面接での退職理由を例文付きで解説していきます。

面接で聞かれる退職理由の例文を紹介【よくある退職理由別で解説】

面接での退職理由をどうすればいいの?に対して例文付きで説明していきます。トシオ
仕事を辞めようと決意したときに『 面接での退職理由を何て言えばいいんだろう・・・ 』そのように考える人は少なくありません。
面接での退職理由をどうすればいいのか分からない。例文でも欲しいという人に説明していきます。アヤ
そうなんですよね・・・。私の場合、辞めたい理由が『人間関係』だからマイナスに取られるような気がして・・・
面接での退職理由を例文付きで説明します。トシオ

もちろん『 人間関係 』をそのまま伝えるとマイナスになります。
でも、大丈夫!
退職理由は『 ポイント 』さえ知っておけば、ネガティブな理由でもポジティブな退職理由にすることが可能です。

面接での退職理由を例文を見てポイントが理解できれば不安は無くなることを説明していきます。アヤ
ほ、ほんとに、そんなことが可能なんですか・・・?
面接での退職理由を理由別の例文でポイントを解説しながら紹介していきます。トシオ
本記事でその答えを『 悩み別の退職理由を例文付きで解説 』していきます。

紹介していく悩み別の退職理由の例文はこちらです。

  1. 給与・報酬が少ない
  2. 会社の経営方針に不満
  3. 労働時間
  4. 会社の将来に不安
  5. ノルマがきつすぎる
  6. 人間関係
  7. やりがい・達成感がない
  8. 仕事に飽きた
  9. やりたい仕事ではない
あなたが、面接での退職理由に悩んでいる項目があれば、目次よりジャンプできることを説明。トシオ

あなたの当てはまる退職理由があれば、下記目次より選んで読み進めて下さいね。

下記の目次をタッチすると、そこに飛べるようになっています。

面接で聞かれる退職理由の例文を紹介

面接でほぼ100%聞かれる退職理由について、例文を紹介しつつ解説していきます。トシオ
面接で聞かれる退職理由は聞かれることがわかるだけに悩みますよね。

この章では、よくある退職理由に対しての『それぞれの例文』を紹介していきます。

まずは、例文をヒントに『あなたの面接で回答するときの退職理由』を作り上げて下さい。

退職理由の例文①:給与・報酬が少ない

給料や報酬が少ないと、そのまま退職理由として伝えると面接ではマイナス印象を与えます。トシオ

面接で退職理由を聞かれたときに『 給料や待遇に不満 』がある場合、ストレートに伝えると全ての人ではありませんが印象を悪く捉える面接官もいます。

なぜ給料が必要なのか、自分のしてきた努力が会社の給料に反映されない理由を『自分なりの分析結果をもとに』提示してみるのもいいでしょう。

【 伝えるポイント 】

  1. なぜ給料を増やしたいのか
  2. なぜ自分の給料をあげてはくれないのかの分析結果
  3. あなたが会社でしてきた努力してきた点
  4. どういった職場で働きたくて転職を決意したのか
  5. あなたが転職先でしたいこと

給料に不満がある場合、ストレートに伝えると面接官にもよりますが悪い印象を持たれることもあります。

ポイントは給料を増やしたいと考えた理由や前職(現職)ではなぜ給料が増えないのかの原因分析を自分なりにしてみたなどを織り込むのもいいでしょう。

また、あなたが努力した点や次の職場で努力したい点を退職理由に入れ、転職への決意をアピールする流れを作りましょう。

退職理由を考えるきっかけは給料の低さです。前職(現職)では、月収18万円程です。

3年間働きましたが昇給は2000円だけです。10年以上働いており、役職がついている先輩に話を聞いたところ、私と大差ない給料で昇給がほとんどない会社であると伝えられました。

理由を自分なりに調べたところ業界全体が下降傾向にあり、会社の利益も下がっていることに気が付きました。

将来的には結婚をして家族を持ちたいとも考えております。

御社では成果に応じた評価をされており、重要なポジションも努力次第で獲得できると考えております。

業務内容的に直接の売上貢献はできませんが、作業の効率化や先輩や上司とのコミュニケーションを常に考えて仕事をすることにより、最終的に会社の利益に貢献できる職場で働きたいと考え転職を決意致しました。

退職理由の例文②:会社の経営方針に不満

経営方針に不満がある場合は、面接の退職理由でストレートに伝えるべきではありません。トシオ

面接での退職理由を回答するときに『 経営方針に不満 』があることを、そのまま伝えるのは悪い印象を与えること間違いなしです。

トップの経営に不満があったことを思いのまま伝えると、面接官は『うちに入社しても同じように不満を抱くのでは?』と考えますので注意が必要です。

【 伝えるポイント 】

  1. 経営方針に従いながら、もっと仕事ができる環境で働きたい
  2. あなたのやる気、新しいことへの挑戦意欲
  3. 今まで努力してみたこと
  4. 転職先で、どういったことをしたくて転職を決意したのか

