給料が安い。仕事を辞めたい。と感じる人に年収アップの方法を解説していきます。

給料が安い!仕事を辞めたい人が転職して給料アップする方法【必見】

『 給料が安い!!! 』

そう望むことは消して悪いことではありません。

但し、望むだけでは決して給料が上がることもなく、安い状態で働き続けないといけないことは明らかです。

トシオ
給料安いことが原因で仕事を辞めたいなら『 何かしらのアクション 』をあなたが取る必要があります。
何もしないけど、今の会社で給料が上がることはないと考えて本記事は読んで下さい。
アヤ
家庭もあるし今の給料じゃ辛い・・・
給料をアップする方法はあるのでしょうか?
トシオ
確実にアップするという方法は存在しません。
ただ、本記事で紹介する内容を実行すれば何もしないよりかは給料がアップする確率は上がります。

給料が安いと悩み仕事を辞めたいのであれば、給料アップの方法を理解し行動に移す方がアップする可能性は高くなります。

但し、給料アップばかり望み軽い気持ちで高額求人に飛びつくと地獄をみることにもなります・・・。

本記事では、その注意点などについても紹介していきます。

給料安いことが不満で仕事を辞めたい人が給料アップする方法

『 給料が安い。仕事を辞めたい。 』といくら口に出したところで結果は変わりません。

トシオ
本当に残念ですが、現職場で『 給料が安い 』と感じているなら何もしなければ絶対に給料が上がることはありません。
アヤ
でも今のままじゃ生活も一向に良くならないし・・・
何とかしたいです。
トシオ
給料をあげるには『 3つの選択肢 』があります。
仕事を辞めたいほどに給料に悩みがあるなら、この中のどれかを実行する以外にはありません。

会社側との給料アップ交渉【精神的ハードルが高い】

かなり精神的なハードルは高くなりますが、会社側と給料交渉もひとつの手です。

交渉するときは、ただ単に『 給料をあげて欲しい 』と伝えるだけでは応じてくれないことが多いでしょう。

トシオ
交渉するには『 かけ引き 』が必要です。
ポイントは下記の3つです。
  1. あなたの仕事量に対する報酬の妥当性
  2. あなたが会社に存在するメリット
  3. 決裂すれば仕事を辞める考えを提示

始めに精神的なハードルが高いと伝えたのは、会社側にこれらを伝えていくには、それなりの覚悟が必要ということです。

 

会社側もあげることに応じる代わりに『 それなりに働いてね 』という対応にもなります。

トシオ
おすすめの方法としては、『 転職の準備 』を整えてから交渉にいくことです。
決して何も準備しない状態でいかないようにはして下さい。
決裂した場合、かなり焦ることになります。

給料が安い状態を抜け出すには副業もあり

次の方法は『 副業 』です。

今は個人で稼ぐことの難易度が少し低くなりつつあります。

難易度は少し高いですが、精神的なハードルはかなり低い方法です。

特に3万円ほど稼ぐくらいなら片手間でも稼げます。

トシオ
自分の武器があまりない人で、すぐにでもお金を稼ぎたい人には『 せどり 』がオススメです。
正直、かなり簡単で誰でも可能なうえ最悪、現金がなくてもクレジットカードさえあればできる商売です。

副業に興味があれば、ぜひ参考にしてみてください。

年収アップさせるには転職するのが一番簡単

給料をあげる一番簡単な方法は『 転職 』です。

さらに現職場と給料アップの交渉をするよりも簡単で上がり幅も段違いにアップする可能性があります。

トシオ
上手に転職をすれば、年収300万円が500万円になることもあります。
アヤ
転職をして年収があがらない人もいますが何が違うのでしょう?
トシオ
『 行動の仕方 』と『 事前準備 』です。
如何にしてチャンスを逃さない行動ができるかが勝負です。
なので、下記のことを忘れないようにして下さい!

優良企業の求人案件は一瞬で応募打ち切り

これを知らずに転職活動を頑張っても良い会社に巡り合うことはありません。

 

なぜなら、本当にいい案件はすぐに募集の打ち切りになるからです。

トシオ
このチャンスを逃さないために転職サイトの準備は今からでもしておくべきです。
本当に年収をアップさせたいなら早すぎるくらい早く準備を進めておいて下さい!

