職場の人間関係で孤立を感じる人が知るべき本当の理由と対処法

職場の人間関係で孤立してしまった人に『職場の人間関係で孤立した時に知るべき理由と対処法』をお伝えします。

この記事で得られること
  • 職場の人間関係で孤立する理由を知れます
  • 職場の人間関係で孤立したときの対処方法をすることができます
  • どうしても無理だと感じるときに転職を選んでも良い理由を知れます
  • 転職活動を始めるタイミングを知ることができます

職場の人間関係で孤立…。

そのように感じてしまった時、すごく孤独に感じ職場で助けてくれる人が一人もいない。そんな風に苦しい気持ちになり辛いと感じてしまいます。

また毎日が楽しくなくなり朝起きるのが辛い。出勤するのが本当に憂鬱になる。仕事に集中できない。このような現象が連鎖的にどんどんと起こり始めます。

今、あなたも『人間関係で孤立している…』辛いと感じているのではないでしょうか?

それらを解決するために本記事はあります。

対策方法は『すぐにできること』と『少し勇気がいること』の2パターンで用意しています。
まずはすぐにできることから始めてみて下さい。きっといい方向に行くはずです。

それでは読み進めてください!

職場の人間関係で孤立で知るべき理由と改善策

職場の人間関係で孤立する人は少なくないはずです。自分自身も入社して半年ぐらいから孤立を感じ悩んだ時期があります。

その時は毎日が辛く誰からも話かけられない…。

話しかけられたと思ったら『いつも人から隠れようとするね』と事務員さんに言われたことがあります。

・・・僕の仕事は営業です。

今思えばよくこの仕事を続けることができたなと思えるくらいでした。

何がダメなんだろうと半年以上も孤立しながら考えました。結果として僕は孤立から抜け出したのですが、その最終方法は『苦手と感じていた人に相談した』です。

実行した人間からするとわかるのですが、この方法はかなり勇気がいります。

だから今すぐにする必要はないです。

僕が克服することができた要因となる『苦手な人に指摘されたこと』を紹介しつつ、あなたも原因を探って下さい。

それでは読み進めてください。

職場の人間関係で孤立する理由を考える。原因は自分にあることが多い!?

職場の人間関係で孤立する原因は意外と自分にあることが多いです。

僕がやった『苦手な人に相談する』ことで理解したことは自分にも改善することがいっぱいあるでした。
相談した時は、ほとんど説教状態で淡々と理由を説明されたのを覚えています。

ただ今感じることは職場の人間関係で孤立する原因は自分によるところも多いこと。だから少しの努力で改善することは意外にもできるということです。

今、この記事を読んでくれている、あなたも職場の人間関係で孤立して苦しいと感じているはずです。
孤立する原因を探してみて下さい。

ただ自分自身で自分のことは見えないものです。なので僕が指摘されたことの中で自分に当てはまることがないかなと考えて見てください。

その指摘内容を紹介したいと思います。

相談した時に指摘されたこと
  • 笑顔がなさすぎる
  • あいさつが暗すぎる
  • 人から隠れると余計に目がいく
  • 回答を元気よくする努力をしろ
  • 声をもう少しでいいから大きくしてみる
  • 雑談に自分から入ってみろ
  • ネガティブすぎるからもっと前向きになれ

自分にある原因を見つけることができたら次は実行していくことになります。ただ注意点としては全てを同時にしていく必要はないということです。

全部やろうとすると疲れます。それでは意味がないですよね?

だから自分のできることからやっていく努力をすることが重要になります。

今から、すぐにできるパターンと少し勇気のいるパターンにわけて改善策を伝えていきます。

もし自分はコミュニケーションを取ることが苦手だと感じる人は下記の記事も読んでみて下さい。苦手な人でも会社で上手く立ち回るコツを伝えています。何かのヒントになると思いますよ。

[https://toshio-tensyoku.com/komyunikasyon-nugate-shigoto-teku]

