仕事辞めたい理由ランキングと辞める前に知るべき大切こと5つ

『仕事を辞めたい…』

みんなの仕事を辞めるときの理由って何なんだろう?

自分の仕事を辞めたいという理由で辞めていいのだろうか…。

それらの悩みを少しでも解決するために、本記事では仕事を辞めたい理由をランキング形式で発表します。

ランキング根拠
  • 本記事で紹介するランキングは、厚生労働省が発表した『仕事を辞めた者の退職理由』をもとに紹介します。

ランキング根拠は上記の通り『厚生労働省が発表したもの』なので信憑性は間違いありません。

ただ、これだけでは仕事を辞めたいと感じたときに不安はぬぐえないでしょう。

そこで本記事で紹介する内容です。

  1. 仕事を辞めたい理由ランキング1位~8位
  2. 仕事を辞めたいときに知るべき大切なこと5つ

ランキング以上に最後に紹介していく『辞めたいときに知るべき大切なこと5つ』の方が大切です。

本気で仕事を辞めたいと感じるなら読んでみて下さい。

仕事を辞めたい理由ランキング

仕事を辞めたいと感じる理由には人それぞれの状況により違いが出てきます。

ここでは『厚生労働省』がアンケート調査をした結果のデータを使用しながら、『仕事を辞めたい』と感じる理由を紹介していきます。

『仕事を辞めたい…。』と感じているけど、『こんな理由で辞めたいと思っていいのかな?』と感じる人は参考にして下さい。

※下記の厚生労働省のデータより『第6回仕事あり(転職)の正規欄(男・女)』の平均が10%を超えているもの8個を抜粋しランキング形式で紹介しています。

仕事をやめた者の退職理由

出典:厚生労働省『仕事をやめた者の退職理由』

1位:給与・報酬が少なかったから

仕事を辞めたい理由ランキング第①位は【給料への不満】です。

給料は生きていくうえで非常に大切な部分です。

なのに同じ職場で働いていても中々と年収はあがらないのが現実です。

毎年少しづつ給料は上がるけども数千円程度しかあがりません。中にはまったく上がらない会社もあることでしょう。

これが今のサラリーマンの現状ではないでしょうか?

給料をあげたい理由には下記のようなものがありますね。

  • プライベートが充実しない
  • 家族を養えない
  • 子供に習い事をさせてあげれない
  • 自分の好きなものを買えない
  • 友達付き合いにもお金がいる

ざっと理由をあげただけも色々と出てきます。これらの理由は、ほんの一部に過ぎないはずです。

仕事を辞めたいと感じる理由でランキング①位になるのも理解できると感じます。

もし、仕事を辞めたい理由が同じように『給料への不満』であれば、仕事を辞めたいと感じる選択は間違いではないのではないでしょうか?

2位:会社の経営方針に不満を感じたから

仕事を辞めたい理由ランキング第②位は【会社の経営方針に不満】です。

会社の経営方針に不満を感じ『仕事を辞めたい』と感じる人が多いようです。

日本の90%以上は中小零細企業となります。

その中には一族経営であるファミリー企業だったり、社長が変わり者などの企業が存在します。

さまざまな不満が出てきて仕事を辞めたい理由になるのですね。

例えば、中小企業に多い経営方針に対する不満をあげてみます。

  • 経営方針的なものはあるが社内で浸透しておらずバラバラ
  • 社長が考えもせず、思い付きで指示をだす
  • 経営者一族だけは『給料がいい』や『自由に休める』
  • 社長が社員を信用もせず意見をすぐに否定する
  • 学歴が優先され新入社員と給料がほとんど変わらない…

上記の内容は、ほんの一部です。中小零細企業の経営方針に不満はざまざまです。

でも人生の3分の一は仕事で過ごします。経営方針が理由で『仕事を辞めたい』と感じる人が非常に多いのです。

3位:労働時間が長かった・休暇が少なかったから

仕事を辞めたい理由ランキング第③位は【労働時間・休暇への不満】です。

労働時間や休暇が少ないとプライベートも楽しくなくなり、苦しい毎日が続くことになります。

世の中には、異常すぎる会社が存在するのも事実です。

こんな状態でも頑張り続けていませんか?

