について解説していきます。

この章で解説する流れは下記です。

  1. 上司との関係性で悩んでしまうことが多い原因10コ紹介
  2. それぞれの原因に対する対処方法
  3. 辞めるべきかの判断基準

『仕事辞めたいけど、どうしたらいいんだろう?』

『上司が嫌いで辞めていいのかな?』

このような悩みについての解決できるヒントを手に入れることができるはずです。

不機嫌オーラを出す上司が嫌いで仕事を辞めたい

上司が嫌いと感じる原因に『機嫌の悪い気持ちを全力で出す上司』がよく理由としてあがります。

部下からすると怖いですよね。

特に感情の変動が激しい人は疲れる…。

  • 『今忙しいから後にしろ!』
  • 『なんでも聞かずに自分で判断しろよ何年仕事してんだよ!』
  • 『さっさとしろって言ってるだろ!』

不機嫌オーラを全開のときもあれば、自分が期限のいい日は別人のようにニコニコして振る舞う…。

このような日々が続くと、『上司が嫌い…』『仕事を辞めたい』という状態になってしまいます。

対処方法

  1. 不機嫌だと感じる日はできるだけ近づかない
  2. 上司の不機嫌にならないタイミングを理解する心掛けをする
  3. どうしてもの場合は、結論から話をして短く質問する

まずは、不機嫌時の見極めが大切です。

きっと嫌いな上司にも機嫌のいいパターンがあるはずです。

例えば、『朝一は機嫌がいい』『ご飯を食べたあと』や『タバコを吸ったあとは落ち着いている』など。

このようなパターンを見極め話すのも効果的でいいですよ。

上司のイヤミ発言が嫌いで仕事を辞めたい

イヤミな発言が目立つ上司も嫌いと感じ辞めたいと思ってしまう人が多いですね。

いわゆるネチネチ系上司です。

一言でいうと『ウザい!』。

例えば、仕事を頼まれて上手くいかなった場合なんかにイヤミを言ってくることが多いですね。

  • なんで簡単なことができないの?
  • 他の奴はできてるけど、キミだけだよ…
  • 仕事せずに遊んでるの?

一度でも言われたら嫌いと感じてしまうようなことを週に何度も…。

ひどい上司なら毎日言っている人もいることでしょう。

辞めたいと感じるのは正常の判断です。

対処方法

このような上司を持つとストレスが半端ない…。

  1. 体と心が限界でないなら『スルー』する
  2. 限界を感じるなら辞めるのが得策です

イヤミが多い人は『治らない』です。

天性というのかイヤミを言われてきたような上司なので、部署移動ができない場合は永遠にストレスを感じ続けることになるでしょう。

上司と言う立場上戦っても基本的には勝ち目はないので、辞める判断をするのも一つです。

たった一人だけ嫌いな上司がいる

このような場合は難しいですよね。

『たった一人の上司だけ嫌いで辞めたい…』

それ以外の同僚、先輩、仕事内容、などについてはストレスがない。

ただ一人の上司以外は嫌いとは感じない。

けど、嫌いな上司がいるために『辞めたいけどいいのかな?』と悩む人がいます。

ここに当てはまる人は慎重に辞める、辞めないを判断した方がいいです。

対処方法

  1. 可能な限り関わらないように努力する
  2. 直属の上司なら部署異動を会社側へ申し入れする
  3. 仕事だからと割り切る
  4. 嫌いと感じる上司に直接相談する