職場の人間関係で孤立した時の改善策【すぐにできるパターン】

職場の人間関係で孤立が辛いと感じる人は自分に原因があることが多いと説明をしてきました。

ここからは改善策についての話をしていきたいと思います。なぜ自分が改善をしなければないらないと感じている人も少しはいるのではないでしょうか?もしそのように感じる場合の答えは簡単です。

今、ご自身で感じている『何で自分は改善しなければいけないの?』ということです。もう少し詳しく説明すると『人は変わらない』という大前提があるということを頭に置いておきましょう。他人を変えることは不可能。だからこそ自分を変えることが一番の近道なのです。

あなたが選べる選択肢は二つだということを覚えておいてください。

  • 自分が変わる
  • 転職の道を選び会社を辞めるか

今、あなたは職場の人間関係で孤立して苦しいと感じているはずです。
何とかしたいとも感じているはずですよね?

僕の意見としては、まず変わる努力をしましょうということです。これには理由があります。今自分を変えようと努力をしないと次の職場でも同じ体験をしてしまう可能性が非常に高くなるからです。

仮に、ここで失敗したとしても今、努力をすると必ず次の職場で役に立てることができます。

でも失敗したら今以上に職場にいられなくなる…。

そう感じる人にオススメな方法は、まず転職の準備を進めてから行動に移してみることです。

具体的な活動の進め方としては転職サイトと転職エージェントに先に登録しておき、履歴書や職務経歴書なども全て作成しておくことです。

こうすると失敗した時にも焦らずに済みます。今からやる対策も積極的にできるマインドにもなります。

先に転職の準備しておくことは自分で出来る最大の予防線です。上手くいかなかったら辞めてやるぐらいの強気でおれる時が何もかも上手くいくものです。

転職の準備については後ほど詳しく説明しますね。今は対策を読み進めて下さい。

すぐできる改善策1:常に笑顔で相手と話をする

人に好かれる簡単な方法は笑顔です。誰でもでき効果が非常に高い方法です。

これはどの国でも共通することではないでしょうか?

疑問がある人は、誰かに『無表情な人』と『笑顔の人』どっちが話しやすい?と質問すると、ほぼ全ての人が『笑顔の人』と回答するはずです。もし無表情の人と回答するなら『ただ反論したいだけの人』です。

それぐらい笑顔を作るだけで効果はあるのです。人間というのは『笑えば笑う。怒れば怒る』鏡みたいなものです。

ここで伝えている笑顔は爆笑をしなさいと言っているわけではありません。微笑む程度で十分にあなたの雰囲気を変えることができるはずです。

だから笑顔を意識し今から実践してみて下さい。

すぐできる改善策2:あいさつは元気よくする

明るくあいさつをすることが大事です。

あいさつも相手に明るい雰囲気を伝えれる武器の一つです。

しかも、すぐに変えることができるものです。毎日、暗いあいさつをして職場に入る人と、元気にあいさつしながら入る人とでは全然印象が違います。

職場での孤立感をなくし人間関係をよくしたい。と考えるならば自分の印象を変えることです。それだけで周囲があなたに話しかけやすくなるものです。

相手もあなたに警戒心を持っていることは忘れないようにして下さい。自分ではなく相手に目を向けてみると人間関係はスムーズに回りだすものです。

もし今からあいさつをいつも以上に明るくし『おはようございます』と言うと周囲は驚くことでしょう。それで良いのです。仮に『どうした?何かあったの?』と言われたらラッキーです。

その時にあなたが『自分を変える努力をしています』とその人に伝えると一気に広がり溶け込みやすくなることは間違いありません。

まずは孤立しないために明るく話しかけやすい雰囲気を作る。そのために『あいさつを明るく』するです。

少しは何かが変わるはずです!実践してみて下さい!

すぐできる改善策3:褒め上手になる

人を褒めることが上達すれば人間関係は必ず良くなります。

自然と褒められるようになると職場の人間関係は良くなり孤立していると感じることは無くなります。

それくらい人を褒めるということには力があります。あなたは褒められて気分が悪いと感じたことはありますか?