  • 友達の誘いは基本的に『忙しいからごめん』の状態
  • 彼女、彼氏とのデートもできない
  • いくら残業しても給料は同じ
  • 家族サービスが全然できていない。その結果、ケンカが続く…。

仕事を辞めたいと感じる理由に『労働時間や休暇』があがるのも理解できますね。

今、あなたが同じような状態で『仕事を辞めたい』こんな理由で良いのかな?と感じるなら。

何一つ間違いではないと考え行動に移す方が良いかもしれません。

楽しい日々を取り戻せるのは行動を変えたときだけです。

仕事を辞める選択も一つ検討する時期なのかもしれませんね。

4位:事業又は会社の将来に不安を感じたから

仕事を辞めたい理由ランキング第➃位は【事業又は会社の将来への不満】です。

事業内容に不安を感じ仕事を辞めたいと感じる人が多いようです。

今の時代、情報の流れが早く、日々新しい事業が生まれ、そして古い事業は無くなっていく…。

競争の激しい時代だから感じる不安なのでしょう。

将来が不安で仕事を辞めたいと感じる理由は抽象的な感情が非常に入っていると感じる注意が必要です。

ただ、未来は誰にもわからないので、まずは自分が次に何をしたいのか?をしっかりと決めましょう。

まずは、今の『仕事を辞めたい』と感じる気持ちが本当かを考えて見て欲しいです。

辞めたい理由が曖昧だと辞めた後に後悔する人が本当に多いので注意してくださいね。

しっかりと理由を考えた結果、『仕事を辞めたい』と思えるなら辞めてもいいと感じます。

これは僕自身の意見で参考程度にして欲しいのですが、これからは一つの仕事を100%極めるよりも、複数の仕事を70%ぐらいできる人の方が価値が生まれてくるのではないか?とも思います。

あくまでも参考までに考えてみて下さい。

5位:能力・実績が正当に評価されなかったから

仕事を辞めたい理由ランキング第⑤位は【正当な評価への不満】です。

『仕事を辞めたい』と感じる人の中には『正当な評価』をされない理由をあげる人がいます。

日本は特に『上の人間にゴマをすれる人』が出世する傾向が本当に強いです。

あなたが働いている会社でもゴマすりが上手が評価をうけ、仕事をバリバリとこなせるがゴマをすれずに評価をうけない人間がいる。

このような状況があるのではないでしょうか?

また、よくあるパターンがファミリー企業(一族経営)で親族が無駄に給料が高い。このような不満を持つ人もいることでしょう。

評価が理由で仕事を辞めたいと感じている場合、別の仕事を探す以外に受け道がないと考えます。

やはり会社内での権力により勝ち目がないことが多いからです。

6位:新しい仕事がみつかったから

仕事を辞めたい理由ランキング第⑥位は【新しい仕事がみつかった】です。

新しい仕事が見つかったという理由で仕事を辞める人が意外にも多いことが理解できますね。

少しビックリされている人も中にはいるのではないでしょうか?

『新しい仕事が見つかった』って仕事を辞める理由で大丈夫なの?と感じる人もいるでしょう。

ただ、在職中に仕事を探して辞める。

これは非常に理にかなった行動で『あなたのリスクを最大限になくす』ことができますよね?

この部分に関しては、後ほどじっくりと触れますが、仕事を辞める理由で上位にあがっている。

つまり在職中に転職活動をしている人は非常に多いということです。

今、仕事を辞めたいと感じながら『見つかるのかな…』と不安に感じている人は、仕事をしながら転職活動をすることも検討されてみてはいいのではないでしょうか?

7位:人間関係がうまくいかなかったから

仕事を辞めたい理由ランキング第⑦位は【人間関係】です。

職場の人間関係はサラリーマンとして働くうえでは切っても切れない大事な部分です。

仕事を充実させるために『労働時間や休み』などに次いで『人間関係』は非常に大切な部分ですね。

その人間関係が崩れてしまっている状態だと、辞めたいと感じる理由で多いのも理解できます。

人間関係に不安を感じるのが理由で仕事を辞めたい。と感じるが、逆に人間関係がさらに悪くなるのではないか?という理由で転職に踏み切れない人がいる人もいます。

あなた自身も『仕事を辞めたい』と感じているが『人間関係』に不安を感じ転職をためらっていることはないでしょうか?

