職場の人間関係にストレスを感じ始めたら絶対に考えるべき大事なこと

職場の人間関係でストレスが溜まっていませんか?

人間関係って非常にめんどくさいけど重要なのでほっとけない…
だから、すごくストレスが溜まるんですよね。

これらの悩みを少しでも軽減できるように本記事を書きました。

この記事で解決できること

・人間関係で色々なストレスパターンあること知ることができます。

・ストレスパターンごとの対策方法を知ることができます。

きっと記事を読み終えることには人間関係の向き合い方を今よりも理解できストレスが軽減さます。
ぜひ最後まで読んで頂き、より良いサラリーマン生活を送れるようにして下さい。

それでは読み進めてください!

職場の人間関係にストレスを感じ始めたら絶対に考えるべき大事なこと

職場での人間関係にストレスを感じ始めたら自分がイライラしている原因を知りましょう。
原因を知ることで次の行動が明確になります。

行動が明確になると気持ちが楽になりストレスが少しマシになると思いますよ。

僕の場合は結局、転職の道を選びました。

この行動も、どのストレスタイプなのかを理解したことにより移せたと今になって思います。

タイプにより、どうしても改善ができないこともあるからです。

例えば、この記事でも紹介する『社長夫人との相性が最悪』な場合、相手を変えることは不可能に近いでしょう。

その場合、あなたの選択肢は下記のどちらかです。

  • 自分がストレスに耐え続ける
  • 無理と理解し会社を去る

上記のどちらかになります。

ここからは自分のストレスに感じる部分を理解し自分がどう動きたいのかを問いかけてみる作業が必要です。

それでは今から人間関係でストレスに感じるよくあるパターンを紹介していきます。

もし下記に自分のパターンがなければ、このような記事も書いています。
ぜひ読んでみて下さい。

[https://toshio-tensyoku.com/syokuba-ningen-kankei]

それでは見ていきましょう!

職場の人間関係でストレスに感じるよくあるパターン

職場の人間関係でストレスを感じる。
よく聞くことですね!

職場の悩みで非常に多いのが人間関係です。
サラリーマンとして生きる場合、絶対に避けては通れない部分です。

その中でもよくあるストレスパターンを今から紹介していきます。

職場の人間関係でストレス1:後輩との関係

後輩との関係でストレスを感じることって意外にも多いんです。

結構イライラしてしまうものですよね?
よくあるパターンを紹介します。

よくあるパターン

・すぐに口答え

・先輩よりできますよアピール

・言うことを聞いてくれない…

・敬語で話てこない

・取り敢えずなめてる感じが伝わってくる

 

対策

・相手に合わせながら話してみる

・上司に相談する

・たまにはパフォーマンスでも良いのでガツンと怒る

・基本として関与しないようにする

この手の後輩はイケイケタイプが多いので大変です。
はじめのうちにガツンと威厳を示しておくとスムーズに行くことがあります。

僕は上記の中でも『たまには怒る』ことが効果があると感じます。

いつもすると逆にバカにされてしまうので注意が必要です。
たまにだからこそ効果があります。

職場の人間関係でストレス2:他部署との連携が辛い

部署が多い職場でよくある悩みかもしれません。

というのも部署間での対立みたいなものが存在することがあります。
特に多いのは責任のなすりつけ合いです。

営業vsエンジニアあるあるではないでしょうか?
僕も経験したことがあります。

よくあるパターン

・責任のなすりつけ合い

・どっちがこれをやるんだ的な押し付け合い

 

対策

・自分が間違っていない場合は毅然とした態度で意見する

・お願いベースで話をしにいく

・ありがとうを忘れないようにする

・たまには相手の仕事を手伝い人間関係を築いておく

人間同士のやり取りですので相手に寄り添うことも大事です。
ここは本当に大事です。

まずはあなたが相手にギブする。
そうすると相手もあなたにギブをします。

こういう小さな心がけをするうちに他部署との連携が嫌いでなくなるかもしれません。
一度試してみる価値はあるのではないでしょうか?

そもそもコミュニケーションが苦手と感じる人には下記のような記事も用意しています。
ぜひ読んで見てください。
[https://toshio-tensyoku.com/communication-heta-kotu]

職場の人間関係でストレス3:嫌いな人間と会話をしなければいけない時

サラリーマンをしていると、どうしても嫌な人と会話をしなければならない時がきます。

あいつに話しかけないといけない…

話に行かなければいけないことは分かっている。
けど気付くと何時間も経過していた。

あなたにもそんな経験があるのではないでしょうか?

対策

・素早くさるために伝えたいことをまとめておく

・用件だけ言うようにする

・ムダ話はしない

・忙しい雰囲気を全開に出し話しかける

話しかける時は要点をまとめておき忙しいそうにし話かける。
用件を伝えたら忙しそうに去っていく。

これで大抵の場合は即終わらせることが可能です。

悩んで何時間も考えるのは時間をムダにしてしまいます。
時間がもったいないので即行動し終わらせるとストレスを感じる時間が短くてすみます

職場の人間関係でストレス4:社長や上司と合わないと感じる

社長や上司と合わない…
これは致命的なパターンです。

やはり会社で働くうえで社長は絶対的な存在になります。
また上司もしかりで権力が相手の方が上なだけに逆らうことができないです。

ここでストレスを感じる人は逃げ出せず非常に辛い状況で働いていると言えます。

上司にネチネチ嫌味を言われる

ネチネチ説教をしてくるタイプの上司なんかは最悪です。

この上司に当たるとウザいの一言です。

また説教が始まると長い!
もう、とにかく長い!