ほとんどの人は気分が悪いと感じることはないはずです。

だから人を褒めることを積極的にしていく。これだけで相手はあなたに対してウソのように好印象を持ってくれるようになります。

人を褒める時の注意点をお伝えしておきます。これを間違うと逆効果になる可能性もあるので覚えておいてください。

人を褒める時の注意点
  • わざとらしく大げさに褒めすぎない
  • 権力のある人ばかりを褒めない

この2点は注意してください。

わざとらしく褒めすぎるのはNGです。相手はバカにされていると勘違いしてしまう可能性が高くなるためです。

一言軽く褒めるだけで相手は嬉しいものです。それ以上やると逆効果なので注意しましょう。

権力のある人だけ褒めるのもNGです。周りの人からすると、あなたが権力のある人達にゴマすりをしているように見えてしまうからです。

ではどうすればいいんだ?ということですが、その答えは『周りの人も全て褒めるようにする』です。

そうすることで周りからも好かれ、権力のある人からも好かれます。

最後に褒めるテクニックを一つお伝えします。

褒めたい本人に直接言うのではなく周りに『〇〇さんの△△な所がすごくいい』と褒める要素を伝えることです。直接確認できるわけではないし時間の掛かる方法ではありますが非常に効果があります。

あなたも第三者から『〇〇さんがあなたのことを△△だと褒めていたよ』と言われると嬉しいですよね?
直接伝えられるより数段嬉しいはずです。このテクニックを使わない手はないですよ!

ぜひ人を褒めるクセを付けてみて下さい!どの職場に行っても役立つことです!

すぐできる改善策4:回答は元気よく

ここは上司や先輩に対して重要なところです。特に人間関係が出来上がっていない時期には意識し取り組む必要があります。

上司や先輩に何か伝えられた時に元気がない感じで返事をする。そうすると上司と先輩が感じることは『あいつ本当に理解しているのか?』となるのものです。

伝わっていなくて勝手なことをされることが立場上、非常に困るのです。

本人は意識していないので悪気がありそのように返事をしているわけではないのですが、相手(上司や先輩)からすると『本当にわかっているのか?』『やる気はあるのか?』となります。

その結果『あいつはダメだ』などの言葉があなたの耳に入りだし孤立しているように感じてしまうこともあります。

どうでしょうか?自分にも少しは当てはまるかな?と感じてしまう人は『回答は元気よく』こういう小さなことから改善すると職場での人間関係で孤立することは減ってくるのではないでしょうか?

やってみてダメでも、やらなかった今日より絶対に成長します。

ぜひ心当たりのある人は試してみて下さい。

すぐできる改善策5:ポジティブな自分になる

すごく抽象的な対策ですが重要と感じるのでお伝えします。

ポジティブになりましょう。

断言しますがポジティブになることはメリットしかありません。上記で伝えてきた4つのことも全てポジティブにならないとできないことです。

特に人を褒めることはポジティブでないとできないのです。

ネガティブな人は他人の粗を探し否定的です。また自分に対しても否定的になってしまうので笑顔もなくなり人とも関われないようになります。

常に前向きに考える心がけが大事です。

ありがとうと素直に感謝するようにする。何に対してもラッキーだなと考える。こういう心がけでポジティブな人間になっていけます。

仕事でミスをして最悪だなと感じるのも自分の心です。その最悪も少し視点を変えると失敗する方法を学べたと考えるとラッキーにすることもできますよね?このように考えていると不思議なことに良いことがまた起きるんです。

これ以上、話をすると占い師みたいになってしまうので、ポジティブな話はこれくらいにしておきます…。

でも本当に大事なので意識してみて下さい。きっといいように動き出すはずです!

職場の人間関係で孤立した時の改善策【少し勇気がいるパターン】

ここからは少し行動するのに勇気がいるパターンの話を少しします。ただ、ここで伝える内容は本当に効果はあります。

僕も悩みに悩んで”苦手と感じる人”に相談しました。あの時はこれでダメなら転職すると腹をくくり相談に行ったことを覚えています。

その時にしたことが本当に重要で『転職の準備を完璧にしてから相談に行った』です。

準備を完璧にしてから行くと開き直れるのです。ダメなら辞めてやる。最終手段に打って出れるので強気で意見を言えます。

後々に考えてみると、そこが本当に良かったことに気づきました。

また失敗しても良いことだらけですよね?本当に転職活動をする時にでも、これまでお伝えしたことを全て実行していると転職理由を聞かれた場合でも今まで悩みに対して実行してきたことを説明しメリットに変えることも可能になります。

仮に何もせず辞めた場合はどうでしょう?きっと転職理由を適当なウソで並べることになり苦労するはずです。

苦労するのは嫌ですよね?