経営方針に不満がある場合、あなたの気持ちや状況、仕事を辞める前に努力したこと。

や転職先で実現したいことなどを織り込んでいくと伝わる退職理由になります。

前職は年功序列の社風があり、若手のアイデアは基本的に受け入れてはくれませんでした。

年齢や社歴で意見の通る・通らないではなく自由にアイデアをだしながらリーダーを中心に話し合いを進めるべきだと以前から強く感じておりました。

本当に転職したいと考えたきっかけは、社内会議で作業の進め方について話し合いをした時です。

私が意見をしたとき、いつも通りに却下をされました。

数週間後の社内会議で社歴が長い年配の人が同じ意見を言ったときに通ってしまいました。

そのとき、もっと自由に意見ができ社歴などに関係なくチームで話し合いをもてる環境でキャリアアップをしたいと考えて転職を決意致しました。

退職理由の例文③:労働時間

面接の退職理由で労働時間は伝えにくいものですが、例文とポイントを押さえれば問題は解決します。トシオ

労働時間が退職理由の場合、『残業が嫌で…』というように話を進めてしまうと、『 入社して忙しい場合に同じような理由で辞めるのでは? 』と捉えられる可能性があります。

面接ではネガティブな印象を持たれる内容は避けつつ、自分の経験してきたことを活かして働ける職場で働きたいなどのようにもっていくようにした方がいいです。

【 伝えるポイント 】

  1. 効率をあげて仕事をしたいこと
  2. 残業をすることは嫌でないこと
  3. 自分の経験したこと
  4. 入社したらどうしたいのか(メリハリをつけて仕事をしたいなど)

アピールする場合、労働時間を前面に押し出すのは禁止です。

残業をするのは大丈夫だけどメリハリをつけたいことや自分の経験値を活かしながら効率的に働きたいという風に伝えるのがいいです。

前職では上司や先輩よりも早く帰ってはダメという雰囲気がありました。

お客様への納品期限や見積書の提出期限。それらの事情がある場合に残業をするのは当たり前で残業をするべきだと考えます。

ただ、効率的に作業をしたのにも関わらず先輩や上司が残っているからという理由だけでダラダラと残業をするよりも短期集中でメリハリをつけて業務をする。

終わったら帰宅しリラックスするほうが業務効率はあがり良いと考えはじめ、自分の今まで経験してきた『コミュニケーション能力』『顧客フォロー』『スケジュール管理』などの能力をもっと活かせる環境で仕事がしたいと考え仕事を辞める決断をしました。

退職理由の例文④:会社の将来に不安

面接の退職理由で将来の不安を説明するときには、なぜ不安なのかをしっかりと説明しましょう。トシオ

会社の将来性が不安であることをストレートにぶつけると悪い印象を与える可能性が高くなります。

将来の不安という部分はさらっと伝え、『自分が経験してきた知識をフル活用できる職場である企業を探していた。それが御社ですよ』というような表現がベストです。

【 伝えるポイント 】

  1. 将来性の不安には嘘はサっと伝える
  2. あなたの経験やスキルを伝える
  3. あなたがどういう環境で働きたいのか伝える
  4. 応募先の企業の業務内容であなたの希望とマッチすることを伝える

前職では現場作業員をしておりました。

製品を製作した段階で品質管理部門との連携を取りながら品質のチェックと修正ポイントなどを話し合いながら進めていく仕事内容です。

現場作業は工程管理、納期管理、部材管理などをしていく作業で大変さもありましたが非常にやりがいを感じる仕事でもありました。

ただ、品質のチェックなどの連携をとりながら直接お客様とやり取りをするなかで、もっとお客様と接していける仕事に魅力を感じ品質管理部への異動を会社側へ申し込みましたが、事業縮小の流れもあったので人員配置を変えながら新たな人材を現場に入れるというのが費用的な問題などからも難しいとの回答がありました。

現場の経験と品質管理の経験から得たスキルを最大発揮しながら働ける環境、且つ自分の希望であるお客様と直接、接することが可能である職場で働きたいと思い転職を決意しました。

退職理由の例文⑤:ノルマがきつすぎる

ノルマがきつすぎることが退職理由の場合、面接では数字を意識しながら働く大切さを入れつつ、ノルマが酷すぎる内容だったので環境を変えたかったことをアピールしましょう。トシオ