対策

・心を無にして犬が吠えてるかのようにやり過ごす

この手のタイプは長いのでスルーすることが大事です。
全て受け止めると心が折れます。

また自分のモヤモヤを出し切るまで良い続けるのが特徴です。
裏を返せば出し切ると自然と鎮火するので何も言わないことが大事です。

上司が怒鳴るタイプ

プライドの塊のような人間に多いです。

このタイプの上司には鉄則があります。
絶対に良い返さないです!

悔しい気持ちになることもあるでしょうが良い返さないを鉄則にしましょう。
急に噴火し怒鳴り散らします。

対策

・極力近づかない

・話すときはヨイショする

・意見するときは慎重にする

一番は極力近づかないようにするのが良いですが、そういう訳にはいかないことの方が多いでしょう。
なので『プライドの塊』ということは理解し接しましょう!

取り敢えず社長や上司が嫌い

社長や上司が嫌いすぎる…
この場合は逃げ道がないと感じます。

権力が相手にあり過ぎるので打つ手がない。
社長や上司のクセへの対処方法なら考えれば可能だと思います。

ただ『嫌い』となると何もないと言わざるを得ないと感じます。

対策

・定年まで我慢し続ける

・転職の道を選ぶ

上記の2つしかないです。
ただ、本当に辛いと感じる場合はやめるべきです。

多くの人を見てきましたが、このパターンでは遅かれ早かれ辞める運命になると思います。

心が折れてからでは遅いのです。
仮にあなたの心が折れたところで、その原因を引き起こしている元凶の人達は知らん顔ですよ!

そんなのめちゃくちゃ悔しいですよね?
だから精神が安定しているうちに辞めるべきです。

辞めてやったという方がどれほど良いか考えてみてください!

もし辞めたいと思っていても次の職場でも同じようなことになったらどうしよう。
そのような人のために下記の記事を書いています。
ぜひ読んで見てください。
[https://toshio-tensyoku.com/tensyoku-kowai-ninngennkannkei]

職場の人間関係でストレス5:責任感がゼロの人間との共同作業

責任感がない人と仕事をすると全て人に判断してもらおうとします。

そういう人と仕事をしたら疲れるんですよね?
全部、人に責任を押し付ける。

何かあれば『これはどうすればいい?』『どう思いますか?』
これで終わるなら全然いいんです。

問題が起きた時がこの手の人の本領発揮です。
伝家の宝刀は『〇〇さんが△△するように言ったからした』です。

あの瞬間ほどイライラしてしまうことはないと思います。

対策

・同じ土俵で戦うことはするな

・相手に決めて欲しい時はハッキリと決めてという

・周囲に相談し理解してもらう

あなたが相手と同じような感覚で戦うのはもったいないので避けましょう。

イライラの原因を聞いてくれる人がいれば話してみると良いです。
絶対に理解してくれるし気分も少し落ち着きオススメです。

職場の人間関係でストレス6:社長夫人との相性が最悪だと感じる

転職会議などの企業の口コミサイトでたまに出てくるのがこれです。

社長の奥さんが嫌で転職したです。
中小企業あるあるです。

やはりプライドを持って仕事をしている人がほとんどです。

社長に言われるならいい!
けど奥さんは違うと感じることが多いようです。

あなたにもそういう事はありませんか?

そして、たちが悪いのは逆らいにくいということですね。
社長の奥さんだけに…

対策

・定年まで我慢し続ける

・転職の道を選ぶ

これも権力が関係するので上記二択になりますね。

ストレス発散に先程紹介した転職会議のようなサイトをみるのは面白いですよ!

こういう転職会議のような口コミサイトは見てみると面白いです!
無料で登録できますし色々な企業の内情が見れます。

また転職したいと本気で感じた時にはめちゃくちゃ役に立ちます
登録必須のサイトですので一度登録してみるのは良いと思いますよ。

下記にリンクを貼っておきますね。
今は興味がなければ全然登録する必要はないです!
ただ転職する時は絶対に登録しましょうね!

【転職会議】:https://jobtalk.jp/

職場の人間関係でストレス7:理不尽に怒られる

会社員として働いていると理不尽に怒られイライラすることがあります。

特に話の通じない上司に怒られる場合はたまったものじゃない!
少し意見をしようものなら上から浴びせるかのように罵声ラッシュが飛んできます。

こういうタイプに怒られた場合の対策を示しておきますね。

対策

・感情的に返答しない

・取り敢えず悔しさを抑えて受け流す

・意見を全て肯定し相づちを打っておく

たまたま感情的になり怒ってしまった人で理不尽だなと思うことはあります。
ただ、こういう人は後々、冷静になった時に話を聞いてくれます。

大変なのは根っこからめちゃくちゃな人間です。
理不尽な人間と正直まともに話をすることは不可能と考えましょう。

自分の世界が全てで他のものが間違っていると初めから決めつけています。

こういう上司に当たると最悪です。

早いうちに転職を検討してみた方がいいと思います。

職場の人間関係でストレス8:無駄にライバル視される

無駄にライバル視をしてくる人がいます。
特に成績がもろに個人の評価となる営業のような職業では非常に多いです。

ライバル視をしていない本人からすると非常にめんどくさいんですよね。
ただ、これに関しては相手はあなたを認めているということも理解しておきましょう。

やはり相手がライバル視してくるのは『自分が少し負けている』と認識しているからです。

相手も努力すれば追いつける!と感じるからライバル視してきます。

対策

・相手がライバル視することをやめるぐらい突き放す

これは『言うは易く行うは難し』です。
かなり至難の業ですので、あなた自身にも相当の努力が必要になります。

スポーツでもそうですが、ライバルがいるから強くなれます。
めんどくさいでしょうが、ライバル視をしてくれるから成長できると思って頑張りましょう!

最新情報をチェックしよう!