仕事を辞めたい新卒が知るべき大切なポイント『無知はマジ危険』

仕事を辞めたい新卒に向けて本記事の内容を説明しています。トシオ
仕事を辞めたい。新卒で入社間もないうちに転職。仕事見つかるのか不安だ。どうすれば良いんだ…。本気で悩み辛いと感じる毎日を送っていますよね?僕にもそういう時代がありました。大丈夫です!第二新卒って『転職するのに非常に有利な点も多い』のです。それを本記事では解説していきます。
まず、この記事で紹介する内容を、ざっくりと説明します。
本記事で伝える内容
  1. 新卒者が仕事を辞めたいと感じる時に『辞めてもいい理由とダメな理由』
  2. 新卒者が仕事を辞める時のメリット・デメリットについて
  3. 再就職までの平均的な期間
  4. 転職を始めるためのタイミング

これらについて解説をしていきます。

はっきり言います。第二新卒だから可能な転職がある。
これだけは大切なポイントです。本書では、それらも踏まえて知っておいて損はしない大切な内容をお伝えして行きます。

新卒で仕事を辞めたい時に考えるべき主な『辞めてもいい理由とダメな理由』

仕事を辞めたい新卒に辞めても良い理由とダメな理由を説明しています。

仕事を辞めたいけど、新卒だし辞めて良いのか?不安で動き出せない。そのような気持ちになりますよね?

この章では、新卒の人が仕事を辞めたいと感じる時に『辞めてもいい理由とダメな理由』を3つ紹介したいと思います。

辞めていいパターンが2つ。辞めてはダメなパターンが1つの構成になっています。

辞めて良いパターン①:自身が希望する業務内容、または、やりがいを感じる仕事ではない

新卒で仕事を辞めたいと感じる理由として多いのは『希望する業務内容、または、やりがいを感じる仕事ではない』です。

結論として、今している仕事が自分のやりたいと感じる職業でない場合、辞めたい気持ちに対して迷う必要はないと僕は感じます。

なぜなら、『やりたくない仕事をしたところで、一つも良いことがない』これが全ての理由です。

今あなたが新卒で入社して、どれくらい頑張っているのかは分かりません。仮に一カ月もしくは半年もっと頑張って一年間、続けているとしましょう。

努力はされていると思います。ただ、それだけではないでしょうか?自分のしたい業務内容があるのに我慢して嫌々努力する。多分、成長は少ないと思いますよ。

ここで考えるのが『三年は我慢して働く説』ですね。

働いている年数が少ない人にありがちな悩みです。もしこのように考えているなら、自分にとってのデメリットをしっかりと見つめて欲しい。もし、3年間頑張ったとして『よし!本当は行きたかった業種にチャレンジしよう』と決意したとします。その時、仮に大卒と考えた場合、あなたの年齢は25歳以上にはなっているはずです。

もし、あなたが経営者なら『25歳の未経験者』か『22歳もしくは23歳の未経験者』どちらを採用しやすいですか?あまり能力差がないと判断するなら絶対に後者の若い人ですよね?また第二新卒で通る年齢なのか?についても理解しておきましょうね。(第二新卒の定義については下記で少し解説します。)

転職をするのに三年説はよく言われますが、自分の年齢を考えて行動するべきです。若さというメリットが大きいので仮にすぐに辞めたとしても若さは就職には非常に強力な武器になることを知っておいて下さい。

なので、『希望する業務内容ではない』場合は、新卒でも仕事を辞めたいと感じるなら辞めてもいい理由になりますよ。

辞めて良いパターン②:健康状態が悪化するほどのストレスがある

次の新卒でも辞めて良いパターン『健康状態が悪化するほどのストレスがある場合』です。

はっきり言って健康を害してまで頑張る仕事ってないと思いますよ。即転職活動に入っても良い人です。

やはり体を壊してしまうと日常生活(プライベート)までガタガタになってしまいます。自分以外の人間、例えば、家族や友人または恋人などにも影響を及ぼす可能性が非常に高くなってしまいますよね?

