職場の人間関係に深入りしない方が良い理由と上手くやり過ごすコツ

職場の人間関係に悩み苦しいと感じる人は多くいます。今、本記事を読んでくれている、あなたも職場の人間関係に深入りしないでいたい。と悩んでいるのではないでしょうか?

職場の人間関係に深入りすると、プライベートの時間も減る。自分のやりたいことの時間が減る。休日でも職場の人間関係と関わらないといけないストレスなど、色々辛いと感じる面がありますよね?

これらの悩みを消すことが可能であれば、あなたも方法を知りたいのではないでしょうか?

その方法を詳しく紹介しているのが本記事になります。あなたが最後までこの記事を読んでくれたなら、きっと職場の人間関係に深入りしないコツをつかむことができ、今日から職場生活が劇的に変化することでしょう。

それでは読み進めてください。

職場の人間関係に深入りしない方が良い理由

職場の人間関係で深入りしない方が良い理由について説明

この章では職場の人間関係に深入りしない方が良い理由をお伝えしていきます。職場の人間関係は非常に大事な部分で距離を取り深入りしないことに抵抗がある人もいるはずです。

そういう人はしっかりと職場の人間関係に深入りしない方がいい理由を確認して見てください。確認して見てから深入りしない方がいい。と感じる人は距離を置き深入りしない努力をして下さい。

深入りしないでやり過ごすコツについては次章で説明します。

それでは見ていきましょう。

ストレスを感じなくて済む

職場の人間関係に深入りしないことで無駄なストレスを感じずに済むのが非常に大きなメリットの一つになります。

職場の人間関係は気疲れが起こるのです。特に上司や先輩と話をすると何かと相手を立てて話をしなければなりません。

しかも、楽しくもない話に大きなリアクションを取り、相手を盛り上げる…。このようにしていく事で、さらに職場の人間関係に深入りをしていくはめになります。

上司や先輩からするとリアクションをしてくれる人間がいると気分が良いのですね。あなたが接待をすることが嫌いでなければ良いかもしれませんが、この記事を読んでくれているので深入りはしたくないはずです。

職場の人間関係に深入りしないことで、こういった無駄なストレスを感じずに済みます。

プライベートの時間を大切にできる

プライベートの時間があるからこそ仕事を頑張れるのではないでしょうか?職場の人間関係に深入りすることで、『休日にバーベキューを皆でしない?』『仕事終わりに飲みに行かない?』などの誘いが増えてきます。

誘いが増えだすとプライベートの時間が無くなります。そうすると気持ちの休まる時間がなくなり疲れる。そして仕事にも意欲が無くなりミスなども誘発してしまうということが起きてしまいます。人間関係に深入りしないことで、自分のプライベート時間を大切にできます。

プライベートの時間を充実させると仕事にも意欲的に取り組むことができます。自分の時間を確保することでスキルアップの時間を作ることも可能になります。

職場の人間関係に深入りしないと誘いなども良いことも増えるのです。

距離感がハッキリする

常に職場の人間関係に深入りしないようにしていると良いことがあります。それは距離感がハッキリすることです。

初めのころはプライベートでの誘いをしてきた人でも、常に何かの理由をつけて誘いを断っていると誘ってこなくなります。こうなってくると相手もあなたがプライベートはあまり関わりたくない人間なんだと理解してくるのです。

付き合いが悪いという人もいるでしょうが気にしないことが大切です。そういう風に言ってくる人も初めだけです。

距離感がハッキリすると何も言わなくなりますし全然大丈夫です。逆に何かと理由をつけて断らなくて済むようになるので、良いことの方が多いです。

最初は気を使うでしょうが断る勇気をもって下さい。

同僚の悪口に付き合わなくて済む

同僚の悪口をよく口にする人がいます。『あいつは要領が悪い』『あいつは何もできない人間だ』このような人間は基本的にある程度、発言力がある人物です。

特徴としては周りを巻き込みながら悪口を口にするのです。悪口を聞かされるのは非常にめんどくさいし、いい気分は絶対にしないものです。最悪なことは周りから同じように見えてしまうことです。