一人の上司以外は全て嫌じゃない場合、仕事を辞めると後悔してしまう可能性が高いです。

なので、まずは対策を取ってみる方がいいです。

特に④は勇気がいる内容ですが、効果は非常にあります。

意外に辞めたいほど嫌いと感じる上司の考え方を理解すると関係が一気によくなることがあります。

また、相手(上司)もあなたが辛いと感じているなどと理解できていないこともあるからです。

勇気がいる対処法ですが、失敗したら辞めてやるくらいの覚悟で相談に行ってみるのは考えてみてください。

いじめ的に関わってくる上司が嫌いで仕事を辞めたい

いじめ的に絡んでくる上司が嫌いで辞めたい。

結論:今すぐでも辞めたいなら辞めるべきです。

例えば、下記のようなことを平気でしてくる上司がいる場合、迷わず辞めたいなら辞めましょう。

  1. 変なあだ名をつけてバカにしてくる
  2. 傷つくようなことを平気で言ってくる
  3. 性格などを完全に否定してくる
  4. プライベートについてもダメ出しをしてくる
  5. 半分いじめ的ないじり方をしてくる

上記であげた以外でも『いじめ』と感じてしまうようなことを平気な顔をしてやってくる上司がいれば辞めた方がいいです。

我慢するだけ、あなたが損をします。

対処方法

  1. あなたが『いじめ』と感じてしまうことを上司からされている場合、辞めたいと感じるなら素直に辞めましょう。

対処方法としては一つです。

いじめの場合は改善を試みる必要性もないです。

いじめの判断基準としては、あなたが『いじめ』と判断できるかどうかです。

周りがいじめとは判断しなくても、あなたが心を傷付き辛いと感じるならいじめです。

頑張って改善を試みるより、素直に辞めて新しいスタートを切るほうが絶対にメリットは大きいですよ。

仕事を全部押し付けてくる上司が嫌いで辞めたい

仕事を全部押し付けてくる上司が嫌いで辞めたいと感じる人が多いです。

例えば、この手のタイプで嫌いと感じる動作は下記です。

  • 面倒くさい作業は全て部下にさせる
  • 誰でもできるような簡単な作業は自分でする
  • 得意先へのメールやFAXを全て命令してくる
  • 苦手なことは一切しない
  • 口で命令するだけで自分は何もしない。そのくせ遅いと文句だけは言う。

上司として、尊敬が一つもできないタイプです。

みんなに嫌いと感じられ尊敬もされないタイプです。

対処方法

  1. 別の上司や社長に直接相談してみる
  2. 嫌いな上司に全部押し付けて欲しくないことを伝える
  3. 命令されても対応しない
  4. 仕事を辞めたいなら素直に辞める

小さい会社なら社長に相談してみる。

難しい人は、上司の上司に相談してみるのも効果的です。

但し、社長との関係性や別の上司との関係性にもよりますので、難しい場合は無理をせず別の方法で対処が必要です。

または、反発できるなら反発するのも効果的です。

いつも『YESマン』になってしまうと都合よく使われるようになってしまいます。

無理なものは無理と伝えることも大切です。

それでも…。と考えてしまう人は辞める選択をするのも大切です。

ズルズルと長引かせて辞めたいと感じているのに働いてしまうのはデメリットしかありません。

すぐに発狂するように怒る上司が嫌いで辞めたい

感情的に怒る上司は嫌いと感じられる特徴です。

嫌いと怖いをダブルで周囲に与えてしまうタイプですね。

このような上司の部下は心がへし折れ、ストレスで病気になってしまう人がいます。

怖いと感じてしまうのは、心に相当なダメージを与えます。

もう無理…。と考えてしまうぐらい追い込まれている場合は即辞める選択をする方がいいです。

対処方法

  1. 基本的に話が通じない相手なので辞める方がいい

怒り狂うようなタイプの上司の場合、効果的な対処方法が無いです。

なぜなら、話が通じない人が多いからです。

感情的にしか伝えれないので、怒り狂うのです。

そのような人に相談をできるなんて考えない方が得策です。

また、『なんとかダメなことに気づいて性格がよくなるかな…』なんて淡い期待を抱くのもナンセンス。

絶対に変わらないと理解し、辞める・辞めないを決断した方がいいでしょう。

アドバイスができるとしたら時間をムダにしないために勇気ある決断をしましょうということです。

心が冷たい上司が嫌いで仕事を辞めたい

仕事を辞めたいと感じる理由で上司との関係性は非常に多い。

その中でも『冷たい上司』というものがあります。

冷たい態度は心が傷つく…。

自分にだけ態度がおかしいと不安になりますよね?

