仕事を辞めたいと感じる人間関係の特徴と対策『転職先で悩まない方法』

仕事を辞めたい…。人間関係が原因で辞めても良いのだろうか?甘えのように感じてしまう…。

そのように悩んではいませんか?

トシオ
結論から言うと仕事を辞めたい理由で、もっとも多いのが『仕事の人間関係』です。

今、一生懸命にもがき苦しみながら本記事に辿り着いたのですよね?本記事は『人間関係が理由で仕事を辞めたい』と感じる人に向けて書いてる記事になります。

本記事で伝える内容
  1. 人間関係が原因で仕事を辞めたいのはダメなの?についての答え
  2. 精神的に追い込まれると現れる、当てはまれば即転職を決意した方がいい症状について
  3. 仕事の人間関係を良くしたい時の対策方法
  4. 次の仕事で人間関係を上手く築くコツ
  5. 退職理由を会社に伝えにくい人のための対策

上記の内容について詳しく解説していきます。

この記事を最後まで読んで読むことで『次の仕事での人間関係を上手く構築する方法』も理解でき、転職時に感じる、転職先での人間関係に対する不安も和らげることができるはずです。

最後まで読み終わるのに5分~10分ほどです。ぜひ最後まで読んでみて下さい。

人間関係が原因で仕事を辞めたいのはダメなの?一番多い理由が『人間関係です』

仕事を辞めたいと感じる理由のホンネとタテマエのデータ。もっとも多いのは人間関係です。

よく仕事を辞めたいという理由に人間関係は大丈夫なのかな?と悩んでしまう方がいます。

結論から伝えると『人間関係で仕事を辞めたい』と感じるのは全然悪くないです。その点に関しては甘えでも何でもないので安心して下さい。

トシオ
知ってますか?仕事を辞めたいと感じる理由のダントツトップは『人間関係』です。まずは、その証拠となる下記のデータを見て欲しいです。これはエン・ジャパンが1,515名にアンケートを取った仕事を辞めたいと考えた理由と仕事を辞める時に伝える退職理由のホンネとタテマエです。注目して欲しいのは緑色のホンネの部分です。ダントツで人間関係が理由なんです。

退職理由のホンネとタテマエ

出典:退職理由のホンネとタテマエ

どうでしょうか?まずは『人間関係が理由で仕事を辞めたいと感じるのはダメなのかな?』と感じてしまう心の重荷は取れたのではないでしょうか?

普通に考えると、人間関係が最悪な仕事をずっと続けるのは難しいですよね。だって仕事って人生の3分の1を過ごす場所ですからね。

普通にサラリーマンとして働く場合、60歳~65歳ぐらいまでは働かないといけないのです。それなのに人間関係が最悪な仕事で長年働き続ける何て並大抵の精神力じゃ無理がありますよね?

なので、『全然恥ずかしいことじゃない』これだけは頭に入れておいて下さい。

人間関係に追い込まれると現れる症状『当てはまれば素直に辞めましょう』

仕事の人間関係が原因で辞めたいと感じる時に起こる体への症状。体に現れ出したら仕事を辞めた方がいいです。

トシオ
もし、自分で似たような症状だな。と感じるものがあれば危険です。自分の体は自分にしか守れません。しっかりと考えて仕事を続けるのか、それとも辞めるのかを判断されるのを、オススメします。

人間関係に追い込まれる精神的にダメージが大きくなると、色々な症状が体に現れてきます。

そのような症状が出てくると危険信号を体が出していることに気づいて下さい。

そこで、この章では『当てはまれば素直に辞めた方がいい』と考えられる症状について説明したいと思います。

毎日、追い込まれる過ぎて眠れない。すぐに目が覚めてしまう

トシオ
毎日眠れないほど追い込まれているなら辞めてもいい!

仕事の人間関係に悩みすぎて毎日あまり眠れない…。23時ごろに眠りについたはずなのに1時半に目が覚めてしまった…。そのような現象が今起きていないでしょうか?