そうなると、何のために頑張って働いているのか分からなくなってしまいますよ。

逃げてはダメ。甘えてはダメだと考えて一生懸命に働き頑張った結果、体調を崩してしまい自分の周りの人間に迷惑をかけてしまう…。

こんな辛いことはないと僕は感じます。

よくある事例
  • 『彼女と別れてしまった…』
  • 『彼氏と別れてしまった…』
  • 『友達に愚痴ばかり言って嫌な気持ちにさせてしまった…』
  • 『親にあたりケンカしてしまった…』

精神的に病んでしまって家に変えってからプライベートの付き合いで愚痴ばかり吐いてしまっている。

このような結果、上記のような現象が起きてしまうのです。

頑張った結果、『彼女と別れてしまった』『彼氏と別れてしまった』そのようなこと、あってはならないのです。

なので、健康状態が悪化するほどのストレスがある場合は新卒でも仕事を辞めたいと感じる場合には辞めても良いです。

辞めてはダメなパターン①:会社の待遇面が不満で辞めたい場合は注意

次に『新卒が辞めたい』と感じた時に辞めてはダメなパターンです。

ここに関しては一つかなと感じています。それは『会社の待遇面が不満で辞めたい』と感じる場合ですね。

なぜなら、どの仕事をしようとも不満は出てくるからです。

  • 自分だけ正当な評価してくれないと感じる…
  • 会社の方針が気にいらない…
  • 雰囲気がちょっと…

このような不満だけで辞めてしまうと後悔する可能性が高くなります。

あなたが今の仕事を好きでない場合は別として、自分がしたいと感じていた職種でやりがいを感じるなら絶対に辞めない方がいいですよ。

きっと後悔することになります。

仕事を辞めたいと感じる理由が周りの環境のせいになってしまうと結局、次の職場でも環境が悪い。前職の方がまだマシだったなと結論付けて、次も不満で転職を考えてしまうような人も中には多くいるのです。

誰も、そのような事態になりたいと考えている人はいないと思いますが、『待遇面で不満』を口にして辞める人は後悔することも多いと頭に入れておいて下さいね。

仕事辞めたい…新卒で辞める時のメリット・デメリット

仕事を辞めたい新卒に辞める時のメリット・デメリットについて説明しています。

仕事を辞める前に知っておいて損しないことは、新卒で辞めたいと感じ辞めた時のメリットとデメリットでしょう。

仕事を辞めるうえで絶対に避けたい現象は『こんなはずじゃなかった…』です。

結局、何も考えずに辞めた場合に後悔しても遅いのです。まずは、辞める時に発生するメリット・デメリットをしっかりと確認してくださいね。

新卒で仕事を辞めた時のメリット

新卒者が仕事を辞めたいと感じる時のメリットについて解説します。

仕事を辞めるメリット
  • 第二新卒の需要は高いので転職しやすい
  • 今の職場からのストレスから解放される
  • 自分のしたいと感じる業種に新たにチャレンジできる
  • 楽しい毎日を取り戻せる可能性がある

第二新卒の需要が高いというのは、新卒で仕事を辞めたい人には非常に背中を教えてくれるメリットでしょう。

やはり、それだけ『若い』というのは転職において最大の武器になるのです。

なので、逆を言ってしまうと、今の職場を無理に我慢して続けると年齢が経つ。その分、努力は認められるが転職にとっては不利になることを理解しておくべきですね。

今、転職をして大丈夫かな?と不安に感じている人も多くいると思います。その人は『年齢の不利』、『第二新卒の需要』をしっかりと考えて見て欲しいです。

しかも、第二新卒の転職で非常に有利になる点があります。それは『未経験者歓迎』が第二新卒では圧倒的に多いのです。

例えば、

  • 熱意やポテンシャルが採用基準
  • 入社に対する気持ちの強さ
  • 志望動機で判断

第二新卒の場合、『未経験者が前提』になっているのです。これは普通に考えるとめちゃくちゃメリットがデカいのです。

ここで本気で理解しておくべきポイントは、第二新卒は入社して1年~3年以内に再就職する人を指す点です。

この期間を逃してしまうと、『未経験者が前提』という条件はなくなってしまうのです。

新卒で仕事を辞めた時のデメリット

新卒者が仕事を辞めたいと感じる時のデメリットについて解説します。

仕事を辞めるデメリット
  • やはり早期退職をすると乗り越えないとならないのは『また辞めるのでは?』と考えられる可能性があるところでしょう。
  • 少しではありますが、面接の前に不採用にしてくる可能性がある。
  • 転職活動は動かないといけない事が多く、気持ち的に負担が大きくなることもある。(人により問題ないことも多い)

やはりデメリットをあげられる理由としては、『早期退職による』イメージの低下が大きいでしょう。

企業側の考える理由としては『また入社してすぐに辞めないだろうか…』の一点ですね。これに関しては覚悟を決めて面接時に覆すぐらいにアピールする必要があります。

簡単では無いです。ただ第二新卒の場合、絶対に就職はデキると感じます。

『転職できるかな?』と不安に感じている人もいることでしょうが心配はいりませんよ。

普通に努力さえすれば、必ず就職は見つかります。

ただ、そうは言ったものの、転職でどうのようにアピールすればいいのだろう…。そう考えるのが普通ですよね?そこで転職回数が多くても成功できるアピール力についての記事を書いてます。読んでみるとアピールするための参考になるはずですよ。読んでみて下さい。