その結果、上司が嫌い…。仕事を辞めたいとなってしまうのです。

例えば、下記のような態度を取る上司がいます。

  • 質問しても、まともに回答してくれない
  • 自分にだけは笑わない
  • 言葉が冷たい『仕事が遅い』『何考えてん?』『やる気あるの?』

冷たい態度は不安になりますよね?

『自分にだけ冷たい…。』

『自分のことが嫌いなのかな…。』

など、色々考えてしまい辛くなるのです。

対処方法

  1. 自分のことが本当に嫌いなのかを見極める
  2. いつも怒られることや意見されることで治せていないことはないか考える
  3. 自分の態度が悪くないか見直してみる

あなたは上司が冷たいと感じ、自分を嫌いなのか?と考えていても実は上司は何も考えていないということもあります。

まずは、本当に自分を嫌いと考えているのかを見極めて下さい。

その後で、いつも怒られることや同じことを繰り返していないか?

または、知らず知らずのうちに嫌われるような対応をしていないかなどを考えてみることが大切です。

嫌いな上司から悪口を言われるので辞めたい

頻繁に上司に悪口を言われると仕事を辞めたいと感じますよね?

仕事に対して注意されるなら耐えることができる。

でも悪口は違いますよね?

悪口を言う上司は、その注意と悪口の境界線が理解できずに部下から信頼を失い嫌いと思われるのです。

対処方法

  1. 仕事と割り切って付き合いをする
  2. 悪口の度が過ぎるのであれば他の上司や社長などに相談してみる
  3. ストレスの限界で辞めたいと考えるなら素直に辞める

仕事と割り切って過ごせるなら悪口を言われてもスルーするようにする。

あまりにも酷い場合は他の上司や社長に相談してみるのもいいかもしれません。

①、②の対処方法が難しい場合はストレスでパンクする可能性が高いです。

心が壊れてからでは手遅れになるので『辞めたい』と考える場合は素直にやめるのがメリットが大きいはずです。

仕事に対して厳しすぎる上司が嫌いで辞めたい

仕事に厳しすぎる上司だと辛くて辞めたいと感じるようになりますよね?