もし、心当たりがある人は心にかなりのダメージを追っている証拠です。仕事を辞めたいと感じてしまうのも無理はないですよ。

僕自身も2度目の転職の時に、半分イジメのような状態にあい眠れない夜を経験したことがあります。さっき寝たはずなのに目が覚めてしまった。『まだ1時半だよ』それから、もう一度寝ようとしても眠れず気がつけば5時ごろになっている…。

そんな毎日が1ヶ月近くつづき仕事を辞めたいと感じ、さらに1ヶ月くらいが経ち限界を感じ辞める…。

でも不思議なことに辞めた途端すぐに眠れるようになるのです。だからね今苦しいと感じるなら辞めてもいいのです。

あなたの周りの人間は『どこに行っても嫌な奴はいるよ』『甘えてはダメ』と言うかもですが、言っている本人は経験していないわけですよね?

そんな言葉に惑わされず『眠れないぐらい仕事を辞めたい』なら辞めてもいいと理解して下さいね。

仕事の人間関係に悩み家族や恋人に当たってしまう

トシオ
仕事の人間関係がストレスで『家族』や『恋人』に不満をぶつけてしまいギクシャクしてしまう…。そのような態度を取っていませんか?仕事が原因で『恋人と別れてしまう』なんて人が世の中には実際にいるのです。もし、心当たりを感じるなら辞めてもいいですよ。

人間関係に疲れを感じると心が追い込まれますよね?言い表せようのない怒りに似たような感情がこみ上げる。別に家族は関係ないのに気持ちをぶつけてしまい、また苦しい気持ちになってしまう…。

このような状態になると、仕事でも人間関係でストレスを感じ、プライベートでも罪悪感を感じストレスになる。

良いことが一つもない状態になります。

例えば、『プライベートで仕事が嫌だ、もう辞めたい…』『人間関係が辛すぎる…』など、恋人の前で言ってしまうような事態になってませんか?

あなたも辛いかもしれませんが、聞かされる方も本当に苦痛で辛いのです。

家族との縁はそうそう切れませんが、恋人は別です。関係を良好にしたいなら注意しましょう。

また仕事が原因で別れることに…。なんて事態は避けたいはずです。

だから、自身の感情を抑えられないような事態まで追い込まれているなら素直に転職する方が誰も傷つきませんよね?

仕事を辞めたい気持ちがいっぱいで何もやる気がでない

トシオ
人間関係が原因で仕事を辞めたい気持ちで心がいっぱいになり、何をするにしてもやる気を失っている状態になってませんか?もし、現時点でこのような状態の人は仕事を辞める選択肢も考えた方がいいでしょう。
なぜなら、辞めたいしか頭の中で考えられない状態になると何も考えられなくなり、仕事で重大なミスをしてしまう可能性が非常に高くなります。
簡単なミスならいいですが、仕事の種類によれば重大事故になりかねません。
例えば、大切な商談時に重大なミスを犯しメンバー全員に迷惑をかけてしまう。または現場作業員の方だと大ケガに繋がる可能性もあります。
もし、一生残る傷などになってしまうと『あの時に仕事を辞めておけば…』と後悔しても遅すぎるのです。
だから、人間関係に悩み気持ちがいっぱいになるような状況なら辞めても良いのではないでしょうか?

仕事の人間関係を考えると怖くて泣いてしまう時がある

トシオ
仕事の人間関係を考えてしまうと泣いてしまう。このような場合、正常な精神状態を保てていない証拠です。はっきり言って辞めた方がいいと感じます。今の仕事を続けて人間関係が回復するきざしが無いなら辞める選択肢を頭の中に入れて下さいね。
人間関係を考えると泣いてしまう。もう精神的に崩壊しかけています。あなたがここに当てはまる人なら、今も苦しくて悩み続けていますよね?
毎日辛いなか頑張って耐え続ける、、、誰でもできることではありません。でも、いつまで頑張り続けますか?
最終的にあなたを救えるのは自分だけですよね?不安な気持ちもあると思いますが、一歩勇気を振り絞り仕事を辞める選択を選んでください。
人間関係は自然と良くなることは無い。これだけは頭に入れておいて下さい。
頑張って動ければ少しだけ何かが変わり始めるはずですよ。

仕事に行く前や道中に吐き気がしてしまう

トシオ
仕事に行くまえや、道中もしくは職場のビルに到着した時に吐き気がする。そのような状態になっていることは無いでしょうか?かなり精神的に参っている証拠です。無理をせず、辞める選択をする方が自身のためになるのではないでしょうか?
頑張るのは大切で素晴らしいことだと思います。ですが、その頑張りのせいで自分自身の体を壊してしまうと全てが無駄になってしまいますよ?
必死で今、人間関係が辛いなか仕事を辞めたい気持ちを押さえながら頑張っていますよね?
でも体を壊した時点で全てが終わりです。仕事の人間があなたに対して同情するなんて絶対にしてくれません。
残る結果は体を壊した事実だけになります。そんな寂しい話ないですよ、、、あなたしかリスクを負わない状況と言えますね。
なので仕事を辞める選択を考えて見るのも一つの方法ではないでしょうか?