ノルマがきつすぎる…。営業や販売、購買などの仕事をしていると『 ノルマ 』は避けて通れない部分でもあります。

なので、全面的にノルマが嫌という流れに持っていくと悪い印象を与えてしまう可能性があります。

【 伝えるポイント 】

  1. ノルマが辛いという気持ちを出しすぎない
  2. 数字を意識して働くことは大切なことをアピール
  3. ノルマをクリアした経験があることも伝える
  4. ノルマばかりに目を向けず、顧客と信頼関係を築き働きたいことをアピール

前職でノルマが辛かったと伝えるのはマイナスになりかねません。

数字を意識する大切さを理解はしているが、そればかりに囚われている環境が嫌だった、もっと顧客との信頼関係をじっくりと築きたい。などのように持って行きましょう。

また、『前職でノルマを経験しているよ』というようなアピールを入れると能力的に問題があるわけじゃないと、さりげなく伝えることもできます。

前職では飛び込み営業をしておりました。非常にノルマが厳しい環境で数字ばかりを追いかけて営業をする状態でした。

その環境で働いていて非常に良かった点は数字を意識して仕事をすることを学べたことです。

その結果、ノルマをクリアできる喜びを何度も体感することができました。

これは営業職をするうえで本当に大事な部分であり、これからも変わらないと考えております。

ただ、ノルマばかりに目を向けるのではなく顧客と信頼関係を構築しながら長い付き合いができる営業をしたいと考え転職を決意しました。

退職理由の例文⑥:人間関係

人間関係が原因の場合は、面接でそのまま伝えると悪い印象を与えます。退職理由では、ポジティブに変換して回答しましょう。トシオ

面接での退職理由で『 人間関係が最悪で… 』と不満を伝えるのはNGです。

面接官が考えるのは『 コミュニケーション能力が低い? 』『 また辞めるのでは? 』とマイナスに考えます。

【 伝えるポイント 】

  1. 人間関係が悪くてとストレートに伝えない
  2. チームで協力し目標を達成したい
  3. 愚痴や不満を伝えるような内容にならないようにする

人間関係が原因での退職理由の場合、注意点は『 愚痴や不満 』だけのような内容にならないようにすることです。

愚痴や不満を連発すると確実にマイナスイメージを持たれます。

愚痴よりも、『 もっとチームワークを活かして仕事ができる環境を探していた 』のようにポジティブな内容にするのがポイントです。

前職はOA機器を販売する営業をしておりました。

個人の成績を徹底的に重視する営業スタイルだったので同僚とのコミュニケーションは無いに等しい状態で働くような環境です。

営業として個人の成績が大事なのは理解しております。

ただ、私は周囲とのコミュニケーションを取り仕事をしていくのが好きです。

チームで目標に向かって頑張りクリアしていく環境で働きたいと以前から考えていたときに、御社の募集要項でチームとして協力しながら頑張れる環境と記載されているのを拝見し御社で働きたいと考え退職することを決意しました。

退職理由の例文⑦:やりがい・達成感がない

やりがいや達成感が原因で仕事を辞めた場合は退職理由としては、自分の将来像を伝えるようにしましょう。トシオ

面接で聞かれる退職理由で『 不満や愚痴 』はやめましょう。

『やりがいが感じられない…』と説明すると会社への不満が多い人間だなと捉えられる可能性もあります。

【 伝えるポイント 】

  1. やりがいがない、達成感がないは愚痴や不満になるので注意
  2. あなたがしてきた職種で必要なスキルを伝える
  3. 自分が努力して成長してきた過程を説明
  4. その培ってきたスキルを活かして新しい仕事にチャレンジしたいことを伝える

『 仕事にやりがいや達成感 』を感じられないと、そのまま伝えると悪い印象を与える可能性があります。

ネガティブな部分は、ほとんど伝える必要はありません。

それよりも、あなたがこれまでに獲得したスキルを活かし、転職を希望する業界で活かせたい。というような流れにするのが好印象を持たれます。

私は社会人になり、働き出してから5年間ずっと営業だけをしてきました。

営業形態としてはルート営業です。

5年間、営業を続けて身につけたスキルは『ヒアリング力』『提案力』『コミュニケーション能力』『スケジュール管理能力』です。

これまで毎日お客様へ販売する能力だけを高めようと努力してきましたが、少し物足りない気持ちを感じていました。

情報を調べたりするのが好きな性格でもあり、これまでの営業で努力してきた経験を活かせる職種であるマーケティングの仕事で活躍したいという気持ちが強くなり、転職する決意をしました。