初めは『仕事だから仕方ない。頑張って耐えるぞ』と考えて頑張るですが、毎日それが続くとしだいに嫌いへと変化してきます。

ただ、一番辛いのが上司が『間違ったことは言ってない』という点です。

厳しすぎるけど、深くまで考えると間違ったことは言っていないからこそ逃げ道がない…。

その結果、仕事を辞めたいとなってしまいますよね。

対処方法

  1. なんとか食らいついて成果をだす(めっちゃきついです…。でも得るものもある!)
  2. 精神的に限界を感じているなら無理はせず辞める。

上記の二つのパターンが考えられますね。

厳しすぎるので『上司が嫌い』と感じてはいるが、間違ってはいないので頑張って成果をだす。と考えて努力するのも一つです。

耐えて成果をだすことができれば、かなり成長はするはずですが、本当に大変です。

精神的に限界を感じる場合は辞める選択肢もあると頭に入れておいた方がいいです。

上司が嫌いで辞めたいときの判断基準

『上司が嫌いで仕事を辞めたい…。でも、いいのかな?』と悩む人がいます。

このように他人の目を気にしてしまう人が多いです。

上司が嫌いで辞めたいなんて『甘え』と思われるよね。と考えてしまい、辞めたいと思うけど辞められないジレンマに陥ります。

仕事を辞めていい判断基準は『自分自身が感じる精神状態』これだけです。

もう限界と感じ、体にも症状が出だしている場合は(眠れない・泣いてしまう・吐き気がする)は辞めても全然大丈夫ですよ。

あなたの心の重荷をおろしてあげてください。

  • 周りの目を気にするのは大事ですが、仕事を辞めることに関して『甘え』と捉えられると、まずいのは『面接官』だけです。

面接官に甘えと捉えられなければ、転職も全然可能です。

面接時に必ず聞かれる『退職理由』を完璧に回答すれば甘えと判断されることはないです。

下記記事の第三章である『 仕事辞めたい理由が甘えと判断されない退職理由!』を興味があれば読んでみてください。

上司が嫌いで仕事を辞めたいなら退職までの流れを理解して

上司が嫌いで仕事を辞めたいと本気で考えているなら、辞めるまでの流れを理解しましょう。

本当に仕事を辞めたいと感じるなら、退職までの流れは意識しておいた方がいいです。

流れを理解して、今のあなたが置かれている状況から適切な行動を判断していきましょう。

何も考えずに行動するのは失敗の可能性をあげるだけです。

転職に失敗する人達は必ずと言っていいほど似たような行動パターンをします。

そのパターンを理解し危険な行動を避けることができれば失敗の可能性は確実に減らせますよね?

その答えを知りたいなら読んでみて下さい。

①転職サイトに登録

まずは『辞めたいな』と感じている段階で登録して準備をした方がメリットが大きいです。

  • 最大のメリットは『ブラック企業』の見極が可能。

転職サイトを見ていると『いつも掲載している企業』があることに気づきます。

その企業には要注意。

いつも乗せるということは常に人手不足ということです。

常に人手不足ということは、つまり離職率が高い可能性があると判断できますよね?

それだけでも、仕事を辞めたいと考えた時点で転職サイトに登録することが、どれだけ合理的が理解できるのではないでしょうか?

②可能であれば在職中に転職活動

転職活動は可能な限り在職中にするのがいいと私は常々考えて行動をしていました。

理由は下記です。

  1. じっくりと仕事選びが可能
  2. 不採用になっても焦らない
  3. 資金的に余裕ができる

仕事を辞めた時点で給料は入りません。

生活資金に余裕がある人は辞めて転職活動をするのがオススメですが、貯金の少ない人は在職中にするのがオススメです。

内定を勝ち取るまでの平均的な期間は約2~3ヶ月くらいということはご存知でしょうか?

注意点は平均値だということ。

年齢が高くなるにつれて転職難易度あがります。

特に35歳以上になる人は内定を勝ち取るまでに、さらに時間を要すると考えて行動した方がいいです。

仕事選びは慎重にしましょう。

余裕がなくなるであろう行動は可能な限り排除しながら活動する方がいいです。

できれば在職中の転職活動を心がけて下さい。

③退職理由を考える

仕事を辞めたいと考えたときの次のステップは『退職理由』です。

最終的には2パターン考える必要があります。

  1. 現職場用の退職理由
  2. 面接用の退職理由

この2つの退職理由を考えておく必要がありますね。

①に関しては、タテマエでOKだと私は考えています。

実際に私はタテマエの退職理由しか伝えたことがないです。

タテマエで伝えた方がいいという訳ではないので勘違いは禁物です。

『絶対に本音の理由を伝えたい』という人は素直に伝えるのがベストです。

ただ、この記事を読んでくれている人は『上司が嫌い』という理由で仕事を辞めたいと考えている人がほとんどのはずです。

なのでタテマエでOKです。というかタテマエでしか不可能ですよね?