またチャンスに多く巡り合いたいなら転職サイト選びはとても大切です。

正直、これを間違うとチャンスは絶対に訪れません。

アヤ
どこの転職サイトを利用すればいいのでしょうか?
トシオ
下記の記事で『 仕事の成功率をあげるために準備しておく転職サイト 』を徹底解説しています。
理解しておくと確実にプラスになるので参考に準備をしてみて下さい。
参考記事

『 仕事を辞めたい転職したい! 』そのように感じている人が本当に努力をしなければならない部分が『 転職の事前準備 』です。トシオ仕事を辞めたいという気持ちだけが先走り考えなしに行動すると失敗します。アヤ正[…]

仕事を辞めたい転職したい人が絶対に利用したい転職サイトを紹介していきます。

給料が安い!仕事を辞めて年収アップしたいなら押さえておくべきこと

ここからは転職にフォーカスして『 給料が安い 』からの脱却を図るために、どのように転職活動に挑めばいいのかを解説します。

トシオ
転職活動を始めれば良い企業に入り年収がアップするわけではありません。
それなりの準備や活動方法が必要になります。
アヤ
どういう風に行動していけば良いのでしょうか?
トシオ
そうですね。
ここでは『 準備しておくこと 』や『 行動の仕方 』を詳しく話していきます。

給料が不満で仕事を辞めたいなら『 自分の強みの理解 』は必須

『 自分の強みの理解 』は必須!!!

はっきり言って、この部分を理解しないまま転職したところで給料アップは不可能に近い。

トシオ
企業が高いお金を出してでも雇いたい人は会社にとってメリットがある人です。
要するに『 どれだけのメリット伝えれるか 』にかかってくるのです。

『 給料が安い!仕事を辞めたい! 』と考えるなら『 自分の強みの理解 』だけは今から考えておく必要があります。

強みの理解(あなたを雇うメリット)は超重要な部分なので確実に押さえておいて下さい。

アヤ
でも、自分の強みなんて考えたこともないし・・・
思い浮かばない。
トシオ
大丈夫!そういう人がほとんどです!
今はさまざまなサービスが存在するので利用して行きましょう!
例えば、『 グッドポイント診断 』
アヤ
グッドポイント診断って何ですか?
トシオ
あなたの強みを診断してくれるサービスです。
30分ほど必要ですが、あなたの強みを5つも理解することが可能です。
完全無料なので、はっきり言って使わないと損です!

グッドポイント診断は、診断の正確性に優れていると評判が高いサービスです。

無料なので『 給料が安い!仕事を辞めたい!何とか年収をアップしたい! 』と強く願うなら確実に利用して下さい。

完全無料なので、あなたが損をすることは『 ゼロ 』です。

トシオ
本当に年収をアップしたいと望むなら『 自分のアピールポイント 』はしっかりと理解しましょう。
そのためにグッドポイント診断などのサービスはドンドン利用して下さい!

給料をアップさせたいなら在職中の転職活動をすべき

トシオ
給料が安いと不満のある人は『 在職中の転職活動 』を心がけて下さい。
なぜ在職中が良いのかについては下記に示します。

【 在職中の転職活動が良い理由 】

  1. じっくりと転職先を選べる【大事】
  2. 焦らない(余裕が生まれる)【超大事】
  3. 主導権が『 あなた 』になる【超大事】

安い給料が辛くて仕事を辞めたいなら年収アップは絶対条件のはずです。

大切なのは『 気持ちの余裕 』です。

仕事を辞めてしまうと、余裕がなくなり『 雇ってください状態 』になる可能性があります。

そうなると交渉など不可能です。

給料をアップさせるために転職活動の方法は慎重に選んでください。

転職エージェントは確実に利用すべき

最後は『 転職エージェントの利用 』です。

上記でも説明したように『 在職中の転職活動 』は必須です。

そういう場合にも転職エージェントは非常に役に立つサービスです。

【 転職エージェントの利点 】

  1. 面接などのスケジュール調整
  2. 書類選考に受かる可能性が高くなる
  3. あなたを人事担当にアピールしてくれる
  4. 業界の裏話が聞けることもある
  5. 年収交渉をしてくれる
トシオ
特に年収を考えたときにリクルートエージェントは最強です。
利用者の年収アップ率は62.7%というデータを公表しております。

リクルートエージェントについて詳しく知りたい人は下記を読んでみると理解が可能です。

但し、油断は禁物です。

正直、チャンスに多く出会うにはリクルートエージェントだけでは不十分です。

最低でも転職サイトは3つほどは利用した方がいいと感じます。

トシオ
そこで、リクルートエージェントも踏まえながら超厳選した転職サイトをランキング形式で紹介している記事を用意しています。
知って損をすることはないので、読んでみて下さい。
参考記事

トシオ転職サイト多すぎて結局どのサイトを登録すればいいの?色々なランキングを見てきたけど数が多すぎて迷うばかりで進まない。しかも全部バラバラだしどれを登録すれば間違いないの?今から、これら全ての疑問を吹き飛ばします。[…]