ひどい場合には、あなたが悪口を言っていると勘違いされてしまうこともあるでしょう。こういう時のために深入りしないことを心掛けて下さい。

職場の人間関係で深入りしないことで、同僚の悪口に巻き込まれる心配も少なくなります。

トラブルに巻き込まれなくて済む

職場の人間関係に深入りしないことで無駄なトラブルから身を守ることが可能です。会社組織が小さいと派閥などはないですが、大きくなるとそれだけ多くの人間がいるので派閥があったりもします。

人間関係が複雑になってくると良からぬトラブルにも巻き込まれる可能性も出てくるのです。立ち向かえる人ならトラブルに巻き込まれたとしても大丈夫でしょうが大抵の人は、そんなことないはずです。

職場の人間関係に深入りしないことで、これらのしがらみも無くすことができ常に中立を維持できる立場に立てるのです。そうなると仮に派閥があったとしても、どっち付かずの中立を維持しているので問題に巻き込まれる可能性は低くなります。

職場の人間関係に深入りしたくないけど周りから付き合いが悪いなど言われることに不安を感じている人もいることでしょう。ただ、ここまで紹介してきた深入りしないことで得られるメリットを考えてみて下さい。

もし深入りしない方が良いなと感じるなら、今日から少しづつでも良いので深入りしない努力をして下さい。きっと一年後には人間関係が楽になるはずですよ。

職場の人間関係に深入りしないで上手くやり過ごすコツ

職場の人間関係で深入りしない方法と上手くやり過ごすコツを紹介しています

職場の人間関係に深入りしないことで感じる不安は『職場での人間関係が崩れないかどうか』ということが非常に大きいのではないでしょうか?

やはり深入りしないことで人間関係が崩れてしまうなら職場に居づらくなってしまう…。そう考えると不安で何もできなくなる人もいると思います。

そこで、この章では人間関係を悪くせず、尚且つ深入りしないで職場で上手くやり過ごすコツを説明していきます。ポイントさえ押さえてしまうと人間関係を崩さずに職場の人間に深入りしないことも可能です。

それでは見ていきましょう。

挨拶などの最低限のコミュニケーションだけは取る

職場の人間関係に深入りしなくても挨拶など最低限必要なコミュニケーションはしっかりと取る必要があります。ここを適当にしてしまうと良い印象がまったく持たれなくなります。

深入りしないということは、自分から距離を置いていくことになります。そうなると孤立する可能性も出てくるのです。

深入りせずに距離を置いていくことと、孤立することは意味が別ですよね?なので、しっかりと最低限必要なコミュニケーションは取るように努力しましょう。

・挨拶は元気よくする

・何か助けてもらった時はお礼を言う

・報・連・相

この上記であげた3つぐらいは最低限必要です。特に『報・連・相』は仕事をするうえでは必須です。上司や先輩は適当に何でもするのが一番困ります。何か問題が発生した場合、上司や先輩が責任を取る必要がでてくるからです。

人間関係に関して深入りしないのは、あくまでも仕事に関わらないこと以外と考えて行動することが大事ですね。そうすると職場での信頼関係を保ちながら、気づかれずに距離を置くことが可能です。

最低限必要なコミュニケーションだけは意識して取る努力をして下さい。

もし自分はコミュニケーションを取ることが苦手と感じている人は『コミュニケーションが下手でも仕事で上手に立ち回れるコツ7選』を読んでみて下さい。

仕事はテキパキと行動する

職場の人間関係が壊れる原因の一つは『仕事がデキないというレッテルを貼られること』です。ハッキリ言ってデキない奴という風に一度捉えられてしまうと覆すことは簡単ではありません。

デキない奴になってしまうと、あいつと同じ給料を貰っているのは何でなんだ?などと色々陰口をたたかれるようになります。そうなると職場の人間関係に深入りしない以前の問題になりますよね?

また、そういう状態で深入りしないようにすると待っているのは職場での孤立です。絶対に辛い現実になってしまうはずです。

逆にいつもテキパキと行動して報連相もしっかりと取れる。そういう人の場合はどうでしょうか?たぶん、人間関係に深入りせず、ある程度の距離を取ったとしても誰も何も言わないのではないでしょうか?