退職をさきに伝えるのは直属の上司が基本ですので。

真に考えるべきは面接用の退職理由

面接用の退職理由は真剣に時間をかけて考え抜いて下さい。

面接時の退職理由次第で、『また辞めそうだな…』と思われてしまいます。

面接官が基本的に見る点は2つです。

  1. あなたを雇うメリット
  2. 続けていけそうか

この2点がほとんどの人が見る点です。

 

なので、退職理由は真剣に考えこむ必要があります。

でも、退職理由って難しい…。

考えだすとこれでいいの?という疑問ばかりが出てきますよね。

下記記事の第二章『 面接時に必ず聞かれるのが退職理由!『仕事が合わない』で辞めた時の対策』では、例文なども含めながら退職理由について触れています。

退職理由で悩みそうな人は参考にしてみてください。

④上司に退職理由を伝える

全ての準備が整ったら退職の意向を上司に伝える段階となります。

一番ドキドキする場面ですが、勇気を出して退職のむねを伝えましょう。

在職中に仕事を決めてしまう場合は、退職日の調整などは忘れずにする必要があります。

不安でたまらない人は転職エージェントを利用してアドバイザーに退職に関するアドバイスを受けると気持ちが楽になりますよ。

下記に利用すると間違いない転職エージェントを徹底解説した記事を用意しています。

相談したいなという人は、参考にどうぞ。

上司が嫌いで本気で仕事を辞めたいなら今すぐ事前準備を!

上司が嫌いで仕事を辞めたいと感じるなら事前準備は大切です。

『上司が嫌い…。本当に仕事を辞めたい』

本気で辞めたい人は今すぐに動いて下さい。

我慢して『辞めたいけどダメだよな…』と考えて動かない時間が本当にもったいない。

本気なら今すぐです。

仕事辞めたいなら早く動くといいことだらけ

仕事を辞めたいと本当に感じるなら早く準備することで多くのメリットがあります。

見落としがちなのがデメリットです。

動かないことで発生するデメリットにも目を向けましょう。

例えば、動かないデメリットは下記のような理由があります。

  1. 時間だけが過ぎていく
  2. 転職サイトへの登録が遅いとチャンスを逃す可能性が高い
  3. ブラック企業の見極めができない
  4. 嫌いな上司が原因のストレスから解放されない
  5. 精神崩壊する可能性がある
  6. 今、辞めたい気持ちのなか頑張っても、次の職場ではゼロからのスタットになる

いつまで経っても前に進めない人にありがちなパターンを並べてみました。

どうでしょうか?

動かないデメリットはいっぱいありますよね?

特に注意が必要なのは【20代後半の人】です。

30歳なんて『あっという間』です。

転職ができないという意味ではないですが、この30歳という節目を超えるか超えないかで世間の風当たりが一変するので注意したいですね。

デメリットを理解して今の企業で我慢して働くかを決めましょう。

おすすめの転職サイトを紹介

動こうと決意して最初に悩むのが『どの転職サイトを選べばいい?』です。

『何年も前に利用したことあるけど…』という人もいるのではないでしょうか?

今の時代はサービスの変化も毎年のように変化していきます。

去年の情報は古い…。なんてざらにありますので常に最新の情報を取り入れて活動しましょう。

下記記事は『最新版』の転職サイトランキング1位~3位までの記事となります。

ランキング選定基準や除外したサイトの理由、利用者の口コミも載せています。

他のサイトでは紹介していないところまで踏み込んでます。

もちろんメリットばかりを並べているようなこともしてません。

デメリットを知ったうえで選定することが可能な構成になってます。

『転職サイトどれに登録しようかな?』と考えている人が読んで損なしですので、時間がある人は読んでみてください。

上司が嫌いで仕事を辞めたい|まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

人生は楽しくあるべきです。

これからの長い人生の中、三分の一は仕事です。

上司が嫌いで仕事を辞めたいと感じながら無理して働き続けるのは辛いですよね。

辞めたいと感じながら動けない理由は、『周りの目』と『転職に対する不安』がほとんどです。

まずは、それらの不安を取り除くことで小さな一歩を動き出せるマインド作りをして下さい。

小さな一歩を踏み出せば、きっと、あなたの人生の何かが変わっていくはずです。

上司が嫌いで仕事を辞めたい理由を紹介していきます。
最新情報をチェックしよう!