仕事を辞めたい人が絶対に利用して損をしないサイトを紹介します。

給料が安いという理由で仕事を辞めたい人が失敗するパターン

第一章、第二章では給料をあげるための方法について解説をしました。

ここからは『 給料が安いという理由で辞めたい人の失敗パターン 』について解説していきます。

高額な求人案件に簡単に飛び込むと危険

『 給料が安い 』という理由で辞めたい人が陥りやすいのが高額年収を掲げている求人に飛びつくです。

トシオ
辞めたい理由から考えると正当なのですが慎重に選ぶべきです。
高額求人の場合、それに見合ったノルマや残業が非常に多いなどブラックな企業も存在します。

全てではないですが、ブラック企業も少なからず存在するということだけは頭に入れておきましょう。

アヤ
でも、入社してみないとブラック企業かなんて分からないですよね?
トシオ
完全にブラック企業かどうかの判断は入社前にはできません。
でも、情報を上手く集めればブラック企業への入社の確率を下げることは可能です。
アヤ
どのようにすればいいのでしょうか?
トシオ
例えば、企業の口コミが見れるサイトに『 転職会議 』というものはご存知でしょうか?
元従業員が働いていた企業の情報を載せるサイトです。
働いていた人が書くので信憑性も高く情報収集には便利です。

転職会議の情報が全て正しいというわけではありませんが、何も情報を集めないよりかはブラック企業への入社の可能性は減らせます。

完全無料なので、あなたに損が発生しないサービスはドンドン利用して行きましょう。

デメリットが一つもありません!

求人要項で安い給料と高い給料の差が異常な募集は危険

高額求人で良くあるパターンも紹介しておきます。

例えば、『 年収300~700万 』などの記載がある求人は注意して下さい。

このように年収幅が異常すぎる求人は普通ではありません。

トシオ
営業職などには多い記載です。
ごく一部の人だけは年収700万円で、ほとんどの人が年収300万円ほどです。

とんでもないノルマが課せられて、それをクリアできる稀な人だけが給料が高いような会社です。

入社したら挫折する人が大半なので注意して下さい。

給料が安い理由で仕事を辞めたい人はブラック企業だけは注意しましょう!

ブラック企業へ入社してしまうと『 給料が安い 』以上に精神的ダメージが来ます。

最悪の場合、再び転職活動をする結果となり給料ダウンなんてことにもなりかねません。

トシオ
悲惨な状態になるので真剣に考えて行動しましょう。
そのために、本記事で紹介したサイトなどを利用してリスクを減らす動きをして下さい。

最後に、仕事を辞めたい人がしてはダメな行動をまとめた記事を紹介しておきます。

知っておくことで失敗の可能性を減らせることが多く記載しているので読んでみて下さい。

参考記事

『毎日がつまらなさすぎる…。仕事を辞めたいな。でも失敗したくない。』こんな悩みを抱えながら毎日を過ごしてませんか?辞めたいけど、大丈夫なのか?失敗してしまうのでは?仕事見つかるかな?仕事辞める前にやっておくべきことはあるかな[…]

給料が安い!仕事を辞めたい人が給料アップする方法|まとめ

給料が安いから仕事を辞めたいという人に年収アップの方法や行動の仕方について解説してきました。

本記事でも紹介しましたが、給料アップするには転職するのが一番簡単な方法です。

仕事を辞めたいと強く望むのであれば転職を視野に入れながら、記事の中で紹介した内容やサービスを活用することで、年収アップの可能性をあげることが可能です。

また在職中の活動は時間の有効活用が非常に大切です。

ぜひ転職エージェントを有効活用しましょう。

最後に記事の中でも紹介した転職エージェントを個別に徹底解説した記事を用意しておきます。

ぜひ参考にしてください。

参考記事

doda(デューダ)って名前は知っているけど、結局どんなサービスなの?なにか良い特徴はあるのかな?本記事では『dodaについての特徴』を全部紹介します。『転職が初めての人』や『転職サイトがよくわからない人』には、『無[…]

仕事を辞めたい人が転職に役立つサイト第一位を紹介します。
参考記事

『リクルートエージェントの特徴は何?』名前はよく聞くけど、いまいち特徴が理解できない…。そのように感じる人は多いことでしょう。下記の数字を見て何か理解できますか?450,000この数字、実はリ[…]

仕事を辞めたい人が転職に役立つサイト第二位を紹介します。
参考記事

『本気で20代に強い転職サイトは何ですか?』と質問された場合の答えは『マイナビエージェント』です。本記事を読んでくれる人は『マイナビエージェント』って実際どうなの?『マイナビエージェントの特徴って何があるの?』このように感じ[…]

給料が安い。仕事を辞めたい。と感じる人に年収アップの方法を解説していきます。
最新情報をチェックしよう!