>>参考記事:『転職回数が多い5回以上でも成功したアピール力の秘密を紹介します』

新卒者が仕事を辞めた場合、再就職までの平均的な期間は押さえておこう

仕事を辞めたい新卒に再就職までにかかる平均的な離職期間について説明しています。

新卒の人で転職する場合に押さえておいた方がいいものがあります。

それは、『平均的な離職期間』です。

あらかじめ離職期間を把握しておくことで心の余裕にもなり、不安の解消にもなりますよ。

それと一番のメリットは、だいたいの期間を把握しておくと資金面での経済的な不安を無くせますよね?これが平均的な離職期間知っておくと非常に大きなメリットです。

例えばですが、今この記事を読まれている、あなたが一人暮らしの場合、3カ月、4カ月と経済的な蓄えがあるなら考えなしに辞めてもいいでしょうが、貯金がない場合、なにも考えず転職すると地獄を見ることにもなりかねません。

仕事が辛くて辞めたいと考えて動いたのに、さらに経済的なダメージがくるなんて悲惨な状況ですよね?

そのような人のために下記のようなデータがあるのです。

厚生労働省が発表している『離職期間データ』です。便利ですよね。新卒~第二新卒の期間もバッチリ掲載されていますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

直前の勤め先を離職してから現在の勤め先に就職するまでの期間

仕事を辞めたい新卒に対しての平均的な離職期間データ

出典:平成 27 年転職者実態調査の概況 – 厚生労働省

転職活動を始めるタイミングと準備しておくもの

仕事を辞めたい新卒に転職活動を始めるタイミングについて説明しています。

さて、ここでは行動を軸に考えていくフェーズです。

まず、転職するのに大切なのは転職活動を始めるタイミングと準備しておくものですね。これを間違えると焦る必要がありますので注意して下さいね。

結論から伝えると、仕事辞めたいと感じている新卒者が転職活動の準備をするタイミングは今すぐがベストです。

なぜかというと、あらかじめ準備をしておくとメリットが本当に大きく損をする可能性を下げれるからです。

例えば、あらかじめ準備を進めておくと下記のようなメリットがあります。

  1. 心に余裕があるうちに、めんどくさい作業を全て終わらせておく方がいいから
  2. あらかじめ転職サイトを眺めているとメリットがいっぱいある。(※説明は省略。下記記事に詳しく説明があるため)
  3. ブラック企業を見分けられる可能性がある(※説明は省略。下記記事に詳しく説明があるため)
  4. チャンスを逃さない
  5. 行きたい業種の求人が出たら即応募できる
  6. 全部の準備を終わらせておくと心に余裕ができる(冷静に辞める、辞めないの判断ができる)

準備をするとメリットしかないことが理解できますよね?逆にあらかじめ準備をしないとデメリットばかりです。

どちらを選びますか?100人中、100人が準備をすることを選びます。

では、答えが出たと思うので今から転職の準備を始めて下さい。少しでも動けば未来は変わっていきます。不安があったとしても動けば現状を変えられるのです。

その選択をデキるのはあなたしかいない。下記記事では『絶対に登録必須の転職サイト』を紹介している記事です。上手な活用方法などについても記載していますので参考にしてみて下さい。きっと役に立つはずですよ。

>>参考記事:『転職サイトのおすすめは?迷う人は紹介する有名どころ5つで十分!』

新卒で仕事を辞めたい|まとめ

どうでしょうか?本記事を読んで頂き、新卒で仕事を辞めたいと感じているが良いのかな?という不安や悩みは無くなりましたか?

よし動こうと決意して行動に移せる人がいてくれると嬉しいです。

本記事で紹介させてもらった、下記の4つについては、新卒で仕事を辞めたいと感じる人には大切なものばかりです。

  1. 新卒で仕事を辞めたい時の『辞めてもいい理由とダメな理由』
  2. 新卒で仕事を辞める時のメリット・デメリット
  3. 仕事を辞めてから再就職をするまでの平均的な期間
  4. 転職活動を始めるタイミングと必要な準備

時間はみんな平等です。余裕をかましていると第二新卒の期間も終わり、未経験者では入社不可なんて企業も増えてきます。

第二新卒である今だから飛び込めることもあると考えて行動して下さい。

なんとか転職を勝ち取って下さいね。

もし、次の職場で人間関係に不安を感じるな大丈夫かな…と感じる人は下記の記事を読んでおくといい関係が築けるかもです。ぜひ読んでみて下さい。

>>参考記事:『新しい職場で人間関係を良好にしたいなら2つの特徴を知るだけ』

ここまで読んで頂きありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!