本当に仕事の人間関係で心が壊れる前に転職の準備をした方がいい理由

トシオ
この章の最後に人間関係に本気で悩み仕事を辞めたいと強く思うなら今からでも転職の準備をした方がいい理由を説明しますね。
しっかりと自信のこれからを考えて『転職の準備をする』もしくは『転職の準備をしない』を選択してください。
それでは、今から転職の準備をした方が理由を3つ紹介します。
  1. 本当に悩み必死で調べて活路を見出そうとしている今が行動を起こしやすい。
  2. 心が本当に病んでしまうと転職の準備どころではなくなり、本当に行動に移したくても何もできなくなる。
  3. どんどん良い職場への転職チャンス逃がしてしまうから。ホワイト企業へは皆、行きたがると理解して置いた方がいいです。

上記の通りです。

やはり、本当に仕事を辞めたいと感じている今が最高に動くモチベーションになっている事や心が真剣に病んでしまうと転職活動を頑張る気力すらなくなってしまう現実があることを理解しておいた方が絶対にいいですよ。

また、ホワイト企業は転職希望者全てが入りたいと考えている企業です。それらは募集が掛かると、すぐに決定してしまうので期間が非常に限られてしまいます。

もう本当に無理…。仕事を辞めたいと感じた時に、いざ動こうとしても全然いい転職先が見つからないでは話にならないですよね?

なので今から準備を始める方が全てにおいてデメリットを避けることができますよね?本当に今の現実から抜け出したいなら下記記事より転職の準備を始めることをオススメします。

>>参考記事:『転職サイトのおすすめは?迷う人は紹介する有名どころ5つで十分!』

仕事の人間関係を良くしたいなら『自分が変わる』これがもっとも簡単な対策です!

仕事の人間関係で辞めたいと感じた時に改善するための対策方法

仕事を辞めたいと思っているが、可能であれば人間関係を良くして今の仕事で頑張りたい。そのように考えている人もいるでしょう。

ここでは人間関係を良くする対策方法について解説します。

早速ですが、結論をお伝えすると『自分が変わるのが一番簡単な方法』です。

もう崩れてしまっている人間関係を変える場合、はっきり言って自分が変わっていくしか方法がないです。

なぜなら他人を変えることは絶対にデキないからです。

例えば、想像して欲しいのですが、兄弟や親から『〇〇を辞めた方がいいよ!』と指摘された時、あなたは素直に『じゃあ辞めるね』とはならないはずですよね?

これと同じで嫌いな人間を変えるのは不可能です。

じゃあ、対策を打ちようがないよね?辞めるしかないのか…。と考えてしまうかもですがが、そんなことはありません。

自分が原因で人間関係を悪化させてしまう要因

トシオ
まずは自分が原因で人間関係が悪くなる要因を考えて見ましょう!

そうすれば対策を打ちやすいですよね?そこで、知らず知らずのうちにやってしまいがちな行動をまとめて見ます。

  • 同僚の悪口を自然と言っている。もしくは悪口に巻き込まれている。
  • 他人のペースに合わせない。常にマイペースで仕事をする。
  • 実は自分では気づいていないだけで勝手な行動をしているかも…
  • 気持ちをセーブできない。感情的になりやすい。
  • 人の意見に耳を傾けないような行動をしてしまっている。

上記以外にも、さまざまな原因は考えれるはずです。一度、ご自身が悩んでいる人間関係で自分には原因無いのかな?と考えてみてください。

そしてアクションを起こす。その結果、改善が上手く行かなかったとしても、その努力は最終的に転職の道に進んだとしても、アピールポイントにすることも可能です。

もし、改善方法が知りたいと思う人は下記の記事を読んで下さい。上記で紹介した『知らず知らずのうちにやっている行動について』のことや、人間関係を改善する方法を詳しく説明しています。

>>参考記事:『職場の人間関係を改善する方法『女性にも効果あり』』

次の仕事で人間関係を上手く築くために知るべきこと

辞めてから、次の仕事で人間関係を上手く築いて行く方法

もし、人間関係が改善されなくて転職をする場合、何を考えておく必要があるでしょうか?