だから、あなたがまず初めにすることは『転職の準備を完璧にする』です。

下記は登録しておくべき転職サイトと転職エージェントです。

紹介しているサイトは全て登録しておく方が絶対にいいと感じるものを紹介しています。転職は事前準備が本当に大事ですのでしっかりと準備をして下さい。

下記リンクより登録することが可能です。

転職サイト名
  • 【20代、30代】リクナビNEXT
  • 【20代】マイナビジョブ20’s
  • 【20代】キャリトレ
転職エージェント
  • 【20代、30代】リクルートエージェント
  • 【20代】マイナビエージェント

転職の準備は済みましたか?済んでない方は後ででも良いのでしっかりと準備をしましょう。

それでは少し長くなりましたが勇気がいるが効果があるパターンを紹介していきます。

少し勇気がいる改善策1:雑談に積極的にはいる

職場での孤立が嫌なら雑談に入ることも大切です。ですが、あなたが中心になり話を盛り上げていく必要は全然ありません。

輪の中に入り笑顔でリアクションをする程度でも効果はあります。

孤立してしまうのは周囲がいじめているわけではなく『話をあまりしない人』と思ってしまうことです。

一つ言っておきたいことは話をあまりしない人が悪いと言っているわけではありません。今は『職場での人間関係で孤立』をしないために、できるだけの対策を取ろうとしているから雑談に積極的に入りましょうと言っているだけです。

もし話をあまりしたくない人は無理にする必要はないです。ただ上記で説明をした『すぐできるパターンの5つ』はしっかりと意識してください。あれだけでも、すごく効果はあります。

少し話がそれましたが雑談に入り周囲に馴染んでいくことで職場の人たちは、あなたに対して話しにくいという思いが少なくなります。

入社当時はよく職場の人が気にかけて話してくれたけど今は全然で孤立状態…。という人が今記事を読んでくれている方の中にもいるのではないでしょうか?

もし当てはまると感じる人は『話をあまりしない人』と周囲が感じている可能性があります。
それを覆すには積極的に雑談に入る!これが近道になります。

少し勇気がいりますが頑張ってみて下さい。上手くいかなくてもプラスには働きます。自信をもってやってみて下さい。

でも、どうしてもそんなことができないと感じる場合は、耐えるしかないです。そのような人に向けて下記のような記事を書きました。職場の人間関係を気にせず暮らすためのヒントになると思いますよ。ぜひ読んでみて下さい。

[https://toshio-tensyoku.com/syokuba-ninngennkankei-kinishinai]

少し勇気がいる改善策2:苦手と感じる人に直接相談する

職場での人間関係で孤立している…。本気で辛いと感じる人の最終手段を紹介します。

それが苦手と感じる人に直接相談することです。

職場で孤立して辛い…。

そう感じる時は必ずと言っていいほど、あなたにとって苦手と感じる人がいると思います。今の職場で、この人と仲良くなれれば上手く回るのに…。そのように感じる人はいませんか?

苦手と感じる人がいるなら、直接その人に自分の悩んでいることを相談しに行きます。この方法は、はっきり言ってめちゃくちゃ勇気がいる方法です。

本気でそんなのできない…。そう感じる方は無理にする必要はないです。

ただ効果はあります!なぜ言い切れるのかというと、僕自身が本当に人間関係に追い込まれて、会社を辞めようか感じたときに最後にとった行動だからです。

注意点は『上司や先輩に相談するな』です。間違って欲しくないのは、相談することは悪いことではないです。上司や先輩に相談して苦手な人に話をしてもらう。この行為がまずいのです。