退職理由の例文⑧:仕事に飽きた

仕事に飽きた場合、面接での退職理由はキャリアアップがしたいという方向に持って行く回答がベストです。トシオ

面接の退職理由では『 ネガティブ発言 』は避けるのが鉄則です。

仕事に飽きたはマイナスです。

ただ、キャリアアップなら好印象になりますよね。

【 伝えるポイント 】

  1. ネガティブな発言は避ける
  2. あなたが何をできるのかを説明する
  3. 経験の中でやりたい仕事を見つけたことを伝える

『 仕事に飽きた 』と感じるのには、『 違う仕事をしてみたい 』というポジティブな気持ちがあります。

そのポジティブを利用して、『 あなたの能力 』と『 転職したい業界 』を繋げていくように退職理由を組み込むのが良いです。

面接で企業側が『 何を確認したいのだろう? 』と常に考えるようにして下さい。

『 また辞めないかな? 』と感じさせない伝え方が退職理由を伝えるうえでは重要になります。

前職では機器メーカーで営業職を3年間勤めておりました。

営業をする中でお客様の声を聴くことも多くありました。

例えば、『〇〇のような商品があればいいよね』というような会話です。

そのような会話をしていくうちに、お客様の要望をヒアリングし、そのニーズを深掘りしならがら商品に落とし込んでいく商品企画の仕事がしたいと考えるようになり転職を決意しました。

退職理由の例文⑨:やりたい仕事ではない

面接での退職理由で『やりたい仕事ではない』場合は、あまり難しく考えず、興味のある職種について伝えていくだけで問題なしです。トシオ

『 やりたい仕事ではない 』それが退職理由なら難しくはありません。

その逆は必ず、あなたの興味を持ったことになるからです。

【 伝えるポイント 】

  1. やりたい仕事ではなかったとは絶対に言わない
  2. 逆に『やりたいことがある』とポジティブに持って行く
  3. なぜ転職したい業界に興味を持ったのかを伝える
  4. 応募企業で役に立つ、あなたの経験やスキルがあれば伝える

『 やりたい仕事ではない 』場合は、そのまま伝えるとマイナスになります。

それよりも、やりたい仕事を見つけたきっかけや、あなたの経験で活かせることがあることをアピールするのが良いです。

面接官が見るのは、『同じ理由で辞めないか?』と『 あなたを雇うメリット 』です。

前職では営業職をしておりました。

働いていた勤務先の環境では費用的な問題もあり、システム化が一切されておりませんでした。

そこで私は簡単なものではありますが、ExcelとAccessを利用し顧客の納期管理と売上管理ができるものを独学で作ったのがプログラミングに興味を持つきっかけとなりました。

そこから、自分でシステムを作ってみたいという気持ちが大きくなりPHPとMySQLの勉強を始めてから、さらにプログラミングの楽しさを知り、本当の現場でプログラム開発をしたいという思いが強くなり転職を決意しました。

面接での退職理由は大切!不安なら転職エージェントの活用◎

面接での退職理由に関する例文を説明してきましたが、ここからは転職エージェントについて説明していきます。トシオ
ここまで例文やポイントを説明してきましたが如何でしたか?
退職理由の例文を読んだけど、やっぱり不安な人は転職エージェントを活用しましょう。アヤ
例文やポイントは理解したけどチョットやっぱり不安かも・・・。
退職理由に不安がある人は、転職エージェントを活用するのがいい理由を説明します。トシオ
なるほど・・・。そのような人は転職エージェントを利用するのがオススメですよ。
転職エージェントでは、面接の指導や、退職理由について相談できることを説明します。トシオ

転職エージェントは『 転職のプロ 』が面接対策や履歴書、職務経歴書の書き方まで教えてくれるなどのサービスがありますよ。

転職をしたい人なら使わない手はないですね!

でも、どんな転職サイトがあるのが疑問な人に説明していきます。アヤ

そのような素晴らしいサービスがあるのですね。

でも、、、どんな転職サイトがいいのか分からないんですが・・・

面接での退職理由が不安な人に厳選した転職サイトを紹介していきます。トシオ

大丈夫ですよ!

下記記事では、超厳選した転職サイトと転職エージェントをランキング形式で解説しています。

これを見るだけで全て解決です。

『どこにすればいいの?』という人は読んで損はしませんよ!ぜひ、読んでみて下さい。

面接で聞かれる退職理由の例文|まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

どうでしょう?

読む前より、面接での退職理由に対する不安は軽減されたのではないでしょうか?

例文を紹介してきましたが、全てあなたの回答に当てはまることはないでしょう。

ただ、退職理由を回答するポイントをつかむだけで、面接での印象を良くする方向に持って行くことは可能です。

本記事で紹介したポイントをしっかりと押さえ対策を取って下さいね。

最後になりますが、あなたが今仕事を辞める前なら、下記記事を読んでおくと『 転職失敗 』の可能性を軽減できますよ。

面接での退職理由を例文付きで解説していきます。
最新情報をチェックしよう!