逆に尊敬されることもあるはずです。簡単ではないですが『仕事はテキパキと行動する』を心掛けて下さい。これがデキると職場の人間関係に深入りしないことがやりやすくなるはずです。

もし仕事があまりデキないと普段から考えることがあるなら『仕事ができない、辛い…本気で変わりたいですか?変われる秘密を記載してます』を読んてみてください。仕事がデキる人になれるヒントをかなり記載しています。

仕事外の誘いはハッキリと断る

いつも職場の人間関係を気にするあまり誘いを断れない人を見かけることが多くあります。常に『YES』で答える人です。

自分が辛いと感じない場合は全然問題なく付き合いをしていけばいいのですが、辛いと感じる場合は断る勇気も大切です。辛いと感じるけども断れない人は自分の時間の大切さを理解していません。

相手もあなたがいつも行くので誘っておこうという感覚になり常に誘ってくるようになります。もし誘われて行きたくないのであればしっかりと断ることが大切です。

よく行く飲みの誘いなどは『実は飲みがあまり好きでない』『毎日やりたいことがあるので帰ります』など常に行きたくない意思を伝えることです。

『今日はチョット用事が…』のような断り方をすると違う日なら大丈夫と勘違いして、また誘ってくる可能性があります。常に行きたいくない意思を出すことが大切ですね。

誘いを断る理由を考えておく

職場の人間関係を悪くせず深入りしない方法として断りをしっかりと入れることは大切です。ただ、相手も良かれと思って誘うわけです。なので、ある程度プライドを傷つけないように断ることが大切です。特に先輩や上司の場合は気を使う必要があるでしょう。

まず誘われた時の準備として断る理由を用意しておきましょう。そうすることで誘われた時に、すぐ断りの返答を入れることが可能です。

使える断り方

・今日は予約が入っているので…

・家族と行くところがありまして…

・最近、習い事を始めまして当分は…

・帰って家事などやることが多くて…

・家族で週末はすることがある…

などなど色々考えておくといいと思いますよ。

効果的なものは家族ネタで断るのが相手も突っ込みにくいです。『毎日やることが多くて~』と伝えていくことで誘われる頻度も少なくなるはずです。

職場の人間関係に深入りしない為に断るネタを作っておきましょう。

一つ注意点としては、誘われたら敬意を表して『誘ってくれてありがとう』という感謝の気持ちが伝えることで職場の人間関係を壊さずに断ることが可能です。

必ず感謝は伝えることは忘れないようにして下さい。

笑顔だけは大切にする

職場で嫌われる原因の一つに常にムスっと不機嫌そうな顔をすることがあげられます。そういう人が職場の人間関係に深入りしないようにするとどうなるでしょうか?間違いなく待っているのは孤独です。

孤独になってもいいよって人はそうすればいいでしょうが、この記事を読んでくれている人のほとんどは、そのような事を望んではいないはずです。

だから人間関係に深入りしないようにするなら職場では笑顔でいることをオススメします。

笑顔の効果は非常に高いです。笑顔でいると周りは決してあなたに対して敵意をむけることはないでしょう。だからせめて笑顔でいることを心掛けて下さい。

そうすることで職場の人間関係にある程度の距離を取っても嫌われることはなくなるでしょう。

常に笑顔を心がけて職場ではいるように心がけて見てください。

職場の人間関係に深入りしない:まとめ

職場の人間関係に深入りしないしないためには必要なことをまとめておきます。

職場の人間関係に深入りしないしない(まとめ)

【職場の人間関係に深入りしない方が良い理由】

・ストレスを感じなくて済む

・プライベートの時間を大切にできる

・距離感がハッキリする

・同僚の悪口に付き合わなくて済む

・トラブルに巻き込まれなくて済む

【職場の人間関係に深入りしないで上手くやり過ごすコツ】

・挨拶などの最低限のコミュニケーションだけは取る

・仕事はテキパキと行動する

・誘いを断る理由を考えておく

・笑顔だけは大切にする

職場の人間関係に深入りしないでおきたいと感じているサラリーマンは非常に多いと思います。この記事では深入りしない理由と誘いなどを断りながらでも上手くやり過ごすためのコツを紹介してきました。

少しでも実践してみようかなと感じて頂けたら嬉しいです。

ぜひ、本記事で紹介した内容を実践し、職場の人間関係に深入りしないで自分のプライベートの時間を増やしストレスない職場生活を取り戻して下さい。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

もし職場の人間関係が疲れると本気で悩んでいるなら『職場の人間関係マジで疲れる…辞めたいと本気で感じる人は読んでみて』を読んでください。悩みに対する向き合い方などを知ることができます。

最新情報をチェックしよう!