話を代わりにしてもらう。この行為は相手が伝えられて嬉しいことなら効果は抜群にあります。例えば、『〇〇さんは△△が非常に上手だと言ってたよ』的な褒めるような時です。

これは正直めちゃくちゃ効果があります。でも今回のような少し間違うと陰口になりかねない時は関係をさらに悪化させる要因にもなります。

だから直接相談に行くことが大事です。

効果は本当にあります。相手に自分の腹の内さらすことで自分が感じていたことを相手にぶつける。そうすると相手もあなたに対して思っていることを話してくれます。お互い感じていたモヤモヤがなくなり関係が回復することがあります。僕はこの方法でいい方向に進みました。

ただ全ての人が上手くいく保証はありません。だから最後の手段なのです!

あなたができる選択肢は3つだけです。

  • 我慢して耐え続けるか
  • 職場の人間関係をよくし孤立をなくすために自分が行動する
  • 転職の道を選び会社を辞めるか

このうちのどれかです。

大抵の人は苦痛に耐え続けることは難しいです。残り2つが選択しになりますが僕がおすすめするのは行動を起こして無理なら転職するです。

理由は今まで説明させて頂きましたが、失敗しても転職活動の時に話をする材料にもなりますし今後の人生にも役立つからです。

やってみようか迷われている人がすることは『転職の準備を完璧にする』です。

しっかりと準備をすると気持ちにゆとりができます。ゆとりができると全てが上手く回りだします。そういう意味でも転職の準備をしっかりすることはメリットがありますね。

下記より登録し、ぜひ頑張ってみて下さい。

転職サイト名
  • 【20代、30代】リクナビNEXT
  • 【20代】マイナビジョブ20’s
  • 【20代】キャリトレ
転職エージェント
  • 【20代、30代】リクルートエージェント
  • 【20代】マイナビエージェント

職場の人間関係の孤立が原因で転職は大丈夫です

今の職場で人間関係をよくするためにできるだけのことはした。もう嫌だ!と感じる人は会社を辞めることは全然問題ないです。

やるだけやってもダメなら今の職場に居続ける意味は無いですよね?いくら頑張って耐えようと考えたとしても何も残りません。このパターンはいずれは転職の道を歩むことになるものです。

なので素直に行動することがあなたにとっての最善な方法かもしれません。

職場の人間関係が原因で転職はダメじゃない!ムダに耐えるのはリスクしかない!

転職をしたいけどできないと感じる人の中には『人間関係が原因で転職はダメじゃないの?』と感じることです。

全然ダメではないですよ。下記はエン・ジャパンによるアンケート調査の結果です。圧倒的に人間関係が原因で転職が多いことが理解できるのではないでしょうか?

転職者が企業に伝える退職理由【タテマエとホンネ】

職場の人間関係で孤立が原因で転職をする人のタテマエとホンネ出典:転職理由(退職理由)のホンネとタテマエ

『職場の人間関係が合わない』『上司と合わない』『評価に納得できない』が48%の第2位に入っています。これくらい人間関係で転職を選んでいる人が多いのが事実なんです。

なので人間関係が原因で転職は何も恥でもないですしダメなこともないのです。

一番のリスクは頑張って耐えてもリスクしか残らないということ事実です。結局は時間だけが過ぎ去り年齢が増えていき追い込まれるのはあなた自身なのです。そこに気づくことが本当に大切だと思います。

職場の人間関係で孤立している。逃げたらダメなので頑張って耐える…。それをすることで何か得られるものがあれば、ぜひ頑張って欲しいです。ありますか?多分ないはずです。

だから素直に辞めたいと感じる場合は時間のムダにならないように今すぐに動くべきです。
後々の後悔で多いのは『もっと早くにしておくべきだった』です。

今すぐに動きましょう。そうすると何かが変わり始めます!後ではなく今すぐです。

下記はオススメの転職サイトと転職エージェントを紹介した記事です。上手く活用する方法なども記載していますので転職活動に絶対に役に立つ記事です。ぜひ読んでみて下さい。

[https://toshio-tensyoku.com/nijyudai-tensyoku-saito]
最新情報をチェックしよう!