転職に不安を感じているなら、下記の記事を読んでみて下さい。動き出すためのヒントを手にできるはずです。

8位:自分の希望する仕事ではなかったから

仕事を辞めたい理由ランキング第⑧位は【自分の希望する仕事ではなかった】です。

『希望する仕事』ではない。と言っても、さまざまな理由がありますね。

状況としては下記のような内容が考えられるのではないでしょうか?

  • 仕事をしてみたけどイメージと違った
  • 行きたくない部署へ異動を命じられた
  • チャレンジしてみたい仕事が見つかった

これらの前提として、『自分のやりたい仕事が明確にある』ことです。

上記のような理由の場合、『仕事を辞めたい』と感じるのは決して悪いことではないと感じます。

なぜなら『したくない仕事を続けるのは難しい』という理由です。

人生の三分の一は仕事で過ごします。その仕事にやりがいを感じない場合、続けるのは不可能ではないでしょうか?

それなら早い段階から仕事を辞めて、次を探す方が絶対にメリットが多いことは言うまでもないでしょう。

仕事を辞めたい理由ランキング一覧

最後にわかりやすいように上記で説明した辞めたい理由ランキングを一覧にしておきます。

  • ランキング①位:給与・報酬が少なかったから
  • ランキング②位:会社の経営方針に不満を感じたから
  • ランキング③位:労働時間が長かった・休暇が少なかったから
  • ランキング➃位:事業又は会社の将来に不安を感じたから
  • ランキング➃位:事業又は会社の将来に不安を感じたから
  • ランキング⑤位:能力・実績が正当に評価されなかったから
  • ランキング⑥位:新しい仕事がみつかったから
  • ランキング⑦位:人間関係がうまくいかなかったから
  • ランキング⑧位:自分の希望する仕事ではなかったから

仕事を辞めたいと感じる理由には、本当にさまざまな理由があります。

上記以外の理由で『仕事を辞めたい』と感じる人もいるはずです。ただ、どちらにしても行動しないと今の現実は変えられないことは理解しておいて下さい。

さらに『仕事を辞めたい』と感じ行動に移したけども『大失敗』する人がいます。その人たちの共通点は『無謀な行動』をしているです。

それら仕事を辞めたいときに絶対にダメな危険すぎる行動をまとめた記事が下記になります。失敗が怖い人は読んでみて下さい。

本気で仕事を辞めたいけど不安で動き出せずにいる人は下記記事で不安との向き合い方を解説しています。

ぜひ、読んでみて下さい。

仕事を辞めたいなら知るべきこと5つ【理由と同等に大切】

仕事辞めたい理由と同等に大切な知るべきこと5つを紹介していきます。

ここまで『仕事を辞めたい理由』をランキング形式で紹介してきました。

ただ、理由を知って即行動では後悔する可能性が出てきます。

そこで、この章では少しでも後悔やリスクを減らせるように大切な5つのことを解説したいと思います。

その5つは下記です。

  • 仕事を辞めたいときの判断基準
  • 仕事を辞めた場合のリスク
  • 転職の準備は事前にする大切さ
  • 仕事を働きながらと辞めてから転職活動をするメリット・デメリット
  • 退職理由について

ご自身が知りたいなと感じる部分だけでも読んでおいて下さいね。

こんな理由で仕事辞めていいのかな?【判断基準を解説】

仕事を辞めたいと考えた時に『こんな理由で辞めていいのかな?』と感じる人がいます。

その判断基準について今から説明したいと思います。

正直、仕事を辞めたい理由でダメというのは存在しません。

それは、理由にはそれぞれの思いがあるので『良い・悪い』という判断は誰にもできません。

なので1点だけ絶対に仕事を辞める。辞めない。を判断するうえで考えて欲しいことがあります。

それは『今の職場で働き続けて本当に有益か?』です。

こんな理由で仕事を辞めていいのかな?と感じる人は今の会社を辞めずに数年過ごすビジョンを持っておいて下さい。

しっかりと考えた結果、辞めないと判断できるなら『仕事を辞めない』のがあなたにとってベストなのです。

考えた結果、やっぱり『辞めたい』と感じるなら、間違いなく辞めるべきです。

仕事を辞めたいけど、こんな理由でいいの?と迷った時は必ず『自分にとって有益かどうか』で判断するようにして下さい。

この先、長く働くのはあなたです。

注意点
  • 一つだけ注意点としては『数カ月での短期離職』をする場合は、転職活動で不利になる可能性があります。その場合は、仕事を見つけてから会社を辞めるように動いて下さい。辞めてから転職活動をすると、仕事が見つかりにくく焦ることになる可能性があります。その焦りが最悪な方向へ行ってしまうこともあるのです。最悪の結果は再転職です。