多分ですが、全ての人が共通して感じる不安があるはずです。

それは『次の仕事での人間関係』です。

特に、今の仕事で人間関係に悩まれている人で次は大丈夫と感じる人はいないでしょう。

トシオ
そこで、この章では『次の仕事で上手く人間関係を築くために知っておくべきこと』を紹介していきます。ここで理解を深めて転職先での不安を無くして下さいね。

次の仕事で人間関係を上手く築くためのコツ

次の仕事で人間関係を上手く築くコツはそこまで難しくはありません。

上手く人間関係を構築するためには2つの特徴を理解する必要があります。

  1. 人間関係を構築するのが上手い人の特徴を知る
  2. 逆に人間関係で嫌われやすい人の特徴を知る

これが全てだと考えています。

こういった記事を書くと『誰でもデキる内容ではない…』と諦めてしまう人がいますが早とちりは禁物ですよ。

僕がお伝えする内容は誰でもデキる特徴を基本的には説明しています。

『トークを上手になりましょう』的なすぐには実践できないものではありません。今からでも実践していけるものばかりを説明します。

ただ、全てを説明すると長くなってしまう為、下記記事に全てをまとめました。次の仕事でなんとか人間関係を築き上げたい。今のような状態にはなりたくないと言う人はぜひ読んでみて下さい。きっと役に立つはずですよ。

>>参考記事:『新しい職場で人間関係を良好にしたいなら2つの特徴を知るだけ』

退職理由を会社に伝えにくい人は読んで見て欲しい

仕事を辞めたいと感じ退職を決めた時に会社に説明するための退職理由。人間関係と言いにくい時の対策方法

ここまで読んでくれた人の中には、仕事を辞める決断をされた人も中にはいることでしょう。

そこで転職をしたいと考える人で、まず初めに超えなければならない壁。それは『退職の意向を伝える壁』ですね。

『仕事を辞めたい』と会社に伝える事がデキない人が意外に多いのです。

本当の退職理由は言いづらい!ホンネが無理なら別の退職理由でもいい!

トシオ
退職するときって非常に言いにくものですよね。上司に退職の意向を伝えるときに『少しお話宜しいでしょうか…』みたいに呼び出して伝える。しかも理由も何て言えばいいんだろう?『辞めたいと』一言伝えるだけで何日経過する人もいるほどです。まずは、この壁を乗り越えましょうね。

やはり少しの期間でもお世話になった上司や経営者に何て説明すればいいんだろう?と考えてしまいますよね。

いくら腹が立っていたとしても決してケンカ別れのような退職だけは避けるようにしましょう。ケンカだけは誰も得をすることはありません。

『円満退社』ここだけは本当に意識してくださいね。

退職理由ですが、正直なところ素直に話をデキるのが一番でしょう。噓偽りのないように話をする。でも人間関係が原因の場合、ほとんどの人は『人間関係が原因で辞めたい』とは言いにくものですよね?

第一章で登場した『退職理由のホンネとタテマエ』にもあったように、退職理由は実際の内容とほとんどの人が違うことを言っているのが理解できますね。

ウソを言いましょうとは言いませんが、退職理由で伝えにく理由に関しては全てを正直に話す必要はないかもしれませんね。

仕事を辞めたいと感じる人間関係の特徴と対策|まとめ

仕事を辞めたいと感じてしまう原因として人間関係は本当に多い理由です。

人間関係が理由で辞めても良いのかな?と感じられる方もいるでしょうが、本記事を読んで頂き全然辞めることはダメじゃないと理解して頂けたのではないでしょうか?

第二章では、人間関係で精神的に追い込まれた場合に体に現れてくる症状などについても説明しました。

もし、本当に自分が二章で紹介した症状に当てはまるものがあれば素直に仕事を辞める方がいいと僕は思います。

けど、最後に自分を動かすことがデキるのは自分だけです。不安もいっぱいあるでしょうが、仕事を辞めたいと感じているなら、勇気を出して一歩踏み出して下さい。

きっと今より少し何かが変わって行くはずです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!