仕事を辞めるにはリスクも…【改善を試みるのも大切】

仕事を辞めたいと感じながら何も考えずに辞めると『こんなはずじゃなかった』と後悔するはめになります。

仕事を辞める場合にはリスクもあることを理解しておきましょう。

例えば、

  • 人間関係の悪化
  • 職場環境の悪化
  • 給料ダウン

上記が後悔するうえで非常に多い理由になります。

これらのリスクを踏まえ、職場での不満に対する改善がはかれるのであれば頑張ってみるのも大切ですね。

今の仕事で人間関係に不満を感じている人は下記記事で改善方法を知ることができます。参考にしてみて下さい。

仕事を辞めたい場合、転職の準備は事前にする【必須】

仕事を辞めたい理由を自分なりに整理できた人が次にやることは間違いなく『転職の準備』です。

辞めたい理由を整理する前に転職の準備をしてもいいくらいです。

なぜなら、転職サイトに事前に登録しておくとメリットが非常に多いからです。

例えば、下記のようなメリットが考えられます。

  • 怪しい企業を見分けれる可能性がある
  • 自分の希望する求人内容が出たら即応募できる
  • 辞める準備が整っていると余裕ができる

上記のようなメリットがあります。転職サイトに登録することでデメリットは一つもないので、仕事を辞めたいと感じる人が登録しない理由がないのではないでしょうか?

少しでも失敗をしたくない気持ちがある人は必ず転職サイトへの登録は早めに済ませておくべきです。

仕事を働きながらと辞めてから、転職活動のメリット・デメリット

働きながら転職活動をする方がいいのかな?辞めてからの方がいいのかな?そのように感じる人もいるでしょう。

僕の意見としては『確実に働きながらの方がいい』です。

なぜなら『仕事見つかるかな?』という不安がゼロになります。

精神的負担を減らせるというのは転職活動をするうえで非常に重要です。

ただ、在職中に転職活動をするデメリットもあるので、メリット・デメリットの両方を紹介したいと思います。

仕事をしながらの転職活動

メリット
  • 収入が途切れないので資金面での不安がなく妥協せずに仕事を探せる
  • 確実に仕事を見つけてから退職できる。その結果、『仕事が見つかるかな』という不安がなくなる。
デメリット
  • 急ぎの募集には対応できないので、そのような求人では不利になる
  • 仕事が忙しいと転職活動に集中できない可能性がある
  • 面接の日程調整が難しい(転職エージェントの利用で解決)

仕事を辞めてからの転職活動

メリット
  • 時間的な余裕ができる
  • 急ぎの求人にも応募できる
デメリット
  • 収入が発生しないので転職活動が長引けば不安が大きくなり、かなり焦る
  • 長期間の離職になる可能性がある。長期離職になると不利になることもある

これらのメリット・デメリットを比べて辞めてからにするか、仕事をしながら活動するかを検討してみて下さい。

経験者として、30歳を超えている場合は絶対に在職中に転職活動をするべきです。

仕事の見つからない期間が長くなると本気であせることになり、適当に仕事を決めてしまう結果になる人が多いです。

その結果、再転職という人が多いためです。

仕事選びは慎重に計画的にするべきです。

【仕事を辞めたい】退職理由はどうする?

退職理由に不安を感じ仕事を辞めたいと感じるが動けない人がいます。

ここを説明すると、かなり長くなります。

そのため、下記記事にて『会社に伝える退職理由』と『面接時の退職理由』について解説しています。

面接時の退職理由については例文も用意していますので、どうしよう?と悩まれている人には、きっと役に立つはずです。

仕事辞めたい理由と知るべき大切なこと|まとめ

仕事を辞めたい理由を紹介してきました。

どうでしょうか?

あなたの辞めたい理由もランキングの中にはありましたでしょうか?

『こんな理由で仕事を辞めたい』と感じて良いのかな?など不安に思うこともあるでしょう。

ただ、はっきりと言えるのは仕事を辞めたい理由にダメというものは存在しません。

あなたの人生です。

最後はあなた自身の気持ちで辞める・辞めないを判断した方が絶対にいいです。

最新情報をチェックしよう!